« 真夏の出会い「カブトムシ、カイツブリの親子、ミシアカ」 | トップページ | 万木の森の自然「タマムシ、タマアジサイ、クズ花、ワレモコウ、センニンソウ、ミズヒキ・・・」 »

2014年9月 5日 (金)

お笑いにゃんこ劇場「ピッピは悪人顔で狩りをする」

 
しばらくぶりでピッピの登場です。
 
以前は家の中で大事に大事に育てられていた深窓のご令嬢でしたが、いまや大手を振って外を闊歩する
 
じゃじゃ馬になってしまいました。  アハハハsweat01
 
まずはそんなピッピの狩りの様子です。
 
どこからかネズミ(カヤネズミでしょうか)を捕まえてきては、うちの庭に放して弄びます。
 
「ちょいちょい」
 
Img_01
 
 
 
 
「どうだ、まいったか」
 
Img_02
 
 
 
 
「えい!」とばかりにシロバナタンポポの根元に追いつめました。
 
Img_03
 
 
 
 
ネズミをくわえたときのこの悪人面、うなり声まであげています。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
こちらはスズメを捕まえたときのもの。 やっぱり凶暴そうな顔をしていますね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
普段は甘えん坊のひょうきん者なんですけどね。 こんな風に憎めない顔をしてるんですよ。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
この場所はピッピが大好きな場所のひとつで、よくこうやって敷居に肘を乗せて日がな一日
 
外を眺めたり、ここで寝たり・・・
 
Img_07
 
 
 
 
「何してるの?」と聞くと、「変なネコが来ないように見張ってるの!」と答えます。
 
普段はこのように穏やかなんですけどね。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
コヤツの変な癖のひとつに、おかしな水の飲み方があります。 手で水をすくってはペロペロ。
 
おまえはアライグマか! とツッコミを入れたくなってしまうんですよ。
 
おかげで周りは水浸し、困ったものです。 なのでいつもは専用の水飲み器で水を飲ませて
 
いるのですが。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 

« 真夏の出会い「カブトムシ、カイツブリの親子、ミシアカ」 | トップページ | 万木の森の自然「タマムシ、タマアジサイ、クズ花、ワレモコウ、センニンソウ、ミズヒキ・・・」 »

コメント

こんにちは^^

久々にピッピちゃんに会えてうれしいです♪♪
毎日自由にお外で遊べて幸せにゃんこですね~\(^o^)/
ふっくらとして、毛並がとってもきれいで、ピッピちゃん、可愛い♪

ピッピちゃんはほんとにたくましくて元気そう。
シロバナタンポポもきれいに咲いていますね!
こんな素敵なお庭で思いっきり遊べて、楽しそう。ネズミ君は大変ですが・・・

お家の中でのくつろぎ方がまた可愛くて面白いですね~。
ワハハ、ほんとに器用に手で水をすくって飲んでいますね!手で水を飲む猫ちゃんは
はじめてです。今は亡き くし はよくキャットフードを手で取って食べていました。
猫って手を使うのが上手ですよね~。

楽しいピッピちゃんの様子を見せていただき癒されました♪♪

 
catひめねずみさんへ
 
いろいろあって、ピッピの登場がこんなに遅くなってしまいました。スミマセンです。

いつの間にかかなりのおデブさんになってしまいましたね。毛並みはきれいそうに

見えますが、なんせ外をかけずり回ってくるものですから、触ってみるとなにやら

ベタベタしていることもあったりしてその後のケアが大変だったりします。
 
シロバナタンポポが咲いていますので、ネズミ狩りの部分はこの春に撮ったもの

なんですよ。今回はここ半年ぐらいに撮った写真で構成してみました。
 
手ですくって水を飲むネコは時々いるそうで、私の学生時代からの仲間の家のネコも

同じ癖を持っているとか。

でもキャットフードを手で取って食べるのは、かなりの高等技術ではないでしょうか。

くしちゃん、すご〜い!
 
これからもまたときどきピッピのことも載せていこうと思いますので、また見てやって

下さいませ。
 

お久しぶりのピッピちゃん、お外で活躍しているようで、本当に逞しくなりましたね。
猫を飼ったことがないので、ネズミや小鳥を咥えている姿は見たことがないので
ドキドキしています(^^)
いつもはひょうきんなピッピちゃんも、こういう時には野生が目覚めるんですね~(^^)

ウチにしばらくいたタマは餌にキビナゴなどを与えると、
怖々と爪に引っかけて皿から出して、一匹ずつ食べていたのを思い出しました。
魚の目が怖かったのかな~?

アライグマのようなピッピちゃん、可愛いです♪

 
catmoonさんへ
 
外に出るようになったらもうすぐに野生児になってしまい、かなり逞し過ぎる

ネコになってしまったかも知れません。

やっぱり獲物をくわえている姿にはちょっと怖いものがあったかも・・・

すみませんでした。家ネコといえどもやっぱりネコには、色濃く野生の血が

流れているんですね。
 
そうか、九州はキビナゴの産地でしたね。とってもきれいな魚で、初めて見た

ときにはビックリしたものでした。

可愛らしいタマちゃんのしぐさが目に浮かぶようです。
 
アライグマピッピ、へんてこりんなネコですよね。
 

猫って犬と違う愛らしさがありますね。

初めて猫を飼ってみて良さに感激しています。

質問です。多頭で飼っているときノミダニ駆除はどうするのですか。

首のところに薬をつけようと思ったらなめ合っているんですよ。

 
catさなえさんへ
 
いよいよさなえさんもネコの魅力にハマりつつありますかね。

イヌと違って群れを作らないネコは、飼い主とは母子に近い関係にあるように

感じてきました。それだけに自分勝手な部分もありますが、ストレートに甘えて

くることも多くて、そのうち目の中に入れても痛くなくなるかも知れませんよ。

さなえさんはイヌ好きから入ってきましたが、世間ではよくネコ好きはイヌも好き、

といいます。これからたっぷりとネコの良さを楽しんで下さい!
 
ノミの件ですが、外を自由に歩き回っているネコの身体にいるノミダニを

完全に除去することは無理だと思います。

うちではけっこう頻繁にノミ取り毛梳きをしてあげています。薬を使うのであれば

いちど動物病院で相談してみるといいかも知れません。比較的ネコや人間にやさしい

薬は置いているようです。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 真夏の出会い「カブトムシ、カイツブリの親子、ミシアカ」 | トップページ | 万木の森の自然「タマムシ、タマアジサイ、クズ花、ワレモコウ、センニンソウ、ミズヒキ・・・」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ