« ふるさと札幌、2014年初夏 05「探鳥日和 in 札幌」 | トップページ | 真夏の出会い「カブトムシ、カイツブリの親子、ミシアカ」 »

2014年7月22日 (火)

近所の堰の住人たち「オシドリ、ミシアカ、ハグロトンボ、カルガモ、サンコウチョウのさえずり再び」

 
千葉県は全国有数のお米の産地ですから、田んぼの農業用水池としてたくさんの堰がうちの近所にも
 
点在しています。
 
そこで今回は、そんな堰で見かけた住人たちをいくつか載せてみたいと思います。
 
 
 
まずは、この辺りではちょっと珍しいオシドリ♂です。 かみさんと探鳥散策をしているとき
 
偶然出会いました。
 
最初は倒木の上でのんびりくつろいでいたのですが・・・
 
Img_01
 
 
 
 
私たちに気づいたとたん、立ち上がりました。
 
Img_02
 
 
 
 
そしてそわそわ動き回ります。 かなり神経質な様子。
 
Img_03
 
 
 
 
飛ぶかなと思った次の瞬間、やっぱり飛び立ちました。
 
Img_04
 
 
 
 
つい先日札幌でたっぷりと見てきたオシドリですが、飛ぶ姿を目撃したのは今回が初めて。
 
Img_05
 
 
 
 
木々の間を抜けて飛び去って行きました。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
一方こちらは、水面に浮かぶ怪しげな物体がふたつ。 右端の方が白く輝いているようにも見えます。
 
いったいなんでしょう?
 
Img_07
 
 
 
 
よく見たら(別の個体ではありますが)、なんのことはない、ミシアカ(ミシシッピアカミミガメ)でした。
 
頭にイトトンボなんぞを乗っけて、あたりを伺いながら呼吸をしていたんですね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
この堰で羽化したと思われるハグロトンボ♀です。 私が大好きなイトトンボでして、出会うと必ず
 
カメラを向けてしまいますね。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはどこの堰でもおなじみのカルガモなんですが、このときはなぜか、堰から遠く離れた森の中に
 
いました。 いったい何をしていたんでしょう?
 
堰ではないところにいるのが妙に新鮮でした。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
で、一昨日かみさんと探鳥散策をしていたとき、またしてもサンコウチョウのさえずりが聞こえてきました。
 
6月の始めごろに聞いてからしばらく聞こえなくなっていたサンコウチョウでしたが、再びの鳴き声、
 
はたして・・・
 
 
 
 
 
 
<<追記>>
 
先ほど庭仕事をしていると、楠木のところで鳥の羽ばたき音がしたので見てみたら、なんとなんと、
 
ハイタカかツミと思われる小型のタカが、スズメを捕まえてとまっているではありませんか!
 
その後すぐに飛び去ってしまいましたが、うちの庭で鷹狩りが見られるなんて、もうビックリです!
 
 
もしかしたら、近いうち、何かいいことがあるかも知れませんね♪
 
 
 
 
 
 
 
 

« ふるさと札幌、2014年初夏 05「探鳥日和 in 札幌」 | トップページ | 真夏の出会い「カブトムシ、カイツブリの親子、ミシアカ」 »

コメント

こんにちは(^^)/

奥様と一緒にオシドリ君に出会えてラッキーでしたね♪♪
飛んでいく姿もかわいいですねぇ。
堰の雰囲気がとても良くて、水に浸かる倒木にも何かを呼び寄せる力が宿っているような風情がありますね♪ 海も好きですが、こういう水場も好きです!!
怪しげな物体はミッシー?2匹連なって呼吸している様子がおもしろいです~ヽ(^o^)丿

今年も庭でたくさんのハグロトンボが舞っています。日ごとに数が増えているかんじです!

カルガモの写真も素敵に撮れていますね~camera
次はサンコウチョウの登場でしょうか?楽しみです~♪

 
catひめねずみさんへ
 
かみさんと歩いていると、いろいろ面白いものに出会うことがあります。

オシドリは、私は札幌でたっぷりと見てきたばかりですが、かみさんは初めて見たそうで

とても喜んでましたね。飛ぶ姿もきれいですよね。
 
この堰の倒木はですね、普段はカルガモやカワウ、ミシアカやクサガメなんかにも人気の

スポットなんですよ。いつも誰かしらが陣取っています。
 
あははは、ミッシー!  うまいうまい。ほんと、最初は未確認生物(UMA)ではないかと

思ってしまいました。
 
ハグロトンボはそうでしたね。ひめねずみさんのお庭にはたくさんいるんでした。

いいですねぇ♪
 
カルガモもこれだけ近くで見たのは初めてでした。大きなカモなので迫力がありますね。
 
サンコウチョウは、声はすれども・・・で、写真はおろか、なかなか見ることも叶いません。

でも、いつかはものにしたいと思っています。
 
で、今しがた追記をしましたので、そちらも見てやって下さい。もうビックリしちゃいました。
 

私もこの堰にには素敵な雰囲気が漂っていて良いなぁ~と眺めていました。
地元では有名なスポットなんですね。
オシドリの飛翔を沢山捉えて素晴らしいです!

カルガモの黄色い丸みを帯びた嘴とフレンドリーな目が癒やしを与えてくれますね。
そういうことでカルガモは好きです(^○^)

庭で鷹狩が! それは驚きますよね。普通は深い山の中?の出来事だと思いますから。。
しろねこさんは、是非ともその瞬間や様子をカメラに収めたかったでしょうね・・

身近でも思いもしない自然とのふれあいが多々あるのでしょうね。。
興味を持って見れば沢山のものを見つけられるかもですね♪

 
catmoonさんへ
 
この堰はヘラブナ釣りのスポットにもなっている場所なんですよ。

ヘラブナやマブナがたくさん棲んでいるのは確かなのですが、未だかつて

ここで釣り人が魚を釣り上げている瞬間を見たことがありません。

ま、釣り人は日がな一日、浮きを眺めているだけで楽しいものですからね。
 
ここでオシドリを見たのは私も初めてのことでした。でもこの近所ではたまに

オシドリが見られる様です。ほかの方のブログでも紹介されていました。
 
カルガモもこんな近くで見たのは初めてのことでした。おっしゃるように優しい目を

していますよね。かわいく撮れたように思います。
 
鷹狩り、本当にビックリしました。

このまま見ていようか、カメラをとりに行こうか、ちょっと迷いましたが、カメラをとりに

戻ってしまい、その間にいなくなっていました。なんとか写真に撮りたかったのですが、

さすがにmoonさんはお見通しでしたね(笑)。
 
きのうはここで玉虫が飛んでいるのを見つけ、すぐに飛んで行ったのですが、こちらにも

逃げられてしまいました。

おっしゃるように、興味を持ってみていれば、いろいろと楽しい発見があるものですね。

これからもすてきなものとの出会いを楽しみたいと思います。
 

カメさんの写真が最高!見入ってしまいましたよ。

先日はありがとうございました。かってに治癒として活動を再開しました

またよろしくお願いしますね。

ご自宅の庭で鷹狩が見られるなんてほんとにすごい!!
玉虫にも出会えて幸運でしたね♪
次の機会には幸運を是非カメラでキャッチしてださいね~\(^o^)/

 
catさなえさんへ
 
ミシアカはちょっと面白い写真になりましたかね。

水面を浮いたり沈んだり、最初の頃はなんだろうなぁと不思議な思いで撮影していました。
 
で、とにかく元気になって良かったですね。歳とともにお互いいろんな不調に遭遇しますが、

じょうずにやり過ごして行きましょうね。こちらこそ、またよろしくお願いします。
 

 
catひめねずみさんへ
 
ね、ね、今回の鷹狩りは本当にすごい出来事だったと思います。

だいたいがうちの庭でタカを見ることなんて、今まで絶対に一度もなかったことなんですから。

なんでまたうちの庭に来たんだい?  って、ドリトル先生を通じて聞いてみたかったですね。
 
一方玉虫の方はですね、実はけっこう以前からうちの庭では見ることが出来て、楠木を短く

切り詰めるまでは毎年のように何匹かは捕まえていたんですよ。

よくは分かりませんが、たぶん玉虫は楠木が好きなのでは、と思ったりしています。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと札幌、2014年初夏 05「探鳥日和 in 札幌」 | トップページ | 真夏の出会い「カブトムシ、カイツブリの親子、ミシアカ」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ