« 万木の森の自然「春の燦めき」 | トップページ | 万木の森の自然「ジャコウアゲハ♀、ヒロバカゲロウ、オサムシ、妖精・・・」 »

2013年4月21日 (日)

パンスターズ彗星 捕捉できず

 
3月中に何度かパンスターズ彗星を追いかけてみましたが、捕捉することができませんでした。
 
今回はそんなお話しです。
 
 
 
3月16日はこんな月夜でした。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
この夜、西の空にこんな光芒が見えました。 上の方は雲だと思いますが、その左下はもしかして・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
その5分後です。 場所が動いてますね。 シッポの方向も違っていました。 どうやらこれは
 
飛行機雲なんでしょうね。
 
Img_03
 
 
 
一瞬色めき立ちましたが、残念でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはその5日後、3月21日の月です。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
この夜もパンスターズ彗星を捕まえることができず、昴や木星を撮影したりしました。
 
どれが木星か判然としませんが、右下にかたまって流れているのが昴です。 日本ではむかしから
 
昴のことをむつらぼし(六連ら星)とも呼んでいましたが、その明るい6個の星が確認できますね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
ところがです。 この夜はこんなものが写ってしまいました。
 
右上の方に写っている物体が、お分かりになりますか? 
 
Img_06
 
 
 
多少明るさの残っている空のようにも見えますが、もうあたりは肉眼では真っ暗で、
 
このときの設定はf4.0で3.2秒、ISO100というものでした。
 
かなり巨大なもののように見えますが、トリミングしてみるとこんな感じになります。
 
Img_07
 
 
撮影中はまったく気がつかず、何の音も聞こえませんでした。 一体何だったんでしょう?
 
 
 
 
 
 
 
 
3月の初めにはこんな天体写真も撮ってみました。
 
電柱や電線も写っていて分かりづらい写真ですが、オリオン座や昴が写っています。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
こちらも星空に詳しい人ならばすぐに分かると思いますが、北極星と北斗七星です。
 
Img_09
 
 
 
 
同じアングルを、絞りを絞ってISO感度を落として長時間露光してみると分かりやすくなりますね。
 
上下の画像を見比べてみて下さい。 上の写真に北斗七星が見えてくると思います。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
初めて夜空にカメラを向けてみましたが、こちらもおもしろそうな世界のような気がしました。
 
11月にはアイソン彗星も見られますし、またチャレンジしてみたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 万木の森の自然「春の燦めき」 | トップページ | 万木の森の自然「ジャコウアゲハ♀、ヒロバカゲロウ、オサムシ、妖精・・・」 »

コメント

こんにちは。

今回はとうとう天体写真にチャレンジされたんですね。
パンスターズ彗星は残念でしたね。
月の写真も星野写真もなかなかのものですねエ♪

謎の物体の写真を主人に見せたら、たぶん飛行機でしょう、とのことです。
飛行機が光を点滅させていたために一回目の光の数秒後に次の点滅の光が
続いて写ったということで、物体の上の方のぼやっとした線は飛行機雲かな、
と言っていました。
でも、はまきがたUFOだったりしたら楽しいですね。

これからは天体写真もどんどん撮ってくださいね~。楽しみにしています♪♪
私ももう少し暖かくなったらチャレンジしたいと思ってはいるのですが・・・。

 
catひめねずみさんへ
 
天体写真は今回かなり手探り状態で撮ってみましたので、失敗も

いくつもあったりしますが、それでもなかなか楽しいものですね。

パンスターズ彗星の撮影には失敗しましたが、11月のアイソン彗星のときには

また狙ってみたいと思っています。
 
で、あの怪しげな物体は、言われてみると確かに、ご主人がおっしゃるように

航空機なんでしょうね。光のパターンに繰り返しが見られるので、私も、

ひょっとしたら3秒露光の間に2回点滅したのかも、とも思ったのですが。

物体上部のうねうねぼやーっとした線が飛行機雲だとすると、左から右方向へ

飛んでいる感じがしますね。

一時は、ひめねずみさんがおっしゃるように葉巻型UFOじゃないかとも思ったり

しましたが、残念でした。
 
これから暖かくなってくると、こういった星野写真の撮影も楽しくできるように

なりますね。でも誰もが見上げている同じ星空ですから、じょうずな人には絶対に

敵わないとは思いますが、またチャレンジしてみたいテーマですね。
 

月がとっても綺麗に撮れているので惚れ惚れです。
私も、飛行機のようで飛行機でない・・・なんだろう~~と首をかしげていました。
ひめねずみさんのご主人様だったらすぐに解るだろうと思っていましたが
ちゃんとお聞きして頂いて答えを出して頂き、私もスッキリしました。

私は天体写真は撮れないと思うので、お二人の写真でいろいろと
学ばせて頂こうと思います。

しろねこさん、すぐに上達しそうですね~~。
楽しみです。

 
catmoonさんへ
 
月の写真をお褒め頂きありがとうございます! でもお恥ずかしいものですが・・・

私の写真の出来はともかく、月って不思議な天体なんですよね。むかしからあるから

当たり前のように見ていますが、たくさんの謎を秘めているように感じています。

まずよく言われるのが、地球という惑星が持つには、月って大きすぎる衛星だとか。

この大きさは地球から見たときにほぼ太陽と同じ大きさなので、皆既日食とか金環日食

とかが見られるんですね。この絶妙な大きさって、あくまでも偶然なんでしょうか?

そして常に地球に対して片面しか見せない自転と公転の妙。 なんで? って、いつも

不思議に思っています。
 
飛行機のようで飛行機でない、ベンベン!  

うっひゃー、鶴光のオールナイトニッポンを思い出しちゃいました。あの放送はおもしろかった

ですね。
 
私もひめねずみさんのご主人ならばなんらかの答えを出してくれそうな気がしていました

ので、おかげさまで胸のつかえがとれました。moonさんもお付き合い頂き、ありがとう

ございます。
 
私はmoonさんのダイナミックな月の写真や、屋上からの星野写真がとっても好きですよ。

ブログネームを象徴するmoonさんの月の写真、また見せて下さいね♪
 

裏に家にあった天体望遠鏡が無くなってしまいましたね。
都会と比べて夜空がきれいですもの被写体に最高です。

なんてね。私には撮れませんけど----ね。

でもロマンがありますね。月にいるウサギが見たいですね。

 
catさなえさんへ
 
そうでした、立派なミニ天文台がありましたね。

私は天体望遠鏡自体は見たことがありませんでしたが、きっと星を

追尾する機能が付いたすごいものだったのかも知れませんね。

横浜ナンバーの車が止まっていたりしましたので、都会の方が

こちらの星空を求めて来ていたんでしょうね。
 
私も今回あらためて実感しましたが、星野写真、星景写真という分野

には、得も言われぬロマンがありますね。

これから暖かくなることでもありますし、さなえさんもチャレンジして

みてはいかがですか? 月のウサギの性別なんかも分かるかも・・・
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万木の森の自然「春の燦めき」 | トップページ | 万木の森の自然「ジャコウアゲハ♀、ヒロバカゲロウ、オサムシ、妖精・・・」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ