« 探鳥日和「メジロ」 | トップページ | 探鳥日和「森の貴公子貴婦人 ウソ」、そして63 »

2015年1月27日 (火)

探鳥日和「カイツブリ、カイツブリ、カイツブリ」

 
大好きなカイツブリです。
 
 
まずは光と戯れる姿からいってみましょう。
 
カイツブリの前に連星のような光の輪ができています。 私が若い頃の電子のイメージのようにも
 
見えます。
 
Img_01
 
 
 
 
首に輝く光のペンダント!
 
Img_02
 
 
 
 
足元にもキラリンdiamond
 
Img_03
 
 
 
 
泳ぐ先にいくつもの光の粒が・・・
 
Img_04
 
 
 
 
それがひとつにまとまった瞬間・・・
 
Img_05
 
 
 
 
猛ダッシュで逃げられてしまいました。
 
(あれっ、しっぽでも落としていった?)
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
カイツブリはすぐに水の中に潜ってしまいますので、出会った瞬間が勝負です。
 
この子はすでに私に気づいていますね。
 
Img_07
 
 
 
 
足がもう逃げる準備を始めています。
 
Img_08
 
 
 
 
お尻を持ち上げたと思ったら・・・
 
Img_09
 
 
 
 
ジュボン!
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
今度はすいすい悠然と泳いでいるようですが・・・
 
Img_11
 
 
 
 
首を縮めて・・・
 
Img_12
 
 
 
 
力をためて・・・
 
Img_13
 
 
 
 
首を伸ばすと同時に・・・
 
Img_14
 
 
 
 
やっぱり水の中へと消えていってしまいました。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
この子と相対するときはある程度の距離が必要なようです。
 
草の陰からそっと見ていても、向こうもこちらをじっと見つめていますね。でもこれぐらい離れると
 
逃げずにはいてくれます。
 
Img_16
 
 
 
めっちゃかわいいのに連れない鳥だと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 探鳥日和「メジロ」 | トップページ | 探鳥日和「森の貴公子貴婦人 ウソ」、そして63 »

コメント

私もカイツブリちゃん、大好きです!
主役のカイツブリを追いかけながら、美しい光の変化まで
捉えてしまうなんてすごいです♪♪
電子の光の環、光のアクセサリーも素敵過ぎますo(*^▽^*)o
星団のような光の粒、それらが一つにまとまる瞬間、
宇宙の物語を見ているようです♪

尻尾を落としていったカイツブリちゃんは愉快ですね~(*^ω^*)ノ彡
なかなか傍まで近づけない水鳥なのにこんなに近くで
見せていただけて嬉しいです♪

今年も素敵で楽しい、様々なテーマに挑戦してくださ~い!応援しています\(^o^)/

 
catひめねずみさんへ
 
ひめねずみさんもカイツブリが大好きで良かったです。

うちのかみさんもカイツブリはピッピに雰囲気が似ているので好き! とよく言います。

どこかネコと共通するかわいらしさがあるように私も感じていましたので、そのあたりで

ひめねずみさんの好感と通じるものがあるのかも知れませんね。
 
とにかくこの堰では水鳥はいつも逆光で撮ることになりますので、光に絡んだ楽しい

写真が撮れますね。宇宙の物語という、ひめねずみさんならではのすてきなお褒めの

言葉をとっても嬉しく思いました。
 
しっぽのようなもの、ね、何を落としていったんでしょうね。その場では気がつきませんでした

のでこれはもう永遠の謎です。

飛んで逃げる鳥ならば飛ぶ姿もしっかり撮れるのですが、水に潜られるともうお手上げです。

なんかカイツブリとは毎回、お互いびっくりビックリの出会いなんですよ。
 
いつも優しい応援をありがとうございます♪
 

私もカイツブリの丸っこいフォルムと、まあるくひょうきんっぽい目がすきです。
こんなにゆっくりと見る事が出来たのには満足です。
もちろん、キラキラと輝く水面の光大好きで、ずっと眺めていたくなります。
電子のイメージなんか私には考えも付かないので、見ていても撮る事はしないでしょう。
見事に素敵に捉えていてさすがだなぁ~~~!!

直ぐに潜ってしまう姿を激写して見せて頂き、こちらも満足満足!!

カイツブリと光の環の共演は素敵ですね。

お気に入りは胸に輝くペンダントです。

鳥撮りに行きたいけど今の腕には望遠は重すぎますのよね。

 
catmoonさんへ 
 
カイツブリにはなんか憎めないかわいらしさがありますよね。moonさんも好きで

良かった!

このところ幸いにも岸近くにいるところに遭遇できましたので、かなり大きく撮る

ことができました。かなりラッキーだったかも。
 
キラキラ輝く水面のひとつひとつは狙って撮ったものではなく、逆光に煌めく

水面のきれいさに思わずシャッターを切ったものです。その中に幾つもすてきな

光との競演が存在していたんですね。逆光こそがシャッターチャンスですね!
 
カイツブリはいつも一瞬が勝負ですから、シャッター優先設定で高速シャッターに

して狙います。1枚も撮れないうちに逃げられてしまうこともよくあるのですが・・・
 

 
catさなえさんへ
 
逆光の水面は光の乱舞が見られてとってもきれいですね。そこに水鳥が絡めば

すてきな写真になりますので、よく狙うパータンです。
 
胸に輝くペンダントはみごとに撮れていましたね。ラッキーでした。
 
私も一瞬のチャンスを逃さないようにいつもフォーカスボタンとシャッターボタンに

指を置いて力を込めていますので、腕や肘・肩が痛くなってしまいます。若い頃は

こんなことはなかったのに、歳を取った証拠ですね。

さなえさんもどうぞお大事に!
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探鳥日和「メジロ」 | トップページ | 探鳥日和「森の貴公子貴婦人 ウソ」、そして63 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ