« 万木の森の自然「ワレモコウ、ミズヒキ、ゲンノショウコ・・・」 | トップページ | なつかしき札幌、2012年秋 01 「札幌の街1」 »

2012年10月12日 (金)

万木の森の自然「サクラタデ、ミゾソバ、ホトトギス・・・」

 
花博士のさなえさんと万木の森を散策したときに教えて頂いた、タデ科のかわいい野草
 
サクラタデです。 私は初めて見る花でしたが、この雄しべ、マンガに出てくる虫の
 
触角のようなかわいらしさがありますね。 たくさん並んで、みんなで歌を歌って
 
いるようにも見えませんか?
 
Img_01_2
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは今ごろの季節、道端のあちこちでふつうに見かけるミゾソバです。 これも
 
同じタデ科の野草ですが、近寄ってよく見ると、この花もそのかわいらしさはなかなかの
 
ものではないでしょうか。
 
Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
 
この花の葉っぱはちょっと特徴的で、こんな形をしています。 この形が牛の額にも
 
似ているということで(逆さまにして見ると)、この花の別名はウシノヒタイとも
 
いうそうです。
 
Img_04
 
 
 
 
この花によく似た花にママコノシリヌグイがあります。 こちらもタデ科の野草ですが、
 
この花にもとんでもない名前がついていますね。 名前をつける植物学者には変人が
 
多いんでしょうね、きっと。
 
どちらも可憐で優しい感じのする花なので、毎年咲くのを心待ちにしているんですよ。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
これはホトトギスですね。 花の模様が鳥のホトトギスに似ているところからついた
 
名前なんでしょうね。
 
この花は庭で咲いているよりも、こうして森の中でひっそりと咲いている方がお似合いの
 
ような気がします。
 
Img_06
 
 
 
 
花がこんな風に連なっていますので、みんな咲くときれいな絵になるでしょうね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
秋の七草、ハギの花です。 いかにもマメ科らしい花ですね。 
 
奈良平安時代のむかしから日本人に好まれた花で、万葉集にも萩を詠んだ歌がたくさん
 
載っていますね。
 
山上憶良が万葉集で秋の七草をこう選定しています。
 
 秋の野に 咲きたる花を 指折り
 
      かき数ふれば  七種の花
 
    萩の花 尾花葛花 瞿麦の花 女郎花
 
      また藤袴 朝貌の花
 
Img_08      
 
 
 
 
 
前回も載せましたツリガネニンジンです。 この紙細工のような風合いがすてきです。
 
Img_09  
 
 
 
 
 
 
 
ワルナスビの花です。 独特の味わいがあって好きな花ですが、全体にソラニンという
 
アルカロイド系の毒を持っていて、しかも除草しにくい厄介者ではあるようです。
 
Img_10  
 
 
 
 
 
 
 
キノコもそこここに顔を出していました。
 
これなんか焼きたてのパンにも似て美味しそうに見えますが、ま、さわらぬ神にたたりなし。
 
Img_11  
 
 
 
 
こちらは風格のあるおじいさん風。
 
Img_12  
 
 
 
 
 
 
 
秋の森といえばアケビですかね。 たくさんのアケビが実っていました。
 
これはまだ割れる前に落ちてしまった実ですね。
 
Img_13  
 
 
 
 
 
 
 
秋風になびくススキ。 風が渡っていく薄野原には、もの悲しい郷愁が漂っているような
 
気がします。
 
Img_14  
 
 
 
 
 
 
 
それでもチョウチョはまだまだ元気。 キタキチョウもせわしく飛び回っていました。
 
このキタキチョウ、一見とまっているようにも見えますが、ちゃんと飛んでいるところ
 
なんですよ。 足がきちんとたたまれていますでしょ。
 
Img_15  
 
 
 
 
 
 
 
問題はこの白いチョウチョ、まったく名前が分かりません。 最初見たときは紙切れが
 
引っ掛かっているのかなとも思ったんですが、ちょいちょいと突いてみるとひらひらと
 
飛んで行きましたので、やっぱりチョウチョのようでした。
 
羽の形にも特徴がありますし、頭はテングチョウのように尖っています。 白い足には
 
茶色の筋が入っていたりして、なんとも不思議なチョウチョです。
 
一体あんた だぁれ? 
 
<追記>
moonさんに教えて頂き、ウラギンシジミと判明しました。 いつもありがとうございます。
 
Img_16  
 
 
 
 
 
 
 
ここでちょっとお知らせですが、来週の水曜日17日から1週間ばかり札幌の実家に
 
行って来る予定にしています。 しばらくご無沙汰しますが、よろしくお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 万木の森の自然「ワレモコウ、ミズヒキ、ゲンノショウコ・・・」 | トップページ | なつかしき札幌、2012年秋 01 「札幌の街1」 »

コメント

サクラタデのつんつんと出ている雄蘂が本当に可愛いですね~♪
背景も黒っぽくてすっきりですね^^

山上憶良の短歌もさらりと出てくるなんてさすが博学ですね。
羨ましいです。

最後の白い紙切れみたいな蝶は ウラギンシジミです。
私も初めて見たときはちょっとびっくりしました(^^)

 
catmoonさんへ
 
私には初見のサクラタデですが、この雄しべのかわいらしさでいっぺんに

好きになってしまいました。

背景を暗くして被写体を浮き上がらせる手法は、moonさんの撮影手法に

学ばせて頂きました。
 
山上憶良が秋の七草を選定して万葉集に載せたことは学生時代から知って

いましたが、さすがに歌の詳細までは覚えていませんでした。いまは簡単に

それが調べられますので、お恥ずかしながら半分カンニングです。
 
最後の白いチョウチョ、なるほど! ウラギンシジミでしたか。教えて頂いて

納得しました。この特徴的な羽や頭の形は以前、図鑑なんかで見ていたような

気はしていたんですが、でもまさかシジミチョウとは・・・

さすがはmoonさんですね。ありがとうございました。胸のつかえがとれて

すっきりしました。
 

こんにちは。

サクラタデ、とっても可愛らしいですね。控えめな感じなのに
笑い声が聞こえてきそうなぐらい楽しそうに歌っていますね。
初めて見ましたが、大好きになりました。ほんわかした緑と
白の取り合わせも素敵です。

ミゾソバも幼い子が頬紅をつけたみたいで可愛いですね。
ママコノシリヌグイはもうちょっとお姉さんぽいでしょうか?
萩もツリガネニンジンも日本的な情緒があっていいですね。
ワルナスビ。名前を聞いただけで悪そうな顔に見えてしまいますが・・・。
キノコたちも面白いですよね。飛んでいるキタキチョウもいいな。
しろねこ仙人さんとmoonさんの写真と知識が合わさるとすごいですね♪

しろねこ仙人さんの写真とおはなしからは生命のいろいろな表情を
見せて聞かせていただけるのでいつも楽しみです♪

 
catひめねずみさんへ
 
サクラタデには人を惹きつける不思議な魅力がありますよね。野原や森の中には、

まだまだ私の知らない美人さんたちが秘やかに花開かせているんだと思います。

と、そう思うだけで楽しくなりますね。
 
ミゾソバとかママコノシリヌグイ、ハギやツリガネニンジンなど道端に生えている

いわゆる雑草にも、園芸品種とは違った美しさがありますよね。

でもワルナスビのように切れた根からまたどんどん増えたり毒があったりすると、

農業や牧畜を生業とする人たちからは確実に嫌われちゃうんですよね。

でもまぁ、それは仕方のないことだと思っています。
 
ひめねずみさんもキノコを観察するのがお好きですよね。キノコは花とは

またひと味違った魅力がありますものね。
 
キタキチョウの飛翔もそうですが、生き物の躍動感を写真で表現できたら

いいなぁと思ってカメラを構えているんですよ。難しいですけどね。

moonさんの写真には、私なんかが真似のできないすばらしい感性があふれて

いると思います。いつも見ていて惚れ惚れしてしまいます。
 
”生命の表情”なんていって頂けるのは身に余る光栄です。でもそんな風に

思って頂けるとしたら、それは最高にうれしいことですね。

ありがとうございます!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万木の森の自然「ワレモコウ、ミズヒキ、ゲンノショウコ・・・」 | トップページ | なつかしき札幌、2012年秋 01 「札幌の街1」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ