« 田んぼにひっそりと咲くオモダカの花 | トップページ | ホバリングの名人スズメガ »

2010年8月12日 (木)

夜が恋人 カラスウリ

 
夜が恋人とばかりに、夜、秘やかに妖しげに咲く花、カラスウリの花です。

一夜だけのこの艶姿で、いったい誰に媚びを売っているんでしょうか。
 
 
そのお相手は、スズメガという蛾の仲間なんです。

スズメガにはものすごい特技がありまして、花にとまらずに空中に静止

しながら蜜を吸うということができるんですよ。

そのスズメガとこのカラスウリ、長〜いお付き合いの結果できあがった

相思相愛の親密な関係があるんだと思います。

Img_01
 
 
 
Img_02
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
その花が咲く直前の姿です。

セミの羽根にしろ、この花のレース状のフサフサにしろ、みごとに

きちんと折りたたまれて成長してくるんですね。

こういった自然のダイナミズムを目の当たりにすると、無神論者の私も

「創造主」という言葉が頭をよぎったりします。

おみごと! 

Img_04
 
 
 
 
 
 
そしてこれは、朝の姿です。

わざわざ、あのレース状に開いた花をこうやってまたきちんと

たたんでしまうことの意味って、なんなんでしょう。

そんな難しいことをせずにそのまましおれてしまってもいいように

思うのですが、そういう生き方を潔しとしない彼女の思いって・・・

不・思・議!

私には想像もつかない戦略を、絶対にこの花は持っているはずです。

Img_05
 
 
 
 
 
 
そしてこれが、カラスウリの実です。

完熟する前の実には縞模様があって、いかにも瓜のように

見えますね。

大きさは赤ちゃんの握り拳ぐらいでしょうか。

なので、カラスウリなんですね。
(スズメウリなんていうのもありますが)

この実は秋になると田舎ではいたるところで見られる、

秋の風物詩ですよね。

このタネがまたおもしろい形をしているのですが、残念、

写真には撮っていませんでした。

Img_06
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 

« 田んぼにひっそりと咲くオモダカの花 | トップページ | ホバリングの名人スズメガ »

コメント

お見事な構成ですね。
花の妖しさから不思議さまでなぞがなぞを
呼ぶで、引き込まれます。

花の形を見ていると創造主の卓越した芸術を
見ているようですよ。

 
catさなえさん
 
自然界は妖しげな魅力とか、整然とした美しさとか、誰かに似ている

ような不思議とか、いろんなおもしろさで満ちあふれているように

私は感じています。

たとえば、先日さなえさんがブログに載せていたヒマワリの花の

渦巻き模様にしても、フィボナッチ数列という、前2つの数の和で

表される法則に従ってできていたりします。

それを、なんで? と聞くのは愚問なんでしょうね。

それが自然だから! そんな応えが返ってきそうな気がします。

どこまでいっても自然界って魅力的だなぁって、そう思うんですよ。
 
カラスウリの花はその象徴かも知れませんね。
 

くまさんの性質をご存知のしろねこ仙人さんなら。。
私が言いたい一言を予想しちゃってるとは思いますが。。

カラスウリの種が見たいですぅ~~~!!!!!
ここまで写真があるのに。。なぜにおもしろい形とまで書いてるのに
写真が「残念」なんでしょう!!!(爆)

仕方ない。。ちとググってみますか。。(笑)

 
catくまたん
 
はい、そうなんですよ。

くまたんの性格を知っている私ですから、タネの写真がないときでも

スルーせずに、おもしろいとか、残念とか、アイキャッチワードを

ちりばめておくと、くまたんは食いついてくれるんですよね。

そういうあなたが大好きですよん!
 
にゃははは♪ o(*^▽^*)o
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 田んぼにひっそりと咲くオモダカの花 | トップページ | ホバリングの名人スズメガ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ