« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月の8件の記事

2012年1月28日 (土)

旅の想い出「箱根」

 
今回の旅は箱根です。 でも目的は温泉ではなくて美術館なのであります。

2005年と2006年の、どちらも11月にかみさんと行きました。
 
 
ここ外房から東京方面に出るときはいつも、ディズニーリゾートのすぐそばを通っていきます。

このときはまだタワー・オブ・テラーは建設中でしたね。(左奥に写っていますね)

手前のミッキーウインドウのモノレールは、ランドとシーの周りを周回して入場者を運んでいます。

私たちも以前はこのすぐ近くに住んでいましたので、年間パスポートを買ってしょっちゅう行って

いたものでした。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
さて箱根ですが、今回の目的は美術館なので宿は素泊まり、夕食はコンビニ弁当という質素なものにして、

昼は豪華にという旅にしましてね。 こういう旅も楽しかったですね。

宿は箱根の裏側、仙石原の方から上って芦ノ湖の湖畔近くというロケーションでした。箱根駅伝の

往路ゴールの芦ノ湖畔のちょうど反対側になります。

安宿とはいえ標高が高いので、眺めはよかったですね。 雲がわき出て流れていく様子を見ることも

できました。 正面奥の山の向こう側に芦ノ湖があります。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
その山の右側には、そのほとんどを雲に覆われた富士山も見ることができました。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
箱根には私たちが大好きな美術館がふたつあります。 そのひとつがこのラリック美術館なんです。

フランスのガラス工芸家ルネ・ラリック(1860〜1945)の作品を展示している美術館で、

1500点もの所蔵品があって、そのうち230点ほどを常設展示しているそうです。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
イタリアの名車ブガッティのカーマスコットとして、ガラスのトンボが乗っているのが分かりますか。

このときはブガッティを中心に撮ってしまいましたので、ちょっと分かりづらいと思います。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
3人の女神の顔でしょうか、これも展示室とは別のところに飾ってありましたので、カメラに収めることが

できました。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
ラリックはオリエント急行の室内装飾も手がけましたので、本物のオリエント急行が1両展示してあり、

この車内でお茶を飲むことができるようでした。(私たちは入りませんでしたが)

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
で、ここラリック美術館は食事が美味しいんです。 この当時は「料理の鉄人」にも出たことがある

なんとかいうシェフがいて、多彩な料理に腕をふるっていました。 ここの昼食が目当てで夜は質素に

していたぐらいなんです。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 

レストラン自体もおしゃれです。建物の中でももちろん食事はできますが、暖かい日には周りの山々の

紅葉を眺めながらこの外のテラスで食事をするのも気分爽快だったですよ。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
このときのラリック美術館の入場券です。 ここのシンボル的作品であるブローチ「シルフィード」が

描かれています。 女性の身体と蝶の羽を持つ妖精ということで、風の精とか羽のあるシレーヌとか

呼ばれているようです。 実物はこれよりもっともっときれいでしたよ。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
そして箱根の仙石原にはもうひとつ、すばらしい美術館があります。

世界の一級品を多数揃えて展示しているポーラ美術館です。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
このときは岸田劉生、黒田清輝、岡田三郎助、藤島武二といった作品が展示されているということで、

それを目的に行ってきました。 2005年のときでした。 日本の最高峰がいかにすばらしいかを

直接肌で実感し、その世界にどっぷりと浸かってしまいましたね。

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
この美術館はエントランス部分はこのようにガラスを中心とした瀟洒な造りですが、自然との共生にも

配慮しているそうで、展示室のほとんどが地下に作られていました。 建物の中至るところがきれいで、

とても上品な雰囲気の美術館なんですよ。

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
最後におまけをひとつ。

小田原駅前に建っている北条早雲の像です。

ブレーメンの音楽隊みたいに牛が重なった中に早雲がいますが、これはきっと火牛の計の故事を像に

したものなんだろうと思いました。

早雲が小田原城を攻める際に、たくさんの牛の角に松明をつけて城に攻め込んだというものですが、

木曾義仲にもこれと同じ話が伝わっています。 どちらも中国の故事をベースに脚色されたものだと

いわれていますが、こうした勇壮な像が駅前にあるのはいいものだと思います。 歴史的なロマンを

感じますもの♪

Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年1月24日 (火)

わーい、雪が降ったぞー!

 
ここ千葉県は房総半島の太平洋側の地では滅多に雪なんか降りませんので、札幌生まれ札幌育ちの

私としてはこの雪景色にニッコリしてしまいました。 もちろん雪に対する備えは一切していない

ところなのでたくさんの不都合はあるのですが、それでもやっぱりうれしいのは雪に埋もれて育った

からでしょうか。
 
 
朝起きて庭に出てみると一面の銀世界、、、、とまではいきませんでしたが、それでもこの地では珍しく

うっすらと積もっています。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
家の前の道には新聞配達の人のバイクのあとがくっきりとついていました。 きっと寒い雪の中、

配達してくれたんですね。 感謝感謝です。

正面は西の空ですが、西の空もうっすらと茜色に染まってきました。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
反対側、東の空から陽が昇り始めました。

雪の地面では小さなコロボックル(アイヌの伝説にあるこびとさんです)たちが遊び回っているようです。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
裏の秘密の花園では、背の高い植物が昨夜の風雪に耐え抜いたという姿で立っていました。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
生後まだ1歳半のくぅにとっては、初めて見る雪景色です。 興味津々で外を見ていましたね。

このあと外に出て行ったんですが、よっぽど足が冷たかった見えて、ぐるっと家のまわりを回っただけで

帰って来てしまいました。 ま、そのあとしばらくしてからは、いつもどおり外で遊び回っていましたが。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
陽が昇ってくると、積もった雪が朝日を受けて綿菓子のように輝いていました。

Img_06
 
 
 
 

 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クモの巣にも雪が降り積もって、氷のネックレスのようでした。

このクモさんは今夜あたり、このネックレスを付けて舞踏会に出席するのでしょうかね。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
今回の雪をもたらした強力な冬将軍はまだしばらく居座って勢力を誇示するようですから、近いうちに

また雪が降り積もるかも知れません。

雪に慣れていない土地なので、ほどほどに願いたいとは思います、 (が・・・)
 
 
 
 
 
 
 

2012年1月21日 (土)

旅の想い出「水上温泉」

 
今回は群馬県の水上(みなかみ)温泉です。

2007年6月17日〜18日にかけて行った、1泊2日の旅でした。

宿は今回も個室露天風呂があるところを選びました。 このころはすっかりはまってましたね。
 
 
 
 
宿から谷川岳が遠望できるすばらしいロケーションのところでした。 行ったのは6月でしたが、まだ

わずかに雪が残っていましたね。標高は2千メートルまではない山なんですが、さすがは群馬県ですね。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
この宿から歩いて行けるところに、ぽつんと美術館が一軒あります。 こんな山の中ですが、展示物が

すごいんです。

岸田劉生、藤島武二、ピカソ、ルノアール・・・ 高価な陶磁器もあったりしましたが、行ったときは

私たちの貸し切り状態で、思う存分堪能することができました。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
これが今回の個室露天風呂です。岩風呂になっていましたので、滑って転んだら痛いだろうなぁと思い

用心しながら入りました。 なんせもういい歳なもんですから・・・

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
これが個室露天風呂からの眺めです。 谷川岳を独り占めしながら入るお風呂は最高でしたね。

気持ちがの〜んびりとおおらかになり、それこそ山の仙人入浴中といった至福のときを味わえました。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
壁の掲示板には、泉質はアルカリ性単純泉で、水で薄めず循環もさせない完全掛け流しの天然温泉だと

書いてありました。

30年ほど前に行った白骨温泉は、硫黄と炭酸成分が多い泉質だったので石鹸はまったく泡立たず、

そのためうまく身体が洗えませんでしたが、ここはアルカリ性単純泉でしたのでふつうに洗うことが

できましたね。

でも硫黄泉の方が、温泉に入ったぞ! という満足感は大きいかも知れませんけどね。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
この宿には古代檜風呂という大浴場があって、数百年も地中に埋まっていた樹齢二千年の檜を使っている

そうで、とっても身体に良さそうな感じでしたよ。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
湯出口には、竹を切っただけの風情ある湯飲みが置いてありました。 完全天然温泉ゆえに、安心して

飲むことができるんですね。 「ああ〜、極楽極楽!」という気分にどっぷりと浸って満足満足♪

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
外にはみんなでは入れる露天風呂もあって、すぐ下を流れる谷川のせせらぎを聞きながら入ることが

できるようになっていました。 早朝には近くの山から鹿の鳴き声が聞こえてくることもあるとか。

まるで百人一首の世界のよう   奥山に 紅葉ふみわけ 鳴く鹿の  声きく時ぞ 秋はかなしき

そして、雨の日でも入れるように菅笠まで用意してありましたよ。けっこう細かいところにまで気配りが

されているようでした。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
おもしろいことに、この宿にはサザエさん一家も来たことがあるようでしたよ。 そんな写真が宿の

廊下に貼ってありました。 サザエさんも私たちと同じように谷川岳を眺めながら湯につかっているのが

笑えましたね。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
ほかにも、落語家の五代目柳家小さんも来たことがあるようでしたね。

この五代目小さんというのはインスタント味噌汁のCMに出ていたことで有名ですが、先頃亡くなった

立川談志の元師匠でもあったひとで、人間国宝にもなりましたね。

私はむかしから落語が大好きで、この小さんの噺も上野の鈴本で何度か生で聴きましたが、とっても

自然体で噺をする名人だったと思います。 大好きな落語家さんのひとりなので、こういうところで

ひょっこりお目にかかったような感じがしておもしろかったですね。

ご自身の風貌がタヌキを連想させるからか、色紙にはこのように分福茶釜の絵とともに他抜(たぬき)と

いう文字をよく書いてましたね。他に抜きんでるという意味も込められていたようです。

五代目小さんは本名を小林盛夫といいますので、五代目を表す盛の朱印を押すようですね。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
帰る途中、上毛高原駅のロータリーに蒸気機関車D51(デゴイチという愛称で親しまれていました)が

静態展示されているのに遭遇しました。

私は幼い頃、札幌駅のすぐそばに住んでいまして、母親にねだってよく汽車を見に連れて行ってもらって

ましたので、やっぱり懐かしかったですね。

なかなかの勇姿ですよね♪

Img_11
 
 
 
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年1月18日 (水)

旅の想い出「芦原(あわら)温泉」

 
ネコを飼っているとなかなか旅に出るということができにくいのですが、それでも以前は何度かかみさんと

ふたりで日帰り〜2泊3日程度の旅行はしたものでした。

いまはネコも2匹に増えちゃいましたので、旅に出ることはさらに難しくなってしまいました。そこで

不定期に何度か、このブログの中で旅の想い出を再び味わってみることにしました。
 
 
その最初は、2005年2月14日から16日にかけて行った福井県の芦原(あわら)温泉です。

東京から新幹線で名古屋まで行って、そこから特急やローカル線を乗り継いで東尋坊近くの芦原温泉に

到着。エントランスロビーには大きな水槽があって、熱帯魚たちがお出迎えしてくれました。

ハタタテダイの仲間、ニザダイの仲間、チョウチョウウオの仲間、でしょうか。見ているだけで楽しく

なってしまいます。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
このときの最大の目的は個室露天風呂に入ることでしたので、そういう設備がある宿を選びました。

じゃ〜ん、これが個室露天風呂です。 ゆったりふたりで入れる程度の大きさで、遠くには雪をかぶった

山々が見渡せました。

個室露天風呂の魅力は何度も何度も入れることだと思いますが、このときも20回以上入ったのでは

ないでしょうか。 じゅうぶんその魅力を満喫しました。

Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
この宿には檜の大浴場もありましたが、やはりメインは部屋のお風呂でしたね。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
食事も地元でとれた魚や山菜、カニなんかが出て、とっても美味しかったですね。

でもいつも食べちゃってから、「あっ、写真撮り忘れた!」ということの繰り返しでした。

やっと撮った1枚がこれ。 これは朝食ですが、カレイの塩焼きや生ハムサラダ、湯豆腐なんかも出て

朝から豪華でした。

温泉卵もありますね。 なのでここで豆知識 ・・・簡単な温泉卵の作り方

鍋に1リットルの水を入れて沸騰させたら火を止める。そこに水を200cc入れて生卵を2個入れる。

この鍋にフタをしてそのまま15分放置する。  これだけで温泉卵ができちゃいます。お試し下さい。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
2日目は近くの金沢まで行ってきました。特急で1時間ほどの近さです。

このときはちょうど、JRの金沢駅を新しく建て替えている最中でした。

巨大なガラス張りの豪華な駅舎で、入り口の朱塗りの鼓のような門が印象的でした。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
金沢の台所といえば、近江町市場ですね。

このときはたまたま、地元のテレビ局と思われるクルーが取材をしていました。

手前の「新物です」と書かれた札のところには、マダラの卵やクジラとおぼしき肉も見えますね。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく海産物の新鮮さとその安さ(!)にもうビックリ!

カニもハタハタもカレイもみんなひと箱での値段ですよ。 ハタハタなんか、もうメッチャうまそう!

この右隣には大きなとれたてのホッケも売っていましたが、これも7尾で700円! すごいー!

ついつい買いたくなってしまいましたが、がまんがまん。 旅の途中ですからね。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
金沢といえば、言わずと知れた加賀百万石の城下町。

あちこち散策してみましたが、長町の武家屋敷跡はやっぱり風情がありましたね。

ここに住んでいる人たちはその保存に大変だと思いますが、そのおかげで私たちは時代を超越することが

できるんですね。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
兼六園といえば、やっぱりこのことじ灯籠ですかね。行けばやっぱり撮っちゃいますね。

そして、撮るとブログに載せたくなる。 どうということはないものなのに、困ったもんです。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
冬の兼六園といえば、この雪吊りも有名ですね。 手間もかかっているでしょうし、なにより立派な

芸術作品だと思います。

北海道ではあまり見かけない光景ですが、きっとこちらの雪は水分を多く含んで重たいのでしょうね。

その重たい雪に松が耐えられるように、こうして縄を使って雪吊りをしているようです。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
旅に出ると新たな非日常に出会えますので、それがなんとも楽しいですね。

こんな話題にもしばらくお付き合い下さいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年1月14日 (土)

お笑いくぅピッピ劇場「ピッピはお山の大将」

 
このところだんだんとピッピの正体が見えてきました。

そう、タイトルにもあるようにお山の大将なんです。
 
 
ピッピはくぅのことは大好きなんですが、それでも常にくぅより上のポジションに居たいという欲求は

かなり強いようで、くぅが優しく手加減しているのをいいことに、いつもくぅの縄張りを荒らし回って

いるんですよ。

たとえば。。。。。

くぅはこの塒(ねぐら)が大のお気に入り、それにひきかえピッピはこれにはまったく無関心。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
でもこうやってくぅが入っていると必ず、「ねぇ、あたちも入れて!」と言って入って来ます。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
最初のうちはこうやって仲良く入っていますが、やがてピッピがくぅにちょっかいを出し始め、いつも

最後にはくぅが追い出されてしまうんですよ。

ピッピ「ここはあたちの場所よ!」  くぅ「う〜ん、困った娘だ」

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなふたりにお気楽カメラマンは(私のことですが)、「はーいおふたりさん、こっち向いてー!」と

パチリ、記念写真を撮ったりします。 ほんとはふたりの定位置は逆なのですが・・・

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
さらにピッピは自分の優位をくぅに見せつけるために、くぅの塒の中でこれ見よがしに遊び始めます。

くぅは憮然とした表情でふて寝するしかありません。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ひとしきりひとり遊びをしたあとは、また寝ているくぅのところに行ってじゃれついたりするんです。

でもくぅもピッピのことが好きなようで、こんなにされても本気で怒ったりはしません。ちょうどいい

遊び相手程度の力加減で応戦してくれるんですよ。 ほんとに偉いネコだと思います。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなふたりは、

こうやって仲良くねんねしたり・・・

Img_07
 
 
                          (ちなみにピッピはよくカメラ目線になります)
 
 
 
 
 
 
仲良く喧嘩したり・・・

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
また仲良くねんねしたり・・・

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
激しく叫び合ったり・・・

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘッドロックを決めてみたり・・・

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
そんな仲良しのふたりなんですが、先日突然ピッピの様子がおかしくなってきたんです。

「あたち、なんかヘン」

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
はい、ピッピが早くも発情しちゃったんです!

まだ生後半年にもならないはずなんですが(もとが野良の子ですから誕生日がはっきりしないので

なんとも言えませんが)、かかりつけの動物病院に電話して、今月末の予定だった避妊手術を急遽

繰り上げて来週してもらうことにしました。

発情したピッピはこんな腰を突き出した格好で家中うろうろ歩き回っていましたよ、しかも大きな声で

鳴きながら。

Img_13
 
 
 
 
 
Img_14
 
 
 
 
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
ちょっとかわいそうでしたが、どうにか3日ほどで収まりました。

本人も自分の身体に何が起こったのか分からなかったでしょうね。くぅもそばでかなり心配していた

ようですが、彼も去勢してありますのでピッピにつられることはなくて幸いでした。
 
 
     今回は、お山の大将発情記になってしまいましたね。
 
 
 
 
 
 
 

2012年1月 9日 (月)

森の番人フクロウの昼寝

 
今朝かみさんとふたりでネイチャーセンターを散策していたところ、木道のところで森の番人に

お会いしました。 そう、フクロウです。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
遠くから見てフクロウかタカだなとはすぐ分かったのですが、そばまで来てみるとやっぱりまぎれもなく

フクロウでした。 さすがに森の番人然とした堂々とした佇まいで、まったく逃げる気配はありません。

朝10時頃でしたが、悠然とお昼寝の真っ最中でした。

Img_02
 
 
 
 
フクロウの鳴き声は「ぼろ着て奉公」と聞きなされることがありますが、そんなにしょっちゅう鳴く

鳥ではありませんので、このときも鳴き声は聞けませんでした。

(そういえば北海道の銘菓に六花亭の「ごろすけホーホー」というフクロウをかたどったお菓子が

 ありましたが、このフクロウの聞きなしからとったネーミングだったのかも ・・・蛇足でした)
 
 
 
 
 
 
 
 
それでもときどき薄目を開けて、私の方を確認しているようです。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
その目がだんだんと閉じていって・・・

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
完全に閉じてしまうと、ついには目がなくなっちゃいました。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
よく見ると、ものすごく大きくて鋭い爪をしています。 この爪でウサギやイタチまで捕まえちゃう

そうですから、たいしたもんです。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
じつに温厚そうな顔をしていますが、こやつも立派な猛禽類なんですね。

しかもフクロウは特殊な風切り羽根を持っていますので、空を飛ぶときにまったく羽ばたき音をたてずに

飛ぶことができるそうです。 まるで忍者みたいなヤツですね。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、おまけの画像は、センター内の今朝の万木沼です。 

沼の手前側は一面、パキーンと氷に覆われていました。 今朝も寒かったですからね。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
沼の奥ではキンクロハジロやホシハジロも、寒そうに(?)していました。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
正月早々”福”と名のつく鳥に出会えたのは、縁起のいいことかも知れませんね♪

みなさんにもその福が届きますように!
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年1月 6日 (金)

お餅サンドトースター

 
お正月ですので、今回はそんなお話しをしてみようと思います。
 
 
みなさんはお餅はどうやって焼きますか?

うちではもう何十年も、こういったトースターで焼いていました。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
このトースターで焼くと、中がまだ暖まっていない最初はお餅が焼けるまでに12分ほどかかります。

省エネが叫ばれている昨今、もう少しなんとかならないかといろいろ探してみたところ、おもしろいものを

見つけちゃいました。

お餅サンドトースターという名前だそうですが、ようはお餅も焼けるワッフル焼き器であります。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
なかはこんな感じです。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ここに切り餅をはさんで、火にかけて焼きます。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
火にかけた当初はこのように半開きの状態ですが・・・

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
だんだん閉まってきます。お餅が焼けて柔らかくなってきているんですね。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
焼き上がるまでの時間は ・・・なんと2〜3分程度! いままでの12分とは比べようもない短時間で

焼き上がることにビックリ! 材質は鋳鉄なので熱伝導率が抜群なんですね。

鋳鉄といえば私世代の北海道人は石炭ストーブとしてこの熱伝導率の高さの恩恵を受けていましたので、

感慨深いものがあったりするんですよ。 ←(どうもよく見たら、アルミニウム合金のようでした ≦(._.)≧)
 
で、こんな感じで焼き上がります。 まさにお餅ワッフルですね♪

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
表面はフッ素加工されていますので、お餅は焼き器にまったくくっつきません。

いままでトースターで焼いていたときには、下に敷いたアルミフォイルにお餅がくっついたりして難儀

していましたので、これもうれしい驚きでした。
 
 
 
さらにさらにもうひとつの驚きが・・・

なんと、1度焼いたそのあとすぐにふたたびお餅をはさんでおくと、2回目は焼き器の余熱だけで

お餅が焼けちゃうんです。 もうほんとうにビックリ!

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
このものすごくエコロジーなお餅サンドトースターのおかげでお餅がおいしいこと♪

私の写真ではそんなに美味しいお餅には見えないかも知れませんが、今年は例年の倍も食べてしまい、

3キロ近く太ってしまいました。

ちなみにワッフルもちゃんと焼けましたよ。 ま、こっちがメインですから当たり前ですが・・・
 
 
で、もうひとつちなみに、今回はちょっとおもしろいものを買ったなぁーという感想を書いてみましたが、

これをみなさんにお薦めしているわけではありませんので、興味を持たれた方は自己責任において

ご検討下さいね。
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年1月 4日 (水)

この年末年始に出会った野鳥たち

 
明けましておめでとうございます!

今年からまた新たな気持ちでこのブログを再開したいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
 
 
 

この冬は私の行動範囲もずいぶん狭くなっているのですが、そのせいかどうか、あまりいろんな野鳥に

出会えずにいます。そんな状況なのですが、この年末から年始にかけて出会った野鳥たちです。
 
 
まず最初はトンボ沼にやって来たマガモです。

トンボ沼はハスが繁茂しすぎてしまい、もはや開水面はほとんどなくなってしまいましたので、この

マガモもずいぶん窮屈そうに泳いでいました。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは御宿の海岸で出会ったカモメです。まだ若いユリカモメでしょうか。頭の後ろの黒い模様が

はっきりとしていませんね。

Img_03
 
 
 
 
 
そのユリカモメが水面から飛び立つところです。

まだ若いからか、どこか頼りなげに羽ばたいているように見えました。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
今年もまたコハクチョウが北から渡って来てくれたようです。

コハクチョウが湖なんかで羽根を休めている姿は絵になりますが、こうやって田んぼで食事中の風景は

どうもイマイチですね。

コハクチョウたちの頭上をアオサギが1羽舞っていました。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ネイチャーセンターで見かけたハクセキレイです。

まだ若い個体ですね、顔が幾分黄色がかっていて、全体的に色が薄く上品な雰囲気があるように見えます。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
ネイチャーセンターの万木沼にはキンクロハジロがいました。

この日は天気も悪くて距離も遠いもんですから全然きれいには撮れませんでしたが、金色の目をした

きれいなカモなんですよ。

Img_07
 
 
 
 
そのキンクロハジロがカルガモの前を泳いでいきます。カルガモよりはずいぶん小さいカモですね。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
この日この沼にはもう1種類のカモがいました。ホシハジロです。こちらも身体の白さと頭のえび茶色の

コントラストがおもしろいきれいなカモです。

Img_09
 
 
 
 
ホシハジロもカルガモの前を・・・ こちらはカルガモより少し小さい程度でしょうか。

Img_10
 
 
 
 
両者が一緒になって、何やらお話ししているようでした。

Img_11
 
 
 
 
ついでながら、こちらはホシハジロのオス(前)とメスです。 やっぱり野鳥も番でいる姿が良く似合い

ますね。

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ネイチャーセンターには何カ所かイノシシ捕獲用の罠が仕掛けられていますが、これはそのひとつ、

鉄製の檻の中におとりの餌として糠が播いてあります。 その糠を食べにアオジが来ていました。

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの画像です。

ネイチャーセンターではときどきこんな警告標識を見かけることがあります。

Img_14
 
 
 
 
 
頭上を見上げると・・・

Img_15
 
 
 
 
直径70〜80cmはありそうなスズメバチの巣です。 なんともご立派!

ここの住人たちはさすがにもういませんでした。 一夏限りの豪華な大邸宅なんですね。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2011年11月 | トップページ | 2012年2月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ