« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月の5件の記事

2010年10月30日 (土)

秋晴れのトンボ沼

 
いままさに外房のうちのすぐそばを台風14号が通過中のようですが、

意外と雨も風もたいしたことがありません。 まずはひと安心です。

あさってはもう11月だというのに、いまごろ台風?

しかもまだ14号?
 
古くからの言い伝えに「嵐の明日は裸で洗濯」というのがあります。

台風の翌日は気温が上がっていい天気になるという意味ですが、

10月最後の明日はどうでしょうか。
 
 
 
先日の晴天の日、トンボ沼に行ってきました。

スイレンが終わってチョウトンボも不調で、ハクチョウはまだ来ていない

端境期ではありますが、天気がいいので歩いてみました。
 
 
あいかわらずスイレンの葉っぱが水面を覆い尽くしています。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
トンボ沼にはいくつもイチョウの木があります。

恐竜時代から生きてきた裸子植物で、私の大好きな木なんですよ。

この弁天島のイチョウも姿がいいですね。

Img_02
 
 
 
 
銀杏の実がなっていましたよ。

不思議な形の葉っぱももうすぐ色づいて来ますね。 楽しみです。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
顔まで真っ赤に染まったアキアカネが羽を休めていました。

まさに秋の色ですね。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
スイレンの葉っぱの上を、盛んにカエルが跳びはねていました。

よく見ると、今年生まれたばかりのウシガエルでしたね。

その小さなこと! 

ウシガエルといえども、だんだんに大きくなるんですね。
(あたりまえか)

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
この日は40センチぐらいの鯉を沼のあちこちで見かけました。

こんな口を見ると、餌を投げてみたくなりませんか?

私、やったことがあるんですよ。

ビックリして吐き出してしまいましたね。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
沼のすぐそばのお宅の玄関先にこんなものが置いてありました。

そう、石でできたドラえもんです!

石がお好きなんでしょうね。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて話かわって、ここでクイズです。

これは何でしょう?

犬? 象? カマキリ? トンボ? ・・・・・

ヒント

ある植物のタネです。

Img_08
 
 
 
 
 
答えはこの下に・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はい、カラスウリのタネでした!

Img_09
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
 

2010年10月19日 (火)

朝の空気感が大好きです

 
毎朝毎夕散歩をしていますが、朝の散歩はやっぱり気持ちがいいですね。

朝の空気には、独特の出来たて感があるような気がします。
 
 
 
 
朝日に照らされて地面から朝靄が立ち上っているところです。

こんな光景を目にすると、一日中心和やかに過ごせますね。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
雲の隙間から朝日の光芒が幾筋も射しています。まるで木漏れ日のよう。

私の仲間内では、学生時代からこれを「くもれび」と呼んで愛でていました。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
どんよりと垂れ込めた分厚い雲が上空を覆っていますが、それでも

東の空だけが朝日の昇る場所を空けているようです。

厚い雲が切れた先には太平洋が広がっていますから、この日の海上には

あまり雲がないんですね。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
お向かいには私と大の仲良しのネコちゃんサチがいます。

以前はよく一緒に散歩をしたものですが、最近また、たま〜に

一緒に歩いてくれることがあって、喜んでいます。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
ときには元気なキジのお兄さんが、私が歩いている先を、私を先導

するように歩いてくれることもあります。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
秋になるとよく目にする草にエノコログサ(ねこじゃらし)が

ありますが、このチカラシバも朝日に輝いてきれいな草です。

Img_06
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
雨上がりの晴れた朝には水田に水がたまって、そこに青空の色が

とけ込んで、みごとな景色を演出してくれます。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
地面に降りていることが多い鳥セキレイですが、こうして下から

見上げると、純白の衣装が目にも鮮やかですね。

いまは恋の季節なんでしょうか、2羽でいる姿をよく見かけます。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
こちらはスズメの集団です。

刈り取ったあとの田んぼから二次穂が出て、また稲がなって

いますので、それを狙ってたくさん集まってくるんですね。

運動会の万国旗のようにも見えたりして・・・

Img_10
 
 
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
大きなキノコも散歩の途中ときどき目にします。

これは傘の直径が10センチほどもあり、どこかこびとさんの

おうちのようにも見えてしまいました。

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後におまけの1枚。

ある朝出会った老夫婦です。

私よりも10歳以上も上の方達でしょうか。

ダンディなだんなさんと優しそうな奥さん、奥さんがだんなさんの

腕に手を回して、仲良さそうに歩いていきました。

とっても心がほっこりとした出会いでした。

Img_13
 
 
 
 
 

2010年10月12日 (火)

彼岸花 三人模様

 
ちょっと出遅れ感のある彼岸花ですが、やっと三色そろいましたので

披露させて頂きたいと思います。
 
 
 
彼岸花といえば 赤 ですね。

インベーダーゲームのUFOのようにも見えるのは、私だけでしょうか。

Img_01
 
 
 
 
 
上から見ると花が環状に咲いているのが彼岸花の特徴ですね。

華やかではありますが、線香花火のようないとおしさも・・・

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
うちの庭の白い彼岸花です。

お向かいのお宅から輿入れしてきました。

Img_03
 
 
 
白い彼岸花とクロアゲハ。

色の対比を狙ってみました。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、うらのお宅「秘密の花園」に咲いた黄色の彼岸花です。

Img_05
 
 
 
目にも鮮やかな黄色がみごとですね。

Img_06
 
 
 
 

2010年10月 8日 (金)

今朝お会いしたおたかさん

 
この季節、朝夕散歩をしていると必ず出会うのがモズなので、その写真を

撮りながら歩いていますが、用心深い鳥なのでなかなか近寄らせては

くれません。

私のカメラではこのぐらいが限界のようです。

Img_01
 
 
 
Img_02
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ぐるっと散歩して家のすぐ近くまで帰って来たとき、電信柱に

見慣れぬ鳥が・・・

ずいぶん尾羽が長いなぁと思いながらシャッターを切りました。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
すぐに別の電信柱に移動しましたので、追いかけてみました。

どうやらチョウゲンボウのようです。

チョウゲンボウはそんなに珍しい鷹ではありませんが、うちのすぐ近くで

出会ったのは初めてです。

さすがに猛禽類だけあって、かっこいい佇まいをしていますね。

Img_05
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
 
でもすぐに、この下を犬を散歩させている人が通ったために、

このおたかさんとのデートはあえなく終了したのでした。

Img_07
 
 
 
 
 
鳥の写真を撮るときにはいつも、イチデジがあればなぁって

思っちゃいますね。
 
 
 
 

2010年10月 1日 (金)

非日常の生き物たち その3

 
今回は最後ということで、アトラクション以外の生き物たちを紹介して

みたいと思います。
 
 
 
まずはなんといっても、マンボウ!

ここでは大事に大事に育てられています。

それにしてもユニークな姿をしていますね。とても魚とは思えません。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはアカウミガメです。

ここ外房の海岸に卵を産みにやってくるカメなんですよ。

Img_02
 
 
 
そして、卵から孵ったばかりの仔ガメです。

Img_03
 
 
 
こちらはアオウミガメ、

アカウミガメに比べると青い色をしていますね。

このカメ、竜宮城へ連れて行ってくれそうな顔をしていると思いませんか?

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ラッコです。

私が小さいころには北海道の沿岸にもいたんですよ。

おなかの皮のたるんだところに、貝を割るための自分専用の石を

いつも持っているそうです。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
オウサマペンギンです。

水の中を自在に泳ぐ姿はかっこよかったですね。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
アザラシです。

ゼニガタアザラシでしょうか?

よーいどん! と、声をかけたくなるような格好で寝ていました。

Img_07
 
 
 
 
こちらはアゴヒゲアザラシ。

多摩川に現れたタマちゃんはこのアザラシでした。

名前のとおり、立派な髭を持っていますね。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
美味しいお魚その1

海の魚 クエです。

刺身でも煮付けでも美味しい魚なんですよ。

Img_09
 
 
 
 
美味しいお魚その2

渓流の魚 イワナです。

よく山の温泉宿に行くと、塩焼きなんかで出てきますね。

こう見えてなかなかどう猛な魚で、大きなイワナになるとヘビでさえも

食べてしまうこともあるようです。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ブルージェリーというクラゲだそうで、じつにきれいな展示方法を

とっていましたね。

その雰囲気が撮れてますでしょうか。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
タツノオトシゴです。

辰年生まれの人にとっては、愛着を感じる魚ではないでしょうか。
(私がそうなんですが・・・)

この魚はメスがオスのおなかの袋に卵を産むんですよ。

オスはその袋の中で卵を孵して、子どもを出産(?)するんです。

オスが子供産む!? おもしろい魚なんですよ。

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
最後は、スベスベマンジュウガニ?

よく分かりませんが、どうも違うようです。

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚は、朝日に向かって咲く彼岸花です。

今年は不思議と数は多いのですが、どの花もみんな小さいですね。

Img_14
 
 
 
 
最後は、もっとも日常的な生き物になってしまいましたね。
 
 

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »