« ゴイサギの飛翔 | トップページ | カルガモの親子 その2 »

2011年6月22日 (水)

ふたたびのゴイサギとカルガモの親子

 
今朝早くいつもの散歩道を散策していると、去る日曜日にゴイサギと遭遇した田んぼでふたたび

ゴイサギに会うことができました。

しかも今回は2羽、夫婦でしょうか、それとも親子? 定かではありませんが・・・

Img_01
 
 
 
 
朝露の降りた田んぼの中に入っていたと見えて、身体が濡れています。

やっぱりどこかひょうきんな顔をしていますね。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
でもこのとき、そのすぐそばにカルガモの親子がいたもんで、そっちにも気をとられている隙に、

この2羽のゴイサギには逃げられてしまいました。 う〜ん、残念。
 
 
で、気を取り直して、今度はカルガモの方に注目です。

左の色の黒いカモはおとうさんでしょうか、右にはおかあさんと子どものカモがいますね。

そしてそのむこうにはカラスが2羽。

この親子、子どもは1羽だけのようでした。 まだ若い夫婦なのでしょうか。

Img_03
 
 
 
 
 
 
するとそこへ、農作業のために軽トラがやって来ました。

おとうさんガモは妻と子どもを見捨ててさっさと逃げてしまいました。

う〜ん、どうなのこれって。 まったくもって薄情なヤツですねぇ。

Img_04
 
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
軽トラは親子のところまでは来ずに左に曲がっていきましたので、おかあさんと子どもは

平然とその場に居続けました。 子どもが飛び立たなかったので、おかあさんも一緒に

残ったんでしょうね、きっと。 ますますおとうさんの薄情さが際立ってしまう一幕でした。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
その後この2羽は、気持ちよさそうに昇る朝日をじっと眺めていました。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
そしてふたたびダイナミックに羽ばたきながら、田んぼの中へと消えていきました。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
 
でも今回の散歩には、おもしろいことに第2幕が待っていたのでありました。
 
 
 
 
 
 
しばらく歩いて行くと、足元の田んぼからいきなり1羽の鳥が飛び立ったんです。

なんと、またもやゴイサギではありませんか。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
しかも、またしても飛びながらおしっこをしたんですよ!

中央に白くくねくねと写っているのがそれです。

セミも飛び立つときに身を軽くするためにおしっこをしますが、ゴイサギもおんなじなんですね。

おもしろい発見でした。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて、とりあえずの避難場所として電線にとまりましたが、その姿を見ていると、やはり鳥って

恐竜から進化したんだなぁということが想像できますね。

その様子を連続写真でどうぞ。

Img_11
 
 
 
 
Img_12
 
 
 
 
Img_13
 
 
 
 
Img_14
 
 
 
 
 
「ああビックリした!」 そんな顔をしていますね。 驚かせてゴメンよ、ゴイサギくん。

Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
このゴイサギくん、電線の上で気を落ち着かせた後、悠然とどこかへ消えていきました。

Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
この後昼前に、買い物に行くために最初にゴイサギに出会った場所を通ると、またしても

そこにゴイサギの姿が・・・   どうやらこの場所が気に入っている様子。

しばらくはシャッターチャンスが続くかも知れません。

この買い物の途中、コジュケイにも出会いました。初めて実物を見ましたが、なかなか

きれいな鳥なんですね。

いずれコジュケイもファインダーの中に捉えてみたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

« ゴイサギの飛翔 | トップページ | カルガモの親子 その2 »

コメント

ゴイサギやカルガモ一家とまた出会えてワクワクだったことでしょうね♪
この場所に棲み着いちゃったのかな?
朝日を浴びているカルガモ親子が素敵♪

カルガモさんがいきなり飛んだ時のシャッターチャンスはお見事ですね♪


コジュケイ私も昨日遭遇しました。
ボケボケなんですが初見です。

 
catmoonさんへ
 
「また居た!」という感動はなかなかいいものですね。

ゴイサギに限らずサギって、お気に入りの場所を見つけると

しばらくそこに留まる性質があるように思うんですよ。

なので今朝の散歩でもまた会えるんではと期待しています。
 
朝日を浴びているカルガモ親子やいきなり飛んだときの

写真をお褒め頂きありがとうございます!

きちんと朝日を浴びて光量たっぷりだと、私のおんぼろ

カメラでもそれなりの写真が撮れるようです。
 
で、moonさんもコジュケイに出会いましたか。

なかなかきれいな鳥ですよね、コジュケイって。

moonさんのアマサギの飛翔もおみごとでしたが、

moonさんもステキなシャッターチャンスをたくさん

ゲットしていますね。
 

早速今朝歩いてみましたが、いませんでしたわ。
だって毎日歩いているさんぽ道なのに、残念。

らい君と歩いていた時はヒバリもいたんですよ。
一時間後は鳥一匹見つけられませんでした。

かっこよい写真を見た後だけに寂しいですわ。

 
catさなえさんへ
 
ゴイサギに出会えず残念でした。

この出会いにはちょっとしたタイミングの善し悪しがあるのかも

知れませんね。

それともどこかへ移動してしまったのでしょうか、今日は

私もゴイサギを見ることはできませんでした。
 
その代わり私もヒバリが虫をとっているところを目撃しました。

さなえさんもヒバリに出会えたそうですが、これはこれで

もうけものではないでしょうか。
 
そういえば昨日の朝は、うちの裏でもコジュケイが鳴いて

いたんですよ。この鳥も狙い目だと思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴイサギの飛翔 | トップページ | カルガモの親子 その2 »