« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の3件の記事

2013年7月28日 (日)

ハスの花が咲く夏

 
ハスの花が満開です。 まさに夏真っ盛りです。
 
ハスの花にもいろいろな種類があるようですが、ま、そんな分類はともかく、色の濃さを基準に
 
並べてみました。
 
 
 
#1
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
#2
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
#3
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
#4
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
#5
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
#6
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
#7
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
#8
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
#9
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
ハスの葉の上ではベニシジミが2頭、歩いて追いかけっこをしていました。
 
Img_10
 
 
 
歩いて、というのがなんとも奇妙に感じられましたが、この2頭、何をしていたんでしょうね?
 
オスメスなんでしょうか、それともオス同士?
 
 
いくつもの????を残したまま、このおふたりさん、葉の裏へと姿を消してしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年7月18日 (木)

暑中お見舞い申し上げます

 
Img_01
 
 
 
 
 
 この夏は全国的にかなり暑くなりそうですので、みなさまご自愛下さいませ。
 
 
 
 
 
 
このところネタ不足なもので、その代わりというわけではありませんが、季節の
 
ご挨拶をさせて頂きました。
 
鋭意、新しいネタを探しているところでございますsweat01sweat01sweat01
 
 
 
で、このご挨拶を書くたび言うたび聞くたび、いまでも私はキャンディーズを思い出し
 
ちゃいます。 彼女たちの大ヒット曲でした。 私の青春時代でした。
 
 
じぇじぇ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2013年7月 4日 (木)

万木の森の自然「ハグロトンボ、モズ、サシバ、イノシシ・・・」

 
先日、森の中を散策しているとき、今年初めてハグロトンボに出会いました。
 
日に透けた翅には、透明感だけでなく模様に添った燦めきも見られ、なんともきれいでした♪
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
パッと見た瞬間なんという鳥か分かりませんでしたが、このくちばしはまさしくモズのものですね。
 
今年生まれた若鳥なんでしょうね。 背中の方も撮りたかったのですが、すぐに飛び去って
 
しまいました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
サシバがよく目撃されるというフィールドに行ってみると、そこには探鳥のおなじみさんたちが
 
すでに来ていらっしゃいました。 お話の輪に加えて頂いているとき突然、上空をサシバが
 
飛んできましたが、一瞬で森の中に消えてしまいましたので、撮れたのはこの1枚だけでした。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
そのフィールドから帰る途中、脇の藪の中で竹を踏み割るような音がします。 なんだろうと思って
 
藪の中を覗いてみると、いました。 イノシシです!
 
まだ若い個体のようでしたが、私に気付くと、急な斜面をものともせずに駆け上って消えて
 
しまいました。 その素早いこと!
 
つい先日イノシシの捕獲作業が行われたばかりなのに、昼間から堂々と歩き回っているヤツが
 
まだいるんですね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
去年見つけたところで今年もトラノオが咲き始めました。 いろいろ調べてみましたら、
 
これはイヌヌマトラノオという種類のようです。 草藪の中でそっと咲いている姿が
 
なんとも可憐に見えます。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
春先に花を咲かせたマムシグサが早くも実を付けていましたが、その実が上の方からだんだん
 
赤く熟してきたようです。 暗い森の中でも人目を引くような毒々しさがありますね。
 
マムシの名に恥じない迫力を感じてしまいました。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはあのミドリガメです。 なんとも愛くるしいかわいらしさがありますが、特定外来生物に
 
指定されているミシシッピアカミミガメの子どもですね。(4話ほど前に載せました)
 
水面にぷかりと浮かんで、のんびりとひなたぼっこを楽しんでいるようでした。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
シオヤアブ♀がベニシジミを襲って食べていました。 (正しくは、体液を吸っているということ
 
なんでしょうが・・・)
 
弱肉強食とか美人薄命とか、そんな言葉が思い浮かびます。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
森の中を歩いていると、ときどき目の前にニューッと出現するのがこれ。 一瞬ワッとビックリ
 
しちゃいますが、何のことはないミノムシです。 ミノムシは誰でも知っているのに
 
その親のミノガはどんな蛾だか、ほとんど知られていませんね。 私も知りません。
 
なので写真もなし・・・ すみませんです(汗々)
 
Img_09
 
 (光のコントラストが強すぎて、白飛びしてしまいました)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけです♪
 
むかし「月に雁」という切手が高価だということで有名でしたが・・・
 
 
                         ・・・「月にJAL」
 
Img_10
 
 
 
 
                ・・・ちゃんちゃん♪
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ