« 万木の森の自然「カワセミ、コジュケイ、カイツブリ・・・」 | トップページ | 万木の森の自然「サクラタデ、ミゾソバ、ホトトギス・・・」 »

2012年10月 6日 (土)

万木の森の自然「ワレモコウ、ミズヒキ、ゲンノショウコ・・・」

 
残暑も収まりさかんにモズの高鳴きが聞かれるようになってきたこの頃、万木の森でも
 
秋の野草がいろいろな花を咲かせています。
 
 
 
秋風に吹かれて、さらさら揺れる吾亦紅(ワレモコウ)。
 
7月に咲いているのを見たときにはちょっと驚きましたが、いま改めて静かに咲く
 
この花を見ていると秋の訪れが実感されます。
 
Img_01_2
 
 
 
 
花は上の方から咲いていくんですね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
花の上側が赤くて下側が白い、なかなか趣のある植物 ミズヒキです。
 
画面の右上、開き始めた花にヒトスジシマカが1匹とまっていました。
 
Img_03
 
 
 
 
こちらはキンミズヒキです。 ミズヒキがタデ科なのに対してキンミズヒキはバラ科
 
ですから、名前こそ似ていますが花の感じもまったく違いますね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲンノショウコです。下痢止めの薬として民間療法で広く使われてきたようですね。
 
漢字で書くと「現の証拠」、飲むとすぐに効くということからこう呼ばれるように
 
なったとか。
 
この花のおもしろいところは、最初に雄しべが成熟して、その雄しべが終わってから
 
雌しべが成熟するということなんですね。 自家受粉を避ける仕組みのようです。
 
この2枚の写真でも10個の雄しべが開いていく様子が分かりますが、このときは
 
まだ真ん中の雌しべは未成熟のままです。
 
Img_05
 
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
朝露に濡れたツリガネニンジンです。 この釣り鐘が風に吹かれると、秋の音(ね)が
 
聞こえてくるような気がしますね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
キツネノマゴですね。 可憐にそっと咲く小さな小さな花です。
 
「キツネノなんとか」はたくさんありますね。 キツネノカミソリ、キツネノボタン、
 
キツネノテブクロ・・・  キツネノヒマゴなんていうのもあったりします。
 
タヌキだって負けてません。 タヌキノカミソリ、タヌキラン、タヌキマメ・・・
 
キツネもタヌキもむかしから、今以上に身近な生き物だったんでしょうね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
秋の七草のひとつ フジバカマですね。 長く伸びた雄しべが線香花火を連想させて
 
くれます。
 
イエカの仲間でしょうか、花の下に1匹飛んでいますし、上の方では花にとまって
 
羽を休めているのもいますね。
 
<訂正>
この花、葉っぱが三裂していないところから、ヒヨドリグサとかヒヨドリバナとか
 
呼ばれているもののようです。(さなえさんからご指摘頂きました)
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
初夏に見つけたタマアジサイですが、9月の末でもまだ咲いていました。 ずいぶん
 
花期の長い花なんですね。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはアキノタムラソウでしょうか。 学名はサルビア・ジャポニカといいますが
 
日本の固有種というわけではないようです。
 
この花、私には大勢の雪男が手になにか黄色いものを持って踊っているように見え
 
ますが、どうでしょう。 かわいいホソヒラタアブが、その踊りをまじまじと眺めて
 
いたりして・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
オオオナモミですね。 子どもの頃はよくこれで遊びました。 このタネのトゲトゲの
 
先は鍵状に曲がっていますので、それで服につきやすいんですね。 たくさん集めて
 
それを団子状にして、よく女の子にぶつけて遊びましたっけ。 郷愁を誘うタネです。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
白くしおれた花柄に混じって、まだ赤くなる前のカラスウリの実も見られるように
 
なってきました。 そのうしろでは草間から漏れる光が煌めいて・・・
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
伸びた笹に葛が絡みついて、そこがヒョウモンチョウの休憩場所になっていました。
 
秋の七草のひとつ、葛は別名 裏見草ともいいますね。 風に吹かれてチラッと見せる
 
白い葉裏に、日本人は風情を感じていたんですね。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
ベニカナメモチの葉でしょうか。 春に若葉が赤く色づく木ですが、この青空との
 
コントラストがみごとでした。 粋とは別世界の騒々しさではありますが・・・
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは先日、お向かいの鎌倉風庭園の奥様から頂いたハナシュクシャです。
 
この蝶のような純白の花の美しさもみごとなものですが、香りもまたとっても素敵な
 
ものでした。
 
まさに匂い立つ美しさ、とも言える花でしたね。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
そこに現れた1匹の無粋なネコ、無法者ピッピもこの香りに誘われて来たようですが
 
ご覧のように花より団子状態。 すぐに引き離したので花は無事でしたので、御安心
 
下さい。
 
ハナシュクシャはショウガ科ですが、花の根元を見るとミョウガによく似ていて、
 
そのことがよく分かりますね。
 
Img_17  
 
 
 
 
ステキな花をありがとうございました! 
 
(ピッピも含めて)家中みんなで楽しませて頂きました。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 万木の森の自然「カワセミ、コジュケイ、カイツブリ・・・」 | トップページ | 万木の森の自然「サクラタデ、ミゾソバ、ホトトギス・・・」 »

コメント

沢山の草花ですね♪
ワレモコウはシックな感じで、好きなはなです。
マクロで撮られたのは初めて見たのでしげしげと見ました。
小さな花が頑張って塊っている感じがとっても可愛いです♪

ゲンノショウコ、可愛いのに凄い仕組みが組み込まれているんですね。

アキノタムラソウ、雪男!凄い想像力に敬服します。そう見えました♪

オオオナモミ。。子供の頃、女の子に投げつけたなんてやんちゃだったんですね~^^

いたずらピッピちゃんのお顔が見れて癒されました♪

 
catmoonさんへ
 
ワレモコウは私も大好きな花です。すぎもとまさとが歌っている「吾亦紅」

という歌にも重なって、この花を見ると男の悲哀みたいなものを感じたり

することもあるんですよ。

いい感じに撮りたい花の筆頭なので、moonさんからお褒めの言葉を頂くのは

とっても嬉しいことです。
 
ゲンノショウコに限らず生き物はみんな、長い年月をかけて巧みな生き方を

身につけていますね。それを知るだけでも、楽しいオドロキがあったりします。
 
アキノタムラソウ、moonさんにも雪男の踊りに見えましたか。 うふふ、

moonさんもおちゃめだと思いますよ。
 
オオオナモミは思春期初期の想い出の道具立てだったかも知れません。

こんなことで女の子の気を引くことはできないのに、バカなクソガキでしたねぇ〜。
 
こんなピッピの顔に癒されて下さってありがとうございます! 我が家の一部では

「こわ〜い!」という評価もあったんですが・・・
 


今日はありがとうございました。
皆咲いていましたね。でもキンミズヒキは見かけませんでしたわ。
残念です。

リンドウが咲く頃また行ってみたいですね。

 
catさなえさんへ
 
こちらこそお世話様でした。
 
いろいろ咲いていましたが、ほとんどが私が載せたものでしたね。

キンミズヒキは前々回、一箇所だけに咲いていましたが、前回は

もう見当たりませんでした。時期がちょっと遅かったのか、珍しいのか

残念でしたね。
 
さなえさんと行くと私が知らない花の名前を教えてもらえるので、いつも

助かっています。今回教えてもらったサクラタデもかわいい花でした。
 
リンドウが咲くのは11月頃ですね。また行きましょう。
 

こんにちは。

吾亦紅、こんなに近くで見たのは初めてです。上から順番に咲いていってる
様子がよくわかります。
ミズヒキの花の上の方が赤くて舌が白いなんて、よく見たことがありませんでした。
こんなに拡大していただけると、いろいろ発見できて嬉しいです。
ゲンノショウコも可愛い花だと思っていましたが、雄しべが開くところが
また面白いですね。
たくさんの雪男も面白い。ワハァ。ヒラタアブさんを歓迎しているみたいですね。
雫を抱いたツリガネニンジン、煌く光に包まれたカラスウリの写真も素敵です♪
小さな蚊や蝶々の出演に加え、ピッピちゃんの登場も楽しいかったです♪

 
catひめねずみさんへ
 
吾亦紅は地味な花ですが、ファンは多いようですよ。上から咲いていくのも

こっそりと、そんな感じで咲きますね。秘やかでいい花だと思います。
 
ミズヒキは花の上下が赤白なもんで、水引なんですね。
 
ゲンノショウコもそうですが、マクロで大きく拡大してみると普段は見えない

ものを見ることができて楽しいですね。
 
アキノタムラソウを雪男なんて言ったら、この花も気を悪くしますかね。

ま、楽しそうに踊っているように見えますので勘弁してもらいましょう。

ホソヒラタアブはいつ見てもきれいですね。
 
ツリガネニンジンやカラスウリの写真もお褒め頂き、ありがとうございます。
 
冬に備えて虫たちも活発に動きまわっていますので、こうやって花の写真に

彩りを添えてくれますね。おかげで楽しい絵になっているように思います。 
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万木の森の自然「カワセミ、コジュケイ、カイツブリ・・・」 | トップページ | 万木の森の自然「サクラタデ、ミゾソバ、ホトトギス・・・」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ