« 里山の野鳥たち「ミサゴは魚を捕るちょっと特異なタカ」 | トップページ | お笑いにゃんこ劇場「ピッピ 勘吉くんと初のご対面」 »

2013年2月16日 (土)

里山の野鳥たち「ハクチョウ、カイツブリ、オオバン、ウミネコ」

 
今回も水辺の野鳥たちです。
 
 
 
まず最初は、あくあまりんさんに教えて頂いたオオハクチョウとコハクチョウ。 オオハクチョウは
 
このあたりでは珍しいハクチョウです。
 
どちらもまだ幼鳥ですが、お互いに群から離れてふたり仲良く寄り添うように暮らしています。
 
前にいるのがコハクチョウ、後ろがオオハクチョウです。 頭の大きさがずいぶん違いますね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
ふたりはどこに行くのも一緒。 いってみれば幼馴染み、とでもいう間柄でしょうか。
 
♪幼馴染みの思い出は〜 青いレモンの味がする〜   思わずそんな歌が思い浮かびます。
 
Img_02
 
 
 
 
 
ふたりの性別は私にはよく分かりませんが、こうしてみるとシルエット・ロマンス風にも・・・
 
人間はもちろんそうですが、どんな生き物でも仲良くしている姿を見ると気持ちがほっこりと
 
しますね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは私が大好きなカイツブリです。 一度水に潜って、また浮かび上がったところです。
 
このポチッとしたかわいらしい目に、この鳥のひょうきんな愛嬌を感じます。
 
Img_04
 
 
 
 
 
いつも水面に浮いていて、しょっちゅう水に潜るこの鳥、この日初めて水面よりも上にいる姿を
 
見たような気がします。
 
バチャバチャ、バチャバチャ・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
バチャバチャ、バチャバチャ・・・
 
Img_06
 
なにをやってもこの子は愛嬌者です。
 
 
 
 
 
 
 
オオバンはいろいろと変わった鳥だと思います。 まずなんといってもこのくちばしが色も形もユニーク!
 
Img_07
 
 
 
 
 
真っ白なくちばしにくわえて、身体が真っ黒で、目が真っ赤で・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
そしてこの足。 とにかくでかいですね。 しかも水かきは指の間にあるのでなく、各指に
 
木の葉状に付いているんですね。 きっと、指の間に水かきがあるカッパとは違う泳ぎ方を
 
するんでしょうね。
 
と、そういえば、カッパにも会ってみたいなぁ〜♪  (ねぇ!)
 
Img_09
 
 
 
 
 
地面に生えた苔を、くちばしをねかせてかじり取っています。 何から何まで変わった鳥だと
 
思います。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海辺では、トンボのような4枚羽を持った鳥を発見!?  ・・・え? まさか!?
 
Img_11
 
 
 
 
はい、こちらも仲良しのウミネコが2羽、ランデブー飛行をしているところでした。
 
気持ちよさそぅ〜♪
 
Img_12
 
 
 
 
 
カモメの仲間はみんな横に長いスマートな翼を持っていますが、こうして日の光を透かしてみると
 
レースのドレスを纏っているようです。 美人さんですね♪
 
Img_13
 
 
 
 
 
シルエット・ロマンス、ふたたび・・・
 
Img_14
 
(逆光をうまく生かした写真を撮りたいと、いつも思っているのですが・・・)
 
 
 
 
 
 
 
 

« 里山の野鳥たち「ミサゴは魚を捕るちょっと特異なタカ」 | トップページ | お笑いにゃんこ劇場「ピッピ 勘吉くんと初のご対面」 »

コメント

おはようございます

暖かな陽射しを浴びて海がきらきらしてますね。
春がそこまで来ているようで嬉しいです。

コハクチョウとオオハクチョウ、違う種類の白鳥が
こんなに仲良く連れ添って行動することが自然の中で
観察されるのは珍しいことではないんですか??
でもなんだか素敵ですね♪

カイツブリ君が海面を歩いて行く姿はほんとに
愛嬌があって可愛いです。
オオバンは楽しい鳥ですね。足も面白い。

4枚ばねのウミネコも面白いな~。暖か色に輝く
波の上でランデブー、もいいですね~♪

白鳥そしてカモメのシルエットロマンスの写真
とっても素敵です~(o^-^o)

 
catひめねずみさんへ
 
煌めく海の輝きにも春の感じがしてきたように思いますが、何年か前の

5月頃、この外房の海に足を付けてみたことがありますが、まだまだ

水は冷たかったですね。陸上の方が一足も二足も早く春が来るんですね。
 
コハクチョウとオオハクチョウ、しかも幼鳥2羽だけでというのが

なんとも不思議で、愛情深いようで、とっても珍しいものを見ているように

思っているんですよ。北帰行の時まで、そっとしておいてあげたいものです。
 
カイツブリはほんと、愛嬌者ですよね。一年中そばに居てくれますので、いつも

楽しませてもらっています。

オオバンもおもしろいですね。身近にいる鳥にも新たな特徴を発見して驚く瞬間が

あったりします。
 
4枚羽の鳥がいたら・・・ 生物学が根底からひっくり返っちゃいますね。

でも、カッパやコロポックルや森の妖精なんかがいたら楽しいだろうなぁとは、いつも

思っています。
 
自然界のカップルを逆光で撮ると、愛情豊かなふたりの姿がくっきりと浮かび上がって

くるような気がして、いいものですね♪
 

白鳥の幼鳥たちは気になることですが、地域の皆さんが
暖かく見守っていることを知りました。
静かい゛安全な環境で成鳥になることを願いますね。

逆光の中のシルエットも素晴らしいです。

 
catさなえさんへ
 
幼い仲良しハクチョウのペア、地域のみなさんが温かく見守っているという話は

とってもうれしいですね♪ そうでしたか。ハクチョウたちもいいところでじょうずに

生活していたんですね。
 
逆光も、アマチュアとはいえカメラマンとしては、なんとかモノにしたい大きな

テーマですよね。意識的にいろいろとやってます。

シルエットで思い出しましたが、千葉県の佐倉にある川村記念美術館にピカソの

「シルベット」という絵があります。若い女性の肖像画ですが、みごとに

写実的に描かれていて、(絵も女性も)引き込まれてしまう美しさがありました。

1時間ちょっとで行けますし、5月頃の庭園もきれいで、そのころにカメラを持って

行く価値ありだと思います。
 

ほ~んと、カイツブリの水面上の姿は、私も初めてなので興味津々楽しめました♪
生き物の面白い場面を撮るのがいつも上手いと感じています。
今日も有り難うございました(^^)

 
catmoonさんへ
 
カイツブリにはいつも、微笑ましい愛嬌を感じてしまいます。

おもしろい鳥ですよね。
 
野鳥にカメラを向けるとそこには、生きて生活している小さな野生がたくましく

息づいていますよね。そんな姿を写し取れたらいいなと思ってシャッターを切って

いますので、そのあたりをお褒め頂くとメチャクチャうれしくなります♪

moonさんの写真にも、同じそんな感性を感じていました。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 里山の野鳥たち「ミサゴは魚を捕るちょっと特異なタカ」 | トップページ | お笑いにゃんこ劇場「ピッピ 勘吉くんと初のご対面」 »