« 万木の森の自然「春だけの出会い ビロードツリアブ」 | トップページ | あまりにも突然のことでした »

2013年3月24日 (日)

万木の森の自然「ヤブレガサ、ヒガンマムシグサ」

 
桜の話題が世間を賑わしている今の時期、森の中では山野草がひっそりと芽吹いていました。
 
 
なかでもちょっとおもしろいのが、このヤブレガサ。
 
葉が開く前のつぼみ状態の姿が、どこか破れ傘のように見えることからこの名前が付いたようです。
 
葉が開いてしまうと、どうということのないふつうの山野草なのですが・・・
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
地面から顔を出したところは、まさに破れ傘。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
この山野草、食べられるらしいのですが、なんせ数が少ないものですからもったいなくて
 
食べられません。 そーっと見るだけです。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
それにしてもこの、ヤブレガサというネーミングはおじょうずですね。 みごとに雰囲気を
 
捉えていると思います。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
もうひとつ、春のお彼岸の頃に咲くのがこのヒガンマムシグサ。
 
最初に花が咲いて、それからおもむろに葉が出てくるのが特徴のようです。
 
サトイモ科のようですが、毒があるそうですよ。 名前からしてちょっと恐ろしそうですね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
森の中でひっそりと咲いていますが、それでも存在感はじゅうぶんにありますね。
 
日だまりの中、夫婦(めおと)のように仲良くふたつ並んで咲いていました。
 
マムシグサの名前の由来は、下の茎の模様がマムシに似ているからだとか。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
ヒガンマムシグサはいまが盛りとばかりに、森の中、至るところで咲いていました。
 
その姿はまるで道しるべ。 でもこれだけ大きいと、ちょっとドキッとしてしまいます。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
森の中を歩いていて、ふと上を見上げると・・・
 
森の木々が、私の方をのぞき込むようにして見ていました。
 
これも大きな森の精なんですね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 

« 万木の森の自然「春だけの出会い ビロードツリアブ」 | トップページ | あまりにも突然のことでした »

コメント

ヒガンマムシグサが咲くようになりましたね。
一度見たら忘れられない花です。

破れ傘はヤツデ見たいですね。
さんぽをしているようですね。
私はなんとなく忙しくなかなか歩けません。

 
catさなえさんへ
 
マムシグサはどれもみんな独特の形をしていますね。ホント、一度見たら

忘れられませんね。森の中でこの花が、あっちにもこっちにもニョキニョキ

生えている姿は、ある意味なかなか壮観でしたよ。
 
ヤブレガサもユニークな植物ですね。葉っぱを広げてしまうと、どこにでも

ふつうにありそうな山野草になってしまうのですが。これには白い花が

咲くそうですから、今度はそれも見てみたいと思っています。
 
最近の暖かい陽気に誘われて、よくかみさんとふたりでいろんなところを

歩いています。 森にくしゃみの音を響かせながら・・・
 

こんばんは。

ヤブレガサ、名前も姿もとってもいいですね。
葉っぱがひとつひとつ顔を出してきて、ゆっくり広げていくんですね。
キノコみたいで面白いです。
柔らかそうで光沢のある葉っぱは美味しそう。
そ~っと見るだけのしろねこ仙人さんは優しいですねぇ。

ヒガンマムシグサ、この植物もおもしろいですね。
鬱蒼とした森の中で見たらほんとにドキッとしちゃいますね。

房総固有のマムシグサで、初夏には実ができるとか。
その頃にまたこの森を散歩されると、赤い実の塊がたくさん見られる
かもしれませんね。お写真楽しみにしています♪

森の精に見守られながらのお散歩だったんですね。
こういう写真も好きです(o^-^o)

 
catひめねずみさんへ
 
ヤブレガサは味わい深い山野草ですよね。名前にも雰囲気があって、

すてきなネーミングだと思います。

今だけのまさに季節限定品で、去年は時期を逃してしまいましたので、

今年こそはと思っていました。

こういうひっそりと顔を出している山野草を見るのを楽しみにしている人は

必ずいますので、私が勝手にとって食べるわけにはいかないと思って

いるんですよ。みんなで大事にしていかないとね。
 
おっしゃるようにヒガンマムシグサは、房総の固有種のようですね。

あまりよそに広がっていかない、ある意味弱い植物なのかも知れませんね。

マムシグサの仲間はみんな夏から秋にかけて赤い粒々状の魚の卵みたいな

実を付けますね。かなり毒々しい感じがして、やっぱりマムシグサだなぁと

いった趣がありますね。

でもこの実がなる頃、この森ではスズメバチが飛び回っていたり、マムシが

這い回っていたりしますので、ちょっと足を踏み入れるのをためらったり

するかも知れません。

いまのこの季節だけが、ゆっくり森の精を感じながら歩ける最高のとき

なんですよ♪
 

ヤブレガサは気を付けて見ていないので、リアルに見たことはありません。
来年は気を付けて見ることにします(^^)

マムシグサ、こちらもすでに沢山咲いていました。
そちらのヒガンマムシグサとは違うのですね?
似たような感じでしたが、並べてみないと解りませんね。
山に遊びに行くと、道路脇に赤い実はよく見ます~。 
毒々しいですね、ツヤツヤで美しくもありますが。

 
catmoonさんへ
 
ヒガンマムシグサが房総の固有種といっても、どうやら亜種のひとつで

あるようです。マムシグサ自体は日本全国の森で見られますし、種類も

いろいろとあるようですね。

とはいっても、私もそんなに詳しいわけではありませんが・・・
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万木の森の自然「春だけの出会い ビロードツリアブ」 | トップページ | あまりにも突然のことでした »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ