« ヒヨドリ vs ヨーロピアンテイストの餌籠 + カワセミ、ウソ | トップページ | 里山の野鳥たち「ミサゴ、オオハクチョウ、ウソ、カワセミ」 »

2013年1月15日 (火)

里山の野鳥たち「シロハラ、アカハラ、ヤマガラ」

 
探鳥日和というものがあるようで、しかもそれは2種類あるように私には思えます。
 
ひとつは、お天気がよくて気持ちのいい日和で、思わず探鳥に出かけたくなる日。
 
気持ちの良さが優先するので、結果として野鳥に出会えなくてもそれはどうでもよくなる日。
 
もうひとつは、不思議といろんな野鳥と出会えてしまっちゃうワクワクする日。 野鳥の
 
珍しさは問題ではありません。 どんな鳥にもそれぞれの楽しさがありますからね。
 
 
今回、出発は前者の気分で、ちょっと離れたフィールドにかみさんと出かけてみました。
 
山の中を歩いているとメジロやエナガ、モズやカケス、アオジ等の鳴き声が、アマガエルの
 
シャワーコールのように聞こえてきます。 加えて、キツツキが木をつつくドラミングの音も・・・
 
今回は山歩きがメインテーマでしたが、偶然シロハラが目の前に現れてくれました。
 
Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
まもなく「うきょきょきょきょー」という明るい笑い声(?)を残して、忙しそうに飛び立って
 
いきました。
 
地面を歩いているときから重量感のある鳥だと思っていましたが、この胴体、ちょっとメタボ気味?
 
Img_03
 
 
 
 
別の場所では藪の中を動きまわるシロハラがいました。 写りはきわめて悪いですが、
 
こちらの方がシロハラらしい特徴がでているかも、ですね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
よく似た鳥にアカハラがいますが、これはうちの庭に遊びに来ていたアカハラくんです。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
もうひとつお土産写真として私のカメラに収まったのがこちらのヤマガラです。 けっこうどこにでもいる
 
ふつうの野鳥ですが、不思議と私とは相性が悪くて、なかなか会うことができない鳥だったりします。
 
Img_06
 
 
 
 
頭のてっぺんに白い線が入って、ちょっとモヒカン風のパンクなアンチャンですね。
 
Img_07
 
 
 
 
むかしはよくお祭りの縁日なんかで、おみくじを引いてくる芸をしていたりしましたが・・・
 
Img_08
 
 
 
 
今は森の中で静かに野生を楽しんでいるようです。
 
Img_09
 
 
 
 
この子もツツピーと、慌ただしく飛び去って行ってしまいました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
冬の暖かい日には、鳥の声を聞きながら山路を散策するのも楽しいものですね。
 
 
 
 
 
 
 
 

« ヒヨドリ vs ヨーロピアンテイストの餌籠 + カワセミ、ウソ | トップページ | 里山の野鳥たち「ミサゴ、オオハクチョウ、ウソ、カワセミ」 »

コメント

素晴らしい山歩きですね。
野鳥との遭遇は本当に楽しいです。

最近はやっと鳴き声が耳に届くようになって
姿を見れるようになりました。

行きたいですね。

 
catさなえさんへ
 
野山を散策するのは楽しいですね。

森の空気のしっとり感も気持ちがいいし、鳥の声もさわやかに

聞こえてきて、森に抱かれているような感じがします。

さらには鳴いている鳥の声を識別できるようになると、ますます

その楽しさが増してきますね。
 
また行きましょうね。
 

こんにちは

2種類の探鳥日和を味わえた素敵な日になったんですね♪
しろねこ仙人さんのお家の近くには野鳥に出会える場所が
たくさんありますね~。見せていただいている私のほうも
なんだかわくわくしてきます。

アカハラは知っていましたが、シロハラのことは知りませんでした。
茂みの中に入ってしまったら、あまり目立たなくて見つけるのが
たいへんそうですね。
鳴き声でなんの鳥なのかわかるのもすごいです!

お庭のアカハラちゃんかわいいですね。ちょくちょく遊びに
来るのでしょうか?
ヤマガラの頭のてっぺんからのショットが傑作ですね。こういう
ヘアスタイルだったんですね。ポケット図鑑を見てもこの角度から
の写真はないですよ。楽しい楽しい~♪
この日は大吉でしたね(o^-^o)

 
catひめねずみさんへ
 
うちの近所はある意味、どこもかしこも探鳥フィールドと

言えるのかも知れません。私自身、カメラを持って野鳥観察を

するまでは、こんなにもたくさんの鳥たちがすぐそばに棲んでいる

とは思っていませんでした。

たぶんひめねずみさんのすぐそばにも、たくさんの鳥たちがそーっと

棲んでいるかも知れませんよ。
 
野鳥の鳴き声は、なかなかどれがどれだか確認するのが難しいと思います。

私はiPadに野鳥鳴声図鑑というソフトを入れていますので、それであれこれ

確認しながら、少しずつ鳴き声を覚えていっているところなんですよ。

まだまだ分からない鳥も多いのですが、少しずつ少しずつ、ですね。
 
いまの季節は、朝のうちよくアカハラやアオジがうちの庭にやって来て、

一生懸命餌を探している姿を見かけます。すぐ近くから観察することが

できますので、それが楽しいですね♪
 
庭にシジュウカラはたくさんやって来るのですが、不思議とヤマガラを

見ることがありません。ちょっと開けすぎているのかも知れません。

なのでヤマガラに会えるとうれしくなりますね。まさにこの日はおっしゃるように

吉日でした。
 

楽しいお二人の山歩き、鳥さん達も姿を見せて大歓迎のようで
とても楽しい山歩きになったようですね♪
お二人とも同じ事に趣味があって楽しまれていると言うことが最大の幸せですよね。

鳥の鳴き声、私も数えるほどしか解らないので、YouTubeなどで確かめたりもしています。
声を識別できたら数倍楽しくなりますね。
シロハラの「うきょきょきょきょー」覚えておこうと思います^^


 
catmoonさんへ
 
かみさんも自然の中を散策するのは大好きで、よくふたりであちらこちらと

歩き回っています。野鳥のことは私以上に知らないのですが、それでも

いまの季節、藪の中で地鳴きしているウグイスの声は聞き分けられるように

なったようです。

ふたり共通の趣味があるのは、この歳になるとありがたいことですね。

末永く元気で一緒に歩き回りたいものです。
 
野鳥はなかなか姿を見せてくれないものが多いですから、鳴き声は重要ですね。

声で種類が分かるようになると、探鳥がもっともっと楽しくなると思います。

いろんな機会を捉えて”鳴き声スピードラーニング”を勉強していきましょう。
 
シロハラの「うきょきょきょきょー」は、ほんとにそう聞こえるかどうか、

野鳥の鳴き声の聞きなしは人によって聞こえ方がずいぶん違いますからね。

もしそう聞こえたとしたら、moonさんも私と同じ楽天家だと思います。
 

おはようございます。いつも拙ブログにコメントありがとうございます。

森の中でどんな鳥の声が聞こえてくるか静かに待つ時間は
得も言われぬ至福の時間です♪
私も撮影できなくても姿が見られただけで結構満足だったりします。^^;

私の亡父も野鳥が好きで子供の頃、色々な野鳥を飼っていました。
いまでは捕る事も飼う事もできませんが父は鳥籠も竹ヒゴから
手作りしていました。
ヤマガラ用には特別背の高い鳥籠を作っていました。
その鳥籠の中でクルクル回転する様子を見るのが楽しかったです。

家の周りにも良くやって来てくれますが餌付けしたら手乗りになるかも?
なんてよからぬ事を考えたりして。(笑)

 
catあくあまりんさんへ
 
鳥好きの方たちは同じ場所に長い時間じっと佇んで、鳥が来るのを

待っていますね。いつもすごいなぁと思っていますが、やっぱり

あくあまりんさんもそうなんですね。私たちはゆっくりではありますが、

歩きながら鳥の鳴き声を楽しむ程度で満足してしまいます。

それでもやっぱり、姿が見られるとうれしいものですね。
 
あくあまりんさんの鳥好きはおとうさん譲りだったんですね。

鳥籠を竹ひごで手作りするのはスゴイと思います。強度の問題も

あってかなり難しいと思うのですが、おとうさんはそれだけ

鳥が好きだったんですね。

野鳥を手乗りにするのは楽しそうですが、それはやっぱり

ヒナの頃から育てないとダメなんでしょうね。でも野鳥には

難しい法律がありますから、いまはうかつには手が出せませんね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヒヨドリ vs ヨーロピアンテイストの餌籠 + カワセミ、ウソ | トップページ | 里山の野鳥たち「ミサゴ、オオハクチョウ、ウソ、カワセミ」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ