« 新年を祝して二鷹「チョウゲンボウ、ノスリ」 | トップページ | 水上の愛嬌者 カイツブリ »

2014年1月 9日 (木)

冬の散策路「エナガ、カワセミ、ホシハジロ、キンクロハジロ、アオサギ、ハゼノキ」

 
冬の散策路は落葉樹が葉っぱを落としていますので、野鳥と出会う機会が多くなりますね。
 
この日はまずエナガの集団と出会いました。  目もクチバシも身体も小さなかわいい鳥です。
 
Img_01
 
 
 
 
この子はちょっと眠たそう?
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
柄の長い柄杓(ひしゃく)のような体型なので柄長(エナガ)なんでしょうね。 いかにもそんな感じですよね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
背中の淡いワインレッドのような色合いも、この子の可愛らしさをじょうずに演出していますね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
頭のてっぺんが禿げているように見えるのは、ま、ご愛嬌ということで・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
いつも「ツィーチリリリ、ジュリジュリジュリ」と小さな声で鳴き交わしながら、10数羽の集団で
 
行動していますね。  その中に時々数羽シジュウカラも混じったりして、楽しそうに飛び回っています。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはカワセミ。 このあたりでは普通に見かける野鳥ですが、このきれいさにはついついいつも
 
カメラを向けてしまいます。
 
ここはいつも彼らのお気に入りポイント。 この下を流れる小川の魚を狙っているのでしょうか。
 
「チーッ、ツィーッ」と鳴きながら、あたりを飛び回ったりしていました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
3羽揃い踏みのカモさんたち。 手前の2羽がホシハジロで、その向こうがキンクロハジロですね。
 
一番手前のホシハジロはオスですが、その向こうの2羽は果たしてオスでしょうかメスでしょうか。
 
カモ類にはエクリプスという厄介な現象があるので難しいですが、もうこの時期ですから
 
多分どちらもメスではないでしょうか。(全く自信はありませんが・・・)
 
それにしても、奥にいるカルガモくんの大きいこと!
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
朝靄の中にすっくと立つアオサギ! このときのこやつには不思議な凛々しさがありました。 
 
きっと深遠なる哲学的思索をしていたに違いありません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
そんな朝霞の中では植物のオギだって、サギの群れのようにすっくと立って哲学的思索に耽っているのです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
散策路で一カ所だけ、まだ色づきのいいハゼノキがありました。 こうして青空をバックにすると、
 
こちらの紅葉もまんざら捨てたものじゃないかも、です。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 

« 新年を祝して二鷹「チョウゲンボウ、ノスリ」 | トップページ | 水上の愛嬌者 カイツブリ »

コメント

こんにちは^^

小さくてかわいいエナガ、眠たそうなエナガさんには
なんとも親近感を覚えました・・・♪
微妙な色合いやふんわり感まで見せていただけて嬉しいです♪♪

カモのこともいろいろ勉強になりました!
朝靄の中で哲学的思索をするアオサギとオギがまたいいですねェ。
ススキもオギも今まで一緒くたにススキだと思っていました。。。
またまたひとつ学ばせていただきました。

赤く色づいたハゼも美しくて目が覚めるようです。
“早起きは三文の徳”ですね♪
冬の朝は寒そうで大変そうですが、一緒にお散歩している気分で
楽しく拝見させていただきました♪♪♪

 
catひめねずみさんへ
 
エナガはむかしから大好きな鳥で、初めて見たのはうちの庭だったんですよ。

大勢でいきなりやって来て、「ジュリジュリ」鳴いているのに驚いたものでした。

眠たそうに写っているのは、ま、高速シャッターのいたずらではあるのですが、それでも

面白く撮れましたかね。半冬眠のエナガくん、ではないでしょうけど・・・
 
カモはエクリプスという日食みたいな名前の妙な習性がありますので、見分けるのが

難しいですね。あまり深入りしないようにしています。
 
ススキとオギは歴然と違いますので、その違いが認識できると簡単に見分けられるように

なりますね。野山を歩くとき、こういう知識が意外と自分でも楽しかったりします。
 
冬眠中の(?)ひめねずみさんにも喜んで頂けて、載せた甲斐がありました。また新しい

題材を探す励みになります、です。
 

エナガはまだ見たことがないので、集団でいるところに出くわすなんて素敵ですね~~。
頭頂部が白いと禿げているように見えますものね。
ヤマガラを思い浮かべてしまいました(^^)

カワセミをよく見かけるなんて、これも又羨ましいお話しです。

朝霧の中のアオサギやオギ、素敵ですね~~~!
惚れ惚れ~~です。

 
catmoonさんへ
 
エナガは五島にはあまりいないのでしょうか。こちらではよく見かける鳥ですが、

小さくてかわいい連中ですので人気は高いようですよ。

頭頂部が白いのを禿げているように見るのは私の悪い癖かも知れません。私自身は

禿げてはいないのですが、どうしても気にしてしまうのは男の性でしょうか。で、そうですね、

ヤマガラもそんな禿頭仲間かも知れませんね。
 
カワセミもこちらではいろんな場所で見かけますが、明るいきれいな背景での撮影となると

ナイスポイントはそんなに多くないですね。moonさんの大濠公園でしたっけ? あそこの

カワセミも絵になるポイントですよね。そういう絶好の撮影ポイントを持ってらっしゃる方は

幸せだと思いますよ。
 
ありふれたアオサギやオギ(失礼!)でも、状況に恵まれると面白い写真になることが

ありますね。イヌも歩けば・・・ といったところでしょうか。

moonさんにお褒め頂いて光栄です。

ほんとここは野鳥の天国ですね。
カワセミ君も健在でほっとしました。
今年は月の砂漠にアオサギがいません、皆どこにいるのでしょうね。

近所でもシジュウカラ?が集団で見られます、庭に来たとき撮ろうと思いましたが
移動が早いです。

 
catさなえさんへ
 
この辺り一帯は海岸の方まで含めて、いろんな種類の野鳥が見られますね。

野鳥の天国でもあり、バードウォッチャーの天国でもありで、いいところですね。

アオサギは最近はこちらを塒にしているようですよ。散策中によく見かけます。
 
このところ庭でよく、アカハラやシロハラも見かけます。そのうちさなえさんの

ブログに登場するかも知れませんね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年を祝して二鷹「チョウゲンボウ、ノスリ」 | トップページ | 水上の愛嬌者 カイツブリ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ