« 探鳥日和「オオヨシキリ ギョギョシギョギョシと クルミの木」 | トップページ | 探鳥日和「キジの幌打ち」 »

2016年5月23日 (月)

探鳥日和「ヒバリとコチドリの競演」

 
今朝、前回ちょっとだけ話題にしたホトトギスの初鳴きを聞きましたが、今回の話題はヒバリからです。
 
うちのすぐ近く、野原の上空一点にとどまりながらヒバリが盛んに鳴いています。
 
美しい空を背景に鳴くヒバリ、まさに美空ひばりさんですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
ヒバリの高鳴きとか揚雲雀とか称されますね。 賑やかで長閑な声が上空から降ってきます。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
ひとしきり鳴いた後は、本人も気が済んだのでしょうか、おもむろに降りてきました。
 
ヒバリの翼はこのように半円形で模様も綺麗ですね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
しかし地上に降りると完璧な保護色で、どこにいるのかすぐに見失いそうになってしまします。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
きっと近くに巣があるのでしょうね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
開けた地上に巣を作るこの戦略ってどうなの? と思いますが、何万年もこうしてきたんでしょうから
 
この鳥にとってはこの方法が理にかなったやり方なんでしょうね。 大したものだと思います。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
ヒバリは目にも特徴がありますね。 大きく張ったような目をしていて、どこかカエル顔?
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
と、その後ろを別の鳥が歩いてきました。 そのせいかどうか、ヒバリはしかめっ面?
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
目の周りの黄色いアイリングが可愛らしいコチドリですね。
 
この子も毎年今の時期よくここでお目にかかります。 やはりここで子育てをするのかもしれません。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
おでこの白さも印象的ですね。 これがネコならばデコシロウとか名付けちゃいそうです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
この子の歩き方はまさに千鳥足、同じ酔っ払いとして(?)親近感を持ってしまいます。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 探鳥日和「オオヨシキリ ギョギョシギョギョシと クルミの木」 | トップページ | 探鳥日和「キジの幌打ち」 »

コメント

ヒバリの飛んでいる半円形の翼が本当に美しいですね~。
こんなに沢山の色んな姿を見る事が出来て嬉しいです。
私も1~2度見かけた事はありますが、地表におりられたら本当に見失いそうでした。
書かれておられる通り、地上の(開けた?)ところに巣を作るのには一体どんなメリットがあるのでしょうね、不思議~~~(*^_^*)

コチドリは結構見つけやすいですね、こちらでは水辺のところでよく見ます。
ヒバリとのツーショットは楽しいですね。
異種の鳥のツーショットは大好き(^^)/

 
catmoonさんへ
 
ね、ヒバリの翼って綺麗な形をしていますよね。この形が好きです。

地上に降りてもあちこち歩き回っていましたので、見失わないようにしながら

シャッターを切りました。

開けた地上に直に巣を作るのは、遠くからでも敵を発見しやすいということは

あるんでしょうね。あとは自らのカムフラージュに絶対の自信を持ってるという

ことでもあるのかもしれませんね。でもやっぱり不思議ですよね。
 
コチドリはかなりポピュラーなシギチですよね。それだけ数が多いということ

なんでしょうか?

それでもヒバリと同じところにいるのは初めて見ました。異種鳥ツーショットは

ラッキーでした。moonさんに喜んでいただけて私も嬉しいです。
 

ヒバリの声は聞いたことがあると思うのですが、姿ははっきりとは
見たことがありません。
昔教科書か何かで原っぱの草の中から垂直に飛び上がっている
ヒバリの絵を見ましたが、実際に見てみたいです♪
冠羽をちょっとあげているところが可愛いですね。しかめっ面のヒバリもいいな~。
怒っているわけでもないのでしょうか?
半円形に広がる翼も見てみたいな~(*^^*)

コチドリも可愛いですね。デコシロウもぴったりです(・∀・)イイ!
沢山の自然に囲まれて鳥たちものびのびと暮らせますね♪
スケールの大きな北海道の自然もまた紹介していただけるのを
楽しみにしていますね~(^^♪

 
catひめねずみさんへ
 
ヒバリの高鳴きの声を頼りに上空を見上げてみると、空の一点に止まって鳴いている姿を

発見できると思います。やがて鳴き声を収束させるような鳴き方をしながら降りてくる

ところも見ることができると思いますよ。ちょうど今頃見られる風物詩だと思うので探して

みてください。一度見つけると次回からは簡単に見つかると思います。

ヒバリは冠羽とか翼の形とか目の張りとか足の長さとか、目立たない鳥の割には

いろいろ独自の特徴を持っていて面白い鳥だと思います。
 
デコシロウ・コチドリも可愛い鳥ですよね。よく目立つ黄色いアイリングがこの子の

チャームポイントですね。

すぐ近くに小さな野生が息づいていることに喜びと驚きを感じます。またそんな自然も

拾ってきたいと思っています。
 

毎年のようにヒバリを撮っていらっしゃりますね。
どうしても見つけられないヒバリを簡単に撮っている姿には感嘆しかありません。

コチドリね可愛いですね。
どちらも未知の鳥ですよ。

 
catさなえさんへ
 
毎年私がヒバリを撮るこの場所はですね、実は先日さなえさんがアヤメを撮った場所

なんですよ。アヤメの群生の向こう側に大きな空き地がありますよね。

そこで毎年ヒバリが子育てをしていますので、今の時期ここに行くと確実にヒバリを

撮ることができるんですよ。口外無用でお願いしますが、一度お試しあれ!

コチドリも同じくこの場所で見ることができると思います。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 探鳥日和「オオヨシキリ ギョギョシギョギョシと クルミの木」 | トップページ | 探鳥日和「キジの幌打ち」 »