« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月の7件の記事

2016年5月27日 (金)

探鳥日和「キジの幌打ち」

 
少し前の写真ではありますが、今の季節はあちらこちらで盛んにキジが鳴いています。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
キジのオスはメスにアピールするために「ケンケーン」と鳴いた後、翼を広げて激しく羽ばたく幌打ちをします 。
 
 
まず身体を起こして翼をひろげ・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
大きく羽ばたいて・・・
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
ドドドドとその音凄まじく翼を打ちつけます
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
そしてゆっくり翼を収めて・・・
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
気をつけの姿勢をとって幌打ち終了!
 
Img_06
 
 
なかなか豪快なディスプレイです。
 
 
 
 
 
 
オスのキジは、ヤマドリほどではありませんが立派な尾羽を持っていますね。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
その自慢の尾羽を立てて猛ダッシュ!
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
日差しを受けて背中の模様がきらびやかに輝きます。 まるで見返り美人(オスだけど)
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
正面顔にはひょうきん者の面影が・・・
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
普段は走って逃げることが多いキジですが、こんなジャンボな身体を持ちながらいざとなったら
 
飛べるんですから大したものです。
 
Img_11
 
 
もうしばらくすると、運が良ければたくさんの雛を連れたメスに出会うことができるかも知れませんね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月23日 (月)

探鳥日和「ヒバリとコチドリの競演」

 
今朝、前回ちょっとだけ話題にしたホトトギスの初鳴きを聞きましたが、今回の話題はヒバリからです。
 
うちのすぐ近く、野原の上空一点にとどまりながらヒバリが盛んに鳴いています。
 
美しい空を背景に鳴くヒバリ、まさに美空ひばりさんですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
ヒバリの高鳴きとか揚雲雀とか称されますね。 賑やかで長閑な声が上空から降ってきます。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
ひとしきり鳴いた後は、本人も気が済んだのでしょうか、おもむろに降りてきました。
 
ヒバリの翼はこのように半円形で模様も綺麗ですね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
しかし地上に降りると完璧な保護色で、どこにいるのかすぐに見失いそうになってしまします。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
きっと近くに巣があるのでしょうね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
開けた地上に巣を作るこの戦略ってどうなの? と思いますが、何万年もこうしてきたんでしょうから
 
この鳥にとってはこの方法が理にかなったやり方なんでしょうね。 大したものだと思います。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
ヒバリは目にも特徴がありますね。 大きく張ったような目をしていて、どこかカエル顔?
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
と、その後ろを別の鳥が歩いてきました。 そのせいかどうか、ヒバリはしかめっ面?
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
目の周りの黄色いアイリングが可愛らしいコチドリですね。
 
この子も毎年今の時期よくここでお目にかかります。 やはりここで子育てをするのかもしれません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
おでこの白さも印象的ですね。 これがネコならばデコシロウとか名付けちゃいそうです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
この子の歩き方はまさに千鳥足、同じ酔っ払いとして(?)親近感を持ってしまいます。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月19日 (木)

探鳥日和「オオヨシキリ ギョギョシギョギョシと クルミの木」

 
ここはあの懐かしのチロリン村ではありませんが、クルミの木にオオヨシキリがいました。 毎年この木で元気に
 
鳴いています。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
「ギョギョシ ギョギョシ」 オオヨシキリはものすごく大きな声で鳴きますね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
「行行子 行行子」  くちばしも長い! それだけ口が大きいということなんでしょうね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
「ケケチ ケケチ」 おちょぼ口も愛嬌たっぷり。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
オオヨシキリは口の中が赤いという特徴がありますが、口の中が赤い鳥で有名なのはホトトギスでしょうか。
 
八千八声 鳴いて血を吐く ホトトギス という句もあったりしますね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
俳人正岡子規の子規とはホトトギスのことですが、肺結核で血を吐いていた彼がこの句に擬えて子規と号した
 
という話が伝わっていますね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
クルミの木のこのポジションがこの子はお好きなようです。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
別の日にも同じこの場所で鳴いていました。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
くちばしが長くて頭はモヒカン風、つぶらな瞳がキュートなパンクロックのおにいさんといった風情でしょうか?
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
かと思うとこちらは、白髪髭を生やした風格ある野武士風のおじいさんにも見えてしまいます。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
ひとしきり鳴いた後・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
どこかへと飛び去っていきました。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
<おまけ>
 
かみさんとふたりで奥の細道を歩いている時、行先はるか遠くに変なものが見えました。
 
「あそこに何かあるぞ! さっきはあんなもんなかったはずだけど」
 
「でも動かないから生き物じゃないわよ」
 
「なんだべ? 急にタケノコでも生えたかな?」
 
そんな戯言を言いながらそっと近づいてみると、この野うさぎでした。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
目がくりくりまんまるでかわいらしい♪
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
後ろ向きでも長い耳だけはダンボで、しっかりこちらを向いています。
 
Img_15
 
 
 
でも上の2枚の写真、野うさぎの前にあるシャクの実が邪魔ですね。
 
実の中にはタネがあって・・・
 
 
      これがほんとのシャクのタネ
 
 
 
おあとがよろしいようで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月15日 (日)

シジュウカラがついに庭の巣箱を使い始めたかも

 
去年の秋からよく2羽で餌台のヒマワリのタネを食べに来ていたシジュウカラでしたが、春になってしばらくすると
 
姿を見せなくなってしまいました。
 
またどこか別の場所で子育てを始めたかとがっかりしていた矢先の先日、庭の巣箱に2羽そろってやって来ました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
7年前にクスノキに設置した巣箱ですが、毎年の空振りで正直かなりめげていたところではあったのですが・・・
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
今回は巣箱を気持ち少し上に設置し直してみました。 それが良かったのでしょうか?
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
最初に巣箱を点検しに来たこの子はオスのような感じがしました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
続いてメスと思われる方が巣材の苔をたくさんくわえてやってきました。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
オスが巣箱の中を点検した後、メスが巣材を巣箱の中へと運び込みます。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
自分でも後ろを確認、用心深くことを進めているように見えます。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
そして中へ・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
「もっとたくさん持ってこなくちゃ!」
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
忙しそうに入ったり・・・
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
出たり・・・
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
シジュウカラ専用とするため巣穴の直径は30mmにしてあります。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
この大きさだとスズメは入ることができませんので。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
で、やっぱり問題はこの子でしょうな。 どうなりますことやら。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月11日 (水)

探鳥日和「ホーホケキョとは鳴かないウグイス キム・チギョン」

 
正岡子規の句にこんなのがあります。
 
     鶯の 声になまりは なかりけり
 
地方に行って人の話す言葉に訛りが感じられても、ウグイスだけはどこに行ってもみな同じように
 
「ホー ホケキョ」と鳴くと、そう詠んでいるんですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
ところが、万木の森に棲んでいる数十羽のウグイスたちは全員が「ホー キム・チギョン」と鳴くんです。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
いいですか、鳴きますよ。 よく見ててくださいね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
「ホー キム・チギョン」
 
Img_04
 
ね!
 
 
 
 
 
 
ホー
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
キム
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
チギョン
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
横の方へも「キム・チギョン」
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
後ろに向かっても「キム・チギョン」
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
もしかしたらウグイスにとっては「ホー ホケキョ」と鳴くよりも「ホー キム・チギョン」と鳴く方が鳴きやすかったりして、
 
春先の練習中に鳴き間違ったヤツの声を聞いた他の連中もそれにつられちゃったのかもしれませんね。
 
私が気がついたのは数年前でしたが、この森では毎年こんな訛り鳴きが聞かれるんですよ。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
    ふるさとの 訛りなつかし
 
      停車場の 人ごみの中に
 
        そを 聴きにゆく          石川啄木
 
 
 
    うぐいすの 訛りたのしき
 
      木漏れ日の 薫風の中に
 
        そを 聴きにゆく          しろねこ仙人
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月 7日 (土)

万木の森のブラックビューティ ジャコウアゲハ

 
春、万木の森に咲く花たちを訪ね歩く黒い妖精 ジャコウアゲハです。
 
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
<おまけの1枚>
 
これはクロコノマチョウでしょうか。
 
翅の模様を見ると枯葉に擬態しているように思えますが、止まる時も枯葉が落ちるように地面にはらりと
 
降りるんですね。 完全なる私見ですが、この子は絶対に枯葉を意識して生活していると思います。
 
でも、おや、顔をよく見ると・・・ 顔は羊に擬態してる?
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年5月 3日 (火)

我が家の雑草庭園で咲く花たち(5月)

 
基本的に雑草庭園ではありますが、なかには美人さんもいたりしますので、まずはそのあたりから
 
いってみましょう。
 
 
シランです。 漢字ではそのものズバリ紫蘭と書きますね。
 
育てやすい丈夫な蘭です。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
キンポウゲ科のオダマキです。
 
葉っぱの感じは山野草風なのに、花はかなり個性的な美人さんだと思います。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
シラー・ペルビアーナです。 オオツルボともいいますかね。
 
植えた記憶がないのですが、ずいぶん昔からうちの庭にあります。
 
名前がわからない頃は星の花と呼んで愛でていました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
ユキノシタですね。
 
花びらは普通5枚だそうですが、このように6枚のものも珍しくないようです。
 
秋に咲くダイモンジソウにも似ていますね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
タツナミソウです。
 
まだ全部咲いていませんが、全部咲くと葛飾北斎の描く波ようにも見えてかっこいい花です。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
散歩中に見つけてタネを頂いてきたモモイロタンポポです。
 
一時うちのは全滅してしまったのですが、さなえさんに差し上げたタネが育って今年帰ってきた花です。
 
一番外側だけが咲いたところはコスモスにも似ていますね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
全部開き切るよりもこのぐらいの方が私は好きだったりします。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
毎年冬から早春にかけて咲くシロバナタンポポです。
 
そろそろ時期が終わる頃だからか、花びらがちょっとよれてしまっています。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
ムラサキツユクサですね。
 
よく似た名前の花にツユクサがありますが、花は全然似ていませんね。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
ジュウニヒトエですね。
 
葉っぱは地面にへばりついていますが、花が咲くときだけこうして薹立ちしますね。
 
面白い花だと思います。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
ワスレナグサですね。
 
なんとも可愛らしい花だと思います。 名前も乙女チックでこの花によく似合っていると思いませんか?
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
ミヤコワスレです。
 
いわくありげなこの名前は、順徳上皇が佐渡に流された時、この花を見て都を忘れようとした故事に
 
由来するとか。 順徳上皇といえば百人一首のこの歌が有名ですね。
 
  ももしきや 古き軒端のしのぶにも なほ余りある 昔なりけり
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
そのミヤコワスレのピンク色です。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
おまけの1枚は万木の森にひっそりと咲いている山野草のウマノアシガタです。
 
この花の八重咲きがキンポウゲだそうです。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »