« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月の3件の記事

2015年4月17日 (金)

カメもおだてりゃ木にのぼり、尺ベラは乗っ込み大狂宴

 
毎度おなじみのミシアカ(ミシシッピアカミミガメ)が倒木の上に整列して、日向ぼっこの真っ最中です。
 
あ、タイトルの前半には若干の誇張があったかも知れません。
 
のぼりは「登り」ではなくて「上り」ですね。 しかも特段おだてた訳でもありませんでした。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
カメは日向ぼっこをしないと死んでしまうといわれるぐらい、お天道様が大好きなんですね。
 
この日向ぼっこスポットを目指して続々とカメたちがやって来ます。 その全員が外来種の
 
ミシアカというのが気になるところではありますが・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
左から赤い色も鮮やかに亀ノ助が倒木にたどり着きましたよ。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
「どっこいしょっと。 亀吉親分、ちょいとこの場所をお借り致しやすぜ!」
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
さらには右からも・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
そして左からは、ちょっと育ったミドリガメが続々と押し寄せてきます。
 
Img_06
 
 
こんな風にいつも大賑わいの日向ぼっこポイントなのであります。
 
 
 
 
 
 
 
そのすぐそばではウシガエルが、まさに近くの木に登ってその様子を眺めていました。
 
それにしてもこのおっさん、どうやってこの木に登ったんでしょうね?
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 ♪お〜たまじゃくしはカエルの子 ナマズの孫ではないわいな〜
 
小学生の頃、そんな歌を歌っていましたが、その当時札幌から引っ越してきて多摩川で釣りをしていたら
 
このウシガエルのオタマジャクシが突然目の前に現れましてね・・・
 
「わー、淡水の多摩川にフグがいる!」とびっくり仰天したものでした。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
春は魚にとっても恋の季節到来です。
 
私が小学生の頃は東京湾に腹太スズキが乗っ込みを始めたなんていう記事を釣り雑誌なんかで
 
よく見たものですが、この乗っ込みという言葉、魚が産卵のために浅場に押し寄せて来る現象を指す言葉
 
なんです。
 
そう、近くの堰でも尺オーバーのヘラブナが浅場に大勢で押し寄せて産卵する乗っ込みが始まりました。
 
 
オスメスが身体を寄せあって泳ぎます。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
そして気持ちをひとつにして・・・
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
一気に産卵と放精を行います。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
しばし余韻を楽しむかのように寄り添って漂い・・・
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
また一緒に泳ぎ始めます。 これを何度も繰り返すんですね。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
そんな光景があちらでも・・・
 
Img_14
 
 
 
 
そちらでも・・・
 
Img_15
 
 
 
 
こちらでも、至る所で見られました。
 
Img_16
 
 
 
まさに春の大狂宴、みんな盛大に水しぶきをあげながら、つかの間の青春を謳歌するかのように
 
命を繋いでゆく営みにいそしんでいました 。
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年4月 8日 (水)

春、森の虫たちも「ビロツリ、ヒゲナガバチ、クマンバチ、アカタテハ、ヤブキリ、ウシガエル、アメザリ」

 
春だけに見られる虫、ビロードツリアブが現れました。
 
オオイヌノフグリで吸蜜中です。 立派な口吻が特徴的ですね。
 
Img_01
 
 
 
 
小さくて目立たない虫ですが、かわいらしい羽音を立てて飛び回っています。
 
ころっとしたお尻にもビロードを纏って、春まだ浅い乾いた空気の中を気持ち良さそうにブンブンと。
 
Img_02
 
 
 
 
ビロツリはよくタンポポなんかにとまっているヒメハナバチに寄生するハナアブで、早春にのみ、
 
交尾のために現れます。
 
今はちょっと栄養補給中、こんな小さな花にもきちんと蜜があるんですね。
 
Img_03
 
 
 
 
ジシバリでも美味しそうに吸蜜。
 
Img_04
 
 
 
 
飛び方は頼りなげですが、それでも春を満喫するように飛び回っている姿が健気です。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
こちらはヒゲナガバチですね。 たくさん咲いているスミレでお食事中。
 
こんなに長い触角は何のために必要なんでしょうね?
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
春の森ではキブシが舞子さんの簪のような花を咲かせているのが目につきます。
 
その花の周りではクマンバチが、ベンチャーズよろしくバンブルビー・ツイストを踊っていました。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
春の陽だまりではアカタテハもよく見かけます。
 
Img_08
 
 
 
 
菜の花で一休みしているこの子、翅の後ろがまぁるく切り取られていますね。
 
誰かにかじられちゃったんでしょうか?
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
野原でよく見かけるカントウタンポポの上で、はやくもヤブキリの赤ちゃんに出会いました。
 
ヤブキリはキリギリスよりも立派な翅を持っているのに、キリギリスのように上手には鳴けない
 
音痴さんです。 なんでだろうといつも不思議に思います。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
水辺ではウシガエルのオタマジャクシをたくさん見かけます。 もうすでに後ろ足が生えていて、
 
前足の部分も膨らんでいました。 にょきっと前足が生えたら、カエルに大変身ですね。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
そのウシガエルの餌であるアメリカザリガニも見っけ!
 
お隣さんはお出かけ中かな?
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 

2015年4月 3日 (金)

春、森の草木も華やかに「ホタルカズラ、クロモジ、マムシグサ、ネコノメソウ、キクラゲ・・・」

 
いつもの森の中で今年もホタルカズラが咲き始めました。
 
スミレに紛れてひっそりと咲きますが、見つけるとその存在感を実感する花だと思います。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
上品な和菓子に添えられている高級楊枝クロモジ、そのクロモジの花です。
 
たくさんの魚卵がついているようにも見えて、森の中で賑やかに咲いています。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
春のお彼岸の頃に咲くヒガンマムシグサ、芽が出てきたと思ったら、あっという間に咲いて
 
しまいました。
 
両手を広げて大きな口を開いて、春を謳歌しているように見えませんか?
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
これは同じサトイモ科のウラシマソウです。 葉っぱの形はマムシグサによく似ていますが、
 
こちらは葉とは別の茎に花を付けます。 でもその花が咲くのはもう少し先ですね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
ネコノメソウは目立たない草ですが、不思議なタネの付け方をします。 なんか変!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
大きな木の切り株からキクラゲが生えていました。
 
近所のスーパーでも国産の生キクラゲを売っていますが、これで50円分ぐらいでしょうか。
 
数日後に誰かが収穫していったようです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
空と雲と菜の花と・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
ヤマザクラでしょうか、オオシマザクラでしょうか、葉と花の色の対比に惹かれました。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
春はカナメモチも強く自己主張をしますね。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ