« 万木堰の水鳥たち「白髪鵜、カワウ、カイツブリ、ホシハジロ、カルガモ」 | トップページ | センター奥の細道「ひっそりと咲く野のリンドウ」 »

2013年12月 7日 (土)

万木の森の自然「カシラダカ、アオサギ、ミサゴ、ノスリ」

 
冬の鳥、カシラダカが渡ってきました。 5〜6羽で草むらを飛び回っています。 あまり私には
 
興味がなさそうにあっちへひらり、こっちへひらり・・・
 
そこで、草むらで一休みしているところをモデルになってもらいました。
 
でもこの子は食事中でしたかね。 クチバシにお弁当がついているようですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
横顔はまさにホオジロを思わせる模様ですが、興奮すると頭の毛が立つのが名前の由来でしょうね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
草むらで群れでいることが多いようですが、あまり目立たない鳥だと思います。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
正面から見るとなんとも面白い顔をしています。 立派なカイゼル髭をはやしているように見えませんか?
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
このカイゼル髭、ほかにもいたよなぁと考えてみると、そうです、アオジも正面から見ると
 
こんな顔をしていましたね。
 
ま、 アオジもホオジロの仲間ですから、似ているのも当然かもしれません。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
アオサギが先日の台風で折れた木に面白く止まっていましたので、こんなキャプションを
 
付けてみました。
 
     「 型にはめられた生活 」
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
     「 おまけに頭も押さえつけられて・・・ 」
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
そんなことを考えながら写真を撮っていたら、私の頭の上を悠然と飛び去っていきました。
 
日本でもトップクラスの大きさを誇る鳥ですから(多分トップ)、そばで見るとさすがにでかい!
 
足に草がついているようですが、巣作り用ではなく、単に足に挟まっているだけと思われます。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
森の中、上空を猛禽が飛んでいました。
 
猛禽類はみんなものすごく目がいいですから、カメラを向けると必ずこちらを見つめていますね。
 
それだけ好奇心も旺盛なのかもしれません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
翼長が長くて幅が狭いこの猛禽、最初はその特徴からチュウヒかとも思ったのですが、
 
よく見ると首の後ろが黒くなっていますし、しっぽの模様からも、どうやらミサゴのようですね。
 
でもこのちょっとあと、よく通る鋭い声で「ピーッ、ピーッ」と鳴く、チュウヒに似た鳴き声も聞いたのですが、
 
果たしてどうなんでしょう。
 
Img_10
 
 
 
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
その後場所を移動すると、今度はノスリがかなり高いところをゆっくりと旋回していました。
 
この辺りでは普通に見られる、しかし大型の鷹ですね。
 
Img_12
 
 
 
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
あまり高すぎて小さな絵しか撮れませんでしたので、今年2月に出会ったノスリを貼っておきます。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 

« 万木堰の水鳥たち「白髪鵜、カワウ、カイツブリ、ホシハジロ、カルガモ」 | トップページ | センター奥の細道「ひっそりと咲く野のリンドウ」 »

コメント

アオジにアオサギがいますね。

もう冬鳥の季節です。お正月から撮り始めようと
考えていましたが、もうウキウキし始めましたよ。

 
catさなえさんへ
 
もうすでに冬鳥の季節は始まっていますよー♪

またたくさんの鳥たちと出会えるわくわくシーズンの到来です。この季節は

望遠レンズを付けて出かけると、なにがしかの成果があるのが楽しいですね。
 

カシラダカ、沢山UPして見せて頂いてるので、覚えられそうです。
頭の毛が逆立っているのが男前ですね。 雌もそうかな(^^;)

アオサギさんも初めは片足立ちでノンビリですが、
どうやら、しろねこさんの気配を察知して飛び立とうと思っている様子ですね。
キャプションも考えながら撮影とは、お見事です。
大きなアオサギさんも、実はほとんどが羽毛で、体重は1.5キロと言いますから驚きですね、と言うか笑えます・・(^^)

ミサゴを見ることが出来て嬉しいです♪

 
catmoonさんへ
 
カシラダカも草むらの忍者で、なかなか姿を見せてくれません。

それでも群れで行動していますので、何とかなりそうな気がする鳥ではあると

思います。頭の毛を逆立てるのはかわいいですね。男前女前だと思います。
 
さすがmoonさんです。1枚目のアオサギくんが片足立ちなのによく気が

つきましたね。そしておっしゃる通り、2枚目は飛び立とうとしているところです。

何度か腰を屈めて、飛び立とうかどうしようか迷っていました。

ちょうど枝が枠のように見えましたので、そっと近づきながらそんなことを考えて

いました。
 
で、へぇ〜、こやつ、こんなに大きくて1.5kgしかないんですか。それはすごいなぁ〜。

うちのちび助ピッピなんて5.1kgもあるんですよ。重たい重たい!
 
山の中でミサゴ、意外な気がしましたが、えさ場と塒は別々なんでしょうね。
 
いつも出会うのは海岸のえさ場ばかりですが、山の中でも魚をぶら下げていてくれると
 
すぐに分かるのですが・・・
 

こんにちは^^

カシラダカ、色も模様も草むらに溶け込んで、見つけるのも大変そうな鳥ですね。
前から見ると優しそうなおじいさんのようで、サンタの服が似合いそう♪

アオサギはうちの近所でも良く見かけます。ほんとに大きいですよね!
大きいのに1,5㎏しかないんですか?お驚きです!
ピッピちゃんは5,1kgですか?うちのピコは5,5kgほどありますが、女の子で
5,1kgはすごいですね^^

悠然と飛ぶミサゴもカッコよくてきれいですね~♪
優しげなミサゴを見た後のノスリはちょっと怖そう!

たくさんの鳥たちを見せていただけて嬉しいです。
しばらくは冬鳥で楽しませていただけそうですね♪♪♪


 
catひめねずみさんへ
 
カシラダカはなかなかおじょうずな迷彩服を纏ってはいるのですが、頻繁に草むらを

飛び回っていますので、いるのはすぐに分かるんですよ。でもあっという間に草の中に

紛れてしまいますので、それがちょっと厄介ですね。

サンタの服が似合いそうな優しいおじさん、さすがはひめねずみさんですね。

見立てが楽しくて、いつも和ませて頂いています。
 
ね! アオサギが1.5kgなんて、ビックリですよね! なるほど、飛べる訳だとすなおに

納得できました。
 
あははは、ピッピはもろにちびデブです。でもこんな体型でも走るのは速いんですから、

さすがはネコだと、一応感心はしています。
 
ミサゴもノスリもすぐ近くで見ると、きっとものすごく迫力があるでしょうね。

鋭い目つき、先の曲がったクチバシ、鋭い爪、大きな翼・・・

どれもこれも猛禽類のかっこ良さを表していますね。いつかこの野生を間近に見てみたい

ものです。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万木堰の水鳥たち「白髪鵜、カワウ、カイツブリ、ホシハジロ、カルガモ」 | トップページ | センター奥の細道「ひっそりと咲く野のリンドウ」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ