« 探鳥日和「ハヤブサひとり舞台」 | トップページ | 探鳥日和「カケスの巣材集め」 »

2014年5月21日 (水)

探鳥日和「ノスリ、クロガモ、ウグイス」

 
4月の下旬に、近所の探鳥フィールドで出会ったノスリの若です。 
 
野鳥のことに詳しい方にお聞きしたら、ノスリも春になるとこの辺りでは見られなくなるとか。
 
もっと北の方へ移動して繁殖活動に入るようなんですね。 ひとつ勉強になりました。
 
でも今年はその移動が遅れているそうで、このノスリもまだのんびりとこの辺りを飛び回って
 
いたようです。
 
いかにも若者らしい精悍な顔つきであたりの様子を伺っていました。
 
Img_01
 
 
 
 
Img_02
 
 
 
 
うん?  私に気づいたようですね。 こちらを凝視しています。
 
Img_03
 
 
 
 
すかさず別の樹へ・・・
 
Img_04
 
 
 
 
Img_05
 
 
 
 
ここなら大丈夫かな?
 
Img_06
 
 
 
 
でもやっぱり気に入らなそう。 
 
Img_07
 
 
 
 
このあと飛ぶ方向を見定めて飛び去ってしまいました。 今季最後のノスリくんだったようです。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは5月の半ば頃に、別の探鳥フィールドで出会ったクロガモです。
 
この子のだって、もうとっくに北帰行の途についていなければならない季節のはずですが、
 
いったい何をもたもたしているんでしょう?  それでもこの日を最後に姿が見られなくなりましたが・・・
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
先日面白いことに気がつきました。
 
うちの近所で鳴いているウグイスは「ホー、ホケキョ!」と囀ります。至極真っ当なウグイスです。
 
でも近くの森の中で鳴くウグイスは違うんです。先日それに初めて気が付いてしまいました!
 
なんと鳴くか?
 
「ホー、キム・チギョン!」って鳴くんです。 ウソじゃありません、ほんとうなんです。
 
しかも1羽や2羽ではありません。 森にいるすべてのウグイスがこう鳴くんです!
 
何度も言いますが、絶対にウソじゃありませんって!
 
韓国人の名前のようなこの「キム・チギョン」、不思議ですねぇ〜。
 
韓国から集団でこの森に渡ってきた謎の渡来鳥でしょうか?
 
 
きっとこれは、この森に棲むウグイスたちの方言なのではないかと、私は密かに考えています。
 
ちなみに春先の練習中は、みんなで「ホー、ホケチョビ!」と鳴いていたんですよ。
 
来年はどう鳴くのか、興味は尽きません。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 

« 探鳥日和「ハヤブサひとり舞台」 | トップページ | 探鳥日和「カケスの巣材集め」 »

コメント

こんにちは^^

旅立ち間近の野鳥たちに会わせていただけて嬉しいです♪
ノスリも目が良いのですか?
しろねこ仙人さんの顔も覚えてくれたでしょうか・・・
凝視するノスリの顔が何とも言えずいいですね~

ウグイスの鳴き声も面白いですね。
集団で変わった鳴き方をするなんて、仲間の共通語なんでしょうか??
韓国語で囀るウグイス(*^m^) いや~面白いです!!

鳥の声を聞き分けることができたら楽しいでしょうね~
しろねこさんはきっとたくさんの野鳥の声をご存知なのでしょうね♪すごいな~~
また色々と楽しいお話を聞かせて下さいね~♪♪

こんにちは。ご無沙汰しております。^^;
例年ですと4月下旬で見られなくなるノスリが今年は
家の近くで5月8日にまだ居てビックリでした。
ノスリはその日が最後の出会いでしたが他にも冬鳥が
今年はゆっくりしていたような?

内湾に入って居るクロガモは大概、尾羽がボロボロに
痛んでいる個体が多いように見受けます。
私も今年2ヶ所で5月になってもまだ居るクロガモを
観察していますが昨年もでしたが隼の居る近くで
船着場に上がっていて大丈夫かな~?とヒヤヒヤ。

ウグイスの方言!わかります~(笑)
家の周りに居るウグイスが他と違う鳴き方をする事に気づいたのが
3年前・・・普通の鳴き方と一声多く「チョコニキテル」と聞こえます。
他にもフィールド毎に「ホーホットケ」とか個性的な鳴き方の場所も多々。
キムチ・ギョンも聞いてみたいです~♪

又もやノスリを大きくゲットできて見せて頂き嬉しいです。
渡りをするとは知りませんでした。
考えてみれば、殆どの野鳥が渡りをしていますね(^^)

ウグイスの鳴き声はとてもメジャーなので、若鳥のたどたどしい鳴き声などは
思わずクスッと笑っちゃいますよね。

韓国語のような鳴き声をする地域のウグイスたちって、なんとユニークなのでしょう。
とても面白いです!!!

 
catひめねずみさんへ
 
そうですね。ノスリとクロガモは旅立ち直前だったんですね。お別れの挨拶に

現れたのでしょうか。

ノスリに限らずタカはみんな目がいいようですよ。上空から地上を動き回る餌を、

望遠レンズで見るように見えるようです。スゴイですね。

私の方を凝視するノスリ、「お、お前、このあいだ見たヤツだな!」みたいな顔にも

見えますね。私のことを覚えていたのでしょうか。
 
ウグイスにも方言があると考えると、探鳥散策が一段と楽しくなりますね。さらには

韓国語でさえずるなんて思うと、思わず笑みがこぼれてしまいます。
 
私も鳥の鳴き声を聞くだけで何の鳥か分かると楽しいと思うですが、まだまだ分からない

鳥が多くて困ってしまいます。iPadに野鳥鳴き声図鑑を入れてはいるのですが・・・
 

 
catあくあまりんさんへ
 
いえいえ、こちらこそご無沙汰しています。
 
ノスリは1年中見られるものとばかり思っていましたので、この時期には北の方へ

移動するという話に驚きもし、そうだったのかと刮目させて頂きました、

ありがとうございます。
 
私が出会ったクロガモは波間にプカプカ浮かんでいましたので尾羽の損傷までは確認

できませんでしたが、なんでそんなことになってしまうんでしょうね。

ちょっとかわいそうですね。
 
船着き場にあがってくるなんて可愛らしいですが、あそこはたくさんの釣り人がいますので、

ちょっとまずいかも知れませんね。
 
ウグイスの方言は地域地域ごとに、確かにありますよね。野鳥に詳しいあくあまりんさんに

分かりますと言って頂くと心強いです。

チョコニキテルとかホーホットケなんて、めっちゃ愉快です! 

そう聞こえるあくあまりんさんの遊び心にも拍手を送りたいと思います。

キム・チギョンもぜひ聞いてみて下さい!
 

 
catmoonさんへ
 
ノスリは大きなタカの割にはかなり身近にいてくれますので、写真に撮りやすい野鳥
 
なんですよ。ありがたいことだと思っています。
 
ノスリが繁殖期には北の方へ渡って行くという話は、上のあくあまりんさんに教えて

頂きました。身近に野鳥に詳しい方がいると、探鳥散策が楽しくなりますね。
 
ウグイスは年中私たちのすぐそばにいる野鳥ですが、春になってさえずりの練習を
 
始めると春が来た気分になりますね。春告げ鳥と呼ばれる所以だと思います。

でも練習最初はみんなへたくそで、ほんと、クスッとさせられますね。
 
moonさんのことろではどんな方言が聞かれるのでしょう?
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探鳥日和「ハヤブサひとり舞台」 | トップページ | 探鳥日和「カケスの巣材集め」 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ