« ふるさと札幌、2016年晩春03 「ヤマセミ、オシドリ、センダイムシクイ、アカゲラ、マガモ」 | トップページ | ふるさと札幌、2016年晩春05 「野幌原始林で見かけた植物たち」 »

2016年6月25日 (土)

ふるさと札幌、2016年晩春04 「札幌点描」

 
札幌名物の観光幌馬車です。 大通公園の路上で休憩しているところに行きあいました。
 
人口190万人の大都市中心部にこんなのどかな乗り物があることに、北海道ならではの大らかさが
 
感じられます。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
この子はフランス産ペルシュロン馬の銀太2世号くんです。 体重はサラブレッドの倍の1トンもあるそうですが
 
とってもおとなしい馬です。
 
公園の噴水をバックに涼しげに食事をしていました。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌市民の山として親しまれている藻岩山です。 
 
私はこの山の麓で育ち、私が通った高校もこの山の中腹ありましたので、今でも愛着を感じる山です。
 
標高は531m、小学生の頃から何度も登った山でした。 よく見ると写っているようにロープウエイもありますが
 
ほとんど毎回歩いて登ったものでした。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
この山の向こう側が市民スキー場になっていて、当時は頂上付近の急斜面はAコース、Eコースという
 
上級者向けのコースがあり、よく友達と競争でものすごいスピードで滑り降りたものでした。
 
もう一つ、Cコースという面白い斜面もありました。通称うさぎだいら、小さなコブが連続する凸凹の斜面でしたが
 
ぴょんぴょん跳びはねるウサギにとっては平に感じるだろうということでこの名前がついたようです。
 
右側の開けたゲレンデがそのうさぎだいらだったでしょうか?
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
こちらは北大から見た大倉山シャンツェです。
 
北大構内ではいたるところで羊が飼われていて、とても牧歌的な感じがする大学です。
 
この右側に写っているのがどうやら平成のポプラ並木らしいのですが、ただポプラが並んで植わっている
 
というだけの面白みのない並木道でした。 しかも正門からはかなり遠かった!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は中学3年生の1年間だけ、ここ中島公園の近くに住んでいました。
 
札幌には市民の憩いの場となる有名な公園がいくつもありますが、この中島公園もそのひとつです。
 
そして中島公園を象徴するのがこの菖蒲池です。 夏にはよくここでボートを漕ぎましたし、冬この池は
 
全面結氷するので市民スケート場になっていました。学校終わりにほとんど毎日通ったものでした。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
菖蒲池は今でもボートは健在で、この時も若いカップルが1組楽しんでいましたが、スケートの方はいまはもう
 
やっていないということでした。
 
そして菖蒲池を見下ろすようにして建っている青いビルが札幌パークホテルです。
 
大学時代、札幌で極真空手の大会が開かれたことがあって、創始者の大山倍達さんも来ていました。
 
いろんなツテを手繰り寄せて、倍達さんの高弟の人に連れられて、その時倍達さんが宿泊していた
 
この札幌パークホテルに訪ねて行ったことがありました。 このホテルを見るたびにその時のことを思い出します。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
こちらは豊平館(ほうへいかん)、明治時代からの由緒ある建物です。
 
つい最近耐震工事等を終えたばかりで、色もできた当時の色ぬり直されていました。
 
昔はこんな綺麗な色だったのかと改めて驚いてしまいました。
 
今ここは結婚式場として使われていて、私の大学の先輩もここで式を挙げたものでした。
 
もう40年近く前の話ですが・・・
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
中島公園をぶらぶら歩いていると小さな天文台が目に飛び込んできました。
 
そういえば小学生の頃、何度かここに来たことがあるぞと思いながら中に入ってみると・・・
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
ちょうど係りの方がいらして、太陽を見せていただきました。
 
昭和33年開館だそうですから、開館の数年後に私も来ていたことになりますね。
 
この望遠鏡は口径20cmの屈折望遠鏡だそうです。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
ちょうどこの前の晩が火星大接近の夜だったのですが、その夜はずっと曇っていて全く見えず
 
諦めかけていたそうですが、終了間際の10時になってようやく雲が切れて火星を見ることができたそうです。
 
その話を聞いて、そうか、火星大接近、忘れてたなーと残念でした。でもまだその時はこの天文台のことも
 
忘れていましたもんね。 どっちみち私にチャンスはありませんでした。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌の6月といえば時知らず(時鮭)の季節でもあります。
 
北海道にはシロザケという鮭が毎年秋になると戻ってきますが、この6月に戻ってくる若いシロザケがあるんです。
 
秋ではない6月に戻ってくるから、戻る時を知らない鮭ということで時知らず(トキシラズ)と呼ばれています。
 
この鮭がめっちゃうまいんです。 この時期、札幌のどこのスーパーでも置いていますが、この鮭を食べることも
 
私の大きな目的のひとつだったりするのです。 
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
もうひとつ、ほぼ北海道でしか食べられない美味しい魚にシシャモがあります。
 
北海道でも太平洋岸の鵡川あたりでしか採れない貴重な魚なんです。
 
値段もメスで10尾1,620円、オスで10尾1,410円と書いていありますが、高いんです。
 
でもうまいんです。ちなみにオスも売っているのは、オスのほうが身が美味しいからなんですね。
 
もひとつちなみに、シシャモが取れる季節は秋です。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
札幌でも有名な商店街のひとつ、狸小路を歩いていると、ゲームセンターの入り口にあるガラスケースに
 
フクロウが何羽かとまっていました。
 
みなさん哲学的な顔をしていました。
 
Img_14
 
 
 
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
すみません。 今回は随分思い出話っぽくなってしまいました。
 
最後まで見てくださり、ありがとうございます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« ふるさと札幌、2016年晩春03 「ヤマセミ、オシドリ、センダイムシクイ、アカゲラ、マガモ」 | トップページ | ふるさと札幌、2016年晩春05 「野幌原始林で見かけた植物たち」 »

コメント

観光幌馬車は以前にも見せていただきましたね。
1トンもあるお馬の力なら、2階建馬車もへっちゃらですね♪
お小さい頃から青春時代まで過ごされた故郷のお山の近くに行かれて
とっても素敵な思い出が沢山沢山蘇ってきたのが伝わってきました。
私まで何だか懐かしい気持ちになってきました(^_^)/
スキーもスケートもお上手だったのでしょうね~(^^♪

天文台の近くに住まれていたこともあったのですね!
口径20センチの屈折望遠鏡で太陽を観察されたんですね。
私も昨年国立天文台で口径20センチの屈折望遠鏡で太陽の
黒点を見せてもらいました。こちらはもっと古い望遠鏡のようでしたが。
昭和33年に天文台が開館とのこと。私の歳と同じ(ばれてしまいました・・・)です(/ー\*)
火星は2018年にもっと地球に接近するそうですよ。

鮭もシシャモも美味しそうですねdelicious
フクロウちゃんも可愛いです✴(^^♪

札幌の旅のお土産は盛りだくさんで、目いっぱい楽しませて
いただいておりますo(*^▽^*)o

 
catひめねずみさんへ
 
はい、観光幌馬車は以前にも載せました。よく覚えていてくださいましたね。

前回は道庁の赤レンガ前でこの幌馬車に出会いましたが、その時は望遠レンズを

つけていましたので全体像が入りきりませんでした。

このペルシュロン種の馬は輓馬競技にも使われる馬ですから、車輪のついた幌馬車を

引くのはお手の物だと思います。
 
私はこの藻岩山を見て育ちましたので、今でも近くに山のある風景には憧れと懐かしさが

があります。そんな懐かしさを共有していただけたことを嬉しく思います。
 
スキースケートは物心つく前から滑っていましたので、成長とともにずいぶん楽しむことが

できました。
 
この小さな天文台にある望遠鏡が国立天文台のものと同じ性能だとは驚きです。

そんなすごいものだったんですね。
 
おっと、昭和33年でしたか。私とは7つ違いだったんですね。これからもたくさん話が

合いそうな気がしてきました。

2018年の火星大接近も楽しみです。
 
なかなかこっちでは手に入らない時鮭やシシャモですが、機会があれば食べて

みてください。とても美味しいものだと思います。
 
今回の札幌シリーズはこのあともう少し続きますので、もうしばらくお付き合い

くださいませ。
 

ますます札幌、北海道、憧れの地となってきました♪
人も土地も豊かなだなぁ~と感じます。

ちょっと前に友人の家に行き、天体望遠鏡で土星・火星・木星を見せて頂きました。
この宇宙にぽっかりと浮かんでいる様子をリアルで見て、不思議な感覚に陥りました。

美味しいものも沢山あって、本当に素晴らしい大地ですね~。。
次もワクワク楽しみです♪


<<システム障害>>

26日から27日にかけてサーバーのトラブルがあり、コメントが投稿できないように

なっていたようです。

その間にアクセスしようとした方もおられたようですが、申し訳ありませんでした。

今は完全回復したようなのでまたよろしくお願いします。
 

 
catmoonさんへ
 
私の故郷に憧れを持っていただき、ありがとうございます。とっても嬉しいこと

だと思います。
 
おおー、土星、火星、木星ですか。どの惑星もそれぞれに特徴があって

素晴らしい眺めだったことでしょうね。素敵なお友達をお持ちで、羨ましいなー♪
 
札幌に帰る最大の楽しみの一つがやっぱり食べ物なんですね。季節季節で

美味しいものがたくさんあって、嬉しくなってしまいます。
 
はい、moonさんももうしばらくお付き合いのほど、よろしくお願いします。
 

あれれ トラブっていたのですか?

投稿したのに無いなんて思っていましたよ。

何かいたかしら? 焼きトウモロコシを食べたことを思い出しましたね。

夕張メロンを食べてきますね。

 
catさなえさんへ
 
やはりシステム障害に巻き込まれてしまいましたかね。二度もコメントさせてしまい

すみませんでした。

大通公園の焼きとうきびはもうすっかり観光風景として定着した感がありますね。

夕張メロンはまだちょっと早くないですかね? 今は時鮭(時知らず)やアスパラが

お薦めです。あと毛ガニも夏が旬ですから、そんなのもいいかもしれませんね。

楽しんできてください。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと札幌、2016年晩春03 「ヤマセミ、オシドリ、センダイムシクイ、アカゲラ、マガモ」 | トップページ | ふるさと札幌、2016年晩春05 「野幌原始林で見かけた植物たち」 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ