« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月の5件の記事

2014年3月30日 (日)

春うらら「ビロードツリアブ、ホタルカズラ、ヒガンマムシグサ、カントウタンポポ、ツクシ、ギシギシ、シダ」

 
里山のうららかな春をもう少し。。。。。
 
 
 
まさに春の使者、今の季節にだけ見られるビロードツリアブです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
ホタルカズラ、今年は咲くのがちょっと早いようです。
 
Img_02
 
 
 
 
Img_03
 
 
 
 
Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒガンマムシグサです。
 
花(仏炎苞)が咲いてから葉が出てきます。 なんとなく昆虫の脱皮のようにも見えますかね。
 
Img_06
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
セイヨウタンポポは1年中咲いていますが、このカントウタンポポは春の花です。
 
Img_09
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
ツクシです。
 
このツクシはもうすでに傘が開いて花粉を飛ばし終わっていますが、風流な人は、傘が開く前のツクシを
 
たぁ〜くさん集めてきて、その花粉を入れたお団子を作ったりするそうですよ。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
ギシギシの若芽です。 
 
芽の出始めは色が凝縮していて、目を引きます。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
シダの若芽です。
 
右下にはアオキの若芽も見えて、春らしい空気が感じられますね。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年3月24日 (月)

春うらら「ミツバチ、テングチョウ、スミレ、カメ、カワセミ、カイツブリ、バードストライク」

 
お彼岸を過ぎて、こちら里山もすっかり春めいてきました。
 
そこで、そんなうららかな春をいくつか拾い集めてみました。
 
 
 
まずは、いつも忙しそうなミツバチくん。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
厳しい冬を耐え忍んだテングチョウも、春の日差しにほっと一息。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
スミレじいさんも満面の笑みを浮かべて、春を喜んでいるようです。 
 
ね、そんなおじいさん顔に見えませんか? 
 
 「善きかな♪  善きかな♪」 
千と千尋の神隠しに出てきたおくされ神が、薬湯に浸かってさっぱりした後のような顔に
 
私には見えてしまいました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
冬眠から目覚めたばかりのミシシッピアカミミガメなんて、後ろ足を目一杯伸ばして
 
全身で日光浴をしていました。
 
近づいても逃げる気配全くなしです。 もんのすんげぇ〜リラックス度でした。
 
Img_04
 
 
 
 
この子も背中のソーラーパネルを太陽に向けて気持ち良さそう。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
カワセミも春風に誘われて動き出したようです。
 
Img_06
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
大好きなカイツブリも、そろそろ恋の季節が始まりそうです。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
さてこちらはなんだか分かりますか?
 
Img_09
 
 
私の車の運転席ドアに衝突した鳥の痕跡(バードストライク)なんですよ。
 
拡大してみると黄色い花粉もたくさん付いているようです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
その鳥の正体はこの子、メジロでした。
 
Img_11
 
 
庭の椿に大勢でやってきては蜜を吸って行きますが、時々慌て者がいて、こうして車のドアや
 
家の窓ガラスにぶつかって行きます。
 
ガラスには外の景色が映っていますので、そのまま飛んで行けると思ってしまうんでしょうね。
 
ひょうきんなヤツです♪
 
 
 
 
 
 
 

2014年3月17日 (月)

海辺の太公望たち「ウミネコ、カンムリカイツブリ、コサギ、クロサギ」

 
前回の続きということで、彼らがこの海辺で太公望よろしく魚を捕っているところを載せてみました。
 
 
まずは、若いウミネコくんです。
 
彼は水面に浮かんだまま、近くに泳いできた小魚をぱくりとくわえました。 じつにお手軽な魚捕りです。
 
Img_01
 
 
 
 
そして、ヒョイとあおって食べてしまいました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
それに比べるとカンムリカイツブリは本格的です。 エイヤとばかりに頭から水に潜ります。 (あ、左側が頭ですよ、念のため)
 
Img_03
 
 
 
 
浮かんできたら、ちゃんと獲物をくわえていました。 さすがですね。
 
Img_04
 
 
 
 
でもすぐには食べようとしません。  一度魚を水面に置いて・・・
 
Img_05
 
 
 
 
「ハーイ、持ってませーん!」とでも言うように、クチバシを開いて見せます。
 
手品でもしているつもりなんでしょうか?
 
Img_06
 
 
 
 
次の瞬間、また魚をくわえて、「はい、ここにありましたー!」
 
いったい何をしていたんでしょう?      ?????がたくさん並びます。。。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
お次ぎはコサギです。
 
狙い澄まして小魚をパクッ!
 
Img_08
 
 
 
 
あおって、ゴックン!
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
反対側でももう1羽、やはり魚を狙っています。
 
Img_10
 
 
 
 
小魚を見つけると、素早くくわえて・・・
 
Img_11
 
 
 
 
ヒョイとあおって・・・   あ、落とした!
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと離れたところでは、クロサギくんがひとり静かにお食事をしていました。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
       春の海  太公望の   宴かな
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年3月13日 (木)

海辺の鳥たち「カンムリカイツブリ、アカエリカイツブリ、ヒメウ、クロサギ、コサギ、ウミネコ」

 
近くの海に行ってみました。 そこで出会った鳥たちです。
 
 
カンムリカイツブリです。 クチバシがピンクがかっていて、ちょっとおしゃれさんですね。
 
Img_01
 
 
 
 
ヘアスタイルもユニークです。
 
Img_02
 
 
 
 
後ろ姿だってパンクっぽくて笑えます。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはアカエリカイツブリだと思います。
 
まだクチバシ全体が黄色くなっていないのは、若い個体だからでしょうか。
 
Img_04
 
 
 
 
この子の後ろ姿もどこか不思議で。 白い模様が、二人の人が向かい合っているようにも見えたりして・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
これはヒメウですね。
 
黒い羽毛を基調としていますが、微妙に金属光沢もあったりしてきれいです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
クロサギです。 頭の後ろの冠羽がおしゃれですね。
 
Img_07
 
 
 
 
と、そのとき波が・・・
 
Img_08
 
 
 
 
いきなり・・・
 
Img_09
 
 
 
 
襲ってきたので・・・
 
Img_10
 
 
 
 
岩の上に避難!   「ふぅー」
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
すぐ近くをコサギが低空飛行して・・・
 
砂浜に映った影がきれいなシンメトリー図形を描いていました。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ウミネコが飛ぶ姿はいつもかっこ良く見えます♪
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
次回は、この鳥たちの採餌風景を載せてみたいと思っています。
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年3月 1日 (土)

冬鳥に名残りを惜しんで「ジョウビタキ」

 
三寒四温という言葉が実感できるようになってきた今日この頃、ウグイスもさえずりの練習を
 
始めましたし、ヒバリも青空の一点にとどまって高鳴きを披露するようになりました。
 
 
 
暦も3月と改まり
 
#01
Img_01
 
 
 
 
 
 
毎年秋から冬にかけて
 
#02
Img_02
 
 
 
 
 
 
日本で生活していた
 
#03
Img_03
 
 
 
 
 
 
このジョウビタキたちも
 
#04
Img_04
 
 
 
 
 
 
そろそろ北へと帰っていく
 
#05
Img_05
 
 
 
 
 
 
季節になってしまいましたね
 
#06
Img_06
 
 
 
 
 
 
冬を華麗に彩った
 
#07
Img_07
 
 
 
 
 
 
きれいな鳥でした
 
#08
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ