« カワセミの淵 早朝の来訪者たち | トップページ | 水辺のトンボたち »

2011年7月24日 (日)

セッカとカワラヒワ 電線上のアリア?!

 
先日、電線が意外と野鳥撮影の舞台となってくれることに気がつきましたが、今回はそんな舞台に

立ってくれた野鳥2種です。
 
 
 
まずはセッカ。

この鳥はスズメよりも小さくて非常に地味な鳥でもありますが、その鳴き声は特徴的です。

空中を波状に飛びながら「ヒッヒッヒッヒ、ジュジュ、ジュジュ、ジュジュ、ジュジュ」と

鳴きますので、その声を聞いた人は多いと思います。 けっこうどこにでもいる鳥ですから。
 
 
写真に撮ってみると長い足が目に付きますね。

Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
おっと、私の方を窺っているのかな。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
曇った日にはまたちょっと雰囲気が違って見えます。

Img_05
 
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは一転、かなり派手な鳥、カワラヒワです。

飛び立つと翼の黄色がよく目について、すぐにカワラヒワだと認識できる分かりやすい鳥です。

よく見ると誰かに似ているような・・・

こんな顔の人、いませんでしたっけ?

Img_09
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
この2種の鳥たち、電線上にはいましたが、アリアを歌っていたかどうかまでは確認できませんでした。

あしからず。
 
 
 
 
 
 
 
 

« カワセミの淵 早朝の来訪者たち | トップページ | 水辺のトンボたち »

コメント

昨日行って見ましたが、寒かったためか
ツバメだけがいました。
あと黒い蝶もいましたがとまってくれませんでした。

最近スズメでない鳥を良く見かけますが、
もしかしたらこれらの鳥かもね。

 
catさなえさんへ
 
不思議なもので、さなえさんに「どこそこにいましたよ」と教えたあとで

行ってみると、私にも見つけられなくなったりして・・・

これって、そーっとひとりで楽しみなさいということなのでしょうか。

私はさなえさんにも見てもらいたいなぁと思っているのですが・・・
 
電線にとまっている鳥は必ずしもスズメとは限りませんね。

私はまず望遠で狙ってみて、「なんだ、スズメじゃん」とガッカリすることを

日課としています。

こうすることでたま〜にヒット作がゲットできるんですね。
 
あの淵を縄張りにしているウグイスは電線がお好きなようですよ。

何度も電線上で見かけますが、でもこう話しちゃうと、もういなくなっちゃう

のかなぁ〜。
 

セッカとは初めて見ました。
もしかしたら見てるかもしれませんが、「何だ雀か」と思っているカモです。(^○^)

カワラヒワは番でもよく見ます。
電線は無いに超したことはありませんが、好きかもしれません。
邪魔だ~~と思うこともしばしばですがね(^○^)
    
  どっちやねん(^○^)

G線上のアリアならぬ電線上のアリアですね♪


 
catmoonさんへ
 
もうセッカぐらいの地味な鳥になると、見ていてもそれとは

気付かないことが多いかも、ですよね。

みんなスズメに見えちゃう、いわゆるチュン吉シンドロームに

陥っちゃうんですね。

カメラを持ったらまず狙ってみる、この精神が大事かも

知れません。
 
カワラヒワは先日moonさんのブログでも拝見しましたね。

私のより何倍もきれいに撮れていて、いいなぁと思いましたよ。
 
電線はある意味痛し痒しですよね。

ない方が絶対にいいけど、たまにこうやって役立つこともある、

そんな存在なんでしょうね。
 
で、G線上のアリアに引っかけたタイトルに気がついて下さって

ありがとうございます。 てへへへ・・・
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カワセミの淵 早朝の来訪者たち | トップページ | 水辺のトンボたち »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ