« ハクセキレイの親子 <墨絵風> | トップページ | 万木の森の自然「ハス花、吾亦紅、トラノオ・・・」 »

2012年6月29日 (金)

我が家の雑草庭園で咲く花たち(6月)

 
季節は巡り、はや6月、うちの雑草庭園ではものすごい勢いで雑草が生えてきて、草刈りに追われる

日々がつづいています。 そんななか、雑草に負けじと咲いている季節の花たちです。
 
 
 
ハアザミです。 葉っぱがアザミに似ているところから付いた名前でしょうか。 と言っておきながら、

葉っぱの写真は撮り損なってしまいました。

アザミとハアザミ、このふたつ、科は違っていて、アザミはキク科、このハアザミはキツネノマゴ科だ

そうです。

お互いの親の時代にさなえさんのお宅からうちの庭にやって来た花で、このように背の高い大きな花が

咲くので、道行く人たちの注目を集めているようです。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
独特の形をしたつぼみがおもしろいキキョウも咲き始めました。 秋の七草に入っているキキョウですが、

いつも咲くのは今ごろなんですね。 この個体は花びらが反り返って、可愛らしい咲き方をしていました。

Img_02
 
 
 
 
こちらのキキョウには、偶然中心部にだけ陽が当たっていましたので、そこにピントを合わせて・・・

 ・・・なんて解説しているようじゃ、失敗作ですね。

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ザクロの花です。 中心部に陽が当たって・・・        (・・・まだやってる)

Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは、我が家のちょっとしたお祝い事のときにさなえさんから頂いたギンバイカです。

まだ1mにも満たない小さな木ですが、ものすごくたくさんのつぼみを付けていますので、これから

次々に咲いてくるのが楽しみです。

フトモモ科の特徴であるたくさんの雄しべが印象的ですね。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
私が好きな花、ヒルザキツキミソウです。 これも帰化植物だそうですが、あまり嫌われている様子は

ないのかな? それでも外来種らしく、アスファルトの地面からでも生えてくるド根性がありますので、

ちょっと心配ではありますが・・・

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
梅雨の季節に咲くアジサイ、雨がよく似合う花ですが、日だまりの中にあっても鮮やかに輝いていますね。

Img_07
 
 
 
 
アジサイは装飾花が目立ちますが、実際の花は中の方で小さく咲いていますね。 装飾花の色の違いに

よって、中の花の色もいくらか違うようです。

Img_08
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
さらには、ガクアジサイにもいろんなバリエーションがありますね。 

このガクアジサイもさなえさんからひと枝分けて頂いて、挿し木したものです。

Img_10
 
 
 
 
 
 
アジサイ、といえばカタツムリでしょうか。 でも、アマガエルもよくこの花を愛でていますね。

夜になるといろんな種類のカエルが大合唱を繰り広げます。 田舎の男声合唱団、といったところですね。

Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのシジミチョウ、燕尾服を着ている(尾状突起がある)ところをみるとツバメシジミでしょうか。

それと知って見たのは初めてですが、うちの庭にいるぐらいなので、そんなに珍しい種類ではないんで

しょうね。

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらのシジミチョウはスゴイ! もう羽がぼろぼろで、まるで貧乏神が持っているうちわのようです。

種類もよく分からなくなっていますが、それでも一生懸命健気に飛んでいました。 

これって、仲間同士ではちゃんと見分けがつくんでしょうかね。

Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらも一風変わったカマキリの幼虫です。 種類がよく分かりませんが、もしかしたらコカマキリの

幼虫かなぁ〜、なんて思っています。

Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
タイトルに反して、いつの間にか虫の話になってしまいました。 ま、いいですね。
 
 
 
 
 
 
 

« ハクセキレイの親子 <墨絵風> | トップページ | 万木の森の自然「ハス花、吾亦紅、トラノオ・・・」 »

コメント

こうしてみると本当にいろいろ咲いていますね。
銀梅花咲きましたね。いいですね。日曜日に撮らせてくださいね。

いつの間にか昆虫の話題になっていくところが、
ここの良さですよ。アマガエルが良いですね。

ハアザミ 初見です。 花はやはりキツネノゴマ科ですね♪
キンバイカはとても美しい花を咲かせるんですね、育ててみたくなりました。

貧乏神の団扇のようなシジミチョウはヤマトシジミかもしれません。
私もこのようになったシジミチョウを見たことありますよ。
良く逃げられたと誉めてやりたいですね(^^)

 
catさなえさんへ
 
雑草にまみれていても、きちんと花は咲いてくれますね。うちの庭に

咲く花はみんな、雑草との戦いに打ち勝ったものばかりなので、

たくましい連中なんですね。
 
頂いたギンバイカ、かなり長いこと楽しめそうです。最初につぼみを

付けたときには、こんな小さなつぼみで花が咲くんだろうかと心配

したものですが、つぼみも大きく膨らんできて安心しましたね。
 
いつでも天気のいい日に撮影に来て下さい。フトモモ科の花は

おもしろい撮り方ができる花だと思いますので、さなえさんらしい

写真を期待していますね。
 
このブログに来てくれる方は虫好きの方も多いので、こういう

形にもすんなり馴染んでくれますよね。
 

 
catmoonさんへ
 
moonさんはハアザミは初見でしたか。

道行く人が注目していくぐらいですから、わりと珍しい花かも

知れませんね。私にはよく分かりませんでしたが、moonさんは

キツネノマゴ科でどんな花か想像がつくんですね。

これってすごい! ( (o^-^o) 尊敬のまなざし)
 
私のコメント自体が小さな字ですので誤解を与えてしまいましたが

ギンバイカ(銀梅花)なんですよ。そんなに難しい木ではないよう

ですし、あまり大きくなりませんので育てやすいかも知れません。

きれいな花ですので、moonさんも育ててみてはいかがでしょうか。
 
はい、貧乏神のうちわ、やっぱりヤマトシジミっぽいですよね。

このシジミくん、人間が思うほどかわいそうな感じではなく、

かなり平気な顔して飛び回っていましたよ。

「飛べればいいじゃん! 見てくれなんて気にしない気にしない!」

そんなことを言っていたような・・・
 

こんにちは。
ハアザミは初めて見ました。科が違うのに葉っぱの形は似ているんですね。
最初、ハアザミの葉っぱをアザミの花に置き換えてしまいました><

桔梗もザクロもとっても好きです。中心部に日が当たって変化がでましたね。
正面から見た桔梗の花を絵に描こうとするととても難しいです。
銀梅花はとっても可愛いですね。つぼみのつき方が面白くて、可愛い宇宙人?
を想像してしまいました♪
濃いピンクのアジサイはすごくきれいで大好きです。ガクアジサイの装飾化が
とてもきれいですね。
カエルも気持ち良さそう。アジサイのほんのりしたピンク色とカエルくんの青緑が
素敵に響きあっていますね~♪

ツバメシジミきれいな瑠璃色ですね。ぼろぼろになったシジミチョウは
よく頑張ってここまできましたね。
コカマキリの赤ちゃんですね。去年初めてコカマキリの孵化を見ました。
可愛かったですよ~♪♪

お庭での小さな発見また楽しみにしています!

 
catひめねずみさんへ
 
ハアザミ、ちゃんと葉っぱの写真も載せておくべきでしたね。すみません!

私自身もう何十年も見てきた植物なので、あまり葉っぱの方に意識が

ありませんでした。
 
中心部に陽が当たったキキョウとザクロ、注目して頂けて嬉しいです。

ひめねずみさんが描くキキョウの絵も拝見してみたいものです。きっと

ひめねずみさんの暖かさが伝わってくるような絵なんでしょうね。
 
ギンバイカを宇宙人に例えるのはおもしろいですね。つぼみなんかは

ちょっとそんな雰囲気がありますよね。
 
濃いピンクのアジサイはとてもきれいな色をしていたもんですから、

我が家のというコンセプトから脱線して、斜め向かいのお宅に咲く花を

撮ってしまいました。カエルとアジサイの組み合わせにも季節感があって

いいですよね。
 
シジミチョウは小さな身体でがんばっていますよね。ボロボロの羽には

どんな歴史が刻まれているんでしょう。
 
これはやっぱりコカマキリの赤ちゃんでしたか。カマキリの孵化を

見たのはスゴイですね。きっとたくさんの子どもがいっせいに卵から

出てきたんでしょうね。私も一度見てみたいと思っているんですが、

卵をとってきて家の中でそれを見る勇気がまだありません。
 

ごめんなさい!コカマキリの孵化を見たと書きましたが
ハラビロカマキリの間違いでした><
昨年主人の仕事場の塀のところでハラビロカマキリの孵化が
始まりそうだというので見に行きました。小さいのが次々出てきて
可愛かったです。うちの主人は子どもの頃、カマキリ男と呼ばれて
いたので、カマキリは得意です。。。

しろねこ仙人さんが撮影されたのは確かにコカマキリのようですね。
先日家の隅でコカマキリが孵化した後の卵は見つけました。
幼虫は庭でよく見かけるのですが、今のところみんなオオカマキリです。
コカマキリも見たいです☆☆

 
catひめねずみさんへ
 
わざわざ訂正して頂きありがとうございます。

こちらでもハラビロカマキリはときどき見かけます。うちの周りで見る

カマキリはオオカマキリ、カマキリ(チョウセンカマキリ)、ハラビロカマキリ、

コカマキリの順番で数が少なくなっているようです。それでもコカマキリも毎年

何匹かは見かけますね。
 
ご主人にカマキリというあだ名があったのはおもしろいですね。痩せていて

背が高いのでしょうか。

田舎に住んでいて気がついたんですが、長生きのおじいさんってみんな

痩せているんですよ。ひめねずみさんのご主人も長命の相がありそう

ですね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハクセキレイの親子 <墨絵風> | トップページ | 万木の森の自然「ハス花、吾亦紅、トラノオ・・・」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ