« 我が家の雑草庭園で咲く花たち(6月) | トップページ | 万木の森の自然「オオヤマトンボ、キマダラセセリ、ツバメシジミ・・・」 »

2012年7月 6日 (金)

万木の森の自然「ハス花、吾亦紅、トラノオ・・・」

 
例年よりも少し遅れていたネイチャーセンターのハス花が、やっと五月雨的に咲き始めました。
 
 
こちらは千葉県の天然記念物になっているオオガハスです。 2千年前のタネからよみがえったハスで、

その発見者の名前にちなんでオオガハスと名づけられました。

Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは白光蓮(びゃっこうれん)というハスだそうです。 花が開くとだいぶ白くなるようですが、

つぼみのときのこのピンク色も、じつにきれいでした。

Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
吾亦紅は秋の花だとばかり思っていましたが、早いところでは8月ぐらいから咲くそうです。 でも

まだ7月になったばかりですよねぇ。。。   もう咲いていましたよ。

すぎもとまさとの曲に「吾亦紅」があります。 出だしの歌詞は「マッチを擦ればおろしが吹いて・・・」

どこかマッチを連想させる花でもあると思います。

私の好きな曲なんですが、男にとっては身につまされる歌かも・・・

Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
トラノオもひっそりと咲いていました。 ネイチャーセンターの見解ではヌマトラノオだそうです。

Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ネムノキもいままさに花盛りですね。 煙のようなぽやぽや感がこの花の特徴でしょうか、そこがかわいい

花だと思います。

Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっとおもしろい花も咲いていました。 私が知らないだけで、あまり珍しくもない花かも知れませんが

山野草っぽい感じがする花でしたね。 いつもはこういうとき、葉っぱの写真も撮るんですが、このときは

撮り忘れてしまいました。

あなたのお名前は?

Img_07
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
メダカが泳いでいるような小さな川に、田んぼの土留めに使う波板が埋め込まれてその流れを弱めて

いました。 それが芸術的な美しさを醸し出しているように見えましたので・・・

Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
万木へ行く途中の田んぼでおもしろいものを見かけました。

かなりの低空をヘリコプターが飛んでいます。 すわ、ドクターヘリが緊急着陸でもするのか・・・

Img_11
 
 
 
 
 
よく見ると機体は小さくて、しかも肝心の操縦席も見当たりません。

Img_12
 
 
 
 
 
はい、こうやって無線操縦で飛んでいる農薬散布用の無人ヘリコプターでした。 

とはいってもオモチャのヘリではありません。 250ccの水冷エンジンを持ち、GPS機能も備えていて

軍事目的で不正輸出、なんていうことも騒がれる本格的なものなんです。

Img_13
 
 
 
 
 
そんな高性能とはうらはらに、田んぼの上を群れ飛ぶたくさんのウスバキトンボと一緒になって、

牧歌的な光景を演出していました。

Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 

« 我が家の雑草庭園で咲く花たち(6月) | トップページ | 万木の森の自然「オオヤマトンボ、キマダラセセリ、ツバメシジミ・・・」 »

コメント

ここではヌマトラノオが咲くんですね。
これも撮りたいと、ネムの花も撮りたいし
いつ行こうかなと考えています。

このヘリコプター本物みたいです。
農薬の散布が始まりましたね。
作っている作物によって賛否をあるそうです。

 
catさなえさんへ
 
トラノオは湿性植物園のほんの一角だけに、それこそ秘やかにそーっと

咲いていましたので、知らないと見逃してしまうかも知れません。

ネムノキもずいぶん低いところにまで花がたくさん咲いているような、

被写体としては申し分のない木もありましたよ。
 
このヘリコプターはなかなかの高級品でして、値段も半端じゃない

ようですよ。

農薬散布に限らず農業全般、一筋縄ではいかない難しい問題がたくさん

あるようです。
 

こんにちは。
2千年前の種から花を咲かせたハスはすごいですね!
花びらの厚みや、台のような花托を見ると逞しく生きぬいてきた
太古の植物なんだなといつも思います。

秋の花だとばかり思っていたのに今頃咲く花ってたくさんあるようです。
ナデシコ、桔梗、オミナエシ、萩も日本画教室の先生が最近持ってきて下さって
ちょっとびっくり。ワレモコウも秋の植物なんですね。

水の流れはいろいろに変化して芸術的な造形になるものですね♪
小型のヘリコプターはうちのすぐそばの田んぼでも活躍しています。。。
いくつも枝分かれした茎にねじれたつぼみがぱっと小さな花火のように開いた
可愛い花は何の花なんでしょうね。見たことあるような気もしますが・・・。
今日は七夕ですね♪

 
catひめねずみさんへ
 
2千年前のタネから、というのがロマンを感じますよね。そういう目で

見るせいか、この花の色まで神秘的に見えてしまいます。
 
ハギやキキョウを初めとして、秋の七草はずいぶん早くから咲いて

いますよね。でも吾亦紅がこんなに早く咲くのは意外でした。
 
水の流れはときとして不思議な造形美を見せてくれますね。そして

それをおもしろく演出してくれるのがカメラだったりしますので、

そんな魅力に惹かれてついつい遊んでしまいます。
 
あの名前の分からない小さな花を花火に例える感性がいいですね♪

七夕の今日は、こちらでは織り姫の涙雨がぱらぱら舞い落ちて来て

います。でも雲の上の出来事なんですから、地上で勝手に何を思っても

あのふたりには関係ないんですよね。きっと今夜も、ふたり仲良くデートを

楽しんでいることでしょうね。
 

2000年前の地層の3粒の種から花開いたオオガハス! 
それを思うだけで、ほんと、ロマンです♪
千葉県の天然記念物に指定されているなんて鼻高々ですね。

百光蓮のころんとした様は桃みたいでかわいいですね~~♪

ネムノキは好きで、3鉢育てています。
鉢では花を咲かせるのは難しいようですが、涼しげな葉っぱも大好きです。

ヘリで散布とは近代的ですね~~!

 
catmoonさんへ
 
moonさんもいろいろと調べて下さったんですね。光栄です。

発掘されたのは3粒でしたが、そのうちちゃんと育ったのは

1粒だけですから、奇跡的ですね。
 
ネムノキは育てていても楽しいでしょうね。夜になると

葉っぱを閉じて寝ちゃうのが愛らしかったりしますね。

鉢植えというのが以外で、たいしたものだと感心しました。
 
農業県だけあって、農薬散布にも近代兵器(?)が使われる

のでしょうかね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が家の雑草庭園で咲く花たち(6月) | トップページ | 万木の森の自然「オオヤマトンボ、キマダラセセリ、ツバメシジミ・・・」 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ