« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月の4件の記事

2014年9月26日 (金)

ネイチャーセンターで出会ったホンドリス

 
ネイチャーセンターの蓮池の脇にオニグルミの木が数本植わっていて、いまたくさんの実をつけています。
 
リスがその実を食べた痕跡が木の下にありましたので、今月何度か足を運んでみましたが、今日ついに
 
ホンドリスと出会うことができました。
 
ホンドリスは初見だったのですが、エゾリスによく似ていてとっても親近感が湧きましたね。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
これがリスが食べたクルミの殻です。 じょうずに割って食べるものですね。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
ちなみにこちらは私が以前札幌で撮ったエゾリスです。 ね、似てますよね。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年9月19日 (金)

万木の森の自然「ヒガンバナ、キンミズヒキ、ヒヨドリバナ、アキノノゲシ、アキノタムラソウ、ハギ・・・」

 
秋の野に密やかに咲く野草たち、そこに蜜を求めてやって来る虫の姿が重なって・・・
 
 
 
ヒガンバナ  +  モンキアゲハ
 
Img_01
 
Img_02
 
 
 
 
キンミズヒキ  +  ホソヒラタアブ
 
Img_03
 
 
 
 
一輪咲き残ったハスの花  +  セイヨウミツバチ
 
Img_04
 
 
 
 
蓼藍  +  クマンバチ
 
Img_05
 
 
 
 
キツネノマゴ  +  クマンバチ
 
Img_06
 
Img_07
 
 
 
 
ツユクサ  +  ホソヒラタアブ
 
Img_08
 
 
 
 
ヒヨドリバナ  +  毛深いカナブンの仲間?
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
アキノノゲシ
 
Img_10
 
 
 
 
ゲンノショウコ
 
Img_11
 
 
 
 
キツネノボタン
 
Img_12
 
 
 
 
ツリガネニンジン
 
Img_13
 
 
 
 
アキノタムラソウ
 
Img_14
 
 
 
 
ハギ
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年9月11日 (木)

万木の森の自然「タマムシ、タマアジサイ、クズ花、ワレモコウ、センニンソウ、ミズヒキ・・・」

 
涼しくなってきたのを機に、しばらくぶりで万木の森を散策してみました。
 
 
最初に出会ったのがこのタマムシ。
 
うちの庭でも時々見かけるタマムシですが、今年2度目の出会いとなりました。
 
Img_01
 
 
 
 
草の上にアクロバティックにとまっていましたので・・・
 
Img_02
 
 
 
 
木の幹にとまらせて、それらしくポーズをとってもらいました。
 
なんともきれいな虫だと思います。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
次に出会ったのがこのカマキリくん。
 
カメラを向けると、ギロッと睨まれてしまいました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
イトトンボが水面に浮かんだ枯れ葉の上で一休みしていました。
 
セスジイトトンボでしょうか。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
待てど暮らせど 来ぬ人を・・・
 
竹久夢二の「宵待草」ではありませんが、滅多にかからない獲物を待って今宵も糸を張るのでしょうね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
タマアジサイが存在感のある蕾を付けていました。
 
この蕾を見るといつも私はユリネを思い出して、美味しそうと思ってしまいます。
 
でもアジサイにはみんな毒がありますから、無闇に手を出さない方が賢明ですね。
 
Img_07
 
 
 
 
蕾がユリネを剥くようにはがれ落ちて、きれいな花が咲き始めます。
 
そのそばにはカラスウリの蕾がそっと寄り添って、日が暮れるのを待っていました。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
葛、秋の七草だけあって花がきれいです。 甘い香りも貴婦人風。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
ワレモコウ、この花も秋を感じさせてくれる花だと思います。
 
この花の向こうに茅葺き屋根の農家が1軒ぽつんとあって、刈り取りの終わった田んぼに野焼きの煙が
 
一筋たなびいている、そんな光景を連想してしまいます。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
森の至る所でこのセンニンソウが咲き誇っていました。 花期の短い花ですから、一瞬の煌めきに全精力を
 
傾けているようにも見えます。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
ミズヒキの花も可憐です。
 
望遠レンズで無理矢理撮った写真が気に入らなかったので、改めてマクロレンズで撮り直して
 
差し替えました。
 
Img_12_2
 
 
 
 
 
コモチシダだそうです。
 
初めて見たときは「なんじゃこれは!」と思ったものでしたが、そんなに珍しいものではないようでした。
 
Img_13
 
 
 
 
葉の表面についてるのが無性芽というものだそうで、これが地面に落ちて殖えるのだとか。
 
へぇ〜、そうなんだ。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年9月 5日 (金)

お笑いにゃんこ劇場「ピッピは悪人顔で狩りをする」

 
しばらくぶりでピッピの登場です。
 
以前は家の中で大事に大事に育てられていた深窓のご令嬢でしたが、いまや大手を振って外を闊歩する
 
じゃじゃ馬になってしまいました。  アハハハsweat01
 
まずはそんなピッピの狩りの様子です。
 
どこからかネズミ(カヤネズミでしょうか)を捕まえてきては、うちの庭に放して弄びます。
 
「ちょいちょい」
 
Img_01
 
 
 
 
「どうだ、まいったか」
 
Img_02
 
 
 
 
「えい!」とばかりにシロバナタンポポの根元に追いつめました。
 
Img_03
 
 
 
 
ネズミをくわえたときのこの悪人面、うなり声まであげています。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
こちらはスズメを捕まえたときのもの。 やっぱり凶暴そうな顔をしていますね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
普段は甘えん坊のひょうきん者なんですけどね。 こんな風に憎めない顔をしてるんですよ。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
この場所はピッピが大好きな場所のひとつで、よくこうやって敷居に肘を乗せて日がな一日
 
外を眺めたり、ここで寝たり・・・
 
Img_07
 
 
 
 
「何してるの?」と聞くと、「変なネコが来ないように見張ってるの!」と答えます。
 
普段はこのように穏やかなんですけどね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
コヤツの変な癖のひとつに、おかしな水の飲み方があります。 手で水をすくってはペロペロ。
 
おまえはアライグマか! とツッコミを入れたくなってしまうんですよ。
 
おかげで周りは水浸し、困ったものです。 なのでいつもは専用の水飲み器で水を飲ませて
 
いるのですが。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のコメント

無料ブログはココログ