« 春、森の虫たちも「ビロツリ、ヒゲナガバチ、クマンバチ、アカタテハ、ヤブキリ、ウシガエル、アメザリ」 | トップページ | 万木の森の自然「ウサギとカメ」 »

2015年4月17日 (金)

カメもおだてりゃ木にのぼり、尺ベラは乗っ込み大狂宴

 
毎度おなじみのミシアカ(ミシシッピアカミミガメ)が倒木の上に整列して、日向ぼっこの真っ最中です。
 
あ、タイトルの前半には若干の誇張があったかも知れません。
 
のぼりは「登り」ではなくて「上り」ですね。 しかも特段おだてた訳でもありませんでした。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
カメは日向ぼっこをしないと死んでしまうといわれるぐらい、お天道様が大好きなんですね。
 
この日向ぼっこスポットを目指して続々とカメたちがやって来ます。 その全員が外来種の
 
ミシアカというのが気になるところではありますが・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
左から赤い色も鮮やかに亀ノ助が倒木にたどり着きましたよ。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
「どっこいしょっと。 亀吉親分、ちょいとこの場所をお借り致しやすぜ!」
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
さらには右からも・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
そして左からは、ちょっと育ったミドリガメが続々と押し寄せてきます。
 
Img_06
 
 
こんな風にいつも大賑わいの日向ぼっこポイントなのであります。
 
 
 
 
 
 
 
そのすぐそばではウシガエルが、まさに近くの木に登ってその様子を眺めていました。
 
それにしてもこのおっさん、どうやってこの木に登ったんでしょうね?
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 ♪お〜たまじゃくしはカエルの子 ナマズの孫ではないわいな〜
 
小学生の頃、そんな歌を歌っていましたが、その当時札幌から引っ越してきて多摩川で釣りをしていたら
 
このウシガエルのオタマジャクシが突然目の前に現れましてね・・・
 
「わー、淡水の多摩川にフグがいる!」とびっくり仰天したものでした。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
春は魚にとっても恋の季節到来です。
 
私が小学生の頃は東京湾に腹太スズキが乗っ込みを始めたなんていう記事を釣り雑誌なんかで
 
よく見たものですが、この乗っ込みという言葉、魚が産卵のために浅場に押し寄せて来る現象を指す言葉
 
なんです。
 
そう、近くの堰でも尺オーバーのヘラブナが浅場に大勢で押し寄せて産卵する乗っ込みが始まりました。
 
 
オスメスが身体を寄せあって泳ぎます。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
そして気持ちをひとつにして・・・
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
一気に産卵と放精を行います。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
しばし余韻を楽しむかのように寄り添って漂い・・・
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
また一緒に泳ぎ始めます。 これを何度も繰り返すんですね。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
そんな光景があちらでも・・・
 
Img_14
 
 
 
 
そちらでも・・・
 
Img_15
 
 
 
 
こちらでも、至る所で見られました。
 
Img_16
 
 
 
まさに春の大狂宴、みんな盛大に水しぶきをあげながら、つかの間の青春を謳歌するかのように
 
命を繋いでゆく営みにいそしんでいました 。
 
 
 
 
 
 
 
 

« 春、森の虫たちも「ビロツリ、ヒゲナガバチ、クマンバチ、アカタテハ、ヤブキリ、ウシガエル、アメザリ」 | トップページ | 万木の森の自然「ウサギとカメ」 »

コメント

こんなに亀がいるんですね。驚き!

鮒の乗っ込みも何回も見たことがありますが、
写真の撮ったことがなかったですね。

この時はエサも食べないので釣りにならないのですよ。

我が家の池では稚魚は見当たりませんでした。
これからですよね。次回の水交換時に期待したいですわ。

 
catさなえさんへ
 
カメは本当に日向ぼっこが大好きですね。晴れた日には大行列で甲羅干しをしていますよ。

このヘラブナの乗っ込みはわずか1日だけの大事業でした。どうやってみんなで気持ちを

合わせて集まるのかは私には分かりませんが、こんなスゴイ瞬間に出会うとその壮大な

光景に圧倒されます。

堰の方ではヘラブナ釣り師たちが、いつもどおり釣れない釣り糸を垂れていました。

釣り番組では当たり前ですが釣れてる映像タップリですが、釣れない時間を楽しむのが

釣りの醍醐味だという気もしています。心を無にする貴重な時間なのかも・・・
 
きちんと餌をもらえる飼育下のフナや金魚の産卵はまだこれからでしょうね。

以前さなえさんから頂いたコメットとフナのハイブリッドは完全にコメットまでたどり着いた

ものから黒金色のフナで留まってしまったものまで、いろんな変化形がうちの玄関の水槽で

楽しそうに泳いでいますよ。心温まる生きた装飾品だと思います。
 

わ~~、楽しい亀さんたちの日向ぼっこを見せていただきました!
こんなに沢山集まってきて甲羅干し、すごいですね~w(゚o゚)w

ウシガエルも迫力ですね。オタマジャクシも大きいんですよね♪
まだ私が小さい頃、近くの伯父の家の池に沢山のウシガエルが
いて、2つ位のバケツに詰め込まれているのを何度か見た記憶があります。
このカエルたちはどうなったのか???(゚ー゚;

ヘラブナもすごいですね!
珍しい映像をありがとうございます!!
素敵な水場が近くにあっていいですね~♪池、沼、湖、海・・・
水のある風景は大好きです。
また色々な水のある風景や楽しい場面を見せて下さ~いo(*^▽^*)o

 
catひめねずみさんへ
 
むかし、縁日なんかでミドリガメが人気になるということがなければ

いなかったかもしれないミシアカですね。楽しくも不思議な光景かも

知れません。それにしてもすごい数です。
 
伯父さんの家の池にウシガエルがいましたか。バケツに2杯、きっとそれは

食べるためだったかも知れませんね。私も以前新宿の居酒屋でウシガエルの

唐揚げを食べたことがありますが、鶏肉のような食感と味で美味しかったことを

覚えています。元々は食用としてアメリカから持ってこられたものですからね。
 
大きなヘラブラがたくさん集まって乗っ込んでいる姿はまさに壮観でした。

春の珍事でしたね。
 
おっしゃるように水辺にはいろんな生き物が生活していますので、楽しい場面を

たくさん見せてくれます。またいろいろと挑戦してみますね。
 

ミシアカの大集団日向ぼっこに驚きです!
でもまだまだ小っちゃい亀もやって来る~~
なんてこと、こんな光景凄すぎる!

それにヘラブナの乗っ込みがあちこちで・・・
これも1日限定でそこに遭遇するなんて、しろねこさん、持っていますね~~~(^^)
お陰で沢山の事を知りました。 有り難うございます♪

 
catmoonさんへ
 
この倒木はカメたちの特等席なんでしょうね。いつも満員状態です。

最初は根元の方から順番に上ってだんだん先端の方に歩いて行くのかと

思っていたんですが、こうやって好きなところから上っていたんですね。

小さなミドリガメまでぞろぞろと泳いでいる姿にはちょっとビックリでした。

まさにこんな光景、凄すぎますよね!
 
尺ベラの乗っ込みに出会えたのはラッキーでした。でもここは私がカメラを持って

毎日歩いている散歩道ですから、それほど「持っている」わけでもないのかも

知れません。私の場合、こういう小さなラッキーはたまにあるのですが、それこそ

宝くじが当たるとかという大きなラッキーには無縁の人間なのであります。

ま、でもそれがいいんでしょうね。何億円も当たっちゃったら人生が狂っちゃい

ますもんね。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春、森の虫たちも「ビロツリ、ヒゲナガバチ、クマンバチ、アカタテハ、ヤブキリ、ウシガエル、アメザリ」 | トップページ | 万木の森の自然「ウサギとカメ」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ