« 万木の森の自然「夏毛のテンに出会いました」 | トップページ | 探鳥日和「コゲラは森の大家さん」 »

2014年10月 9日 (木)

探鳥日和「京美人なキョウジョシギ」

 
近くの海岸でちょっと面白い鳥と出会いました。
 
キョウジョシギです。 漢字で書くと京女鴫、和装の京美人のイメージでしょうか。
 
ユーラシア北部とオーストラリアを行き来する渡り鳥で、日本へは春と秋に旅鳥として
 
やってくるそうです。 そんなに珍しい鳥ではないようですが、私にとっては初見の鳥でした。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
#2
Img_02
 
 
 
 
#3
Img_03
 
 
 
 
#4
Img_04
 
 
 
 
#5
Img_05
 
 
 
 
#6
Img_06
 
 
 
 
絵に描いたような千鳥足!
 
#7
Img_07
 
 
 
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
水面を飛ぶ姿もきれいですね♪
 
#9
Img_09
 
 
 
 
#10
Img_10
 
 
 
 
#11
Img_11
 
 
 
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 万木の森の自然「夏毛のテンに出会いました」 | トップページ | 探鳥日和「コゲラは森の大家さん」 »

コメント

こんにちは^^

ほんとほんと、しっとりとした和服的な模様をしていますね~。
キョウジョシギって初めて聞く名前です!
千鳥足もおもしろいですね。暖かで気持ちよさそう・・・・・
明るい海辺、岩のきらきらするようすがとっても綺麗で素敵ですね~♪

#9、#12もとっても好きです♪
羽を広げた時の白い線が、波の上でひきたって綺麗です。
波の模様もおもしろいですね~(o^-^o)

渡り鳥がやって来る時期になりましたね~。
私も先日を見ました。
和名で「京女鴫」とは、なんと、奥ゆかしい名前ですね♪

岩場と波の上の飛翔、楽しく興味深く拝見しました♪

 
catひめねずみさんへ
 
ね、キョウジョシギは和装美人ですよね。面白いたとえだと思います。

千鳥足、赤い足が交差しているところがポイントでしたかね。笑える絵が

撮れました。濡れた花崗岩の煌めきも目に優しい感じがしますね。
 
#9、#12、ありがとうございます。鳥が飛んでいる姿が好きでよく撮りますが、

きれいな鳥だと何割増かできれいに撮れるような気がします。

水面低く飛んでくれましたので寄せる波も一緒に写ってくれました。このように

背景に動きがあると楽しい写真になりますね。
 

 
catmoonさんへ
 
カモ類もやってくるようになりましたね。私は先日コガモを目撃しました。

渡り鳥ではありませんが、モズやノスリも見かけるようになりましたし。
 
京女鴫という名前には日本独特の美意識があるように感じていましたが、

moonさんの奥ゆかしい名前という表現がピッタリかも!

今回は舞台背景にも助けられた写真になりましたね。

moonさんにもひめねずみさんにもそのあたりに目をとめて頂けて

嬉しく思います。ありがとうございます!
 

ごめんなさい。こちらにコメントが入らない訳じゃなかったのですけど、ついつい頂いたコメントにレスをつけるだけで、ものぐさを決めておりました。

これは三軒屋で撮られたものでしょうか、 和泉の入江にも他のシギに混じって食事をしておりますよね。

今年は三軒屋では、コアジサシやミサゴを見ませんでした。
数も種類も少なくなっていくのでしょうか?

すみません、コメントが入らない訳じゃなかったのですけど、頂いたコメントにお返事するだけで、ものぐさを決めておりました。失礼いたしました。

この写真、三軒屋で撮られたものでしょうか。和泉の入江にも他のシギに混じって食事をしておりますよね。っていうか、彼らには三軒屋も和泉も川のあっちとこっちで同じ場所なんですよね。

この場所でしたら、今年はコアジサシも、ミサゴも見ませんでした。
種類も数も少なくなってきているのでしょうか、、、

ごめんなさい、コメントがダブったのかな? コメントを書いて送信を押すと認証の画面がでてそれに記入してボタンを押すと、コメントが消えてしまいます。
コメントを書いて、確認をおして、認証画面から送信すると、ダブってしまいます。はて、、

 
cat赤い風車さんへ
 
ごめんなさい。何度もお手数をおかけしているようですね。

そんなに変なシステムではないはずなんですが、なぜか赤い風車さんとは相性が

悪いようですね。これに懲りずにまたコメント頂けると嬉しいです。
 
で、今回このキョウジョシギを撮ったのは大原の塩田川の河口です。というよりも

大原海水浴場のところと言った方が分かりやすいでしょうか。ここには時々クロサギ

なんかも出没しますので、定期的に覗いてみるのも面白いかと思います。

和泉の入り江や夷隅川の河口あたりでは、私は時々ミサゴが狩りをしている姿を

見かけますが、以前に比べて数が少なくなったという人はいますね。
 
でですね、この辺りの鳥好きの方の中には、場所の特定に繋がる情報を公表するのを

極端に嫌う人もいますので、あまりここで具体的な場所の話をするのはご遠慮願えると

ありがたいのですが・・・ (今回はあまり重要情報ではないのでお話ししましたが)
 
いつもなにかとご面倒をおかけして申し訳ありませんです。
 

あぁ、やっぱり相性が悪いのかな、コメントがアップされませんでした。

すみません、私のブログでも場所は特定しないようにしているのですが、今回は「珍鳥」ではないと勝手に解釈して、場所を入れてしまいました。ごめんなさい。

こんばんは。こちらへのコメントすっかりご無沙汰ですみません。
先日、偶然お話できてよかったです。^^;
今年は春も秋もシギチの渡りがとてもおかしいです。--;
私は今年はキョウジョシギは1度も逢っていません。
例年ですとミサゴの狩りをご一緒して撮った場所に数羽で入るのですが。
画像から撮られた場所は想像がついておりましたが
この秋、この場所が非常に面白かったです♪

 
cat赤い風車さんへ
 
コメントがアップできるようになってきましたかね。良かった良かった!

この辺りは野鳥を始め、いろんな生き物たちの楽園ですから、そういう話も

できると楽しいですね♪
 

 
catあくあまりんさんへ
 
こちらこそコメントがご無沙汰ですみません、いつもブログは拝見しているのですが。

あくあまりんさんとは不思議なご縁で、市内の至る所でよくすれ違います。いつも

手を振るのですが、気づいてもらえないのがちと残念かも。
 
で、先日お話ししたタカのことですが、若いトビと仲良しの老タカがいたんです。

老タカのしっぽがノスリのように丸かったので、トビではない謎のタカと思ったのですが、

いろいろ調べた結果、しっぽ以外はどう見てもトビ。結局トビという結論に達しました。

異種で仲良しという面白い関係かなと思ったんですが・・・ お騒がせしました。

それにしても三味線のバチのように先端がすぱっと切れたようなしっぽではないトビも

いるんですね。ひとつ勉強になりました。
 

こんばんは~ええっ!?市内のあちこちで・・・ですか~?
ホントすみません。私・・・運転中も鳥しか目に入らないもので
対向車は気にしてなかったりします。^^;
今後は気をつけたいと思います。--;
少し普通と違う個体が居るとどうしても珍鳥~と思う事も
しばしばです。
本当に珍の場合もあればそうで無い事も多いです。
トビとタカでは飛び方も違いますし下から見た時の羽色と
模様で識別が出来るようになると思います。

 
catあくあまりんさんへ
 
私の車は、よく言えば非常に人気のある車で、たくさん走っていますので、

すぐに気がつくのは難しいかも知れませんね。あくあまりんさんのは車種も

ナンバーもユニークですから、見つけやすいということがあると思います。

これからもあまりきょろきょろせずに、きちんと前を向いて運転して下さいね。
 
で、トンビがタカを生むような話になってしまいましたが、私ももっと修行を

積んで識別眼を磨いていきたいと思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 万木の森の自然「夏毛のテンに出会いました」 | トップページ | 探鳥日和「コゲラは森の大家さん」 »