« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月の8件の記事

2012年2月28日 (火)

椿の里を散策 前編

 
先日日曜日はネイチャーセンター主催の椿の里観察会に、さなえさん、くまたんとご一緒させて頂いて、

かみさんと参加してきました。

Img_01
 
 
 
 

いすみ市の大原地区はむかしから椿の里として有名で、家々の生け垣にさまざまな種類の椿が植えられて

います。 さらには椿公園という名所もあったりしてまさに椿の里というにふさわしい環境なんですよ。

そんなところを散歩がてら、みんなでそぞろ歩きしながら椿を眺めてきました。
 
 
みなさんはどの椿がお好きですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.01

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
  No.02

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.03

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.04

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.05

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.06

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.07

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.08

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.09

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.10

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.11

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.12

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 No.13

Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
この観察会では椿以外にもおもしろい写真が撮れましたので、それは次回載せてみたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年2月25日 (土)

春の海

 
しばらくぶりで海岸まで行ってきました。

海岸から1kmのところに住んでいるのに、ずいぶん長いこと海に来ていなかったように思います。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
それほど波が高いわけではありませんが、やはり外房の海ですね、テトラに打ち付ける波しぶきは

それなりに迫力があります。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
沖には何隻もの釣り船が出ていました。 今の時期ですと、ヒラメ釣りの船でしょうか。

ここ大原沖はマダイやヒラメ、伊勢海老やアワビの漁場として有名なところなんですよ。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海岸ではシロチドリがさかんに餌を探していました。


Img_04
 
 
 
 
抜き足差し足。。。。

Img_05
 
 
 
 
すたすた。。。。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらでは、テトラにとまっている仲間のところに1羽のウミウ(たぶん)が飛んできましたよ。

それにしても、とまっている方のウの頭の白いこと! こやつ、ほんとうにウなんでしょうか。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
となりのテトラにとまるようです。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
あらよ! という感じで・・・

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
なんとかとまりましたね。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
すると今度は翼を乾かし始めましたよ。 ウは羽根にあまりたくさん脂分を含んでいませんので、

こうやって濡れた羽根を乾かす必要があるんでしょうね。 甲羅干しならぬ羽根干しといったところ

でしょうか。ときどきこんな光景を見かけます。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてときどきこうやって羽ばたいたりして、羽根の乾燥を促進しているようです。 ウにはウ特有の

ご苦労があるようですね。

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
うちの周辺は飛行機的観点からすれば羽田や成田がすぐ近くですから、よく旅客機が上空を飛んで

いきます。

この日はかなり高いところを飛行機雲をなびかせながら飛んで行きました。

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
あとに残った飛行機雲はおもしろい形に変化しながら消えていきました。

Img_14

 
 
 
 
 
Img_15
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
   春の海 ひねもす のたりのたりかな        そんな感じの海でした。
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年2月18日 (土)

今朝も雪 ささやかながら

 
こちらではあまりないことなのですが、この冬はよく雪が降ります。

今朝もまた、夜中に降った雪がうっすらと積もっていました。 家の前の山の木々もきれいに雪化粧して

いましたよ。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも鳥たちは元気に餌探しにやって来ます。

ヒヨドリは椿の花びらをちぎっては食べていました。 蜜を吸うよりは腹の足しになるのでしょうかね。

Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
スズメも餌台の下でヒマワリのタネを探しているようでした。 

こうした野鳥たちは自分の身体を維持するために、雪でも雨でも餌探しを欠かすことはできないんですね。

天候に関係なくやって来る様子はとても健気に見えます。

Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
小学生の頃、こんななぞなぞをやっていましたっけ。

  雪が溶けるとなにになる?

  水になる、ですか?               ・・・いえいえ、春になるんです。
 
屋根に積もった雪が、朝からの晴天に照らされて溶け始めていました。

高速シャッターで撮るとこんな感じになりますが・・・

Img_06
 
 
 
 
スローシャッターで撮ると・・・

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
陽が昇るにつれて雪は溶け始めましたが、今日は風も強く気温も低いため、庭の花たちも氷のしずくを

抱えて寒そうにしていましたね。

Img_08
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
この雪が溶けると春になるかなぁ〜・・・
 
 
この冬は寒い日が多かったので、いつにもまして春が待ち遠しく感じられます。
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年2月16日 (木)

庭の来訪者 ジョウビタキとアカハラ

 
庭にやって来る野鳥シリーズですが、今回まずはジョウビタキのオスからいきましょうか。

この鳥もオスはとってもダンディで、かっこいいですね。 ロマンスグレーの紳士のようでもありますし、

後ろから見ると頭巾をかぶった戦国武将の大谷吉継のようでもあります。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
一方メスの方は、つぶらなひとみが特徴的な可愛らしい鳥ですね。 

オスに比べると地味ではありますが、それでも羽根にはよく目立つ白い斑点があって、しっぽもきれいな

色をしていますよね。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはアカハラです。 文字通りおなかの赤い色からその名前がついたんでしょうね。

さかんに地面をつついて、というか蹴散らかしてというか、かなり乱暴に餌を探していました。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 ・・・とそこへ怪しい影が。。。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
はい、スズメでしたね。 アカハラのすぐそばで、一緒になって餌を探していました。

スズメから見ると自分よりもかなり大きな鳥なのに、平気でそばによって来ましたよ。

この鳥は自分にとって無害だということがよく分かっているんでしょうね。 野鳥の間の力関係を

ちょっとばかり垣間見たようでおもしろかったですね。

Img_12
 
 
 
 
ちなみに、スズメの後ろにあるのが芽ばえて間もない万両で、アカハラのすぐ前にある葉っぱがエビネ

ですね。 新しくマクロレンズをゲットしましたので、いまから花の咲くのが楽しみなんですよ♪
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年2月10日 (金)

藪に潜む忍者アオジ

 
今回の野鳥はアオジです。

タイトルのように藪の中でよく見かけますが、なかなかすんなりとは写真に収まってはくれない鳥です。

藪の中を忍者のように素早く動きまわる様子は、どこかウグイスにも似ていますね。
 
でも、とある朝早く、庭のたき火あとに姿を見せてくれたんですよ。

朝まだ薄暗い時間でもあり、地味な鳥でもありで、見づらい写真ではありますが、まずはご覧下さい。
 
 
正面から見ると、立派なひげを蓄えたやっこさんのようにも見えたりしませんか?

スズメよりも幾分小ぶりな鳥ですが、立派な面構えですね。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
同じ正面顔ながら、別の個体です。 頭の色が違いますね。この色が名前の由来でしょうか。

ちょっとこちらの方がいかめしい顔をしているように見えますが、オスかな? 

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
おなかの黄色も特徴的ですね。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
背中の模様はスズメやヒバリに通じるものがあるように思います。 この3種類は同じ創造の神が創った

のかも。

とにかく地味な鳥ですね。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に明るい画像を1枚。

新しいマクロレンズでいろいろと試し撮りをしているのですが、そのうちの1枚です。

                       (あまりおもしろみのない普通の写真ではありますが)

ネイチャーセンター近くで咲いていたのですが、汚れがまったくないきれいな椿でしたね。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年2月 5日 (日)

メジロ 庭の餌台にて

 
庭の餌台にメジロがやって来ました。

鳴き声といい、姿形といい、飛び方といい、とっても春を感じさせてくれる鳥だと思います。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
鶯色をしたメジロ、羽毛の感じもきれいですね。

太陽光の加減によって、色も微妙に変化します。

Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
どの鳥もみんな、正面から見るとちょっとおもしろい顔になりますね。

Img_05
 
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
美味しそうにミカンを啄んでいる姿がまた、可愛らしいんですよ。

Img_08
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
Img_11
 
 
 
 
Img_12
 
 
 
 
メジロって、ミカンを食べるとき、舌に突き刺して食べるんですよね。 おもしろい習性を持って

いますね。

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
そのくせ、食べるときにはこんなに大きな口を開けるんですから・・・

Img_14
 
 
 
 
まさに”目白”、という顔をしてミカンを啄んでいますね。

Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
後ろから風を受けて、御髪が乱れています。 夏の暑いとき、私がうちのネコの毛を刈ってやると、

ちょうどこんな感じのトラ刈りになってしまうんですよ。

Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく人なつこい鳥で、このときも2mという至近距離から写真を撮らせてくれました。

手のひらにミカンを置いて立っていたら、手乗りメジロになってくれるかも知れませんね。

                              (まさか、さすがにそれはないかな)
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年2月 4日 (土)

ヒヨドリ お弁当を持って

 
今朝のヒヨドリは、お弁当持参で庭の山茶花にやって来ましたよ。

どこかで拾ってきたんでしょうね、ミニトマトのお弁当でした。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
でもヒヨドリにとってはちょっと大きすぎるようで、なかなか呑み込むことができません。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
必死に呑み込もうとしますが・・・

「えい!」

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
「あらよっと!」

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
「んぐっ!」  でもムリ!

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
「ん? なに見てんだよー!」

Img_06
 
 
 
 
私に気付いて飛んで行ってしまいました。

本人は必死でしたが、どこかひょうきんなヒヨドリくんでした♪

果たしてこのあと、ちゃんと食べることができたんでしょうかね。 確認できなかったのが残念です。
 
 
 
 
 
 
 
 

2012年2月 2日 (木)

ヒヨドリ 庭の餌台にて

 
庭の餌台にヒヨドリがやって来ました。

お尻の白い毛がふわっとしていてかわいいですね。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
見慣れた鳥でも、正面から見るとまたちょっと違った印象を受けますね。

これは精悍な顔つきのおにいさん、かな。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒヨドリのお目当ては、餌台の上に置いたミカンです。

置くのを見ていたのか、すぐに飛んできましたね。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
「うんめぇ〜!」 満足そうな顔をして食べています。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ときには一度くわえてから、それをほおり投げるようにして呑み込むこともあります。

Img_05
 
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
「ん? 誰かに見られてるような・・・」  ふり返ったヒヨドリくんと目が合ってしまいました。

フクロウは360度首が回るそうですが、ヒヨドリくんもかなりのもんですね。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
うちの庭にはスズメもしょっちゅうやって来ます。

このときは餌台の下に落ちていたヒマワリのタネを食べていました。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
しかしそのうち、ナント、私が大事にしているシロバナタンポポのタネを食べ始めたではないですか!

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
しかもばくばくと・・・

Img_10
 
 
 
 
 
 
ただでさえ発芽率の悪いタネなんですから、やたらと食べないでもらいたいものです。

ま、でも、ネコがいても鳥たちがやって来てくれるんですから、ありがたいことではありますね。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ