« ウグイスのさえずり | トップページ | セッカとカワラヒワ 電線上のアリア?! »

2011年7月21日 (木)

カワセミの淵 早朝の来訪者たち

 
散歩でよく行くカワセミの淵で、朝5時ぐらいから1時間ばかり、カメラ片手にのんびり佇んで

みたところ、たくさんの生き物たちがやって来ていることに気付かされました。
 
 
 
 
 
まずは、行くたびに必ず出会うカワセミです。 私がカワセミの淵と呼ぶ所以なのであります。

これはオスですが、このところときどき2羽で行動をしている姿を見かけることがあります。

そろそろ恋の季節から子育ての季節に移っていく頃なのでしょうか。

この写真は前の川に飛び込んだ直後だったのですが、残念ながら魚はくわえていませんでした。

尾羽をちょんとあげて、可愛らしいですね。

Img_01
 
 
 
 
すぐにどこかへ飛び去ってしまいましたが、今年は川べり以外のところに巣を構えているような

感じがしました。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
モズのメスがやって来ました。

モズというと冬の鳥というイメージがあったのですが、調べてみるとどうも1年中いるみたいですね。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
キツツキの一種コゲラもやってきます。

「ギーッ」と鳴く声のトーンは、どこかカワセミの鳴き声にも通じるものがあるように思うのは

私だけでしょうか。 (カワセミはギーとは鳴きませんが・・・)

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
この淵を塒にしているカルガモをシルエットで撮ってみました。

向こう側の個体が毛繕いをしているので、その揺れで鳥の回りに波紋ができています。

Img_05 
 
 
 
 
 
 
 
モンキアゲハが吸水にやってきました。

ここではチョウチョが吸水している姿をよく見かけるんですよ。

Img_06
 
 
 
 
ひらひらと舞うたびに薄黄色の紋が見え隠れします。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
アオスジアゲハはペアで吸水にやってきました。

Img_08
 
 
 
 
2頭でもつれ合うように飛び回って、デートの真っ最中でしょうか。

楽しそうですね。

Img_09
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
この夏の季節にカルガモ以外のカモを見るのは珍しいことですが、こんなカモがひとりぽつんと

水面を泳いでいました。

いまはもう夏毛になっているんだと思いますのでますます分かりづらいのですが、このカモは

ヒドリガモのメスでしょうか。(あまり自信はありませんが・・・)

仲間に置いて行かれちゃったんでしょうかね、ひとりで寂しそうでしたね。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてこちらは困った外来種、ジャンボタニシの卵ですね。

稲を食い荒らす害虫でスクミリンゴガイというのが本名のようです。

いまの季節に水辺でよく見かけるもので、ヘンテコなオブジェのようですね。

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ほんの1時間ここにいるだけで、たくさんの生き物たちと出会うことができるんですね。

ほかにもキセキレイがやって来たり、シラサギやゴイサギが上空を飛んで行ったり、アオサギが

小魚をあさっていたり、川べりをイタチがうろうろしていたり、タヌキが走って行ったり、

ヘイケボタルが舞い踊っていたり・・・

このあたりで小さな鹿 キョンを見かけたという話も聞きますし、アライグマなんかもたくさん

棲んでいるようですし、イノシシまでいたりして・・・
 
 
農作物への被害も大きいので手放しでは喜べませんが、自然豊かな里山です。
 
 
 
 
 
 
 
 

« ウグイスのさえずり | トップページ | セッカとカワラヒワ 電線上のアリア?! »

コメント

しろねこ仙人さんのさんぽ道は宝石箱みたいですね。
次から次に野鳥が出てくるではありませんか。

カワセミですか。ここは以前私もカワセミを見かけました。
やはりいるのですね。

よだれが出そうですよ、夏休みに行って見たいですわ。

出勤前のお散歩でしょうか。。
とっても素晴らしいですね~~!
さなえさんが仰るとおり宝石箱ですよ♪

アオスジアゲハのペア、ナイスショットですね!

 
catさなえさんへ
 
ほんと、この散歩道は(いや、この里山自体が)野鳥がたくさんつまった

宝石箱のようですね。

カワセミに会うならここ、キジに会うならここ、ヒバリに会うならここ、

オオヨシキリに会うならここ、ツバメに会うならここ、アオジに会うならここ、

 ・・・という具合にそれぞれのポイントがあって、まるで宝石箱の中が

きちんと区分けされているかのようです。
 
あの淵ではここ1ヶ月以上、ほほ100%の確率でカワセミに会って

いるんですよ。かなり活発に飛び回っている証拠だと思います。

夏休み、らいちゃんのお散歩とは別に、ゆっくり歩いてみてください。

きっとステキな出会いがあると思いますよ。
 

 
catmoonさんへ
 
宝石箱、まさにそのとおりですね。

こんなすばらしい地に住んでいることの幸せを噛み締めているところ

なんですよ。

でもこうやってこの写真ブログを始めるまでは、ここまで豊かな自然が

目の前に広がっていることには気がついていませんでした。このブログを

通じてたくさんの自然と出会っていることを実感しています。
 
蝶の専門家のmoonさんにアオスジアゲハをお褒め頂いたのは、とても

うれしいですね。

ブログには載せませんでしたがこのアオスジアゲハ、飛んできたセグロ

セキレイに居場所を追い立てられたら、恨みがましくそのセキレイの

回りをひらひら飛び回っていたんですよ。

チョウチョも腹を立てることがあるのかなぁと思いながら、その光景を

見ていました。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウグイスのさえずり | トップページ | セッカとカワラヒワ 電線上のアリア?! »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ