« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の10件の記事

2011年2月26日 (土)

お笑いくぅ劇場「くぅも屋根から落ちる」

 
前にも書きましたが、くぅは木登りが大好きです。

近くの木にひょいひょいっと登っては、ちょろりっと降ります。

Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
昨年シジュウカラのために掛けた、地上4メートルの巣箱のところにも

登っちゃいました。

もうこれじゃあ今年は巣箱は掛けられませんね。

「どうじゃ」とばかりにちょっと得意げな顔をしているような・・・

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなくぅですから、いつのまにか物置を伝って屋根に登ることを

覚えてしまいました。こんな感じです。
 
 
まず物置の屋根から、「うん、あそこだな」と狙いを定めます。

Img_04
 
 
 
 
そしてひょいっと家の屋根へ・・・

Img_05
 
 
 
 
あとはもう思うがまま、屋根の上をあちこち歩き回っては高みの見物です。

でもまだちょっと不慣れなせいか、幾分不安げな表情をしていますかね。

このあたりがまだ子どもらしいですね。

Img_06
 
 
 
 
さらにサンルームの屋根の破れ目からサッシの上へと・・・

Img_07
 
 
 
 
そこを匍匐前進 ・・・鳥を捕まえる練習をしているのかも

Img_08
 
 
 
 
そして、定番ギャグのように足を滑らせて・・・

Img_09
 
 
 
 
一旦は網戸につかまりますが・・・

Img_10
 
 
 
 
やっぱり落ちてしまいました。

期待通りの行動をするお笑いネコです。
 
 
 
 
 
 
 
 
こんなくぅですが、この子にはちょっとおもしろい奇癖があるんです!

家の中ではしないんですが、外に出してやると私を仮想の敵に見立てて

こんな行動をするんですよ。

私の前で身体を横に向けて背中を盛り上げて自分を大きく見せ、

その格好のまま立ち上がり、ジャンプして走り去るんです。

「おまえのかあさん、で〜べ〜そ!」と言いながら逃げていく子どもの

ような感じがして、いつも笑ってしまいます。

Img_11
 
 
 
 
Img_12
 
 
 
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
ね、ちょっと笑えるヘンなネコでしょ。

 
 
 
 
 
 
 

2011年2月22日 (火)

お笑いくぅ劇場「水遊び」

 
ふつうネコは水を怖がるものですが、うちのくぅは先祖にカッパの血でも入っているのか

水が大好きなんです。

かみさんや私がじょうろで庭の草花に水を撒いていると、すかさずすっ飛んできては

水と戯れます。
 
 
 
 
まず初めはちょいちょいと手を出して水の手触りを確認。

そのときの顔はもう興味津々といった感じで。

Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
おっと行き過ぎた!

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなときに身体に水がかかっても全然平気です。

Img_04
 
 
 
 
と思いきや、このときはちょっと憮然とした表情をしましたね。

「自業自得じゃ、他人のせいにするでない!」

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
だんだん調子が出てくると、まずは水の動きを見定めて・・・

Img_06
 
 
 
 
そろりそろりと近づき・・・

Img_07
 
 
 
 
ついには水を追いかけて猛ダッシュ!

Img_08
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
水がなくなると辺りを見回して残念そうな様子。

Img_10
 
 
 
 
とにかく愉快なヤツなんです。
 
 
 
 
 
                        ・・・つづく
 
 
 
 
 
 
 

2011年2月20日 (日)

お笑いくぅ劇場「くぅが大好きなもの」

 
我が家の2代目ネコくぅも生後半年以上が過ぎました。

5種混合ワクチンとエイズワクチンの接種も終わり、去勢手術も済ませて

一人前の飼いネコになってきました。

そんなくぅが大好きなものをいくつか拾ってみましたのでご覧下さい。
 
 
 

くぅもネコのご多分に漏れず箱物に入るのが大好きで、しかも新聞紙も大好き。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
外遊びが大好きで、枯れ草にまみれるのも大好き。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
木に登るのは、もちろんだ〜い好き。

Img_03
 
 
 
 
Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
しかし困ったことに、泥足で車に上るのも大好きだったりして。

Img_07
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
植物の匂いをかぐのも大好き。

いや、じつはこの枝に触れたネコやイヌの臭いをかいでいるのですが・・・

Img_09
 
 
 
 
臭いをかいだ後は鼻の頭をペロリとひと舐め。

これもネコ特有の仕草ですね。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
何故か神様にお祈りするのも大好き、(かなぁ〜?)

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
ま、こんな感じでのびのびと成長しております。

Img_12
 
 
 
 
Img_13
 
 
 
 
 
                            ・・・つづく
 
 
 
 
 
 
  
 
 

2011年2月18日 (金)

クロサギとシラサギ

 
御宿にカワセミを見に行ったとき、海岸でクロサギに出会いました。

大きさはコサギと同じぐらいですが全身が真っ黒です。

Img_01
 
 
 
 
クロサギは留鳥として一年中日本にいる鳥です。

でもその繁殖地の太平洋側の北限が、ここ房総半島南部なんですね。

そういう意味では、ここではちょっと珍しいサギかも。

Img_02
 
 
 
 
ちなみに日本海側の繁殖地の北限は秋田県の男鹿半島だそうです。

きっと暖流である黒潮が及ぶ範囲に生息しているからなんでしょうね。

Img_03
 
 
 
 
黒とはいってもなかなかきれいな色の羽根でしたよ。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
よく見ると側にはシラサギ(コサギ)もいました。

このクロサギくん、シラサギ嬢に気があるようです。

Img_05
 
 
 
 
さかんに後を追いながら声をかけています。

「ねぇ彼女、どこ行くの? 一緒に遊ぼうよ」

そんなことを言っているのでしょうか。

Img_06
 
 
 
 
でもこれ本当にコサギかな?

もしかしてこれもクロサギだったりして。

クロサギにも白色型という白いクロサギがいるんですよ。

もうちょっとよく確認しておけば良かったかなと反省。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今回おまけの画像はウミウです。

御宿の河口でのんびりひなたぼっこをしていました。

近所のおじさんの話によるとこの個体はお母さんだそうで、朝方には

5羽のヒナに水浴びをさせている姿が見られたそうです。

Img_08
 
 
 
 
なんとも精悍な顔つきをしていますが、目がまた宝石のようで

きれいでした。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 

2011年2月16日 (水)

官軍塚のトビ

 
近所の漁港に行くとたくさんのトビが見られますが、トビの勇壮な飛翔をすぐ間近で

見ようと思ったら、やはり勝浦の官軍塚が一番かも知れません。

ブログのお仲間3人で、河津桜にやって来るメジロを見るために官軍塚へ行きましたが、

私はトビの方に魅せられてしまいました。
 
 
 
 
どうですか、この躍動感!

身体は斜めになっても、顔はちゃんと正面を向いているんですね。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
トビは数百メートル上空からでも地上を動きまわる小動物が見えるそうで、

双眼鏡で見るようにはっきり見えるとか。

そんな鋭い目で地上を見ています。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
今度はこちらを見ていますかね。

Img_03_3
 
 
 
 
 
 
 
 
やはり私のことが気になるようです。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
猛禽類が飛んでいる姿は、もうとにかくかっこいいですね♪

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に、このとき咲いていた河津桜を1枚。

2月5日時点のものですが、まだほとんどの枝が蕾のままでした。

本格的に咲くのは、まだ10日ほど先のことでしょうか。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 

2011年2月14日 (月)

太東崎でホエール・ウォッチング

 
今回の探鳥会はこの太東崎の灯台で終了です。

この灯台、夏の夜に近くの田んぼにホタルを見に行くときちんと光っていて、

お、がんばってるな、なんて思ったりするんですが、灯台自体は無人です。

海抜58メートル地点に建つ15.9メートルの灯台なのであります。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
今回参加されたどなたかがフィールドスコープを覗きながら。「スナメリが

泳いでる」と教えてくれましたので、みんなでいっせいにそちらを覗いて

みました。

いましたねぇ、10頭ほどのスナメリが。

スナメリというのは体長2メートルほどのクジラ・イルカの仲間で、千葉県では

銚子沖が有名ですが、ここ太東崎でもたまに見られるんですね。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはスナメリのしっぽがちゃんと写っていますね。

スナメリは背びれがないのが特徴なんですよ。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
このときはどういう訳か、たくさんのウミウがスナメリを追いかけて

飛んでいました。

Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ここ太東崎では、長嶋一茂主演の映画「ポストマン」の撮影が行われた

そうです。

私はこの映画は観ていませんが・・・

Img_06
 
 
 
 
 
                         ・・・つづく
 
 
 
 
 

2011年2月10日 (木)

水辺の野鳥5種

 
水辺の野鳥観察会、前回はカモたちを載せましたので今回はそれ以外の野鳥です。
 
 
みなさんで田んぼの小径を移動中に現れたのがこのタシギです。

長いくちばしが特徴的な鳥で、飛んでいてもすぐにタシギと分かりましたが、

すばやく草むらの中に隠れて見えなくなってしまいました。

Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
このときはとまっている姿は捉えられませんでしたが、こんな鳥ですね(再掲)

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
大高バメという水門でみなさんがカワセミを見ているとき、水門の反対側に

イソシギが飛んできました。

Img_04
 
 
 
 
おしりを上下にひょこひょこ動かしながら餌を採っている姿が可愛らしかった

ですね。

Img_05
 
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
この水門にはオオバンもいて、すぐ近くでその姿を見ることができました。

こやつ、なんとも不思議なおもしろいくちばしをしていますね。

Img_07
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
夷隅川河口には、日本では珍しくなってしまった大きな河口干潟が広がって

いるんですが、ここではダイサギたちがのんびりとくつろいでいました。

Img_09
 
 
 
 
サギたちの後ろに見える杭が青のり養殖用ののりヒビで、こんなりっぱな青のりが

育っていました。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ここ夷隅川河口にはおもしろいタカもいたんですよ。

水に飛び込んで魚を捕まえて食べるミサゴというタカです。

おなかと頭が白いのが特徴ですね。

Img_11
 
 
 
 
Img_12
 
 
 
 
Img_13
 
 
 
 
でもちょっと遠かったですね。

講師の先生と「もっとこっちに来てくれないかな」と話していたんですが、

ダメでした。
 
 
 
 
 
 
 
                        ・・・つづく
 
 
 
 
 
 

2011年2月 8日 (火)

たくさんのカモがいました

 
水辺の野鳥観察会で最初に訪れたのがこの堰です。

案内して下さったのは近所の小学校の先生。この先生は野鳥にものすごく造詣の

深い方でしたので、たいへん勉強になりました。
 
 
私たちが堰に着くと、岸辺でくつろいでいたカモたちがいっせいに沖の方へ

逃げて行ってしまいました。

せっかくおくつろぎのところゴメンゴメン!

Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
この岸では3種類のカモたちを見ることができました。

手前左の方には頭の青いマガモがいて、そのむこうには小さなコガモが

見えます。

さらにそのむこう右側には首の長いオナガガモの番(つがい)がいますね。

どれも色のきれいなのがオスです。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
水面上をよく観察してみると、おもしろい種類もいましたよ。

これはキンクロハジロのオスです。

目が金色、身体が黒、羽根を開くと翼が白、ということでキンクロハジロ

という名前がついています。

Img_04
 
 
 
 
こちらはそのキンクロハジロのメスです。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
これはヒドリガモのオスです。

この写真でもちらっと写っていますが、額のところが緋色(クリーム色)を

しているので緋鳥鴨なんですね。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはくちばしがヘラのようになっているハシビロガモです。

ヘラのようなくちばしの内側が櫛状になっていて、これで水中の

プランクトンを濾しとって食べているそうです。

一番左側、足で首をかいているカモのくちばしにその雰囲気が

出ているのが分かりますでしょうか。


Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
さてここからはマガモのパフォーマンスです。

いまはオスとメスが番になる季節ですから、オス同士の戦いも頻繁に

見られます。

これはそんな場面です。
 
 
 
 
     「こら、待て〜!」  「ひえ〜〜〜、あたふたあたふた」

Img_08


    (奥の方には頭が茶色で身体の白いホシハジロがみえます)
 
 
 
 
 
 
 

       「このやろー!」  「助けてくれ〜〜〜」

Img_09

    (その様子をヒドリガモやオナガガモがしらっと見ています)
 
 
 
 
 
 
 
      「まいったまいった」  「けっ、口ほどにもないヤツめ」

Img_10
 
 
本人たちは必死でしたが、見ている方はおもしろかったですよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの画像を2枚。

この堰の向こう側に建っている赤い三角屋根のおうち、

これは某有名演歌歌手の別荘だそうです。

ここに別荘を建てるということは、自然が好きな方なんでしょうね、きっと。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
関東地方にはおいしい梨の産地がたくさんありますが、ここ岬町もおいしい

梨の産地として有名です。

そんな梨園(なしえんと読んでくださいね、りえんではありませぬ)に

季節はずれのこいのぼりがはためいているのを、移動中に見つけました。

鳥よけなのでしょうかね。

Img_12
 
 
 
 
 
 
                        ・・・つづく
 
 
 
 

2011年2月 6日 (日)

カワセミの飛翔

 
昨日はブログ仲間のさなえさん、くまたんと一日中野鳥探訪をして、楽しい時間を

過ごしました。

午前中はネイチャーセンター主催の水辺の野鳥観察会にかみさんも含めて参加、

午後はブログ仲間3人で勝浦の官軍塚、御宿の海岸を訪ね歩きました。

おもしろい写真がたくさん撮れましたので、これから何回かに分けて載せて

みたいと思います。
 
 
まず今回はカワセミです。

水辺の宝石とか翡翠とか呼ばれる美しい野鳥ですが、その飛翔姿もまた

とっても魅力的だと思います。

カワセミ婦人の翼の美しさは自然の女神が作った造形美の極致ですね。

Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは彼女の素早さが感じられる写真ではないでしょうか。

Img_06
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
水に飛び込んで、小魚をくわえて飛び去るところです。

Img_08
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
着地した姿にも気品がありますね。

Img_10
 
 
 
 
Img_11
 
 
 
 
 
 

2011年2月 4日 (金)

水上の舞姫 鴨と白鳥

 
昨日はご近所のブログのお仲間さなえさんに、新しいカワセミポイントへ

連れて行って頂きました。
 
 
すると、いましたねぇ〜、うわさのカワセミが。

さかんに水に飛び込んでは魚を捕っていましたが、ちょっと遠いなぁ。

Img_01
 
 
 
 
ここは海に注ぐ小さな川の河口で、浅瀬にはたくさんの小魚が群れていました。

どうもボラの子どものようでしたが、これだけたくさんの小魚がいれば、

フィッシュイーターのカワセミくんとしては大喜びでしょうね。

Img_02
 
 
 
 
今回カワセミくんは3回ほどお出まし下さいましたが、あまり近くには来てもらえず、

これぞという写真は撮れませんでした。

近いうちに絶対リベンジしてみたいと思います!
 
 
 
 
 
 
そこで今回はこの川にいたマガモくんにご登場頂いて、ちょっとしたパフォーマンスを

披露して頂きましょう。

まずは・・・

Img_03

                    「拍手〜!」
 
 
 
 
 
 
Img_04

                  「とまれ〜!」
 
 
 
 
 
 
Img_05

              「立ち上がれ、ニッポン!?」
 
 
 
 
 
 
Img_06

                  「セーフ!」
 
 
 
 
 
 
Img_07

                  「クワッ!」
 
 
 
 
 
 
Img_08

             「水上スキー!」 ・・・わてはカルガモだす
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この同じ日、さなえさんたちと近くにあるダム湖にも行ってみました。

ここは誰も来ない静かなところなので、案の定、今夜の塒を定めたコハクチョウが

20羽ほど、翼を休めていました。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
そのコハクチョウが見せてくれた優雅な舞い(?)です。

さすがに白鳥だけあって気品にあふれていますね。

Img_10
 
 
 
 
 
Img_11
 
 
 
 
 
Img_12
 
 
 
 
 

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ