« お笑いくぅピッピ劇場「ピッピはお山の大将」 | トップページ | 旅の想い出「水上温泉」 »

2012年1月18日 (水)

旅の想い出「芦原(あわら)温泉」

 
ネコを飼っているとなかなか旅に出るということができにくいのですが、それでも以前は何度かかみさんと

ふたりで日帰り〜2泊3日程度の旅行はしたものでした。

いまはネコも2匹に増えちゃいましたので、旅に出ることはさらに難しくなってしまいました。そこで

不定期に何度か、このブログの中で旅の想い出を再び味わってみることにしました。
 
 
その最初は、2005年2月14日から16日にかけて行った福井県の芦原(あわら)温泉です。

東京から新幹線で名古屋まで行って、そこから特急やローカル線を乗り継いで東尋坊近くの芦原温泉に

到着。エントランスロビーには大きな水槽があって、熱帯魚たちがお出迎えしてくれました。

ハタタテダイの仲間、ニザダイの仲間、チョウチョウウオの仲間、でしょうか。見ているだけで楽しく

なってしまいます。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
このときの最大の目的は個室露天風呂に入ることでしたので、そういう設備がある宿を選びました。

じゃ〜ん、これが個室露天風呂です。 ゆったりふたりで入れる程度の大きさで、遠くには雪をかぶった

山々が見渡せました。

個室露天風呂の魅力は何度も何度も入れることだと思いますが、このときも20回以上入ったのでは

ないでしょうか。 じゅうぶんその魅力を満喫しました。

Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
この宿には檜の大浴場もありましたが、やはりメインは部屋のお風呂でしたね。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
食事も地元でとれた魚や山菜、カニなんかが出て、とっても美味しかったですね。

でもいつも食べちゃってから、「あっ、写真撮り忘れた!」ということの繰り返しでした。

やっと撮った1枚がこれ。 これは朝食ですが、カレイの塩焼きや生ハムサラダ、湯豆腐なんかも出て

朝から豪華でした。

温泉卵もありますね。 なのでここで豆知識 ・・・簡単な温泉卵の作り方

鍋に1リットルの水を入れて沸騰させたら火を止める。そこに水を200cc入れて生卵を2個入れる。

この鍋にフタをしてそのまま15分放置する。  これだけで温泉卵ができちゃいます。お試し下さい。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
2日目は近くの金沢まで行ってきました。特急で1時間ほどの近さです。

このときはちょうど、JRの金沢駅を新しく建て替えている最中でした。

巨大なガラス張りの豪華な駅舎で、入り口の朱塗りの鼓のような門が印象的でした。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
金沢の台所といえば、近江町市場ですね。

このときはたまたま、地元のテレビ局と思われるクルーが取材をしていました。

手前の「新物です」と書かれた札のところには、マダラの卵やクジラとおぼしき肉も見えますね。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく海産物の新鮮さとその安さ(!)にもうビックリ!

カニもハタハタもカレイもみんなひと箱での値段ですよ。 ハタハタなんか、もうメッチャうまそう!

この右隣には大きなとれたてのホッケも売っていましたが、これも7尾で700円! すごいー!

ついつい買いたくなってしまいましたが、がまんがまん。 旅の途中ですからね。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
金沢といえば、言わずと知れた加賀百万石の城下町。

あちこち散策してみましたが、長町の武家屋敷跡はやっぱり風情がありましたね。

ここに住んでいる人たちはその保存に大変だと思いますが、そのおかげで私たちは時代を超越することが

できるんですね。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
兼六園といえば、やっぱりこのことじ灯籠ですかね。行けばやっぱり撮っちゃいますね。

そして、撮るとブログに載せたくなる。 どうということはないものなのに、困ったもんです。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
冬の兼六園といえば、この雪吊りも有名ですね。 手間もかかっているでしょうし、なにより立派な

芸術作品だと思います。

北海道ではあまり見かけない光景ですが、きっとこちらの雪は水分を多く含んで重たいのでしょうね。

その重たい雪に松が耐えられるように、こうして縄を使って雪吊りをしているようです。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
旅に出ると新たな非日常に出会えますので、それがなんとも楽しいですね。

こんな話題にもしばらくお付き合い下さいませ。
 
 
 
 
 
 
 
 

« お笑いくぅピッピ劇場「ピッピはお山の大将」 | トップページ | 旅の想い出「水上温泉」 »

コメント

豪華なお宿に泊まられて凄い♪
お食事と泊まりを考えると、少し立派なお宿に泊まっても
元は取りますよね??

私も金沢には2度行きました。
兼六園の紅葉の赤ちゃんがいっぱい道に芽吹いていたので
何本か抜いて五島に持って帰って植えました。
我が家のプランターで育っていますよ。

思い出の画像を沢山残されていますね、
一緒にお供した気分で楽しませて頂きました♪
次も楽しみです。

 
catmoonさんへ
 
確かに私たちにしては豪華な宿でしたが、それだけに個室露天風呂も

食事もじゅうぶんに満足できるものでした。 このときは2泊しましたので、

ものすごくゆったりと過ごすことができましたね。
 
moonさんも金沢へは行かれてましたか。 日本にはいくつか古都と

呼ばれるところがありますが、金沢にも独特のいい雰囲気がありますね。

紅葉の赤ちゃん、なるほど、いいなぁ♪  そういうお土産はいつまでも

そのときの想い出を持っていてくれますものね。
 
次も楽しみ、と言って頂いてありがとうございます。

おっかなびっくり載せましたので、ちょっと安心しました。
 

まだ若い頃真冬の金沢に行きました。
貧乏旅行でしたよ。

個室の露天風呂なんて素敵ですね。
旅行はいつまでも良い思い出でになります。

それにしても写真の整理が上手ですね。

 
catさなえさんへ
 
さなえさんもやっぱり金沢へ行かれていたんですね。

歴史かおる古都といわれる土地としては、京都、鎌倉、金沢が

思い浮かびますが、それぞれに歴史に裏打ちされた深い味わいが

あるように思います。
 
貧乏旅行は若者の特権ですね。 貧乏ゆえに見えてくるものって、

若い頃はたくさんありますよね。
 
写真の整理は私が上手というよりも、私のMacがうまくやって

くれている部分が多いと思いますよ。 楽しいOSだと思います。
 

こんにちは。
ここは岐阜県の西の外れの方なので、敦賀の海には時々
行きます。危ない原子炉がたくさん・・・。
芦原温泉の方にも行ってみたくなりました。
動物を飼っているとなかなか家を空けられませんよね。

夫婦水入らずの温泉旅行、とっても楽しそうでいいですねぇ。
金沢も風情があって素敵!
しろねこさんご夫婦の次なる旅の想い出、お待ちしてま~す!

 
catひめねずみさんへ
 
ひめねずみさんのところからは、この芦原温泉や金沢も近いですね。

まだ行かれたことはありませんか?
 
敦賀というと戦国武将の大谷吉継が思い浮かびます。

岐阜という地名も織田信長が命名したものですし、私が大好きな

戦国時代に関係の深い土地ですので、いずれ行ってみたい所

なんですよ。
 
ひめねずみさんも次なる旅の想い出をお待ち下さっていることを

うれしく思います。 しばらく続けてみますね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お笑いくぅピッピ劇場「ピッピはお山の大将」 | トップページ | 旅の想い出「水上温泉」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ