« 探鳥日和「カワウ、アオジ、モズ、カシラダカ」 | トップページ | 探鳥日和「可愛らしい薮の忍者アオジ」 »

2014年11月23日 (日)

小春日和「木漏れ日、リンドウ、マユミ、オギ」

 
小春日和に誘われて、かみさんとふたりで森の中を歩いてみました。
 
差し込む陽の光が木漏れ日となって、あたりを静かに照らしています。 こんな日ならば森の精とも
 
出会えそうな気がしてしまいますね。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンドウもそっと花を付け始めました。
 
陽の当たらないときには、蕾のままでじっと寒さに耐えているように見えます。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
暖かな日差しを受けると、少しずつ花を開き始め・・・
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
やがて満面の笑顔を見せてくれます。 歩いていてこんな花を見つけると気持ちも和みますね。
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
マユミの実も赤く色付いて顔を覗かせていました。 ヒヨドリやメジロがよく食べにきますが、
 
人間にとっては有毒なようです。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
オギが風に吹かれて小穂を飛ばしていました。 
 
#10
Img_10
 
 
 
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 

« 探鳥日和「カワウ、アオジ、モズ、カシラダカ」 | トップページ | 探鳥日和「可愛らしい薮の忍者アオジ」 »

コメント

先週ちょっと寄ってみましたが、リンドウは見つけられませんでしたわ。

野の花の女王ですね。

ススキもいいですね。 晩秋の雰囲気がよく出てます。

 
catさなえさんへ
 
リンドウ、見つけられませんでしたか。毎年同じ場所で咲きますので、

一度場所を覚えると次回から簡単に探せるようになると思います。

まだ咲いていますので、センターの女性職員の方に聞いてみるといいかも

知れません。

野にあってこの上品さは、まさに女王ですね。
 
秋の野によく似あうのがススキですよね。これはススキによく似たオギですが、

ある意味どちらも秋を代表する花だと思います。
 

こんばんは^^

木漏れ日って、別の世界に入っていってしまいそうな不思議な
雰囲気がありますね。
#1 木々の向こうに滝の幻影を見ているよう。ぱっと見たとき
木漏れ日とは気が付きませんでした!
お二人でいろいろな木漏れ日を集めながら歩く森の小路。ロマンチックですね~♪

リンドウが少しずつ花開いていく写真も可愛らしくてすてき。
マユミの実も艶やかで美しいです♪
#11 オギの穂のふわふわが手で触れそうなくらいリアルですね。

森のお散歩、一緒に楽しませていただきました。ありがとうございます(o^-^o)

 
catひめねずみさんへ
 
木漏れ日が見られる条件には、陽の光と森の木と、その他にもうひとつ

空気中の水分が大事なんですね。空気が乾くこの季節、湿り気を帯びた

森の中を歩くのは気持ちがいいものです。

ひめねずみさんの「お二人でいろいろな木漏れ日を集めながら歩く森の小路」、

とっても魅力的な表現ですね。今度からそんなことを意識して歩いてみたいと

思いました。
 
リンドウもいろんなところで咲きますので、日当りのいい子、日陰の子という差が

出てしまいます。せっかく花をつけたのに蕾のままで終わってしまう子もいるよう

ですよ。

真っ赤なマユミの実には艶やかな美しさ、妖しさがありますよね。

オギの穂のふわふわ感も気持ち良さそうですね。秋空に舞う様子には冬が来る

予感が感じられました。
 
四国をお遍路するひとは「同行二人」と書かれた杖を持って歩くそうで、これは

弘法大師と一緒に歩いているという意味だそうですが、同じような感じで

ひめねずみさんも私たちと一緒に歩いて下さったんですね。

こちらこそありがとうございます。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探鳥日和「カワウ、アオジ、モズ、カシラダカ」 | トップページ | 探鳥日和「可愛らしい薮の忍者アオジ」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ