« 探鳥日和「ネイチャーセンターのカワセミ」 | トップページ | 探鳥日和「ホシハジロ、マガモ、そして貨物船」 »

2016年2月24日 (水)

探鳥日和「北限のクロサギ」

 
ここ房総半島南部はクロサギ繁殖の太平洋側の北限といわれています。
 
5年ほど前にも1度このブログに載せたことがありますが、このあたりの海岸ではときどきお目にかかれる
 
色黒のサギくんです。
 
この日は海岸の渚に2羽で遊び戯れていました。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
波打ち際で盛んに小魚を漁っているようです。
 
首を縮めて狙いを定めて・・・
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
ピュッと素早く首を伸ばし・・・
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
小魚ゲット!
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
ヒョイっと煽って、ごっくん!
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
おめめクリクリ、可愛い顔をしていますね。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
体つきも精悍そうです。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
でも見る角度によっては、意外と獰猛そうにも見えたりして・・・
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
これなんか、魚を咥えた黒毛和牛みたい?
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
一心不乱に小魚を食べていた2羽のうちの1羽が突然、陸に向かって歩き出しました。
 
何をするんでしょう?   と見ていると・・・
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
なんと、トイレでした!
 
餌場を汚さないためでしょうか? ずいぶん高度な知性が感じられる行動ですよね。大したものです。
 
それにしてもこの顔! あさっての方を向いてすっとぼけているようで、笑えますね。
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
そのあとはまた波打ち際に戻ってお食事再開。
 
ぽいと捕まえては・・・
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
ごっくん!
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
ぽいと捕まえては・・・
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
ごっくん!
 
20分ぐらいの間にそれぞれ30匹ぐらいの小魚を捕まえていたでしょうか。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
とそこへ、「私も仲間に入れて!」とばかりにコサギもやってきました。
 
クロサギの中には白い個体もいるそうですが、それはどうももっと南の方の話のようで、こやつは
 
やっぱりごく普通のコサギのようでした。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
この波打ち際ではたくさんの小魚が群れていましたので、このコサギくんも白い冠羽をなびかせながら
 
すぐにパクリ!
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
風の強い日でしたので、自慢の御髪も乱れて・・・
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
3羽仲良くいつまでも楽しそうに餌を漁っていました、とさ。
 
#19
Img_19
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 探鳥日和「ネイチャーセンターのカワセミ」 | トップページ | 探鳥日和「ホシハジロ、マガモ、そして貨物船」 »

コメント

渚で魚を捕るシーン、どれも素敵ですね~!
見応え充分!
クロサギのこんなシーンを一度に沢山見たのは初めてで、ひょうきんな顔もバッチリで嬉しいです。
コサギもいて、最後のシーンは、羨ましい限りの撮影地です~!

クロサギはちょっと控えめな感じで、なんとなくおどけた雰囲気が
可愛いですね♪毛並が黒くてうちのくろっぴみたいで、親近感を感じます(o^-^o)
見る角度によって感じが変わって見えるのも面白いですね。

トイレはちゃんと砂場で、というのもおもしろいですね。おりこうさ~ん(^^)/
浅瀬に小魚もいっぱい来ているんですね。クロサギやコサギにとっても
ホントに素敵な餌場なんですね!

素敵な渚のきらきら写真もたくさん一緒に見ることができて嬉しいです;:゙;`(゚∀゚)`;:゙♫
波のキラキラとコサギ君の写真も素敵ですね♪♪
クロサギもコサギも揃っているのも微笑ましい風景ですねェ。
風の強い日はやっぱり波が荒いんですね。ちょっとびっくりwave
綺麗な輝く海も見られて良かったです♫

クロソギと遭遇でき幸せでしたね。
そういえば以前もクロサギを見つけて撮っていましたね。

どれも素敵な写真ばかりです。
最近鳥撮りに恵まれない私にとってよだれが出そうですよ。

 
catmoonさんへ
 
むかし「渚にて」というスタンリー・クレイマーの映画がありましたが、人類が滅亡したあとも

こうして平和な光景が広がっていたりするんでしょうね。いや、放射能汚染ではクロサギも

生き残れないかな?  ま、そういうことはさておいて・・・

サギたちの採餌行動は面白いですよね。こうして日がな一日、のんびりと餌を捕っている、

というよりは拾っているようなのんびりムードには思わず引き込まれてしまいました。

これで風がなければ私とカミさんももっと見ていたかったところですが、それでも20分以上は

眺めていましたかね。ひねもす のたりのたり とまではいきませんでしたが。
 

 
catひめねずみさんへ
 
クロサギのおどけた感じは見ていて楽しかったですね。

なるほど、くろっぴにイメージを重ねて親近感を持ってくださるのは嬉しいことだと

思います。色のほかキョトンとした目にも共通の愛らしさがあったりしますもんね。

今回のクロサギたちは餌獲りに熱中していましたので、比較的近くからいろんなポーズを

撮ることができました。でも方向的には完全な逆光ですので、こういう黒い被写体を

撮るには条件が悪かったですね。でもその逆光のおかげで波のキラキラ感はバッチリ

でしたね。そのあたりをひめねずみさんに喜んでいただけたのは怪我の功名だったかも

知れません。
 
陸に上がってトイレをするというのは面白い行動ですよね。ほんとうにおりこうさんでした。

ちょうどこの場所は川の流れ込み口ですから、ボラとかスズキとかアユとか、そういう

川を遡上する稚魚たちが群れていたのかも知れません。サギたちはそういうことをよく知って

いるんでしょうね。これもまたおりこうさんですよね。

偶然かも知れませんがクロサギとコサギが一緒にいる光景は5年前にもここで見ました。

相性がいいのでしょうかね。面白いものだと思います。
 
海は荒れているときの方が見応えがありますね。顔に打ち付ける砂が痛いほどの強風

でしたが、喜んでいただける写真が撮れたのは良かったです。
 

 
catさなえさんへ
 
5年前、一緒にカワセミを見に行った時にもクロサギを見つけましたね。そのときが

初見でしたが、そのご何度かこのあたり一帯の海岸で見かけるようになりました。

太平洋岸ではこの房総半島南部が繁殖の北限だということにも興味深いものが

ありますね。
 
鳥を撮るにはどうしても運不運というものがあったりしますよね。難しいものだと

思います。私は基本的には鳥撮りではなくて散歩をしに行くんだという気持ちで

出歩いています。懐には万歩計なんぞを忍ばせて。

その方が精神衛生上いいですよ。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探鳥日和「ネイチャーセンターのカワセミ」 | トップページ | 探鳥日和「ホシハジロ、マガモ、そして貨物船」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ