« 朝露に濡れた散歩道 | トップページ | 羽田空港の旅客機 »

2012年6月10日 (日)

ヒメダカの稚魚とスズムシの幼虫

 
家の裏の日陰に置いた大きな水槽でヒメダカを飼っていますが、水温の上昇とともにヒメダカたちも

活発に動き出し、産卵を始めました。 

Img_01
 
 
 
 
 
 
それを小さな水槽に移して孵化させた稚魚たちです。

小さな小さな稚魚で、蚊の幼虫ボウフラとどっこいどっこいのサイズでしょうか。

 ぼうふりや 蚊になるまでの 浮き沈み  という句がありますが、メダカの稚魚もそんな感じですね。

Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
もうひとつ、梅雨入りの情報と相前後してスズムシの卵も孵化し始めました。

この白くて細長いのがスズムシの卵です。

Img_07
 
 
 
 
その細長い卵から白い幼虫が出てくるところです。 スズムシは生まれたときから長い触角を持って

いますが、卵の中ではこんなふうに下向きにしまわれているんですね。

Img_08
 
 
 
 
幼虫は生まれたばかりの時は、このように白い色をしています。

Img_09
 
 
 
 
それがやがて黒い色になり、6〜7回の脱皮を経て成虫になるんですね。

8月には鳴き始めるでしょうか。 楽しみに育てたいと思います。

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、

おまけの写真1枚目はハキリバチの仕事跡です。 うちの庭のクリの葉っぱですが、上手にまあるく

切り取っていくもんですね。

ハキリバチについては去年、その巣の写真をこのブログに載せましたが、その記事がいまでも一番

アクセス数が多くて、ハキリバチの人気の高さに驚いているところです。 きっとみなさん、庭でこんな

葉っぱを見つけてビックリするんでしょうね。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけをもう1枚、いまの季節を代表する花ですね。 雨と縁の深い花ですが、今回は朝靄の光の中に

咲く姿を捉えてみました。

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 

« 朝露に濡れた散歩道 | トップページ | 羽田空港の旅客機 »

コメント

メダカに鈴虫、ちゃんと新しい世代を管理して大事に育てているなんて尊敬しますよ~。
お世話も間違いのないように気を遣うことでしょう。
鈴虫の幼虫を見て成虫を想像したら、なんだかとても懐かしい気持ちになりました。

ハキリバチの記事は素晴らしいですものね♪
見た方は感動ものですよ♪

 
catmoonさんへ
 
いえいえ、そんなたいしたことはしていないんですよ。

スズムシはかなり激しく共食いをしますので、あまりたくさん

一緒に飼うと全滅してしまうこともあるので、その点では

気を使っているつもりなんですが。
 
メダカは外で飼っていますので、ネコやサギにとられないように

手作りの格子蓋をしているんですが、それでも少しずつ数が

減っているような・・・
 
ハキリバチはすぐ身近にあって自然を実感させてくれる存在かも

知れませんね。

moonさんもご自身のブログにハキリバチのお仕事風景を載せて

いましたが、そちらもかなりのアクセス数があるのではないですか。
 

こんにちは。
しろねこ仙人さんはヒメダカも大切に飼われているんですね。
産卵の観察や稚魚の拡大撮影も凄いですね~。

スズムシの卵や幼虫の拡大写真もすごいすご~い♪
私もスズムシの赤ちゃんが卵から生まれるところを初めて
観察できました。でも撮影は対象が小さすぎて難しいです><
育て方なども参考にさせていただきますね~。
これからの写真も楽しみです♪

私も以前のハキリバチの記事を見せていただき、楽しませていただきました。
葉っぱを運ぶところや巣や産室もみごとですねェ。ほんとに感動です~♪

メダカはもう孵化したんですね。早いです。
我が家の孵化用の鉢をのぞくとボウフラが泳いでいますよ。
水草を交換したりしたりしていますが、タイミンクが悪いのかな。

鈴虫の幼虫は初見です。こういうところはしろねこ仙人さんの世界ですね。

 
catひめねずみさんへ
 
ほんとうは野生のメダカを飼いたかったんですが、いつもの小川が

護岸工事されてしまって、いまだにメダカがのぼってくる気配が

ないものですから、市販のヒメダカを買ってきてしまいました。

ま、しょうがないですね。
 
スズムシも楽しみですね。 私も専門家というわけではありませんので、

お互い勉強しながらうまく育てていきましょう。 スズムシの鳴き声を

聞きながら眠りにつくのは、田舎ならではの贅沢ですもんね。
 
ハキリバチの記事を見て頂きありがとうございます。ちゃんと場所を

書いておけば良かったですね。 すぐに見つかりましたか? 

このブログは、中で探すのはちょっと不便ですよね。

外からグーグルなんかで探す方が早く見つかるのには苦笑させられます。
 

 
catさなえさんへ
 
うちのメダカも一度産卵しただけで、いまは小休止状態です。

このところ水温が下がっていますので、その影響があるかも

知れませんね。 もう少ししたらまた産卵を始めるのではないで

しょうか。
 
スズムシの幼虫なんて、あまりふつうの人は見たことがないと

思います。 さなえさんにいつもステキな花を見せて頂いている

返礼です。(といっても、全然嬉しくないですかね)
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 朝露に濡れた散歩道 | トップページ | 羽田空港の旅客機 »

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ