« 万城の森の自然「センダイムシクイ、ムラサキシキブ」 | トップページ | 万木の森の自然「カシラダカ、アオサギ、ミサゴ、ノスリ」 »

2013年12月 2日 (月)

万木堰の水鳥たち「白髪鵜、カワウ、カイツブリ、ホシハジロ、カルガモ」

 
季節は一気に、秋から冬へと移り変わってきました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
水面に浮かんだ倒木の上ではカルガモのほか、カワウが3羽日向ぼっこを楽しんでいました。
 
よく見ると、左端の鵜だけ頭が白いですね。 これは白髪鵜(しらがウ)といって、発情期の特徴だそうです。
 
オスメスともこの白髪模様になるようです。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
次の瞬間、この白髪くん、翼を広げて「さぁ〜てと、そろそろ行くべぇ〜か!」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
バシャバシャバシャ・・・・ 白髪鵜が飛び立ちました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
それにつられたかのように、残り2羽の鵜やカルガモも飛び立ちます。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
バシャバシャバシャ・・・ さすがに身体の大きい鵜は、飛び立つのも大変そうです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まず最初に飛び立った白髪鵜が、悠然と飛んでいきます。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
あとに続いた2羽も、飛び立ってしまえばその姿は優雅です。
 
Img_08
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
一方、光の煌めきに包まれてポーズをとるカワウもいたりして・・・
 
この子はもしかして、鵜の世界のスターなのかも知れませんね。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、
 
愛嬌者のカイツブリはいつも元気。 何が楽しいのか、一年中笑い声にも似た鳴き声を上げています。
 
でも意外と用心深いやつで、人の姿を見るとあっという間に水に潜ってしまいます。
 
このときは岸近くにいるカイツブリを見つけたので、気づかれないようにそーっと接近。
 
あっ、でももう気づかれてしまったかも ・・・右目で私を見ているようです。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
あっ、足を伸ばした! 潜るぞ!
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
潜った!
 
Img_13
 
 
 
 
0.7秒の早業でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
ホシハジロも婚姻色を纏って、シベリアから渡ってきました。
 
ちょっと色温度を下げて寒さを演出してみましたが、この子にしてみればここは全然寒くないんでしょうね。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
暖かそうな絵に撮れているこのカルガモ夫婦の方が、実は寒いのかもしれません。
 
一年中日本にいて、この季節の変化を肌で感じている訳ですからね。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 

« 万城の森の自然「センダイムシクイ、ムラサキシキブ」 | トップページ | 万木の森の自然「カシラダカ、アオサギ、ミサゴ、ノスリ」 »

コメント

こんにちは^^

最初の万木堰の写真、水面に射すほのかな光の微妙な色合いが
幻想的でとっても素敵です♪
倒木の上にカワウやカルガモたちがきれいに並んでいる情景は
これから演技が始まる舞台のようですね!

大きな鳥が羽を広げて舞い上がる姿はほんとに優雅で美しいですね。

煌く光の中でポーズをとるカワウの写真はほんとに素敵♪
頬紅をつけているようで、可愛いらしくてアイドルになれそう!

カイツブリも可愛いですね。足が伸びると潜る合図なんですね。
いいことを教えていただきました!

冬の水鳥って足が冷えて寒くないのか、いつも心配してしまいます。。。
きっと心配は無用なんでしょうね・・・・・・。

ちょっと遠いのに良く撮れていますね。

白髪鵜(しらがウ)は初見ですといっても知らなかっただけかもね。

わたしもそろそろ月の沙漠通いをしたいところですけど、どうしたら行けるかな。


 
catひめねずみさんへ
 
朝もやに射す日の光が朝の寒さを強調しているようにも見えて、面白い絵になりました

かね。

演技が始まる舞台という表現がすてきです。鳥たちの大運動会が始まりましたものね。

煌めく光の中にカワウを捉えられたのはラッキーでした。光は時として幻想的な光景を

見せてくれますね。
 
カイツブリは、かみさんと私にとってじつに評判のいい鳥なんですよ。

どこかかわいらしくて愛嬌があって、うちのピッピに通じるものがあるように感じられます。
 
冬は水鳥の足が冷たくないのかとの優しいご心配、さすがは寒さ嫌いのひめねずみさん

だと感心しました。こういう水鳥たちは、身体と足の体温を調整する網目状の毛細血管が

あって(ワンダーネットといいます)、そこでじょうずに熱交換をすることによって、あまり

冷たさを感じないようになっているようですよ。

このワンダーネットはキリンにもあって、キリンの場合は血圧の調整を司っているようです。

キリンが首を急に下の方に下ろしても脳溢血にならないように調節しているんですね。

自然の巧みさには目を見張るものがありますね。
 

 
catさなえさんへ
 
お褒め頂きありがとうございます。やはり300mmの白レンズのおかげでは

ないでしょうか。このレンズは狙った絵を狙った通りに撮ってくれますね。
 
鵜がこの白髪状態でいる期間は1ヶ月と短いようです。そのためあまりこんな

姿に出会う機会は少ないのかもしれませんね。
 
お、月の沙漠もいいですね。

忙しいさなえさんですが、エイトマンくんが保育園に行っているときが狙い目のでは

ないでしょうか。まさかまだ彼を一緒に連れて行く訳にもいかないでしょうしね。
 

朝靄の中の水鳥たち・・・
飛び立ちの時の水しぶき・・
こんなシチュエーションにはとっても憧れています。

また、とってもラッキーなことに、倒木が岸から離れていて、
いい感じの位置ですね♪

シャッターチャンスも見事で、さすがです!!

素敵なシーンを見せて頂き、有り難うございます♪

 
catmoonさんへ
 
朝もやに射す日の光は、五島で見られる壮大な雲漏れ日ほどではありませんが、

それでも朝らしい雰囲気を演出してくれましたね。

鳥たちが飛び立つときの水しぶきも写真に撮ってみると、なかなか迫力があって

いいものですね。
 
面白いところに倒木があって、鳥たちがそれを上手に使ってくれました。

このところ何度かやってきた台風がちょっとだけ、すてきな置き土産を残して行った

ようです。
 
シャッターチャンス、ありがとうございます。これは7Dに負うところが大きいですね。

秒速8枚の威力は絶大です!
 
冬になって、森の中では鳥たちがまた活躍するようになってきました。望遠ズームを

ぶら下げて歩くのが楽しい季節の到来です。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万城の森の自然「センダイムシクイ、ムラサキシキブ」 | トップページ | 万木の森の自然「カシラダカ、アオサギ、ミサゴ、ノスリ」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ