2019年3月13日 (水)

ご近所のニューフェイスにゃんこちゃん

 
ご近所のニューフェイスにゃんこちゃんです。
 
やんちゃそうな顔をしていますね。かみさんの時はすんなり抱かせてくれたそうですが私の時には
 
すぐにシャーって! みごとに拒否されてしまいました。
 
飼い主さん曰く「あんまり人見知りしない子なんだけどなー」   ・・・おっとっと!
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
「お、あれはなんだ?」
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
「よし、行ってみよう!」
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そして車の下に潜り込み私のカメラをじっと見つめます。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
まさにガン見状態! =eye
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて車の下から這い出してきました。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
恐る恐る動いてはいますがいろんなことに興味津々、すぐにそばに寄ってきました。
 
子ネコならではの冒険心溢れる行動ですね。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
なんとも可愛らしい顔をしています。キリッとスッキリ見事な美人さんだと思います!
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
まだ生後半年ぐらいの女の子だそうで、仲間5匹で捨てられていたうちの1匹だとか。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
このやんちゃさん、これからご近所のネコ社会にどのように溶け込んでいくんでしょう?
 
楽しみです。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年3月 4日 (月)

探鳥日和「チョウゲンボウ、ノスリ、コハクチョウ」

 
チョウゲンボウ♀です。小型とはいえさすがにタカですね、精悍な顔つきをしています。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
体の模様が完璧な保護色になっていますので、冬枯れの田んぼに舞い降りるとどこにいるか
 
わからなくなってしまいます。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
大きな翼を広げて飛び立ちました。なんかとってもかっこいいですね。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
尾羽も目一杯広げて風をつかんでいます。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
電線に止まっている姿は威風堂々、さすがは猛禽類だと思います。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
下を見つめて何か考えている様子。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
と、私に気づいたようです。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
私の方を見つめたまま飛び立ちました。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
再び田んぼに舞い降りました。
 
羽根の1枚1枚が綺麗ですね。昔の武士たちが家紋としてデザインした気持ちがわかるような
 
気がします。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
ご覧のようにちょっとほっぺたが膨らんだように見えることがあるのがチョウゲンボウの
 
特徴の1つですね。愛嬌のある顔だと思います。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
最後は見返り美人で締めくくり!
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらもチョウゲンボウと同じく冬のタカ、ノスリです。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
チョウゲンボウよりはかなり大きなタカです。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
大きなタカだけに飛ぶ姿にも迫力があります。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
さすがに翼も大きいですね。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
枯野がよく似合うタカだと思います。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
最後は木の枝に止まって堂々たる王者の風格!
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
今年は珍しく家の近所の田んぼで食事をしているコハクチョウを何度か見かけました。
 
20〜30羽ほどの群れでしたかね。朝、ねぐらから餌場へと向かって飛んでいる姿は2〜3度
 
見かけたことはありましたが、近所の田んぼで食事をしているのを見たのは今年が初めてでした。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
田んぼでは稲の落穂や茎とか根なんかを食べているようですね。
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
群れの中にはまだ色の黒っぽい幼鳥も何羽か混じっていました。
 
こういう自然豊かな光景が普通に見られるのも田舎ならではの素晴らしさだと素直に思います。
 
#20
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年2月21日 (木)

探鳥日和「カイツブリ、キンクロハジロ、キセキレイ、セグロセキレイ、ホシゴイ、コハクチョウ、アカハラ、ツグミ」

 
いきなりですが、いきなりカイツブリが水面を猛ダッシュ!
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
そして急停止!
 
目に特徴がある鳥ですね。愛嬌のあるお顔なんじゃないでしょうか? 私が大好きな鳥なのです、
 
毎度毎度何回も言いますが・・・
 
#2
Img_02
 
あっという間の瞬間芸! お見事でした!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、こちらの後ろ姿はおそらくキンクロハジロのメスではないかと思われますが、12〜13cmほどの
 
小魚を捕まえたところに偶然行き合いました。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも彼女にしては大物の餌だったようで、ちょっと飲み込むのに苦戦しているご様子。
 
振り回して弱らせたりしていました。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
大きな口を開けてなんとか飲み込もうとしています。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
何度も何度もトライした挙句、やっと「ごっくん!」
 
どうにか飲み込めたようです。お疲れ様でした!
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
ある日、キセキレイが丸太の上にぴょこんと飛び乗りました。
 
見た目よりは意外と大きな鳥ですね。見るたびにそんな風に感じてしまいます。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
この時は2羽でデート中。
 
画面右側 丸太の端を飛ぶ1羽、左側にもう1羽、仲良さそうに遊んでいました。
 
そろそろ恋の季節が始まる頃なんでしょうね。いいなぁ〜♪
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらではセグロセキレイが凍った水面で餌をくわえて立っていました。この辺りでは年に何度も
 
ない氷水面ですが、セキレイの仲間はみんな不思議と氷の上がお好きなような気がします。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
と思うまもなく瞬時に飲み込んでしまいました。一体何を食べたんでしょうね、確認する暇も
 
ありませんでした。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはまた別の日、幾分春めいてきた頃、複雑な鳴き方でさえずりを始めていました。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
さすがに飛ぶ姿は素晴らしいですね。最高の美人さんだと思います。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの爺むさい御仁はホシゴイ、でもこれでもまだ子供。この子が成長するとゴイサギになります。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
この子のことはちょっと前にも載せましたが、子供同士2羽で寄り添うようにしてここで
 
生活していました。
 
ホシゴイという名前が納得できる模様ですね。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
2羽ともかなり用心深くて、すぐに杉林の中に逃げ込んでしまいます。ま、本来夜行性の
 
鳥ですからさもありなんですね。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
ある朝、我が家の上空をコハクチョウの群れが飛んでいるのを発見、すぐにカメラを取りに
 
戻りましたが、すでにはるか向こうへと飛び去っていくところでした。
 
こんな10羽単位の群れが3つ、ねぐらから餌場へと向かう所のようでした。
 
飛ぶ姿の優雅さはさすがに白鳥、素直にそう思えます。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
黄色いアイリングが可愛らしいアカハラです。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
アカハラという名前はついていますが、よく見るとお腹の下は白いんですね。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
今年はツグミの数が少ないように感じていましたが、その話を野鳥のお仲間にすると、そうでも
 
なさそうな返事が返ってきました。私の観察力が劣っていたかも。
 
#19
Img_19
 
 
    菜の花を 見てから帰る 鶫かな
 
もうしばらくはいてくれそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年2月13日 (水)

探鳥日和「クロサギがコサギに振られたお話」

 
静かな川の河口に1羽のコサギが佇んでいました。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
時々足元を群れ泳いでいる魚を啄ばんだりしています。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
一方そのすぐそばの波打ち際では1羽のクロサギが沖を眺めて沈思黙考中。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
両者の位置関係はこんな感じです。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
と、突然クロサギが飛び立ちました。コサギの方へ向かって飛んできます。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
それを察したコサギが逃げ出しました。クロサギのお相手をする気はさらさらないようです。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
コサギがいた場所でかっこよくポーズを決めてみますが・・・
 
見事に振られてしまったようです。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
仕方がないので一人寂しく魚獲りに勤しむクロサギくん。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こうやって翼を広げて魚を狙います。
 
以前にもこういう姿を目撃したことがありますが、この方が魚が獲りやすいのでしょうか?
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
上手に魚を捕まえていました。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
前々回のカワセミの時にも載せましたが、この川は小魚がたくさん泳いでいますので魚獲りには
 
最高の場所のようでした。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
逆立った背中の羽毛にそこはかとなく哀愁が漂っているような・・・
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな気がしてしまいました。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
パクリ!
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
コサギに振られた心の傷を癒すかのように魚獲りに励んでいました。
 
「ふん、男たるもの、去る者は追わずなのさ!」
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
コサギの方はというと、ちょっと離れた場所で掃き溜めに鶴状態で孤高を決め込んでいました。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなふたりの上空を海上自衛隊のP3C哨戒機が爆音を轟かせて飛び去って行きましたとさ。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年2月 5日 (火)

探鳥日和「ホシハジロ、オオバン」

 
カモの中では美形の部類に入るのではないでしょうか、ホシハジロのオスです。
 
目の赤さがよく目立ちますが、これもオスの特徴の一つですね。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
この時はまさに食事中、水に潜っては川底の藻を啄ばんでいました。
 
ホシハジロは水に潜れるタイプのカモですから潜水はお手の物。
 
エイヤッとばかりに水の中へ!
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて静かにプカーリと浮いてきました。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
餌の藻をしっかりくわえています。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
水に潜っても体は濡れていません。他のカモ同様、完全防水の羽毛なんですね。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
くちばしいっぱい藻をくわえて上がってきますが、歯がないせいで簡単には噛み切れないご様子。
 
幾分悪戦苦闘している風ではありますが、本人はそれほど気にしていないのかも。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
この後も何度も水に潜っては盛んに藻を啄ばんでいました。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらはオオバン、何度見ても面妖な面構えをしています。
 
真っ黒な体、真っ赤な目、不思議な形のくちばし、水かきだって普通のカモとは違う形をしていて
 
なんとも特異な雰囲気を持った鳥だと思います。
 
この子もホシハジロ同様、盛んに川底の藻を食べていました。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
伸び上がって、やっぱりエイヤッとばかりに水に潜ります。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
頭からジョボン!
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ブクブクブクsweat01
 
この子もやっぱり潜水がお上手!
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのオオバンはオスメスのつがいでしょうか? ペアで食事をしていました。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
「おやぁ、自分だけ餌を食べてずるいぞ!」
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
「よし、私も食べよ!」  「あら、いいわね」
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
ま、結局、二人仲良くそれぞれに餌を食べたりしていました。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年1月19日 (土)

探鳥日和「沙漠のカワセミ その2」

 
「沙漠のカワセミは」第1弾は昨年の今頃に載せましたが、今回はその第2弾です。
 
今回はこの女の子が主人公、魚獲りが上手ななかなかの名ハンターさんでした。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
こちら側から対岸に移り獲物を狙います。川幅は3mほどの細い川なのですが、対岸は太陽を背にする
 
位置になりますので水中の魚が良く見えるポジションなんですね。賢い子だと思います。
 
で、まず岸から真上に飛び上がって魚に狙いを定めます。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
そして魚めがけて一気に急降下!
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ジョボンsweat01
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
この写真でははっきりとは見えませんが、見事魚をくわえて水から出てきました。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
コバルトブルーの背中を翻して意気揚々と岸へと向かいます。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
そして着地。翼がなんとも言えず綺麗ですね。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
叩きつける場所がないせいか、捕まえた魚を振り回して弱らせていました。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
今の時期ここではたくさんの小魚が群れ泳いでいますので、まさに格好の餌場になっているんですね。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
また飛び上がっては・・・
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
魚めがけて一直線にダイブ!
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
ジュボンsweat01
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
今度もちゃんと魚をくわえて出てきました。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
岸へと運んではお食事。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな風に何度も魚を捕まえては食べていましたが・・・
 
今度は・・・?
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
ダーイブ!
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
・・・と思いきや急ブレーキ!
 
魚を見失ったのでしょうか?
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
飛び込むのをやめて体勢を立て直します。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
上昇に転じて・・・
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
次のポジションへと移動していきました。こんなこともあるんですね。
 
#20
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
その後も何度かこんな風に魚を捕まえては食べていました。かなりの名ハンターさんでしたね。
 
#21
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
ひとしきり狩りをして満腹になったのか、こちら側の石の上に移動してきました。
 
#22
Img_22
 
 
 
 
 
 
 
 
濡れた体を乾かすためでしょうか? 身体を振って細かい水気を払いのけていました。
 
#23
Img_23
 
 
 
 
 
 
 
 
そして丹念に毛繕いもして・・・
 
#24
Img_24
 
 
 
 
 
 
 
 
身支度を整え終えると
 
「これで完璧! お腹もいっぱいになったし、帰るとするか」
 
#25
Img_25
 
 
 
 
 
 
 
 
上流のねぐらへと帰って行きました。
 
#26
Img_26
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2019年1月 8日 (火)

冬の野鳥たち「三タカ、ホシゴイ、カワセミ、メジロ、モズ、アオジ、カシラダカ、ジョビ」

 
今年最初のブログ投稿なので、まずは縁起良く三タカから始めましょう。
 
トップバッターはチョウゲンボウです。
 
ご近所のブログのお仲間の方がよくご自身のブログで保線区員と呼んでいるタカのうちの1種です。
 
確かに冬は電柱に止まっていることが多いタカですから、電力の安定供給に一役買っているようにも
 
見えますね。  なるほど! と納得できちゃいます。
 
実際には枯れた冬田を動き回るネズミなんかを狙っているだけなんでしょうが・・・
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
続いて同じ保線区員(?)のノスリです。やはりよく電柱を縄張りにしています。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
「よっこいしょっと!」
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
三タカ最後はハヤブサです。
 
高速で悠然と飛んできて・・・
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ピタッと空中に静止! 獲物でも見つけたのでしょうか? かっこいいタカです。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
続いて登場するのはゴイサギの幼鳥ホシゴイです。
 
昨年の暮れ頃から私のこの散歩道をねぐらにしているようで、通るたびにこの子に出会います。
 
すぐに逃げられてしまいますが・・・
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
この時も瞬時に飛び立って・・・
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
森の奥へと姿を消してしまいました。
 
最後まで私から目を離さないのはさすがに野生の生き物ですね。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
お馴染みのカワセミです。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
あっ、私を見た!
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
逃げた!  う〜ん、素早い!
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらもお馴染み、メジロです。
 
鳥たちには大人気のハゼの実を食べていました。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
あ、落とした!
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
でもまだこんなにたくさんあるから大丈夫!
 
次々にハゼの実を丸呑みしていきます。喉元が丸く膨らんでいるのがわかりますでしょうか?
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
大好きな猛禽類のモズです。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
長い尾羽と曲がった嘴が特徴の鳥です。以前にも載せましたが、この鋭いくちばしでスズメも捕えてしまう
 
獰猛さを持ち合わせています。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
藪の忍者アオジです。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
前から見ると顔の白い模様がカイゼル髭のようにも見えたりして。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは頭の羽毛が盛り上がって見えるカシラダカです。顔の模様はちょっとアオジにも似ているかも。
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
この冬はなぜかジョウビタキが少ない気がします。 そう思うのは私だけ?
 
#20
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<おまけ>
 
1月2日に目撃した彩雲です。吉兆として知られる彩雲が新春早々見られた今年はいいことがあるかも!
 
これをご覧になった皆さんにもいいことがありますように!
 
#21
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年12月23日 (日)

ここ最近のピッピ

 
今年も残すところあとわずか、これが今年最後のブログとなりますので、しばらくぶりでピッピのことを
 
取り上げてみたいと思います。
 
ピッピも7歳を過ぎてもう立派なおばさんネコになってきました。 ね、この面構え、堂々たる貫禄です。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、とある日、庭の駐車場にて・・・
 
「あ、あれはなんだ!」
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
と叫んでいたわけではなくて・・・
 
ただ単に伸びをしながらあくびをしていただけでした。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピは(いや、ピッピに限らず他のネコもそうですが)車の屋根に上るのが結構大好き!
 
今日も今日とて屋根のアンテナに顔をスリスリしていたところ、上空を海上自衛隊の哨戒機P3Cが轟音を
 
響かせて飛んできました。それを興味深そうに眺めているところです。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピの残念な顔その1。
 
数年前にピッピの上の牙が2本とも抜けてしまうという事件がありました。原因は不明のままなんですが
 
それ以来、時々口の噛み合わせがうまくいかなくなるようで、こんな風に口をくちゃくちゃさせるようになって
 
しまいました。まぁ実害はないようなのでそのままにしてありますが、本人はちょっともどかしいのかも
 
しれません。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピの残念な顔その2。
 
上の牙がないせいでこんな風に苦虫を噛み潰したような顔をすることも・・・
 
でも食事も普通にできますし、診てくれた獣医さんは「これからはネズミなんかが取れなくなるかもしれませんが
 
普通にカリカリも食べられますし大丈夫ですよ」と言ってくれました。
 
でもこやつ、今でも平然とスズメやネズミを捕まえてきちゃいますので、ま、かなり大丈夫なんでしょう。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく普段はこんな感じで普通の顔をしていますのでなんの心配もいらないと思います。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
で、犬に関しては昔からこんな言葉がありますね。
 
   飼ふ人の恩を肴に思ふまで よくかみ分けて門まもる犬
 
ピッピもよく玄関前でこんな風に門を守っている姿を見かけますが、知らない人が来ると必ず跳んで逃げて
 
しまいますので、犬のように番犬にはなりませんですね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
「あー、今日も日が暮れてきたなー!」 なんてね、ひとりしんみりと黄昏れていたりするんですよね、この子は。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
「うーん、そろそろ家に入るとするか!」
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
家の中でも・・・
 
「あ、あれはなんだ?」
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
と言っているわけではなくて・・・
 
餌を食べて舌なめずりをしているだけでした。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ご覧のように上の牙が2本ともありません。
 
「でも私は平気よ!」
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
寒くなってくるとネコは家の中で暖かいところを敏感に見つけ出しますね。
 
エアコンがつくようになると暖かい空気が上にたまることをこの子は知っています。夏場には寄り付かなかった
 
キャットウォークの最上段に登って私たちのことを見下します(みおろします? or みくだします?)。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
エアコンの暖かい空気が吹き下ろすその真下のソファーの上もピッピが大好きな場所。
 
私たちをさて置いて毛布にくるまってしたり顔をしています。ピッピ様が一番の我が家なのであります。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
夜中になってエアコンも止まると今度は、ほんのり暖かさの残る風呂場の蓋の上が定位置になります。
 
色々と暖かい場所を見つけ出しては居座るその根性は大したものだと思います。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは今でも大事に壁に飾ってある在りし日のくぅです。
 
捨てられていた子ネコのくぅを拾ってきて、初めて外に連れ出した日の写真です。いきなり車の下に
 
逃げ込んだので、「くぅ、出ておいで!」と呼びかけたら、「怖いよー!」と言いながら出てきた瞬間を
 
捉えた時のものです。かなり笑える写真で私のお気に入りの1枚なのであります。なんといってもこの後
 
外が大好きネコになって大活躍することになるのですから、そんなくぅにとっては貴重な1枚なんです。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
ここからはご近所のネコちゃんたちです。とは言っても、今うちの庭までやってきてくれるのはこの2匹だけ
 
なんです。どちらもこのブログではお馴染みさんたちですね。
 
まず最初はいつもかなり人見知りのうにちゃん。この時はちょうどお隣の別荘の庭にいるところに行き合いました。
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと腰が引けてはいるようですが、それでも私のことも気になるご様子。すぐには逃げずにこちらの
 
動きを見ていました。
 
出会うといつも私がなんかほんわかしてしまう、そんな穏やかで可愛らしいネコちゃんなんです。
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
お次は別のご近所のカンキチくん。
 
最初はうちの庭にいたのですが私がカメラを持って出て行くと、秘密の花園の方まで撤退していました。
 
普段は人懐こい子なんですが、この日はあまり相手にしてくれませんでした。
 
Img_20
 
 
 
 
このカンキチくんの飼い主さんは犬も飼っていて毎日散歩に連れて行くのですが、その途中で捨てられていた
 
子ネコを何匹か拾ってきたそうです。
 
その後私も外を歩いている薄茶色の子ネコと白黒の子ネコを見たことはあるのですが、まだ写真に撮るまでには
 
至っていません。いずれそんなチャンスが来るといいなーと思っています。
 
うちのかみさんも、「わー、私も見てみたかったなー!」と残念がっていました。
 
 
 
ということで今年はこれで最後となります。いつもご来訪してくださる皆さんを始めとしてたくさんの方達に
 
心から感謝したいと思います。
 
皆さん、どうぞ良いお年をお迎えください!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年12月11日 (火)

ここ最近 万木堰で出会った野鳥たち「白髪鵜、ウミウ、オシドリ、マガモ、オオバン、ホシハジロ」

 
私たち夫婦の散歩道沿いにある万木堰でここ最近出会った野鳥たちです。
 
まずは白髪鵜から。
 
カワウのオスが恋の季節を迎えた時に見せる姿がこのロマンスグレーの頭と腰の白い毛ですね。
 
白髪鵜はこの堰の冬を象徴する風物詩のひとつになっている感があるように思います。
 
まずは一発 糞をして身軽にしたところで・・・ (後ろの水面の白い痕跡がそれですね)
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
いざ飛翔! (向こうにも誰かが飛び立った痕跡が・・・)
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし体が重〜い! (体重は3kgぐらいはあるそうです)
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
バシャバシャ、バシャバシャ、水に浸かりながらも必死で羽ばたきます。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
その甲斐あってか、ずぶ濡れになりながらもなんとか飛び立つことができました。
 
いつもながら愉快な飛翔を見せてくれる御仁です。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ある時、この白髪鵜が木の上でのんびり休んでいるとそこに他の鵜がやってきました。
 
「こらこら、勝手に割り込んでくるんじゃないよ!」
 
そばにいた他の鵜たちが、「わっ、喧嘩だ喧嘩だ!大変だー!」
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
侵入者を追っ払った後、勝ち誇ったように雄叫びをあげていました。
 
「グワッ、グワッ、グワッ!」
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
この堰にいる鵜はほとんどがカワウですが、時にはこのようにウミウがいることもあります。
 
長良川の鵜飼いで有名な鵜はこのウミウですね。水に潜って魚を採るのが上手な鳥ですから
 
水に潜りやすいように、他の水鳥に比べてこんな風に吃水が低いのかもしれませんね。
 
殆ど沈んでるじゃん! と思わずツッコミを入れたくなっちゃいますが・・・
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
外房では数が少ないと言われているオシドリですが、この堰では時々見かけることがあります。
 
今回はこの冬2度目の出会いでした。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
綺麗な2羽のオスの他にシックなメスも1羽確認できました。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
でも私たちの気配を感じるとすぐに奥の方に逃げ込んで行ってしまいました。
 
この堰では冬になるとオオタカが狩りをする猟場になっていますので、水鳥たちはみんな用心深く
 
なっているようです。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは冬になるとシベリア方面から渡ってくるマガモですね。地元の人は青首と呼んだりしています。
 
ちょうど目の前でカイツブリが水に潜ったので上がった水しぶきでした。奥にもカイツブリが2羽いるのが
 
写っていました。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
鳥の通例通りマガモのメスも極めて地味な装いをしています。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも飛んでいる時の羽の模様はメスでもオス同様に綺麗です。
 
でもこんな風に集団で飛んでいると対岸の杉林からオオタカが飛び出してきて、狩りをしたりするんですね。
 
ご用心ご用心!
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
この堰ではあまり見かけないオオバンにも先日出会うことができました。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、ホシハジロのメスにも・・・  この時は盛んに水に潜っては餌を探しているようでした。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<今回のおまけ>
 
前回杉花粉の元凶である杉の雄花を載せましたが、今回のおまけは雌花の方です。
 
この写真、見ようによってはネコの顔にも見えませんか? ちょっとそんなことを感じたもんで載せてみました。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年12月 2日 (日)

暖かな外房の冬を歩く

 
1年前の今頃は札幌にいて、大雪の降る中、日に何度も雪かきをしていました。
 
それが今はこうして暖かな外房の地に戻ってきて、陽だまりの中をのんびりと散歩している自分がいることに
 
不思議な安堵感を感じたりしています。
 
今回はそんな散歩道で見つけた外房の冬を載せてみたいと思います。
 
 
 
まずは明るい日差しを受けて輝く水面です。太陽のかけらが水の上をキラコロ飛び跳ねているようでした。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
崖の斜面では野生のリンドウが咲き始めていました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは5輪も・・・ 立派な株です。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
足元を見ると朝露をまとったツキミソウが目にとまりました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ルビーのような煌めきを放つフユイチゴも藪の中にちらほら。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
葉っぱの方はかなり萎れていましたが、ハダカホオズキの実も色鮮やかでした。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
ナスの花を小さくしたようなこちらはイヌホオズキの花です。日当たりのいい場所にたくさん咲いていました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな風に房状の実をつけます。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
この実はやがて黒く色を変え、実としての姿が完成します。リースの飾りにでも使えそうな実ですね。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
その暖かさゆえにあまり綺麗な紅葉が見られない外房ですが、その中にあって綺麗に色づくのが
 
このハゼノキです。この赤い色が示すようにウルシの仲間なんですね。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはそのハゼの実です。脂分が多いので昔は和ろうそくの材料にもなっていたそうですが、
 
今でも鳥たちには大人気の実ですね。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはセンダンの実です。
 
平家物語の中に「栴檀は二葉より芳しとこそ見えたれ」とありますが、ここでいう栴檀とはこの木ではなく
 
ビャクダンのことだとか。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
春に咲くイメージがあるアザミですが、こちらは秋から冬にかけて咲くトネアザミです。
 
この花を撮影した時には気づきませんでしたが、そのすぐ下には葉っぱの形が特徴的なクルマバソウも
 
写っていました。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
セイタカアワダチソウも黄色い花を終え泡立ち始めていました。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
来年の春の飛散量はかなり多くなるという話も聞かれるスギ花粉ですが、早くもこんな花が・・・
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
この冬はヒノキの花もずいぶん目立ちます。どうなりますことやら。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
成虫で冬を越す種類の蝶々は冬でも暖かい日には姿を見せてくれます。
 
例えばアカタテハ。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてキタテハ。
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
さらにはムラサキシジミも。
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
イチモンジセセリもまだ元気に姿を見せてくれました。この子のおかげでヤブランの実が大きく見えますね。
 
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚です。
 
散歩の途中で同じくお散歩中の子ヤギに出会いました。ご覧のように可愛らしい女の子でした。
 
そういえばニワトリを散歩させている人に出会ったこともありましたっけ。
 
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年11月19日 (月)

庭にやってきた野鳥たち「コゲラ、エナガ、シジュウカラ、ジョウビタキ、モズ、アカハラ」

 
うちの庭にはよく野鳥たちが遊びに来てくれます。その中から、つい最近のものをいくつかピックアップして
 
みました。
 
まずはコゲラです。
 
この日は柿の木で虫を探していました。
 
「こういう木にはよく虫が隠れてるんだよなー」
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
「あっ、あっちの方にいそうだぞ!」
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
「この辺が怪しいなー」
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
「お、いたいた、いたぞ!」
 
そこそこ収穫はあるようです。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
森の中でよく見かけるエナガですが、年に何度か大勢でうちの庭にも来てくれることがあります。
 
この日は20羽ほどの群れで来てくれました。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
この子は目がとろーんとしてちょっと眠そう?
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
みんなで「ジュリジュリ、ジュリジュリ」と賑やかに鳴き交わしています。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
そして忙しそうに枝から枝へと飛び回ったりしていました。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく小さな鳥で、目もくちばしも可愛らしい感じがします。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
小さくても飛んでいる姿は威風堂々、さすがに翼を持っている鳥ならではの雄姿ですね。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
エナガ群れによく混成しているのがこのシジュウカラ。
 
今年も餌台のヒマワリのタネを食べに来たり、クスノキに仕掛けた巣箱を覗きに来たりしていますので
 
彼らに関してはいずれまたご報告する機会があると思います。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのロマンスグレーなダンディくんはジョウビタキですね。夕暮れを背景にすっくと立って男らしく。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
悠然と私の頭上を飛び去って行きました。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
秋になると里に下りてきて、盛んに高鳴きを始めるのがこのモズですね。
 
この日は風に吹かれて御髪が乱れてしまいましたが、それでも頑張って鳴いていました。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはずいぶん悪人顏に写ってしまったかも。 ごめんごめん!
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
同じく柿の木にやってきたのがこの秋お初のアカハラ。
 
「よぉ〜〜〜い!」
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
「ジャ〜〜〜ンプ!!!」
 
(居間からガラス戸越しに慌てて撮ったもんであまり綺麗に撮れませんでしたsweat01
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここから3枚はおまけの写真です。
 
ゲンノショウコ、今うちの庭で咲いているものです。春から秋まで咲いている息の長い花ですね。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
咲いている花のそばではタネもできかかっています。
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてこちらがゲンノショウコのタネ!
 
右側のタネが弾けると左のようになります。バネの先にカタパルトが付いていて、バネが弾けると
 
このカタパルトがタネを遠くに飛ばす仕組みになっているんですね。こんなこと、このゲンノショウコが
 
自分一人で考えたんでしょうか? 賢いやつですね。
 
ちなみにこのタネを飛ばした後の形から別名ミコシグサともいわれています。
 
#20
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年11月 8日 (木)

500マイルも離れて

 
私の高校時代はアメリカンフォーク全盛の時代でした。
 
その中の1曲にピーター・ポール&マリーが歌う「500マイルも離れて」という曲がありました。
 
愛する人を置いて故郷を捨て、汽車に乗って500マイルも離れたこんなところまで来てしまった、
 
もう帰ることはできない、そんな内容の歌でした。
 
この500マイル、800kmという距離はちょうど東京と札幌の直線距離に匹敵します。
 
就職して東京に出てきたばかりの頃は飛行機に乗るお金もなく、特急列車と青函連絡船を乗り継いで
 
17時間もかけて札幌まで帰省したものでした。
 
それが飛行機だとわずか1時間20分! 飛行機はその速さだけでなく1万m以上の上空から景色を
 
眺めるという楽しみもあります。
 
ここ2〜3年は何度も何度も千葉と札幌の間を行き来しました。そこで今回は羽田空港と新千歳空港の
 
間の往復を、上空からスマホで撮った写真として載せてみることにしました。
 
まずは羽田空港から新千歳空港までの往路です。
 
羽田空港で見かけたスターウォーズのANAです。C-3POのトリプルセブン(B777)ですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
羽田を離陸するとまず最初に見えてくるのがレインボーブリッジです。そのすぐ手前にはフジテレビの社屋も
 
見えています。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
離陸してすぐ、東京湾上空を飛行中に主翼から液体が流れ出てきました。
 
主翼には燃料タンクが設置されていますから、もしかしたら何か異常があったので燃料を捨てて
 
緊急着陸するのでは? という不安が(ちょっとだけ)よぎりましたが、やがてこの流失も止まり
 
何事もなく飛び続けるのでした。これって左右の重量バランスが悪かったためにちょっとだけ左翼の燃料を
 
捨てたためだったのでしょうか? (あくまでも素人考えですが)
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
程なく眼下に見えてくるのが東京湾最奥にあるディズニーリゾートです。
 
中に入って感じる広さとは裏腹に上空から見るこの一大リゾートは意外とこじんまりした感じがします。
 
ま、これはこの高さゆえの錯覚だとは思うのですが・・・
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
飛行機的にはそのすぐ隣にあるのが野鳥の楽園を兼ねた宮内庁の新居浜御猟場(にいはまごりょうば)です。
 
以前にも書きましたが、私がこのすぐそばに住んでいた当時、今の皇太子と雅子様がご成婚前に密かに
 
デートをした場所でもあります。私の家の前にパトカーや白バイがたくさん停まっていてびっくりしたものでした。
 
この御猟場のすぐ脇を走っている広い道路が首都高湾岸線で、そのすぐ反対側にアマゾンの巨大な
 
物流倉庫があります。いま私がアマゾンで買い物をすると大抵ここから品物が送られてくる、そんな場所です。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
曇っていたせいもあって見るものもないまま飛行機は一気に飛び、本州と北海道を隔てる津軽海峡まで
 
やってきました。
 
手前に見えるのが本州最北端の下北半島で、その先端が大間のマグロで有名な大間崎です。
 
そして津軽海峡を挟んで大間崎が差している先が北海道の函館になります。
 
こうして上空から見ると本州と北海道はかなり近く見えますが地質学的にはずいぶん遠い昔に
 
隔てられましたので、生物学的に大きな違いがあるということでこの海峡にブラキストンラインが設定されて
 
います。それに津軽海峡自体ものすごく速い潮流が右方向の太平洋側に向かって流れていますので、
 
泳いで渡れる陸上の野生生物はいないようです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
北海道に上陸すると広大な牧草地が見えてきます。北海道は大規模な酪農地帯ですからこれだけの
 
広大な牧草地が必要なんですね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さてここからは新千歳から羽田までの復路です。
 
新千歳空港を北向きに離陸して旋回し、機首を南に向けたところです。下に見えるオレンジ色の滑走路が
 
新千歳空港のもので、真ん中の半円形の建物が空港本体、その向こうの白い滑走路が航空自衛隊の
 
滑走路になります。よくここからF15戦闘機が飛び立っていく姿が見られます。
 
そして画面奥の湖が支笏湖です。田沢湖に次いで2番目に深い湖で、その深さゆえ日本最北の
 
不凍湖でもあります。
 
この湖を囲むようにして恵庭岳、風不死岳(ふっぷしだけ)、樽前山という支笏三山がそびえています。
 
支笏湖は札幌から車で1時間ほどの近さにありますので昔から札幌市民にも人気の湖でした。
 
私たちも学生時代には夜中になぜか不思議にも30分ほどでよく遊びに行ったものでした。
 
(当時の私たちは命知らずの愚かな若者でした)
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
新千歳空港を南に下ること数分で苫小牧港に達し、ここで北海道とはお別れとなります。
 
室蘭と並ぶ大工業地帯だけあって立派な港を有しているのがよくわかると思います。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
クルミを半分に割ったような特徴的な形をしているこの湖が十和田湖です。青森県と秋田県にまたがる
 
湖です。
 
中学3年の時の修学旅行で行ったのがこの十和田湖でした。函館から青函連絡船で津軽海峡を
 
渡ったことも懐かしく思い出されます。
 
青函連絡船と並走して楽しそうに泳いでいたイルカの群れを見たことも印象的な思い出ですし。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
十和田湖についで見えてくるのが日本最大の水深を誇る秋田県の田沢湖です。
 
ちなみに最大深度1位が田沢湖、2位が支笏湖、3位が十和田湖ということになっているようです。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
早くも千葉県まで戻ってきました。千葉市、習志野市、市川市、浦安市といったあたりが写っています。
 
わかりづらくはありますが、写真には千葉ロッテマリーンズの本拠地千葉マリンスタジアムを始め
 
幕張メッセ、東関東自動車道、京葉道路、JR京葉線、花見川、湿地として有名な三番瀬や遠くに霞む
 
東京ディズニリゾートまでが見渡せます。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
間もなく面白い地形が見えてきました。これは石切り場でしょうか? それとも露天掘りの鉱山かも
 
しれません。房総半島内房の市原市のあたりのようでした。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
最後のクライマックスは東京湾アクアラインです。千葉県の木更津市から神奈川県の川崎市までを
 
結んでいます。神奈川県とはいっても位置的には羽田空港のすぐ南側につながっていますので
 
私のような外房の房総族にとっては、東京を通らずに最短で羽田に行ける夢の架け橋となっています。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
千葉県側はこのように海上を通っていますので見晴らしはいいのですが風の影響は受けやすかったりします。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
全行程の1/3ぐらいのところに海ほたるという休憩所があって、ここから先の東京側は海底トンネルに
 
なっています。全行程の所要時間は高速バスで25分ぐらいです。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
大学を卒業して以来何度も帰省した札幌でしたが、今回の訪問を最後に全ての決着をつけて
 
帰ってきました。もう2度と札幌へ行くことはないかもしれません。ちょっと寂しい気もしますが、これも
 
終活の一環かとも考えています。冬の雪かきもかなりしんどくなってきましたし、震度5強の大地震も
 
経験しましたし、これが潮時とも言えるのかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年10月27日 (土)

目にはもみじ 山ほととぎす そばうなぎ

 

札幌ではいま紅葉が真っ盛りだそうですが、ここ外房の地では11月末から12月初めにかけてが

 

紅葉の時期になります。とはいっても暖かいこの地ですからあまり綺麗な紅葉は期待できません。

 

そんな中にあって一番最初に秋を感じさせてくれる紅葉がこの柿の葉ではないでしょうか?

 

日本らしい感じのする赤色だと思います。

 

Img_01

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、野生のホトトギスです。

 

花びらの点々が鳥のホトトギスの胸の模様に似ているということでこの名がついたとか。

 

そう言われてみるとそんな雰囲気はありますかね。

 

Img_02

 

 

 

 

 

 

 

 

花は根元の方から2段階に分けて咲くのでしょうか? 面白い咲き方をしますね。

 

ろうそくの燭台が並んでいるようにも見えて、どこかメルヘンチックな感じがします。

 

追記:葉の先の方の4本は蕾ではなく実でした。この中にタネが入っているようです。

 

Img_03

 

 

 

 

 

 

 

 

全部の花が開くと賑やかになりますね。

 

Img_04

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなに寒い時期に咲くわけでもないのに花びらの裏側にはネコヤナギのように暖かそうな毛が生えて

 

いるんですね。

 

Img_05

 

 

 

 

 

 

 

 

この妖艶な美しさを見るとランの仲間のような気もしてしまいますが、意外にもホトトギスはユリの

 

仲間でした。

 

Img_06

 

 

 

 

 

 

 

 

お次の”そば”はミゾソバです。

 

ちゃんと写ってはいませんが、この花の葉っぱの形が牛の額に似ているということでウシノヒタイという

 

別名も持っています。

 

Img_07

 

 

 

 

 

 

 

 

花が咲くまで時間のかかる植物なので蕾の状態での登場になってしまったのが残念です。

 

それでもわずかに1輪咲いていますがわかりますでしょうか? 

 

タデ科の植物です。

 

Img_08

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは同じタデ科のアキノウナギツカミです。

 

茎に下向きの細かなトゲが生えていますので、下から上へと撫ぜると引っかかるような抵抗感が

 

あります。この茎を何本もまとめると、ヌルヌルしたウナギでも掴めそうな気がします、かな〜?

 

この仲間にはママコノシリヌグイなんていうのもあって、こちらはもうちょっとトゲトゲが大きくて

 

しっかり痛かったりします。それにしてもすごい名前、誰がつけるんでしょ!

 

Img_09_2

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも残念ながらまだ蕾。どこかに開いた花はないかなーといった風情でヒラタアブが飛び回って

 

いました。

 

Img_10_2

 

 

 

 

 

 

 

 

秋の森を彩る綺麗なこの実はクサギの実ですね。赤い部分は萼になります。

 

夏には長い雄しべをつけた特徴的な白い花を咲かせる木です。葉っぱをちぎったりすると嫌な臭いが

 

しますね。なにしろ”臭木”ですから。

 

Img_11_2

 

 

 

 

 

 

 

 

「お茶」の花です。ツバキの仲間ですね。

 

Img_12_2

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛らしい花が固まって沢山咲いていました。ノコンギクのような気がしますが、もしかしたら

 

カントウヨメナかも。菊の花の同定はあまり植物には詳しくない私には難しいです。

 

Img_13_2

 

 

 

 

 

 

 

 

印象的なこの赤い実はガマズミですね。

 

春には枝に雪が積もったように見える真っ白い小さな花を沢山咲かせます。

 

Img_14_2

 

 

 

 

 

 

 

 

ノブドウの実です。

 

葉っぱは確かにブドウに似ていますね。でもこの実は食べられないでしょうね。

 

この実の色には賛否両論あるようです。私には綺麗に見えますが毒々しいと見る人もいるようです。

 

Img_15_2

 

 

 

 

 

 

 

 

キクラゲです、多分、おそらく、きっと、絶対に!

 

雨が降ると枯れ木なんかに沢山出てきますね。1年中見られるキノコです。

 

最近はスーパーなんかでも国内産の生キクラゲが安く買えますのでありがたいことだと思っています。

 

Img_16_2

 

 

 

 

 

 

 

 

板の隙間からはこんなキノコが顔を出していました。

 

よくこんな板の隙間やコンクリートの隙間から生えている植物に”ど根性ナンタラ”という名前がつくことが

 

ありますが、本当にそうでしょうか? こういうところはほかに競争相手がいないので誰にも邪魔されず、

 

そのため独占的にのびのびと成長してきた結果のように私には思えてしまいます。

 

Img_17_2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2018年10月 7日 (日)

秋の花が咲く秘密の花園は虫たちの楽園でした

 

台風24号が来る前の9月の終わり頃、秘密の花園は秋の花が満開でした。

 

そして、そんな咲き誇る花の蜜を目当てにたくさんの虫たちがやってきていました。
 
 
まず最初は真っ黄色のヒガンバナにやってきたナガサキアゲハ♂です。両者の色のコントラストも
 
綺麗!
 
ヒガンバナは狙い通りナガサキアゲハの翅に花粉をつけて運ばせようとしていました。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
ナガサキアゲハはアゲハ蝶の特徴である尾状突起を持っていない特異な蝶々です。
 
左の後翅がちょっと欠けてはいますが、尾状突起がない故にふっくらとした感じがするような
 
気もします。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
もともとは南方系の蝶々でしたが、今では福島県や宮城県の方にまで分布を広げているそうです。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
コスモスに吸蜜に来ていたこちらはキアゲハ♂です。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
この子はキバナコスモスにも触手を伸ばしていました。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてまた次の花へと飛んでいきます。体の大きなアゲハ蝶はたくさんの蜜を必要として
 
いるんでしょうね。忙しそうに飛び回っていました。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
ツマグロヒョウモン♂もキバナコスモスがお目当て。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
正面顔もユニーク。
 
タテハチョウの仲間は昆虫なのに4本脚?! ね! そう見えるでしょ!
 
               (ブログのお仲間のmoonさんに教えていただきました)
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
よく見ると顔の横に退化した小さな前脚が見えます。この脚は味覚器官に特化している
 
そうです。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
この子も花から花へとひらりひらり。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒメアカタテハ♂もやっぱりキバナコスモスにきていました。人気がある花なんですね。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
やっぱりこの子も4本脚です。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはヒメクロホウジャク、ホバリングの名手です。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
体の割に小さな翅でホバリングするんですから大したものです。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
同じホウジャクの仲間でもこちらはホシホウジャク。やっぱりホバリングの名手。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
後翅のオレンジ色がよく目立ちます。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはオオチャバネセセリでしょうか? この子もしっかり吸蜜中。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
みんな花から花へと忙しそうに飛び回っていました。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてクマンバチにもキバナコスモスは大人気でした。
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年9月26日 (水)

万木の森で見かけた夏の名残と小さな秋 <追加:可憐なイボクサを追加しました>

 
9月も終わりに近づいたちょうど今の時期は、夏の名残と小さな秋が交錯する頃でもあるように感じます。
 
まずはそんな夏の名残から。
 
最初はもうあまり勢いのなくなったカラスアゲハです。前翅にオスの性標が見られます。
 
もうこの子の子供は来年の春になってから空を舞うことになるのでしょうね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤマノイモの葉っぱに止まっているこちらはダイミョウセセリです。
 
逝く夏を惜しむかのように静かに止まっていました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
キツネノマゴに止まっているこの子はオオアオイトトンボのオスでしょうか?
 
綺麗なイトトンボですね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
秋の野を象徴する花といえば、私は真っ先にワレモコウを思い浮かべます。
 
この静かな佇まいがこの花らしくていいですね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらではセイタカアワダチソウに寄り添うように咲いていました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私が大好きな花、シロバナサクラタデです。
 
飛び出した2本の花柱が可愛らしいアクセントになっています。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらも私が大好きなイボクサです。2年前に偶然出会いました。
 
ツユクサの仲間で1日でしぼんでしまう1日花だそうです。
 
こんなにも可憐な花ですが、稲に対する農業被害があるそうですからちょっと驚いてしまいます。
 
Img_061
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの花にはアリが来ていました。花粉を食べに来たのでしょうか?
 
このアリのおかげでこの花の小ささがよくわかると思います。
 
Img_062
 
 
 
 
 
 
 
 
葛の花もなかなかの美人さん。
 
万木の森ではこの花はよく高いところでひっそりと咲いていますが、下に沢山の花びらを落としますので、
 
それで咲いていることが知れますね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
ひっそりと咲いているといえばこの花もそうですね。ヌスビトハギです。
 
葉っぱはハキリバチによってまあるく切り取られて、子供の産室として持って行かれてしまいました。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
おなじみカラスウリの実です。もうしばらくすると真っ赤に熟してきます。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはカラスウリよりも小さなスズメウリ。
 
半分ではなく全部青い小さな実はスズメの卵のようでもあります。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
柔らかな和紙で作られたような花、ツリガネニンジンです。
 
氷の上に針を落としたようなかすかな鈴の音が聞こえてきそうな気がします。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
今年は万木の森だけでなくどこもかしこもものすごく沢山のヒガンバナが咲いています。
 
ちょうど葉が出る季節の気候がこの花にぴったりだったんでしょうね。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
キツネノマゴという可愛らしい名前がついた花です。
 
でもキツネというよりも、どちらかというとエビのような感じがしませんか?
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
私にはバルタン星人の孫、のような・・・
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
ヤマノイモなんかのムカゴですね。これもまさに秋の風物詩。
 
ご飯と一緒に炊き込むとホクホクとして美味しい実です。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
夏から秋にかけて息長く咲く花、タマアジサイです。
 
白い装飾花は虫を呼ぶ機能もないのに、なんのためにあるんでしょう?
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
万葉集ではつき草として歌に詠まれているツユクサです。れっきとした雑草ですが不思議と存在感のある
 
花だと思います。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
春に印象的な花をつけるサルトリイバラ(サンキライ)の実です。この実が赤くなるのは冬になってから。
 
葉っぱの形も特徴的です、残念ながら写真には写っていませんが・・・
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この後の2枚にはヤマカガシが登場します。お嫌いな方はスルーしてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
水面を泳ぐヤマカガシ、ヘビは地上はもちろん水面を泳ぐのも得意ですし木に登るのもものすごく達者な
 
生き物です。まさに陸水空の王者だと思います。
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
日本の固有種シュレーゲルアオガエルが狙われてしまいました。
 
かなり大きな個体でしたが・・・
 
ヤマカガシも過酷な冬眠を生き抜くために、まさに必死で栄養を蓄えているんでしょうね。
 
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年9月 9日 (日)

北海道胆振東部地震に遭遇

 
9月4日の午後、台風21号に追いかけられるようにして札幌にやってきました。
 
翌5日の朝2時から3時にかけて猛烈な風が吹き荒れ、築47年のぼろ家は激しく揺さぶられて
 
しまいましたが、幸いにも大した被害もなく台風をやり過ごすことができました。
 
そしてそのまた翌6日の未明、午前3時7分、運命の瞬間を迎えます。
 
今までに経験したことがない激しい揺れ方でした。これはただ事ではないなと感じて飛び起きました。
 
のちの報道ではうちのあたりは震度5強だったそうです。市内の他の区では震度6弱のところも。
 
地震がおさまってから外に出てみると空には満天の星、天頂には昴。
 
シャンデリアのように眩くキラキラと星々が輝いていて、まさに心洗われるような光景でした。
 
電気が消え去ってしまった漆黒の夜には大都会札幌でもこんなにも荘厳な星空が見えるんですね。
 
 
このぼろ家は丈夫な岩盤の上に建っていますので、うちにも近所の家にも被害はありませんでした。
 
でも地震の瞬間から停電が発生! 北海道内すべての電気が止まってしまいました。
 
9月に入って暑さはずいぶんおさまってきていましたので、1階ベランダの扉を開けておくだけで
 
涼しい風が流れ込んできて過ごしやすかったのは幸いでした。余震も頻発していましたので
 
ここが非常口の機能も兼ねてくれました。
 
市内で断水したところもあったようですが、うちは断水を免れ、それが一番の幸運だったように
 
感じています。
 
停電は我が家の場合、結局まるまる2日近く、42時間にも及びました。日没は午後6時ごろで
 
7時にはもう真っ暗。
 
唯一の情報源は携帯ラジオだけ。スマホやノートパソコンはバッテリーの消耗を防ぐため
 
極力使いませんでした。
 
もっとも携帯は繋がらないし、家の無線LANはダウンしていましたので情報収集という観点からすれば
 
無用の長物以外の何物でもありませんでしたが・・・
 
 
添付の写真は2日目の日没直後の様子です。
 
今日も電気がつかないままでまた夜を迎えたなーと思ってシャッターを切っていました。
 
ローソクはこの写真を撮るためだけに点けましたが、危険なので普段は使用しませんでした。
 
Img_x
 
 
 
電気が復旧した昨日の夕方、近所のコンビニを覗いてみましたが水や食料は一つもありませんでした。
 
でも呑んべえにとって幸いなことにお酒だけは売っていましたので嬉々として買い込んできました。
 
電気もついて道路の信号機も機能しだしましたし、交通機関も動き出しましたので各種の物流が
 
復活するのももう間も無くのことだろうと思っています。
 
ご心配をおかけしましたが順次元の日常が戻りつつありますので、どうぞご安心ください!
 
そして最大の被害を受けた厚真町を初め、まだ復旧していない地区の1日も早い復旧復興を祈りたいと
 
思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年8月31日 (金)

万木堰のカワセミ、杉の木のてっぺんに立つサシバ

 
ある日、すっかり水の少なくなった万木堰のほとりでカワセミと出会いました。距離のある対岸なので
 
やや不鮮明感があるのは否めませんが・・・
 
まずは木の枝に佇むカワセミとご対面。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて優雅に飛翔を開始
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
右旋回・・・
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
左旋回・・・
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
また右旋回・・・
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて上昇して藪の中へと消えて行きました。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
また別のある日、同じ場所に今度は2羽で止まっていました。どちらもオスのようです。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
飛び立って2羽で空中戦を繰り広げていました。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
子育ても一段落したこの時期にオス同士で縄張り争いをしているとも思えませんが・・・
 
もしかしたらこの2羽は巣立ったばかりの兄弟で、仲良くじゃれ合っていたのかもしれません。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
またまた別のある日、またまた同じ場所、1羽のカワセミが木の枝に止まっていました。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
見ている間もなく飛び立ちました。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
魚を狙って水中へまっしぐら!
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
かと思いきや、水に飛び込む直前で方向転換。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
上昇して・・・
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
そばの枝に止まりました。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
改めて水中の魚を探しているようなそぶり。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
「自分で餌を獲るのって難しいな〜!」
 
この子も巣立ったばかりの若なのかもしれません。
 
このあともう1度水に飛び込みましたが魚は獲れませんでした。
 
頑張れ、若造!
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
杉の木のてっぺんに立つこちらは夏日本に渡ってきて繁殖するタカ サシバです。
 
眼光鋭く辺りを睥睨している姿はさすがに鳥の王者タカの貫禄十分!
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
飛ぶ姿を捉えてやろうとカメラを構えていましたが、この姿勢のままあえなく向こう側へ飛ばれて
 
しまいました。残念!
 
ま、でも、夏にだけ出会えるサシバに遭遇できただけで今回は良しとしましょう。
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年8月17日 (金)

万木の森の生き物たち「アゲハ、トンボ、セミ、ハチ、フナ、カメ」

 
この猛暑の8月、万木の森で出会った生き物たちです。
 
まずは姿かたちの綺麗なクロアゲハからです。若干色が違って見えますが、3枚とも同じオスです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
雨上がりの地面に口吻をつけて吸水していました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
後ろから見ると翅の白い縁取りが印象的でした。
 
残念ながら写真には捉えられませんでしたが後翅の上端にも白い線状模様があって、それが際立って
 
綺麗に見えました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
 
お次はこのブログでは毎度お馴染み、ジャコウアゲハのメスです。何しろ大好きなアゲハなのもの
 
なので・・・
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
まだわずかに咲いたばかりのヤブカラシの花から吸蜜していました。こんなかすかな花にも
 
蜜はあるのでしょうね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲハチョウはどの種類もみんな、威風堂々としていて綺麗ですね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
シオカラトンボのツナギです。
 
トンボは後ろのメスがオスのお腹に尻尾の先をつけて交尾をしますね。
 
それにしても成熟したオスとメスでこれだけ模様の違うトンボも珍しいと思います。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはオオシロカラトンボのオスですね。
 
シオカラトンボよりもどことなく重厚感が漂っているような気がします。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
これは誰でしょう? 多分ネキトンボのオスだと思いますが・・・
 
初めて写真に撮りました。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
ミンミンゼミのオスです。例によって暑い夏を謳歌するように鳴いていました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
今年の夏はミンミンゼミが多いような気がします。それって猛暑だから????
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
トラマルハナバチです。大きくて迫力がありますね。クマンバチとともに大好きなハチのひとつです。
 
咲き始めたばかりのタマアジサイに吸蜜に来ていました。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
これはキバネオオベッコウというベッコウバチの仲間ですね。クモを狩るハチとして有名です。
 
その姿はちょっとスズメバチにも似ているでしょうか?
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
水が少なくなった万木堰では、このところ水面に浮いてきてアップアップしているヘラブナを
 
よく見かけます。この暑さで水中の溶存酸素が少なくなって酸欠状態なのではないでしょうか?
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
まるでオスとメスを思わせるような色違いの2尾も仲良く泳いでいました。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
水中の溶存酸素がどうであろうと我関せずのミドリガメは苦しそうなヘラブナたちを尻目に
 
悠然と浮かんでいました。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
カメはとにかく日向ぼっこが大好き! この猛暑を一番喜んでいるヤツかもしれません。
 
思いっきり後ろ足なんぞを伸ばしちゃって完璧にリラックスモード!
 
カメたちお得意のポーズですネ。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年8月 6日 (月)

3年ぶりの札幌市円山動物園

 
3年ぶりに円山動物園に行ってきました。ここは札幌市が運営管理する動物園で、私が子供の頃は
 
しょっちゅう連れて行ってもらった楽しい場所でした。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌市の動物園といえば、まずなんといってもこのエゾヒグマではないでしょうか。
 
北海道以外ではあまり報道されていませんが、最近では野生のヒグマがしょっちゅう市街地に
 
現れては札幌市民を恐怖のどん底に叩き落しています。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
ド迫力満点の超猛獣なのであります!
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
意外と目は小さくて可愛らしいんですけどね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
お次はヒグマの親戚ともいうべきホッキョクグマです。両者は交配可能なほど近い種類だそうです。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
この春にできたホッキョクグマ館では泳いでいる姿も見ることができます。
 
旭川の旭山動物園で有名になった行動展示というやつですね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらも北海道を代表する鶴のタンチョウです。
 
江戸時代には江戸の方にまで渡りをしていたそうですが、渡りをしていた種は絶滅してしまい、
 
今では渡りをしない種だけが道東の方に細々と生き残っているだけだそうです。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
頭(頂)が赤い(丹)から丹頂(タンチョウ)だとか。なるほど!
 
クマゲラの赤い頭とはちょっと違って、タンチョウは短い赤い毛が生えているんですね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
エゾタヌキが寝ていました。タヌキは大好きな動物なので、顔が見られただけでも楽しくなります。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
同じくニホンザルも大好きな動物のひとつです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
毛づくろいは下位のものが上位の者に対してやる行動だという話を聞きますが・・・
 
こちらは毛づくろいされている方がリラックスしているように見え、なるほどそうなんだと
 
納得できますが・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは毛づくろいされている方が目を開けていたり、後ろ足にも力が入っているような感じで
 
なんかちょっと緊張しているように見えませんか?
 
人間社会同様、色々と難しいことがあったりするのかもしれませんね。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらでは飼育員のお姉さんが楽しそうに猿たちに餌をまいていました。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
すると足元にいた1匹の猿が「俺にも餌くれー!」 「いやーん!」 
 
 ・・・この飼育員さん、本気で嫌がってはいませんでしたのでご安心を。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらの猿はアフリカに棲むブラッザグェノンというオナガザル科の猿だそうです。
 
アフリカに棲む猿はユニークな姿をしている連中がたくさんいますね。この白いひげになぜか
 
親近感を持ってしまいました。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
私が学生の頃、トーケンズが歌う「ライオンは寝ている」という曲が流行っていました。
 
  In the jungle, the mighty jungle
         the lion sleeps tonight
    ・・・・・・・・
 
ライオンはジャングルじゃなくてサバンナにいるんだよなと思いながら当時この歌を聴いていましたが
 
動物園のライオンもやっぱり寝ていました。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
アフリカではライオンよりも恐ろしいといわれるカバです。ご覧のようにとっても平和そうな顔を
 
しているんですけどね。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
でもひとたびカバが怒って突進してきたら、確かに恐ろしいでしょうけどね。
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
はるばる東京の多摩動物公園からやってきたアミメキリンのテンスケくんだそうです。
 
この日は公開2日目でした。残念ながらあまりはっきりとは写っていませんが、キリンは長い睫毛が
 
チャームポイントだったりしますね。
 
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
耳が後ろ向きに付いてるコヤツは?
 
Img_20
 
 
 
 
 
 
 
 
そう、ダチョウなんですね。なんか変なの!
 
Img_21
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はノドグロコウカンチョウだそうです。この真っ赤な頭が印象的ですね。
 
アメリカメジャーリーグのセントルイス・カージナルスはこのコウカンチョウから付けられて
 
いるそうです。
 
Img_22
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年7月19日 (木)

野幌原始林に暮らす野鳥たち「極上のキビタキ、ホオジロ、センダイムシクイ、ウグイス、モズ、ブト」

 
野幌原始林で極上のキビタキに出会いました。
 
今までに私が出会ったキビタキの中では最高の美しさを誇っていると思います。
 
それにちょっとぽっちゃり体型なところも なんか可愛らしかったりして。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
右から見ても美人さん。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
左から見ても美人さん。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
おっと、向こうの枝に止まっていたのはメスだったでしょうか? 撮影したときには気づきませんでした。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
今の季節、頻繁に目にする(耳にする)鳥のひとつにホオジロがいます。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
オスはとにかく原始林の開けた場所のそこかしこで鳴いています。
 
「チョッチ チチョ チュリリー チチョ」
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
つる草の上でも・・・
 
「一筆啓上仕り候」
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
カラマツの枝の上でも・・・
 
「源平ツツジ白ツツジ」
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな草のてっぺんでも・・・
 
「札幌ラーメン味噌ラーメン」   ・・・多彩な聞きなしができる愉快な鳥です。
 
大きなさえずりで縄張りを主張しながらメスを呼んでいるんでしょうね。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
この子はセンダイムシクイでしょうか? 足がちょっとピンクがかって見えたようにも思いますので
 
もしかしたらエゾムシクイだったかもしれません。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
近くでセンダイムシクイのさえずりも聞こえていましたが、この子は鋭い声で「ピッ、ピッ、ピッ、ピッ」と
 
地鳴きのみ。この地鳴きはどちからというとセンダイムシクイのもののような気もしましたが、
 
ムシクイの仲間はみんなよく似た姿をしていますのでちょっと私には同定しがたいところがあります。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
ま、いずれにしても、暗い森の中でその姿を捉えることができたのは幸いなことだと思います。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらも木の枝に止まって自己主張中のウグイスくんです。
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
「ホー ホケキョ!」
 
   鶯に かさい訛りは なかりけり   (一茶)
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
「ケキョケキョケキョケキョ」
 
   うぐひすの 啼くやちいさき 口明けて   (蕪村)
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはモズのオスですね。
 
歌にもあるせいか、モズには枯れ木がよく似合うような気がします。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
でもすぐに飛んで行ってしまいましたが・・・
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
最後は、私の札幌ブログにはよく登場するカラスです。
 
この子はクチバシが太いのでハシブトガラス、略してブトなんて呼ばれることも・・・
 
よく見ると雨覆の下から茶色い毛が見えていますね。これは何でしょう?
 
老成したカラスゆえに見られる毛でしょうか? よくわかりませんが札幌のカラスでは時々
 
見かけることがあります。というよりも、すぐそばまで近づける札幌のカラスだからこそ気付ける
 
不思議なんでしょうね、これは。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
ハシブトガラスは澄んだ声で「カー」と鳴きますが、鳴くときにお腹に力が入るせいか、こんな風に
 
尻尾が下がるんですね。これもよく見る光景ですが、面白い習性だと思います。
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

«野幌原始林の山野草と虫たち

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ