« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月の5件の記事

2016年6月29日 (水)

ふるさと札幌、2016年晩春05 「野幌原始林で見かけた植物たち」

 
札幌に帰ると1度か2度は必ず訪れる野幌原始林、今回はそこで見かけた植物たちを取り上げてみたいと
 
思います。
 
 
 
まずはシラカバです。
 
シラカバといえばこの白い木肌、この特徴的な白い木肌が幼い頃から好きでした。 この木肌には人を惹きつける
 
不思議な魅力があるように思います。
 
#1
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
北大の校章にも使われているエンレイソウです。 もう花が終わって実が出来てきていますね。
 
毎年のようにきている札幌ですが、残念ながらいつもこの花の時期には行き合いません。
 
#2
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
マムシグサです。
 
この写真では分かりづらいですが、花の大きさは関東地方で見かけるものの1/3ぐらいしかありません。
 
そのためとても可愛らしい感じがしましたね。
 
恒温動物にはベルクマンの法則というのがあって、同じ種では寒冷な地域に住むものほど身体が大きくなると
 
言いますが、マムシグサは逆に小さくなるようですね。
 
#3
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ホオノキの葉っぱ、いわゆる朴葉ですね。
 
大きくて存在感のある葉っぱだけに、森の中でも強烈に自己主張をしているようでした。
 
#4
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
以前から北海道のシダってこんな風に輪状に生えているなーと思っていましたが、昨日テレビを見ていたら
 
関東の森でもこんなシダが生えているのがチラッと映っていました。 北海道だけものではなかったようですが
 
ま、せっかくですので載せておくことにします。
 
このきちんと感がなんかいいなーなんて思ったりしていました。
 
#5
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
初めて見た花でしたので調べてみたら、コケイランというランの一種のようでした。
 
日本のランは素朴な感じがしていいですね。
 
#6
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはサイハイランのようです。
 
戦国武将が戦を指揮する時に振ったりする采配がこの名の由来のようです。
 
#7
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらも日本風のランの花のようなイメージがありますが、名前はわかりませんでした。
 
あ、でも、ランにしては茎がそれらしくないか。 うん、これはランではないな、きっと!
 
#8
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
これはムグラの仲間でしょうか? 森のいたるところで生えていました。
 
特徴的な葉っぱをしていて、小さな花も可愛らしかったです。
 
#9
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはまた別の花ですが、この花も雄しべがちょっと変わっていました。
 
私にとってはこの花も名無しの権兵衛さんです。
 
#10
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
この花は私が小学生の頃、草原でバッタなんかを追いかけている時に見かけたような気がします。
 
半世紀ぶりの再会?
 
#11
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
この葉っぱも形が印象的でした。
 
サルトリイバラ(サンキライ)にもちょっと似ている感じがしますね。
 
#12
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
北海道のハスってとにかく大きいんです。 小学生の頃なんかはよく傘代わりにして遊んだものでした。
 
そのハスの葉っぱの上に1匹の大きなハナアブらしき虫が止まっていました。
 
そこへやってきたのが気の強い小さなケンカ虫、シルエットで見た方がその姿がよくわかるかもしれません。
 
次の瞬間、この大きなハナアブを一撃の元に追っ払ってしまいました。
 
ま、ただそれだけの絵なのですが・・・
 
#13
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
6月という季節、野幌原始林はこのエゾハルゼミの「ミョーキン、ミョーキン」という大合唱に包まれて
 
しまいます。
 
探鳥を主たる目的として訪れた原始林でしたが、このセミたちの大合唱にかき消されてほとんど鳥の声が
 
聞こえてきませんでした。
 
ま、そんな事情もあって、植物観察に方向転換した次第なんです。
 
ちなみにエゾハルゼミなどといかにも北海道の固有種のような名前が付いていますが、このセミは日本全国に
 
いるようです。
 
#14
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
野幌原始林にも人工林の部分もあって、そんな造形美にも目を惹かれます。
 
#15
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
この時はもうすでに大通公園のライラック祭りは終わっていましたが、それでもまだ咲き残っていたライラックです。
 
花びらに白い縁取りがある可愛らしい花でした。
 
#16
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
これは野幌原始林ではありませんが、私が今回初めて見た木、キングサリです。
 
キバナフジの異名があるようにフジと同じマメ科の植物ですが、葉っぱを始め葉や実にも毒があるそうです。
 
マメ科の植物なのに毒があるなんて、私のイメージからすればかなり意外でした。
 
#17
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年6月25日 (土)

ふるさと札幌、2016年晩春04 「札幌点描」

 
札幌名物の観光幌馬車です。 大通公園の路上で休憩しているところに行きあいました。
 
人口190万人の大都市中心部にこんなのどかな乗り物があることに、北海道ならではの大らかさが
 
感じられます。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
この子はフランス産ペルシュロン馬の銀太2世号くんです。 体重はサラブレッドの倍の1トンもあるそうですが
 
とってもおとなしい馬です。
 
公園の噴水をバックに涼しげに食事をしていました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌市民の山として親しまれている藻岩山です。 
 
私はこの山の麓で育ち、私が通った高校もこの山の中腹ありましたので、今でも愛着を感じる山です。
 
標高は531m、小学生の頃から何度も登った山でした。 よく見ると写っているようにロープウエイもありますが
 
ほとんど毎回歩いて登ったものでした。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
この山の向こう側が市民スキー場になっていて、当時は頂上付近の急斜面はAコース、Eコースという
 
上級者向けのコースがあり、よく友達と競争でものすごいスピードで滑り降りたものでした。
 
もう一つ、Cコースという面白い斜面もありました。通称うさぎだいら、小さなコブが連続する凸凹の斜面でしたが
 
ぴょんぴょん跳びはねるウサギにとっては平に感じるだろうということでこの名前がついたようです。
 
右側の開けたゲレンデがそのうさぎだいらだったでしょうか?
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
こちらは北大から見た大倉山シャンツェです。
 
北大構内ではいたるところで羊が飼われていて、とても牧歌的な感じがする大学です。
 
この右側に写っているのがどうやら平成のポプラ並木らしいのですが、ただポプラが並んで植わっている
 
というだけの面白みのない並木道でした。 しかも正門からはかなり遠かった!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は中学3年生の1年間だけ、ここ中島公園の近くに住んでいました。
 
札幌には市民の憩いの場となる有名な公園がいくつもありますが、この中島公園もそのひとつです。
 
そして中島公園を象徴するのがこの菖蒲池です。 夏にはよくここでボートを漕ぎましたし、冬この池は
 
全面結氷するので市民スケート場になっていました。学校終わりにほとんど毎日通ったものでした。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
菖蒲池は今でもボートは健在で、この時も若いカップルが1組楽しんでいましたが、スケートの方はいまはもう
 
やっていないということでした。
 
そして菖蒲池を見下ろすようにして建っている青いビルが札幌パークホテルです。
 
大学時代、札幌で極真空手の大会が開かれたことがあって、創始者の大山倍達さんも来ていました。
 
いろんなツテを手繰り寄せて、倍達さんの高弟の人に連れられて、その時倍達さんが宿泊していた
 
この札幌パークホテルに訪ねて行ったことがありました。 このホテルを見るたびにその時のことを思い出します。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
こちらは豊平館(ほうへいかん)、明治時代からの由緒ある建物です。
 
つい最近耐震工事等を終えたばかりで、色もできた当時の色ぬり直されていました。
 
昔はこんな綺麗な色だったのかと改めて驚いてしまいました。
 
今ここは結婚式場として使われていて、私の大学の先輩もここで式を挙げたものでした。
 
もう40年近く前の話ですが・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
中島公園をぶらぶら歩いていると小さな天文台が目に飛び込んできました。
 
そういえば小学生の頃、何度かここに来たことがあるぞと思いながら中に入ってみると・・・
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
ちょうど係りの方がいらして、太陽を見せていただきました。
 
昭和33年開館だそうですから、開館の数年後に私も来ていたことになりますね。
 
この望遠鏡は口径20cmの屈折望遠鏡だそうです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
ちょうどこの前の晩が火星大接近の夜だったのですが、その夜はずっと曇っていて全く見えず
 
諦めかけていたそうですが、終了間際の10時になってようやく雲が切れて火星を見ることができたそうです。
 
その話を聞いて、そうか、火星大接近、忘れてたなーと残念でした。でもまだその時はこの天文台のことも
 
忘れていましたもんね。 どっちみち私にチャンスはありませんでした。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌の6月といえば時知らず(時鮭)の季節でもあります。
 
北海道にはシロザケという鮭が毎年秋になると戻ってきますが、この6月に戻ってくる若いシロザケがあるんです。
 
秋ではない6月に戻ってくるから、戻る時を知らない鮭ということで時知らず(トキシラズ)と呼ばれています。
 
この鮭がめっちゃうまいんです。 この時期、札幌のどこのスーパーでも置いていますが、この鮭を食べることも
 
私の大きな目的のひとつだったりするのです。 
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
もうひとつ、ほぼ北海道でしか食べられない美味しい魚にシシャモがあります。
 
北海道でも太平洋岸の鵡川あたりでしか採れない貴重な魚なんです。
 
値段もメスで10尾1,620円、オスで10尾1,410円と書いていありますが、高いんです。
 
でもうまいんです。ちなみにオスも売っているのは、オスのほうが身が美味しいからなんですね。
 
もひとつちなみに、シシャモが取れる季節は秋です。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌でも有名な商店街のひとつ、狸小路を歩いていると、ゲームセンターの入り口にあるガラスケースに
 
フクロウが何羽かとまっていました。
 
みなさん哲学的な顔をしていました。
 
Img_14
 
 
 
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
すみません。 今回は随分思い出話っぽくなってしまいました。
 
最後まで見てくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年6月21日 (火)

ふるさと札幌、2016年晩春03 「ヤマセミ、オシドリ、センダイムシクイ、アカゲラ、マガモ」

 
ヤマセミって、人跡未踏とは言わないまでも、あまり人が来ないような深山幽谷に棲んでいるものだと
 
思っていたんですが、札幌では違うんですね。
 
街なかの公園を流れる川でこのヤマセミに出会ったときにはもうビックリポンでした。
 
ほんとに札幌って、人間の生活のすぐそばに豊かな自然が広がっていて驚きの宝庫なんです。
 
素直に感動してしまいました。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オシドリにも札幌のいたるところで出会うことができます。
 
今は恋の季節、オスは綺麗に着飾って一番輝いている時ですね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
銀杏羽といわれるオレンジ色の羽がオスの象徴のようで、誇らしげですね。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
この子は水浴びの真っ最中でした。 身体を清めてデートの準備かな?
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
オシドリはメスにもシックな美しさがあるように思います。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
目がクリッとしていて、可愛らしい顔をしていますしね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはセンダイムシクイです。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
「焼酎一杯グィー」と聞きなしたりしますが、そう思って聞くと確かにそう聞こえますから愉快です。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
もうひとつ別の聞きなしとしては「鶴千代君ー」というのもあります。 歌舞伎の伽羅先代萩から来ている
 
聞きなしですね。 ここからセンダイムシクイという名前になったとか。 なるほど。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
「焼酎一杯グィー!」
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
「鶴千代君ー!」
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毎度おなじみのアカゲラにも出会いました。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
アカゲラも今は子育ての時期、食欲旺盛なヒナのために餌を探して飛び回っているようでした。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌を始め北海道では、シベリアまで帰らずここで子育てをするマガモが結構いたりします。
 
夏でもマガモがいる風景、さすがは北海道ですね。
 
この子は私に昼寝の邪魔をされて、ちょっとご機嫌斜めといった感じでしょうか?
 
 
で、くちばしの鼻の穴を目に見立てると、また別の顔が見えてくるというだまし絵にもなっていたりして?
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年6月17日 (金)

ふるさと札幌、2016年晩春02 「愛くるしいエゾシマリス、ふてぶてしいハシブトガラス」

 
いつ見ても愛くるしさ全開のエゾシマリスです。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
そぐそばまでやってきますが飼われているわけではなくて、これでもれっきとした野生の生き物なんです。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
音にも敏感なんでしょうね、よく動く大きな耳をしています。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
これなんか、いかにもリスらしい可愛い仕草ですね。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
尻尾の匂いを嗅いでいるのでしょうか? 
 
少女マンガの乙女のように目の中に星が輝いているようにも見えますね。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
今度は私の方をじっと見つめているようです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
「そうだ、思い出したぞ! こいつ、去年も来たやつだ!」 なんて、パチンと指を鳴らしていたりして。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
倒木を伝って歩く1匹のリス
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
そのリスがポンと跳んで・・・
 
Img_09
 
高校の英語の時間、responsible という単語が出てきた時、新しく赴任してきた英語の先生がいきなり
 
「リスがポンと跳ぶのを渋るんだな、これは」とつぶやいたんです。私たち生徒はみんなあっけにとられて、
 
「なんだなんだ、これはジョークか?」とざわついたものでした。
 
これがユニークで面白い英語の先生との出会いでしたが、のちにこの先生は我が母校の校長も務められ、
 
昨年秋の高校札幌同期会にも出席してくださいました。83歳になってなお矍鑠としているすごい
 
先生でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌ではスズメもすぐそばまでやってきたりして実にフレンドリーなのでありますが、札幌のカラスどもは
 
人間のことを完全に舐めくさっておるのです、毎度毎度この話をしてしまいますが。
 
全く人間を恐れないふてぶてしいヤツなので、簡単にどアップ写真が撮れてしまうのです。
 
普段はあまりカラスにカメラを向けない私でも、ついつい札幌のカラスにはカメラを向けてしまいます。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
顔から首にかけての毛並みなんかはまるでヒグマのようですね。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
正面から見ると、こやつ、両眼視もできそうですよ。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
こちらは蜂をくわえた木枯らし紋次郎? 
 
羽の表面には高貴な紫色の光沢が輝いていますね。 やっぱり隅に置けない鳥なのかもしれません。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

2016年6月13日 (月)

ふるさと札幌、2016年晩春01 「いざ札幌へ」

 
先日行ってきた札幌のお話です。 しばらくお付き合いの程よろしくお願いいたします。
 
 
 
ではまずは行きの旅客機から始めたいと思います。
 
いつも愛用しているエアドゥに乗って羽田空港から出発しました。
 
整備関係の人たちでしょうか、旅客機が動き出すと必ずこうして手を振ってくれますね。お仕事の手を
 
止めて申し訳ありませんです。
 
最近は女性もずいぶんこういう分野でも活躍するようになってきましたね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
昔はOKだった離陸前からの撮影も、カメラ等の電子機器類の発達に伴って一時期禁止されていました。
 
つい最近また撮影が許されるようになりましたので、ついついこんな画像まで撮ってしまいます。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ離陸、この日は北に向かって上昇です。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
上昇途中すぐに右旋回をして東へと向きを変えます。 するとすぐに見えてくるのが東京ディズニーランド(TDL)です。
 
すぐそばを走っている首都高速湾岸線が綺麗なカーブを描いています。
 
川は旧江戸川、このすぐ上流が浦安になります。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
そしてこのディズニーランドに隣接するのが、私が若いころ17年も住んだ懐かしの行徳地域です。
 
思い出がたくさん詰まった場所ですので、余計なこととは思いましたが幾つか当時のことを拾ってみたいと
 
思います。
 
Img_05
 
黄色い☆印が当時私が住んでいたアパートの場所です。
 
すぐ近くに宮内庁の新浜鴨場があります。 当然一般人は立ち入り禁止の場所です。
 
とある日、私のアパートの前の道にパトカーや白バイがずらっと20台ほど並びました。
 
なんだなんだ! と驚いたのですが、夕方のニュースで、まだ結婚前の皇太子と雅子さんがお忍びでデートを
 
楽しんだと言っていました。 お忍び? とは思いましたが、ま、そういうことでした。
 
 
 
 
海の方に目を向けると釣り場という文字が見えます。 はい、当時はよくここで釣りを楽しみました。
 
私の釣り場です。
 
私のアパートから歩いて1時間かかりますが、当時は車を持っていませんでしたのでよく歩いてここまで
 
通ったものでした。
 
夏の夜はスズキやアナゴはよく釣れましたので、大きなアイスボックスを持って通ったのですが、
 
この海岸沿いの倉庫の前で数十人の暴走族がよく集会をしていたりして怖かったものでした。
 
 
 
 
 
 
結婚してからはこのアパートから1kmほど東のもう少し大きなアパートに引っ越したのですが、
 
私もカミさんもディズニーランド大好き人間でしたので、3年ほど毎年年間パスポートを買ってよく遊びに
 
いったものでした。
 
カミさんは車を持っていましたので車で7〜8分のTDLは私たちの楽しい庭のようでした。
 
うちの前の道をまっすぐ西へ走るとTDLの駐車場にたどり着くというのも、なんか嬉しかったことを覚えて
 
います。
 
 
 
すいません、以上、どうでもいいお話でした。
 
 
 
 
 
 
そして海浜幕張のあたりから北へと進路を変えますが、そうすると見えてくるのが富士山です。
 
この日は雲の多い日でしたが、それでもなんとか見えてしまうのが富士山ですね。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
北海道の翼エアドゥです。 主翼の先端が上がっているのをウイングレットと言いますが、こうなっていると
 
燃費が良くなるそうです。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
雲にもいろんな表情があって、地上から見るのとはまた違った楽しさがありますね。
 
などと、曇 っていて地上が見えない悔しさを紛らわせてみたりしました。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
青函連絡船では4時間もかかった津軽海峡ですが、飛行機は一瞬で飛び越えて北海道が見えてきました。
 
晴れていれば特徴的な地形の函館や室蘭が見えるのですが、この日は残念でした。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
千歳空港へと降下して雲を抜けるとすぐにゴルフ場が目に飛び込んできました。
 
さすがは北海道、ゴルフ場が広いですね。
 
雲を抜けたばかりなのにすでに地上が近い!
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
札幌と千歳を結ぶ国道36号を跨ぐともうそこは千歳空港の滑走路です。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
さすがは千歳空港、北海道銘菓ロイズのチョコレートのロゴが迎えてくれます。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
千歳空港に到着しました。 
 
 
北海道の翼エアドゥのB737、私がいつも乗る飛行機と同型機です。
 
世界で一番たくさん飛んでいる機体だそうですが、小さな飛行機なので乗り降りに時間がかからず便利だと
 
思っています。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »