« 雨の朝 予想外の金環日食 | トップページ | ヒメダカの稚魚とスズムシの幼虫 »

2012年5月27日 (日)

朝露に濡れた散歩道

 
いまは夜が明けるのも早くて、清々しい朝を思う存分に楽しめる最高の季節ですね。そんな朝露に濡れた

散歩道を、のんびり歩いているときに出会ったおなじみさんたちです。
 
 
朝露きらめく緑と、その中に咲くナガミヒナゲシです。 花が終わってできた実の長さからこの名前が

ついたんでしょうね。

それはさておき、朝の清々しい感じが伝わるでしょうか。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
これはムラサキツユクサでしょうか、オオムラサキツユクサでしょうか。 私にはよく分かりませんが、

この紫がとってもいい色ですね。

花の中にあるぽやぽやとした毛のようなものが雌しべなんでしょうね。 おもしろい花だと思います。

Img_02
 
 
 
 
こちらは白いムラサキツユクサ?

どんな花にも白いものはある! と、最近思うようになりました。 いろんな花に白花がありますもんね。
 
<追記> これはトキワツユクサだそうです。 さなえさんに教えていただきました。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
これはメマツヨイグサでしょうか。 可憐でかわいい花だと思います。 朝だから出会える花ですね。

Img_04
 
 
 
 
こちらはマツヨイグサですね。 花がしぼむと赤くなるのが特徴ですが、どんな仕組みで色が変わるん

でしょうね。 朝日を浴びて嬉しそうに咲いていました。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
スイカズラですが、見ようによっては最近流行りのゆるキャラのようにも見えませんか? はたまた

どこかに「TOTO」なんて書いてあるようなものにも・・・

スイカズラは根元を吸うと甘いので「吸い葛」というんだそうです。

似たような名前の花にスイフヨウがありますが、こちらは酔ってだんだん赤くなるように色が変わって

いきますので、酔芙蓉なんですね。

Img_06
 
 
 
 
このスイカズラも色が変わりますが、こちらは受粉することによって黄色くなるそうです。

これはきっと、白い花に反応する虫を呼ぶための戦略なんでしょうね。 

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはクチナシでしょうか。 ちょっと原種っぽい感じはしますが、実は碁盤の足のような形なので、

しっかりとクチナシのようです。

船のスクリューのような形がおもしろいですね。 つぼみもねじれていて、閉じたパラソルのようです。
 
<追記> これはテイカカズラだそうです。藤原定家にちなんだ名前ですね。 テイカカズラならば

 きれいなタネができますので、それも楽しみにしたいと思います。

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
田植えが終わった田んぼでおもしろいものを見つけましたよ。

このエビのようなもの、じつはこやつはイトトンボの幼虫で、これでもヤゴなんですよ。

右にある頭を見るといかにもイトトンボですが、このエビのようなしっぽはなんなんでしょうね。

Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
このところよく親子連れのゴイサギを見ていましたが、さすがに用心深くてなかなか近づかせてくれません

でした。 なのでこの写真は単独行動中の個体ですが、この朝はおもしろいことに電線にとまって

いました。 ずんぐりしている割に、どこか精悍な感じもする上品な鷺ですね。
 
「おやぁ、下に誰かやって来たぞ」

Img_10
 
 
 
 
「怪しいヤツだ。逃げよーっと!」

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
起き抜けは身体も痒くなるようですね。 散歩道のうちでも最長コースにあるネコ屋敷の1匹です。

「うー、かゆ!」

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはドクダミ、ふつうは花びらは4枚の花ですが、うちの庭で5枚花びらを見つけました。

園芸品種には八重咲きのドクダミもありますが、それとは別に一重のドクダミの中にも花びらの多いものが

あるようです。 5枚なんぞかわいいもので、もっともっとたくさんの花びらをつけたものもあるとか。
 
撮影ではちょっと影にもこだわってみましたが、余計な影まで入っていました。

ま、私はこんなもんかも。

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 

« 雨の朝 予想外の金環日食 | トップページ | ヒメダカの稚魚とスズムシの幼虫 »

コメント

一枚目の写真は良いですね。
白いツユクサはトキワツユクサですね。
クチナシみたいな花はテイカズラではないでしょうか。
ゴイサギの子が電線に止まっている。止まるんですね。

 
catさなえさんへ
 
1枚目の写真、ありがとうございます。 現場で見る光景はもっときれい

でした。 まだまだ修行が足りませんです。
 
トキワツユクサっていうんですか。 ムラサキツユクサではなかったん

ですね。 ひとつ覚えました。

うちの前の道の正面突き当たりに咲いています。
 
そうか、これがテイカカズラだったんですね。

クチナシの実がなる所と同じ場所に咲いていましたので、てっきり

クチナシかと思ってしまいました。 おかげさまでこちらもしっかりと

覚えました。
 
このゴイサギは親の方だと思います。 ゴイサギが電線にとまっている姿は

初めて見ましたが、かなり珍しい光景ですよね。
 

早朝の散歩道は清々しくてお花たちも生き生きしていますね~。
小さな朝露のタマボケが煌めいて妖精になって入り込みたいです(^○^)
素敵な撮影ですね♪

スイカズラの甘い香りは大好きです♪

猫ちゃん、気が済むまで掻いたかな(^○^)

 
catmoonさんへ
 
朝には朝の顔がありますね。 花たちも、夜が明けたぞー! といった

感じで、張り切っているように見えます。
 
マクロレンズはおもしろい感じでタマボケが撮れますが、それをどう

生かすかが腕の見せ所ですね。 タマボケの中に潜んでいる「妖精」を

撮ってみたいものです。
 
スイカズラは形のおもしろさだけでなく、香りの良さも魅力ですね。
 
このネコ、私に気付いてそそくさとどこかへ行ってしまいました。

人に邪魔されないところであらためて、カキカキをやったのでは

ないでしょうか。
 

こんにちは~。
ナガミヒナゲシの写真素敵ですね~♪
シャボン玉に包まれた夢の世界にいるようです。

うちのムラサキツユクサもそろそろ咲きそうです。
外来種のようですが、日本庭園にも似合いそうな
雰囲気がありますよね。
スイカズラの花は楽しいですね。小さな着ぐるみの中に
誰か入いっていそう。

イトトンボのヤゴ、尻尾がエビみたいなんですね。
ヤゴ好きです~♪♪

 
catひめねずみさんへ
 
ナガミヒナゲシ、ありがとうございます!

朝の風景にこのタマボケはよく似合いますね。 「シャボン玉に包まれた

夢の世界」なんて過分な表現でお褒めいただき、いささか赤面です。
 
ムラサキツユクサには、おっしゃるように日本風の優しさがありますよね。

たとえばエビネの花と並んで咲いていても(若干季節は違いますが)、

まったく違和感がないような気がします。
 
スイカズラはたくさんの花が2コずつのペアで賑やかに咲いていますので、

見ていて楽しいですよね。
 
イトトンボのヤゴはちょっと珍しい形をしていますね。 知らなければ

エビと思ってしまう人もいるのではないでしょうか。

ひめねずみさんもヤゴがお好きでしたか。 嬉しいなぁ♪
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 雨の朝 予想外の金環日食 | トップページ | ヒメダカの稚魚とスズムシの幼虫 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ