« マクロレンズで春探訪 | トップページ | 春 日だまりの虫たち »

2012年5月 8日 (火)

散歩道でモモイロタンポポを発見!

 
日曜日の朝、おなじみの散歩道をいつものようにテクテク歩いていたら、草刈りが終わった原っぱに

ひとかたまりのピンクの花が咲いているのを見つけましてね。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
どこかで見たような花だけどなんだっけ? なんて思いながら近づいてみると、まさにタンポポ!

しかもピンク!

ちょっとビックリでした。

Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
ね、もろにピンクでしょ。

調べてみると、タンポポと同じキク科ではあるけれど、その下の分類の属が違うということで、学術的には

タンポポとは別種のようですが、それでもまさにピンクのタンポポでしたね。
 
 
 
 
朝露をまとって朝日に照らされたつぼみです。 柔らかな色合いが純真な乙女を連想させますね。

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
スズメノエンドウに首を絞められて、ちょっと苦しそうに咲いている花もありましたよ。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ここに咲いている花で見る限り、満開の花はみんな上のような淡いピンク色をしていましたが、つぼみの

うちは色の濃いもの薄いものと変化に富んでいましたね。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
タネ花はこんなふうに真っ白で、上質な筆を思わせる美しさがありました。 

このタンポポも日本在来種と同じように、花の根元の総苞が反り返らないようですが、それでもタネ花に

なる頃にはいくらか開いてくるようでしたね。

Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
最後に記念撮影です。 「はいみんな、こっち向いて〜、笑って〜」

なんかみんな微笑んでいるように見えませんか?

Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
比較のために、シロバナタンポポとカントウタンポポも載せてみました。

まずはうちの庭で咲いているシロバナタンポポです。

こちらは満開の状態。

Img_09
 
 
 
 
こちらはまだ開く途中です。 外側から順番に開いていきますが、タンポポはたくさんの花の集まりで

形作られているんですね。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらがカントウタンポポです。 このタンポポは、幸いまだうちの近所でもふつうに見られます。

Img_11
 
 
 
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 

« マクロレンズで春探訪 | トップページ | 春 日だまりの虫たち »

コメント

モモイロタンポポ! 素敵ですね。
私も撮りに行きましたよ。
驚き、桃の木、山椒の木ですね。
誰かが植えた感じでなので、その方に感謝です。

こういう発見と遭遇があるからさんぽは楽しいです。

こんにちは。
わ~、ほんとうにピンク色のタンポポですね♪
初めて見ました。
たね花が筆のようなのも面白いですね。
普通のタンポポのようにふわふわのまぁるい
綿毛にはならないんですか?
モモイロタンポポ、とってもきれいです!
黄色いタンポポにしてもシロバナタンポポにしても
雑草なんて呼び名は失礼のような気がします。。

 
catさなえさんへ
 
モモイロタンポポという名前の語呂もいいですよね。

これがタンポポだということが分かったときには、やっぱりこういう花って

あるんだなぁと思いましたね。
 
確かにこれは誰かが植えたんだと思いますが、こんな田舎にもいろいろと

おもしろいことする人がいるもんですね。
 
散歩道、今年はどんな発見があるんでしょうか。
 

 
catひめねずみさんへ
 
ね、ほんとうにピンク色をしていますよね。 こういう花もあるんですね。
 
タネ花の方も、いかにも筆という感じでおもしろいですよね。 

むかしむかし、この花を弘法大師が植えたところ、こんな筆のような形に

なったそうで、このタネ花を筆にして書き初めをすると字が上達するという

言い伝えが・・・

ついついそんなデタラメ都市伝説を言いたくなっちゃうような形をして

います。
 
雑草と思うかどうかは人それぞれなんでしょうね。興味のありどころによって

雑草にもなればかわいい野の花にもなるのではないでしょうか。

うちの庭はどちらかというとそんな野の花が多いもんで、雑草庭園と

自称して草刈りをサボったりしているのですが・・・
 

ネットサーフィンをしていて、モモイロタンポポなるものを見ました。
ここでも見せて頂けて嬉しいな♪
やっぱり、知り合いの方の紹介の方が説得力がありますものね。
珍しいものを有り難う!

こちらにもないかな~。。。

スズメノエンドウに首を絞められている写真が面白い~(^○^)

 
catmoonさんへ
 
やっぱりこういう珍しい花は、ブログをやっていれば載せたくなっちゃい

ますよね。 ネットサーフィンで見つかるのも頷けます。

しかも身近な人が載せているとそれだけ親近感が涌くものですが、

moonさんにもそう感じていただけてうれしいですね。
 
これは植えてある状況から考えて、おそらく栽培されているものだと

思うんです。 栽培品種ならば日本全国、どこでも見つかる可能性は

ありますよね。 moonさんもいずれどこかで出会うかも知れませんね。
 
スズメノエンドウのいたずら、ありがとうございます。

植物や動物の擬人化には賛否両論ありますが、私はこれが大好きなので

これからも積極的にやっていこうと思っています。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクロレンズで春探訪 | トップページ | 春 日だまりの虫たち »