« 飛翔 その1 | トップページ | 蓮池のチョウトンボ、そしてギンヤンマとブラックバス »

2012年7月29日 (日)

飛翔 その2

 
今朝の早朝散歩の時に、また新たに撮った野鳥の飛翔です。 こうしてみると、私の散歩道にはたくさんの

野鳥がいるんだなぁ〜って、あらためて感じますね。
 
 
 
コサギの・・・   飛翔というか、着地というか、着木というか・・・

いずれにしても、足が長い美人さんですね。

Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ゴイサギの幼鳥ホシゴイです。 前回のものよりもう少しおとななのでしょうか、だいぶおとなの色に

近くなってきていますね。 2羽写っていますが、分かりますか?

Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
これはセッカです。 大きさはスズメぐらいの鳥ですが、いつも飛びながら鳴いていますので、すぐに

セッカだと分かります。 「ヒッヒッヒッヒ」という鳴き方と、「ジュジュッ、ジュジュッ、ジュジュッ」

という鳴き方を交互に繰り返します。くちばしを見ると、鳴きながら飛んでいる様子がよく分かりますね。

Img_06
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
これはカワラヒワですね。 羽の黄色がよく目立つ特徴的な鳥です。

Img_11
 
 
 
 
Img_12
 
 
 
 
Img_13
 
 
 
 
最後にはツバメも友情出演(?)

Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはウミウでしょうか、カワウでしょうか。 いつも悠然と空を飛んでいる孤高の哲人です。

Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
カモも飛ぶ姿が美しい鳥だと思います。 いまの季節にいるのはカルガモだけですが、くちばしがちょっと

大きいような気も・・・

カモのシルエットにはおもしろい話があるんですよ。 いまこの2羽のカモは上方向に向かって飛んで

いますが、見方を変えてこれが下方向に飛んでいる鳥だとしたら、なんという鳥に見えますか?

はい、タカのように見えるんですね。 これって単なる偶然でしょうか? おもしろいですね。

Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚はチョウチョです。 一見とまっているようにも見えるかも知れませんが、これでもちゃんと

飛んでいるところなんですよ。 ひらひらと舞い飛ぶチョウチョは、さすがに難しい被写体ですね。

でもこれは何というチョウチョでしょう。 ヒメジャノメとも違うような気がしますが・・・

チョウに詳しいmoonさんなら、お分かりになるでしょうか?

Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 

« 飛翔 その1 | トップページ | 蓮池のチョウトンボ、そしてギンヤンマとブラックバス »

コメント

飛翔第2弾 またまた楽しませていただきました♪
コサギちゃんが木のてっぺんに降り立つ姿とても可愛いです。
ちょんとしたお尻がうちのピコみたいで・・・。
セッカやカワラヒワの羽は扇子を広げたようでこれまた可愛らしいです♪
ツバメの友情出演もいいナ~。カモのシルエットがタカにも見えるなんて
面白いですね。
飛翔写真はなんとも気持ちいいですね~。次も楽しみ♪♪

 
catひめねずみさんへ
 
たくさん褒めて頂きありがとうございます!

風を受けて飛んでいるときの鳥の羽って、とってもきれいですよね。

それを写すだけで、きれいな絵になるような気がします。
 
飛んでいるときのカモのシルエットが、見方によってタカにも見える

というのは、ほんと、とっても不思議な気がします。鳥が飛ぶときの

形状には一定の法則があるということなんでしょうかね。
 
これからもいろんな鳥の飛翔をとらえていきたいと思っていますので、

そのときはまたよろしくお願いしますね。
 

素晴らしい里山ですね~。
沢山の生き物と出会えて興味は尽きなく、楽しい暮らしが出来ますね♪

大きい野鳥は飛ぶ姿も案外簡単に写せますが、小鳥は難しいのにびっくりです。
特にカワラヒワとツバメ!!
さすがですね♪

最後の蝶は初めて見ます。
何でしょうか~~~? 私にも解りません~~(・・。)ゞ テヘ

 
catmoonさんへ
 
はい、ありがとうございます! 

私自身もすばらしい里山に住んでいることを実感しています。

すぐ身近にこんなにもいろんな野生生物が暮らしているんですね。
 
飛んでいる小鳥の撮影は難易度が高くてかなりの苦戦を強いられますが、

それだけにうまくとらえられたときのうれしさは格別ですね。

小鳥が飛んでいてもそれが何という鳥かまではなかなか分からないことが

多いですが、こうやって撮影してみることで確認することができますね。

それで初めて多種類の野鳥がいることがよく分かりました。
 
チョウに詳しいmoonさんでもこのチョウは分かりませんか。ときどき

見かけては、何ていうチョウだろうと思っていました。
 

サギの飛んでいる姿は美しいですね。
1.2.3枚目は素敵ですね。
サギは木の上で雛を育てると言いますから
ここには巣があったのでしょうかね。

こうしてみるとここは野鳥の種類が多いんですね。
遭遇したいわと思いつつ、きっと遭遇しているのにわからないだと思います。

 
catさなえさんへ
 
サギはどの種類もみんな、写真に撮ってじゅうぶん絵になる鳥ですね。

身近にこんなきれいなモデルさんがいるのは幸せなことだと思います。
 
鷺ノ森とか鷺ノ宮とかという地名は、こういうふうにサギがたくさん木の上に

いる光景から生まれたのかも知れませんね。
 
このあたりはほんと、野鳥の宝庫ですね。カメラを持って散歩するように

なって、初めて気がつきました。

それにしてもまだまだたくさんの生き物たちが、私のカメラの前を

素通りしていきます。もっともっとがんばらねば・・・
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛翔 その1 | トップページ | 蓮池のチョウトンボ、そしてギンヤンマとブラックバス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ