« 万木の森の自然「森の妖精ハグロトンボ」 | トップページ | 飛翔 その1 »

2012年7月21日 (土)

お笑いにゃんこ劇場「ピッピという生き方」

 
Img_01
 
 
我が家の女親分ピッピ、しばらくぶりの登場です。

もうそろそろ生後1年になるピッピ、こやつがどんなやつだか、だんだん分かってきましたぞ。

 1. まずなんといっても頭がいい!

 2. 好奇心、探求心がメチャ旺盛

 3. なにごとも諦めない根性者

と言えば聞こえはいいですが、その実態は・・・
 
 
 1. とにかく悪賢い!

 2. 悪さイタズラのオンパレード

 3. ものすごく執念深くて、とことん悪事を遂行
 
 
 
 
 
 
 
 
私たちのことが大好きなピッピは、私たちをうまく使って遊ぶのが好きです。

スーパーのレジ袋のカシャカシャ感がお気に入りのピッピは、それをまるく結んでやると、私たちの

ところに持って来て、「投げてー!」と催促するようになりました。
 
この日も自分のおもちゃ箱からカシャカシャ玉を引っ張り出して、私たちのところに持って来ます。

Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
それをピッピの寝床に投げ上げてやると、大喜びでとりに行きます。

Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ときには下から叩いて、カシャカシャ玉をはじき落とすという妙技も見せてくれます。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
でも本人としては、くわえて降りるということに美学を感じるようで・・・

  投げてもらう → 登ってとりに行く → くわえて降りる → 私たちのところに持ってくる

何度も何度も、疲れるまで嬉々としてこれを繰り返します。

Img_07
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
そして疲れ果てると、持ってくる途中でひと休み。

Img_10
 
 
私たちだって、けっこう疲れるのであります。
 
 
 
 
 
 
 
 
ピッピは、前肢を器用に使って扉を開けるのも得意です。

部屋の扉は重たいのでピッタリ閉まっていると開けられないのですが、網戸なんかは軽いしツメ掛かりも

いいので、すぐに開けて外に出てしまいます。なので網戸にも施錠が欠かせません。(めんどくさー!)
 
 
「よっこいしょっと!」

Img_11
 
 
 
 
「ぬーーーっ!」

Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
くぅがしていることは自分もしないときがすまない性格のピッピ、くぅが毛梳きをしてもらっていると

必ずやって来ます。

Img_13
 
 
 
 
そして、くぅを押しのけて、自分も毛梳きをしてもらいます。 どうです、この満足そうな顔!

Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
最近はピッピも大きくなってきたので、くぅも変な遠慮はしなくなりました。 ピッピが不用意に戦いを

挑むと、わりと本気で応戦します。 いままで自分の方が強いと信じて疑わなかったピッピは大ショック!

でもそれがいい薬になったようで、ピッピとくぅの間におとなの関係ができつつあるようです。

Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 

« 万木の森の自然「森の妖精ハグロトンボ」 | トップページ | 飛翔 その1 »

コメント

まるでらい君みたいですね。
若かったころのらい君はスリッパ投げが大好きで
スリッパを食らえて持ってきます。
投げてあげると取りに行き、私とひっばりごっこをして
まだ投げてをあきるまで繰り返していました。

そうしてご主人と揺らぎない信頼関係ができるのでしょうね。

 
catさなえさんへ
 
らいちゃんもそうでしたか。

ピッピはネコなのに、イヌのようなつながりを私たちに求めて

いるのかも知れません。すぐに人恋しくなるヤツなんですよ。

そこがかわいくて、いろんなイタズラもついつい許してしまいます。

おかげで家のあちこちがボロボロ、どうしましょ。

揺るぎない信頼関係を築く代償はかなり大きいかも・・・

早くきちんと分別のつくおとなのネコになって欲しいものです。
 

とっても楽しかったです♪
猫なのにこんな遊びが出来るなんて驚きです。ほんと、ワンちゃんみたいですね~。
投げたものを取りには行っても又持ってくるなんてね・・
ドアを開けてる姿はまるで人間のようで思わず頬が緩みます(^^)
毎日が楽しい生活ですね♪

 
catmoonさんへ
 
楽しんで下さって、ありがとうございます!

ピッピはたぶんずいぶん早い時期に親と離されたようで、そのため

無性に人恋しくなる時があるようです。そんなこともあって、強く

私たちとのつながりを求めるのかも知れません。それがイヌみたいな

遊びになって表れているんでしょうね。
 
ピッピは好奇心が旺盛すぎてさまざまな悪事を働くものですから、

一緒に生活する上での禁止事項も多くならざるを得ないのですが、

その禁止事項を破る象徴がこの扉開けなんですよ。いつの間にか

扉が開いているときには、そこでピッピが必ず何か悪さをして

います。

毎日、「コラー! ピッピー! やめなさーい!」という叫び声が

飛び交っている家なんですよ。
 

おはようございます。
ひさびさのピッピちゃん登場ですね!
猫の1歳は人間でいえば青春真っ盛りの頃ですか?

カシャカシャ玉遊びは面白そうですね。また持って帰って
きてくれるところはほんとにすごい。

くぅちゃんとピッピちゃんの行動が今うちにいるめそめそと
ピコの姿と重なって興味深いです。雌雄が逆ですが・・。

スリックしてあげると気持ち良くてうっとりなっちゃいますね♪
くぅちゃんとピッピちゃんのおへそはわかりますか??
いまピコのおへそを捜索中です。。。

 
catひめねずみさんへ
 
私もネコの1歳は24歳という計算で数えていますので、今が青春真っ盛り

ですね。一番無軌道な頃なのかも知れません。
 
ピッピはなんでも食べてしまう悪食で、いままでにかみさんの純毛の

セーターをはじめ、木綿のヒモ、新聞紙、そしてカシャカシャ玉まで

食べてしまうものですから、いまはカシャカシャ玉は使用禁止にして

しまいました。とにかく油断のならないヤツで困ったもんです。
 
ピコちゃんの話は初めて聞くような気がします。いずれ出てくるのかな。

楽しみにしていますね。
 
へぇ〜、おへそかぁ〜。そうですよね、哺乳類だからおへそって

ありますよね。どちらもオッパイは確認しましたが、おへそは考えたことが

ありませんでした。このあと見てみますね。でもひめねずみさんも捜索中と

いうことは、簡単には見つからないということですね。どれどれ・・・
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万木の森の自然「森の妖精ハグロトンボ」 | トップページ | 飛翔 その1 »