« 秋のネイチャーセンター | トップページ | ネイチャーセンターふたたび »

2010年11月18日 (木)

おもしろシルエット劇場「ん?」

 
日曜日の昼下がり、かみさんと散歩をしていたときのことです。

電線になにか黒いものがぶら下がっていました。

Img_01
 
 
 
 
 
「なんだろう、ゴミ袋かな? でも何であんなところに」

カメラを望遠側にズームしてよく見てみると、なにやら先の方が動いて

いるようです。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 

「ん? 生き物? オオコウモリかな?  んなわけないか」

ひとりでノリ突っこみしながら見ていると・・・
 
 
 
 
 
 
 
 
いきなり落ちました!
 
 
 
 
 
 
 
 
いや、舞い降りたようです。
 
 
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
おっとっと、これはカラスではありませんか!

Img_04
 
 
 
 
 
 
どうやらこのカラス、逆さまにぶら下がって遊んでいたんですね。

ひょうきんなカラスのおかげで、おもしろいものを見ちゃいました♪

カラスは賢い鳥だという話をよく聞きますが、納得の遊び心でしたね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうひとつ、こちらはよく見る光景ですが、カラスってトンビを

追い回すのが好きなんですよねぇ。

春先から初夏にかけての子育て期だけじゃなく、一年中トンビに

ちょっかいを出している姿を見ますので、趣味なのかも知れません!?

トンビ(正しくはトビですが)もれっきとした鷹の仲間で、

身体の大きさもカラスより大きいのですが、カラスはそんなこと

意に介さないようです。

トンビは迷惑そうですが、でもこの喧嘩を買う気はないようですね。

悠然と逃げ回っているだけです。
 
 
 
ある朝の散歩の時、カラスに追い回されたあげく電信柱のてっぺんで

一休みしているトンビに出会いました。

カラスはその周りを飛び回っていますが、トンビはしらーっとした感じで

見ているだけ。

Img_05
 
 
 
Img_06
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
やがてトンビは、大きな羽を広げて堂々と飛び去っていきました。

そのポピュラーさゆえにひとランク下に見られがちなトンビですが、

なんといっても鷹ですもの、私はかっこいいと思うんですよ。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚は柿泥棒ガラスです。

ヒヨドリかムクドリが食べたと思われる柿をくわえていましたね。


Img_09
 
 
 
 
カラスって、なんでも持って行っちゃうんですよねぇ。

うちでも庭に置いてあった石鹸やたわしや歯ブラシまで持って行かれて

しまったことがあります。

でも田舎では、カラスもまた楽しい隣人なんですよ。
 
 

« 秋のネイチャーセンター | トップページ | ネイチャーセンターふたたび »

コメント

さんぽはいろんな出来事に遭遇しますよね。
絶対にデジカメを持つべしですよね。

本当に楽しくなるくらい面白いことが収められますよ。

私はカラスとスズメを撮っていません。
意外と撮るのに難しい鳥です。

今日はありがとうございました。リンドウが楽しみです。

 
catさなえさんへ
 
カメラを持って散歩していると、なにかおもしろいことはないかなぁって

鵜の目鷹の目であたりを探しながら歩くようになりますもんね。

いくつも楽しいことに出会えるのが田舎暮らしの醍醐味だと

思っています。
 
カラスとスズメはたくさんいますし、練習のつもりで撮っていると

ときとしておもしろい写真が撮れたりもします。

おっくうがらずに狙ってみてはいかがでしょうか。
 
今日はこちらこそありがとうございました!

さなえさんのヤマリンドウの写真を楽しみにしていますね♪
 

私も昨日のウォーキングの時に。。
電線に妙な状態の影を見つけまして。。。。
薄暗くてあんまりよくわかんないけど、ひょっとしてカラスの死骸がひっかかってる?
そんな状態だったんですよ。。
なもんで。。ドキドキしながら近付くと。。。
2羽のカラスがあっちとこっちを向いてとまっているだけだったという。。。
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

あービックリした!(笑)

で!!
私もトンビに畏敬の念を持ってたりしまぁす!
初見の時は怖かったですもん。。( ̄ー ̄; ヒヤリ

 
catくまたんへ
 
くまたんのようにまだ薄暗い早朝から散歩をしていると、きっといろんな

ことがあるんでしょうね。

それにしてもあんなにたくさんいるカラスですが、死骸を見ることはまずない

ですよね。どうしてなんでしょう。不思議に思っています。
 
湘南の方ではトンビが、食べているハンバーグなんかを奪っていったりする

そうですが、そんなことされたらビックリしてしまいますね。

でも身近に猛禽類が見られるのはおもしろいことだと思っているんですよ。

畏敬の念も頷けますね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋のネイチャーセンター | トップページ | ネイチャーセンターふたたび »