« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月の5件の記事

2014年11月29日 (土)

探鳥日和「可愛らしい薮の忍者アオジ」

 
藪の中に忍者のごとく潜んではいますが、比較的人なつこい鳥でよく写真を撮らせてくれるお得意さんのアオジです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
正面から見ると、カイゼル髭を生やしたどこかの皇帝のような厳つい顔つきをしていて笑えます。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
それにしてもこの子は尾羽が短い!  誰かに襲われたのでしょうか?
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
よく、ものすごく高い声で「チッ、チッ」と鳴きますので、姿が見えないときでもその存在には気がつきやすい鳥です。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
つぶらな瞳が可愛らしい愛嬌者だと思います。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
鳥たちには大人気のハゼの実ですが、アオジも習いに違わず大好きなようです。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
薮の中が大好きなアオジですが、地面に降りて餌を探すこともよくする鳥ですね。
 
うちから隣町へ抜ける暗い小道にもよくいますので、その道を密かにアオジの細道と呼んだりしています。
(ここはその細道ではありませんが)
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年11月23日 (日)

小春日和「木漏れ日、リンドウ、マユミ、オギ」

 
小春日和に誘われて、かみさんとふたりで森の中を歩いてみました。
 
差し込む陽の光が木漏れ日となって、あたりを静かに照らしています。 こんな日ならば森の精とも
 
出会えそうな気がしてしまいますね。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンドウもそっと花を付け始めました。
 
陽の当たらないときには、蕾のままでじっと寒さに耐えているように見えます。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
暖かな日差しを受けると、少しずつ花を開き始め・・・
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
やがて満面の笑顔を見せてくれます。 歩いていてこんな花を見つけると気持ちも和みますね。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
マユミの実も赤く色付いて顔を覗かせていました。 ヒヨドリやメジロがよく食べにきますが、
 
人間にとっては有毒なようです。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
オギが風に吹かれて小穂を飛ばしていました。 
 
#10
Img_10
 
 
 
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年11月18日 (火)

探鳥日和「カワウ、アオジ、モズ、カシラダカ」

  
合唱団の練習風景でしょうか、烏(鵜)合の衆にコンダクターを発見!
 
「は〜い、鵜の池合唱団のみなさ〜ん、まずは発声練習をしましょうね!  はい、グワ〜!」
 
Img_01
 
 
 
 
「け、そんなことやってられっか! あばよ!」  バシャバシャバシャ
 
Img_02
 
 
 
 
「ありゃ、行っちゃったよ」
 
Img_03
 
やはりいまいち統率力に欠けるコンダクターでした。
 
 
 
 
 
 
一方こちらでは美容体操の真っ最中。
 
七面鳥のポーズ!
 
Img_04
 
 
 
 
鶴翼のポーズ!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
こちらは「月に雁」、ならぬ「月に鵜」
 
Img_06_2
 
 
 
 
 
Touch the sun, kiss the moon heart02
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
お、「ANAと月の女王」!!      ・・・かと思ったら、JALでした!
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
今の季節はアオジも地面に降りて、盛んに餌探しをしていますね。
 
Img_09
 
 
 
 
かわいらしい鳥です。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
モズがアマガエルを捕まえたようです。
 
これからハヤニエにでもするのでしょうか。 このままどこかへ飛び去って行きました。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
冬になるとよく見かけるカシラダカですが、恥ずかしがり屋さんのようでなかなかモデルになって
 
くれません。 今回もこっそり撮影です。 
 
ま、顔に陽が当たってラッキー! だったですかね。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年11月11日 (火)

秋から冬への讃歌「カシラダカ、キセキレイ、モズ、ノスリ、ホシハジロ・・・」

 
秋から冬へと移り変わる、そんなある日のひとこまです。
 
 
 
枯れ野を舞台にかくれんぼ   ・・・・・カシラダカ
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
秋の野でひとり歓喜の舞い   ・・・・・キセキレイ
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
新しい見張り台みーっけ!   ・・・・・モズ
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
空に吸われし十五の心   ・・・・・ノスリ
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
光の中へとダイブ   ・・・・・カルガモ
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
今朝は空気が美味しいぞ!   ・・・・・ホシハジロ
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
恋する5秒前   ・・・・・マガモ
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
雨の降りそな朝でした   ・・・・・ハイタカ、でしょうか?
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
明るく華やかな食卓   ・・・・・ホシホウジャク
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
リンドウに包まれてひとやすみ   ・・・・・マダラコシボソハナアブ
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
日だまりに凛とした櫨紅葉   ・・・・・ハゼノキ
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
風が描いたミステリーサークル   ・・・・・台風18号
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2014年11月 5日 (水)

探鳥日和「愉快 大好き カイツブリ」

 
大好きなカイツブリ、またまた登場です。
 
この春生まれたこの子もだいぶ大きくなってきました。 子供ゆえにすぐ近くまで来てしまうこともあって、
 
お互いにビックリ!
 
Img_01
 
 
 
 
すかさず潜って逃げてしまいました。 跡には真っ赤なルビーが一粒キラリ。。。
 
Img_02
 
 
 
 
カイツブリは普段はほとんど水しぶきを立てずに水に潜りますが、慌てたときにはダイナミックな水しぶきが・・・
 
バッチャ〜〜〜ン!
 
Img_03
 
 
 
 
ジョッボ〜ン!
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
ある日のことでした。
 
手前をゆっくり泳いでいるカイツブリに、左上からもう1羽が近づいてきました。
 
Img_05
 
 
 
 
と次の瞬間、いきなり猛ダッシュ!
 
「このヤロー!」  「わ、わ、わ、なんだなんだ!」
 
Img_06
 
 
 
 
「逃げろ逃げろ」
 
Img_07_2
 
 
 
 
「逃げろ逃げろ」
 
Img_08
 
 
 
 
「逃げろ逃げろ」
 
Img_09
 
 
 
 
「ふー、逃げ切った!」
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
ときには仲良く2羽で並んで、クチバシを大きく開けて「キュロロロロ」と鳴き交わしたりして
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
ときには大きなザリガニをゲット!
 
Img_12
 
 
 
 
 
こちらでは小魚をゲット! (よく見えないか)
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、静寂。。。。。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
静謐。。。。。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ