« お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン 前編」 | トップページ | 探鳥日和「庭のアオジ、ジョウビタキ、スズメ、万木堰のカワウとウミウ」 »

2016年3月22日 (火)

お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン 後編」

 
恋するジバニャンの後編です。
 
 
 
「おまえたち、そこでなにやってんの?」
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
「ピッピとお見合い中! いま大事なところだから邪魔しないでよ!」
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
また別の日
 
「ねぇ、ピッピ居るぅ〜?」
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
「そんなにわらわをおぼしめしならば、百夜(ももよ)かよいたまえ!」
 
またしても小野小町と深草少将のようになってきましたよ。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
そう言われたジバニャンは雪の日にも通ってきました。
 
ウィルス性鼻炎に罹っているようなのにかわいそう!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
そう思って心配していたら、昨日ジバニャンがきれいな顔で現れました。
 
誰かが彼の顔を拭いてくれたようです。 近所の優しいネコ好きの女性の顔が4人ほど思い浮かびます。
 
きっとそのうちの誰かがやってくれたんでしょうね。 とっても嬉しいことでした。
 
実は私も先日、片手にティッシュボックスを持ってそっとジバニャンに近づいてみたんですが、すんでのところで
 
逃げられてしまいました。 私はまだまだ警戒されているようです。 ジバニャン、よかったね♪
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
一方の当事者である深窓のご令嬢(?)ピッピはというと・・・
 
自分専用のキャットウォーク最上階の寝床から眠そうに降りてきて・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
大きなあくびを一発!
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
さらには思いっきり伸びもして準備万端。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
「さて今日はどんないたずらをしようかな?」
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
「いやいや、そんな余裕はないんだった。またちゃんと外を見張らねば」
 
Img_11
 
 
このところ入れ替わり立ち替わりいろんなネコがうちの庭にやってきますので、ピッピとしては
 
窓辺に座っての見張りが欠かせなくなっているようです。
 
もっともよそのネコが来ても唸ることもできず、ただただ身を低くしてやり過ごすだけなんですけどね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン 前編」 | トップページ | 探鳥日和「庭のアオジ、ジョウビタキ、スズメ、万木堰のカワウとウミウ」 »

コメント

健気なジバニャンと深窓令嬢ピッピでは釣り合いが取れないようで
見ていてジバニャンが一寸気の毒にも見えますね~(^^)
体格的にもピッピの方が上の方で、きっとこの恋は成就しない気が・・(^^;)
ジバニャン、元気で過ごしてね♪ ってエールを送りたいです♪

猫の伸びの姿って見ていて気持ちが良いですね♪

 
catmoonさんへ
 
ジバニャンの健気さを感じて頂けたことで今回の”恋するジバニャン”は

成功だったかと思います。なんせこの恋では深草少将の立場ですから。

彼もこれから色々と経験を積んでたくましく成長していくことでしょう。

遠く離れた五島の地からmoonさんに優しくエールを送られて、きっと

ジバニャンも喜んでいることと思いますよ。
 
ネコの伸びは見ていて気持ちがいい。ありがとうございます。

でも私にしてみればですね、今までせっかくおとなしく寝ていたのに、

起きてどんな悪さを始めるんだいという気持ちもあったりして・・・

あははは、素直に愛でてばかりはいられませんですぅ♪
 

ジバニャンも雪降る寒い中ご苦労様です。
それにしてもピッピはお姫様ですね。

拾われた先でこんなにも猫人生が変わるのですね。
ワンコもそうですが、野良のワンコは少なくなっていますが、

野良の猫の数は変わらないのでしょうね。
最近は猫人生に驚き続きですよ。

 
catさなえさんへ
 
雪が降った日、雪景色を撮ろうと外に出たら玄関でばったりジバニャンと

出会ってしまいました。さすがに寒そうでかわいそうでした。

それに比べればピッピはお姫様かもしれませんが、それでもそんなに特別

ではないのでは思っています。ネコと飼い主、両者の心のかよいあいが

素晴らしい関係を築いていくんでしょうね。

ピッピも野良ネコの子供だったそうですが、姫辛夷婦人の仲介でうちに

やってきました。ネコ好きのくぅの妹分にと思ってわざわざもらったのですが、

くぅ自身はちょっと手を焼いていたようです。

さなえさんもイヌとは違ったネコの魅力を感じてきているところでしょうか?
 

小町ちゃんと少将君のお見合い話は予想通りのよう・・・
頑張っているのにちょっと残念なジバニャン(p´□`q)゜o。。
でも彼には顔を拭いてもらえたり、ご飯ももらえるところがあるようなので
安心しました。ティッシュで拭いてあげようとするしろねこ仙人さんも
優しいな~(*゚ー゚*)
ピッピちゃんはお相手が最高のイケメンだったらどういう反応になるのかな?ふふ?
かつてうちにいたびびは人間が見てもイケメン猫の茶猫にだけは
心を許していたようなことがありました。

今日もピッピちゃんはワクワクドキドキしながら外を見張っているんですね~
それと、ピッピちゃんのキャットウォークは色々と活用されていますね!
マジックハンド?やスケッチブック?が掛かっていたり、良いアイデアですね♪
うちのマジックハンドもキャットウォークに掛けておこうかな~
壁にはピッピちゃんの写真(絵)???
素敵なお部屋で、まるまると幸せそうなピッピちゃんですね~o(*^▽^*)o
ジバニャンのアタックはまだ続くのでしょうか?興味津々!!

 
catひめねずみさんへ
 
経験の浅い若いオスネコの行動を見るとどうしても少将百夜通いを連想して

しまいます。未熟な時には残念なことが多いですね。

つい先日私もジバニャンの顔が拭けたんですよ。だいぶ気を許してくれるように

なってきたようで嬉しかったですね。
 
ピッピは面食いかどうか? 今のところよくわかりませんが基本的にネコはあまり

好きではないようですね。
 
キャットウォークに引っ掛けてあるマジックハンドは色々便利に使っています。

スケッチブック風に見えるのは藤田嗣治のカレンダーです。

額縁の写真は2年半しか生きられなかったくぅの写真です。赤ん坊の頃

川のそばに捨てられていたのですが、拾ってきて家に慣れた頃一緒に外に

出たら、よっぽど怖かったようですぐに車の下に逃げ込んでしまいました。

そこで「くぅ、出ておいで!」と呼んだら「怖いよ〜!」と言いながら出てきた時の

写真です。ペットの項目に載せてありますので、よかったら見てみてください。
 
ジバニャンはそろそろ発情が治まってきたようですよ。以前ほど頻繁には

来なくなってきましたね。
 

しろねこさんご夫妻の飼い猫ちゃんになったばかりのくぅちゃん、
見せていただきました。
幼い頃からくぅちゃんはとっても可愛かったですね~♪♪
怖いよ~!という顔はほんとに、もう最高゜.+:。(*´v`*)゜.+:。
今は亡きくぅちゃん、思い出すと悲しいですが、とても大好きなくぅちゃんに
また会えてよかったです(*^-^)

 
catひめねずみさんへ
 
懐かしいくぅの写真、見ていただけましたか。ありがとうございます!

幼い頃からかわいいネコでしたが、とってもよくできたネコでもありました。

最初は赤ちゃんピッピに面食らって怖がったりしていましたが、やがて

きちんと面倒を見たりピッピを立てたりして、いつも感心させられていました。

初めて外に出た時の姿がなんとも可愛くて、これを今でも額に入れて

飾ってあるんですよ。

ひめねずみさんにも懐かしく思って頂けて嬉しく思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン 前編」 | トップページ | 探鳥日和「庭のアオジ、ジョウビタキ、スズメ、万木堰のカワウとウミウ」 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ