« お笑いくぅ劇場「くぅの寝姿」 | トップページ | ふたたびのゴイサギとカルガモの親子 »

2011年6月19日 (日)

ゴイサギの飛翔

 
今朝方いつもの散歩道を散策していると、田んぼの中にゴイサギがぽつんと佇んでいるのを

見つけました。

Img_01
 
 
 
 
 
 
少しずつ近づいて行きます。

Img_02
 
 
 
 
 
 
でもこのあたりが限界。 次の瞬間、飛び立ってしまいました。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
で、その飛翔姿です。

なんか背中にリュックでも背負っているようにも見えますね。

Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
サギの仲間ですが首が短いので、飛ぶ姿にも独特の味わいがあります。

Img_06
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
飛びながらなんと、おしっこをしましたよ! (ちょっとピントが甘くなっちゃったのが残念)

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
竹林を背景に優雅に飛んでいますと・・・

Img_09
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
  
 
うしろからカルガモが迫ってきました。

「クワックワッ、どいたどいた、カルガモさまのお通りだ〜い!」

Img_11
 
 
 
 
「あらよ、背中の上を失礼! クワックワッ」

Img_12
 
 
 
 
このカルガモくん、あっという間に飛び去って行っちゃいましたよ。

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴイサギくんも着陸態勢に入りました。

翼がちょっとおもしろい形をしていますね。 後頭部の白い飾り羽根も優雅です♪

Img_14
 
 
 
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
そして、無事着地。

Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴイサギは五位鷺と書きますが、菅原道真を太宰府に左遷したことで有名な醍醐天皇に

お目通りしたサギということになっていますね。天皇にお目通りがかなう従五位という

わけです。

いずれにしてもゴイサギって、独特の雰囲気を持ったサギだと思いませんか?
 
 
 
 
 
 
 

« お笑いくぅ劇場「くぅの寝姿」 | トップページ | ふたたびのゴイサギとカルガモの親子 »

コメント

さすが五位の官位をもらうだけあり美しいですね。
私はまださんぽ道で遭遇したことがありませんです。

笑い担当のカルガモと一緒に飛ぶなんて楽しいですわ。

 
catさなえさんへ
 
ゴイサギには独特の美しさがありますね。

この散歩道ではゴイサギは珍しい部類に入るかも知れません。

私も年に2〜3回ぐらいしかお目にかかることがありませんもの。
 
で、カルガモはお笑い担当だったんですか? 

なるほど、そう言われればそんな感じがしますね。

撮影中偶然にもゴイサギとカルガモの接近飛翔が撮れてしまい

ましたが、こんなこともあるからカメラを持っての散策は

楽しいですね。
 

こちらにもゴイサギは居ると思うのですが、見たことはありません。
こんなに沢山の写真(しかも飛翔も)見せて頂いて嬉しい限りです。
カルガモとの接近飛翔も滅多に見られないですよね、拍手~~~!
いつも思うのですが、しろねこさんはラッキーマンですよね~~♪

 
catmoonさんへ
 
こちらでもゴイサギやアマサギはちょっと珍しいサギになると

思います。ときどきそんな連中と出会えるのが、この散歩道の

楽しさだと思っているんですよ。
 
で、私がラッキーマンですか? 

う〜ん、そう言われるとそういう部分もあるかも知れませんね。

でも今回の遭遇はわずか5分間の出来事でしたが、その間に

150枚の写真を撮ったんですよ。

下手な鉄砲も数打ちゃ当たる、ということかも・・・
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お笑いくぅ劇場「くぅの寝姿」 | トップページ | ふたたびのゴイサギとカルガモの親子 »