« 2代目クサガメのカメ吉 ただいま冬眠中 | トップページ | 探鳥日和「北限のクロサギ」 »

2016年2月18日 (木)

探鳥日和「ネイチャーセンターのカワセミ」

 
ネイチャーセンターにはいくつもカワセミとのコンタクトポイントがあります。
 
たとえばここもそのひとつ。
 
池の上に大きく枝が張り出しているので、カワセミにとっては納得のポジションなんです。
 
この時はちょうど周りの枝が天然の額縁になってくれました。
 
本人も自慢そうに 「えへんぷい♪」とポーズ。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
こちらのこの子はちょっと怒ってる? 頭が膨らんでますね。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
木道の手すりに佇む1羽のカワセミ。。。。。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
いきなり飛び立ちました。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
次の瞬間、小魚をゲットしていました。 その早業、お見事!
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
冬、いまの季節は蓮田の名称杭の上も大のお気に入りポジション!
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
お尻を持ち上げてピュッとイッパツ。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
飛ぶかな?
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
飛んだ!
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
ひらりと旋回して・・・
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
目の前の杭へ
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
この子は左へ飛ぶか?
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
あはは、やっぱり飛んだぞ!
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
つーーーっと飛んで・・・
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
ひょいっと杭の上へ
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
いつも仲良く遊んでくれる気のいいやつです。
 
 #16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここでおまけをひとつ
 
センター奥の細道でこんな鳥の巣を見つけました。
 
見つけたのは今年のはじめごろでしたが、その時はもう使い終わった後だったようです。
 
ポリプロピレンの白い紐がふんだんに使われていますね。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
この白いPP紐は、センターの蓮田でイノシシ除けに使われているもののようにも見えます。
 
ということは、ここでよく見かけるこの子が作った巣でしょうか? それともカケスの巣かな?
 
いずれにしても子育ての場面を目撃できなかったのが残念です。
 
#18
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2代目クサガメのカメ吉 ただいま冬眠中 | トップページ | 探鳥日和「北限のクロサギ」 »

コメント

私もそうですが、カワセミの高速な飛びをキャッチするのを、まるでゲームみたいに喜んでいますね(*^_^*)

素敵な飛翔をフォーカスできて素晴らしいです♪

鳥の巣は一体どの子たちが作ったんでしょうね~~。
我が家の周りでこんな紐使って作っていたのはヒヨドリでした(^^)

 
catmoonさんへ
 
鳥の飛翔には翼の芸術的な形と相まって、カメラを向けたくなる魅力が

ありますね。カワセミに限らず鳥はみんな、高速でも直線的な飛び方を

しますのでその飛翔を狙うのはそんなに難しくないように思います。

moonさんのように、動きの定まらない蝶々を綺麗に撮るのが私はすごいと
 
思っているんですよ。
 
鳥の巣は作った本人がいないと誰の巣だかよく分かりませんね。この大きさの

巣だとおっしゃるようにヒヨドリの可能性もありますよね。

実際にこのすぐそばで別のヒヨドリが営巣していたのが確認されていますし。
 

カメ吉君のところでは待っていて下さったんですね。
ありがとうございます!
カメ吉君の話題もとっても楽しかったです♪

カワセミが飛び上がったり小魚を獲ったり怒っていたり、盛り沢山の
素敵な写真を見せていただけて嬉しいですo(*^▽^*)o
小枝の額縁に納まったカワセミ君もとっても素敵な写真ですね♪
#7もなかなか可愛らしいポーズ(≧m≦)

ppの紐も上手に使って巣を作るなんて、鳥も凄いですね!!
そういえば、絵本作家の鈴木まもるさんは鳥の巣の研究や
図鑑も出しているようですね♪
ネイチャーセンターのお散歩も楽しそうですね~♪


 
catひめねずみさんへ
 
はい、ひめねずみさんにも興味を持っていただける話題かなと思い

お待ちしていました。楽しんでいただけたようで良かったです。
 
場所場所でカワセミもいろんな仕草を見せてくれますので、撮影して

いる私も心躍る瞬間を共有できるように思います。

額縁は私もお気に入りでしたのでトップに持ってきました。

#7もありがとうございます。していることと裏腹に格好は可愛いですよね。
 
絵本作家の鈴木まもるという人は知りませんでしたが、ネットで調べてみると

鳥の巣研究所とか遊び心満点の人のようですね。鳥の巣の収集や巣の絵とか

こんな人がいるんだと驚きました。面白い情報をありがとうございます。
 
ネイチャーセンター自体は小さな施設ですが、その奥に続く細道を歩くと

いろんな生き物との出会いがあって飽きずに楽しむことができるんですよ。
 

まあ 素敵ですね。
今年は一度もカワセミが撮れずにいます。

今年はネイチャーセンターがポイントみたいですね。
あの広い敷地でこれだけ撮れちゃうものですもの、
何回も行かれているのでしょうね。

素敵な場所ですね。大事にしていきたいですね。

 
catさなえさんへ
 
カワセミの写真、お褒め頂きありがとうございます。

この辺りでは普通に見られるカワセミですが、それでもやっぱり出会いのチャンスと

いうものはありそうですね。毎年冬の今の時期はこの蓮田での出会い確率はかなり

高いと感じています。でもあまり好ましい舞台装置ではないのが残念ですが・・・
 
実はこのところの寒さにめげて最近はあまり頻繁には行っていないのですが、それでも

行けば普通に会えるのが嬉しいですね。

ネイチャーセンターはあの建屋周辺と湿性生態園だけの狭いエリアの環境施設ですが、

その奥の市道が意外と生物出会いのポイントなんですよね。本当に大事にしていきたい

場所だと思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2代目クサガメのカメ吉 ただいま冬眠中 | トップページ | 探鳥日和「北限のクロサギ」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ