« クサガメのカメ吉はとっても元気です! そして新しくおかめも仲間入り! | トップページ | 27年前の東京ディズニーランド その1 »

2016年7月27日 (水)

野生のノウサギと、おまけのオシドリ・泳ぐヘビ・ツチアケビ

 
カメの次といえばやっぱりウサギかな、ということで野生のノウサギくんに登場してもらいましょう。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
長い耳と大きな目、鋭い嗅覚の鼻を持っています。 目は個別に動き、捕食者から身を守るために
 
かなり広い範囲が見えるようですが、あまり色の区別はできないとか。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく見ていると、目の前の草を食べ始めました。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
飼われているウサギはかなりのグルメだという話をよく聞きますが、野生ではそんな好き嫌いは
 
言ってられませんね。 それでもそばに生えている草を美味しそうに食べていました。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
結構よく噛んで食べていましたが、リスと違って食べる時に前足は使わないんですね。 当たり前か!
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
食べている時にも目と耳は私の方に向けたままで、おさおさ警戒は怠らないようです。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
とにかく何をするときにも常に私の方を見つめたままで・・・
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
片時も目を離さないんです、この子。 だから写真はみんなカメラ目線なのだ!
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
それでも時間が経つにつれてだんだん慣れてきてくれたようで・・・
 
手前に生えている蔓草に頭を撫でられるようにして見返り美人のポーズ!
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
最後はチョー どアップ! 今回はかなり近くまで接近することができました。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけその1
 
この辺りでは見かけることがそんなに多くはないオシドリの夫婦です。 大きなカルガモに混じって
 
羽を休めていました。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
仲良し夫婦をオシドリ夫婦なんていうことがありますが、どうしてどうして、オシドリのオスはなかりの
 
プレイボーイだと思います。 ツバメやシジュウカラのように夫婦力を合わせて子育てをするということもなく、
 
オスは交尾を済ますとさっさと他のメスを求めて何処かへ行ってしまいますので。
 
ま、オシドリ夫婦という言葉に問題があるだけで、オシドリの生き方に非はないと思うのですが・・・
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけその2
 
水面を悠然と泳いでいるヤマカガシです。 かなり大きな個体でした。
 
ヘビってこのように泳ぎも得意ですし、ものすごい速さで垂直に木に登ることできますし、鎌首を持ち上げたまま、
 
これまた素早く走って獲物をいかけることもできるんですね。 水陸空と自由自在の万能選手だと思います。
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おまけその3
 
昨年秋、札幌に行った時、野幌原始林でソーセージの木とでも言いたくなるような不思議なものを
 
見つけました。 私にはまったく正体不明の植物だったのですが、先日、いろんな生き物に精通している方の
 
ブログにこの植物のことが載っていました。 ツチアケビというラン科の植物の実だそうです。
 
かなり特異な生き方をしている植物のようで、その方のブログでも京都大学の研究者の方の記事が紹介されて
 
いましたので、興味のある方はご覧になってみてください。
 
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2015/150505_1.html
 
 
 
で、これがそのツチアケビです。 ね、ソーセージの木でしょ!
 
Img_14
 
 
 
アケビという名前が付いているのにラン科というのも不思議な話ですが、花を見るとラン科のイメージはありますね。
 
花の写真は残念ながらありませんので、興味のある方はこちらもググってみてください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« クサガメのカメ吉はとっても元気です! そして新しくおかめも仲間入り! | トップページ | 27年前の東京ディズニーランド その1 »

コメント

ノウサギとこんなに近くで出会えるのって素敵ですね~(o^-^o)
5年ほど前に9歳で天国へいってしまったアルネ君を
思い出しました。
アルネ君は土をほりほりするのがが大好きでしたが、野生の
ウサギは穴掘りはしないんですね。
しろねこ仙人さんからずっと視線をそらすことなくお食事していたのが
すごいです!
蔓草に頭を撫でられるようにして・・・というフレーズが優し気で
好いですね~(^^♪ 写真もとっても素敵です(^^)v

オシドリって案外小さいんですね。ってカルガモが大きいんですね。
ヤマカガシの泳ぎのショットもお見事です!!

ツチアケビは義母の家の近くに薬用植物園があり、そこで
見たことがあったような・・・。「ソーセージの木」がピッタリですね~~♪

野兎が良く撮れましたね。
クリニックの裏にも野兎が出現してくると、みんなで仕事を中断して
窓からのぞいていましたね。

ツチアケビは見たことがありません。
今度はツチアワビを見つけたいですわ。

 
catひめねずみさんへ
 
ノウサギはこの辺りには結構いるように思います、時々糞を見かけますので。

それでも実際に出会えるのはそんなに簡単ではないかもしれません。野生の生き物

ですから、やっぱりそれなりに用心深いですね。

そうでした。ひめねずみさんはアルネくんというウサギを飼っていたことがあったん

でしたね。飼いウサギはアナウサギの仲間ですから穴掘りが得意のようですが、それに

対してノウサギの方は穴掘りはしないようですね、ご存知のように。

私から目を離さずに食事するのはやっぱり野生ゆえの用心深さからなんでしょうね。

大したものだと思います。

蔓草も写真に楽しい彩りを与えてくれましたかね。こういう写真には何か面白いひとことを

つけたくなってしまいます。

カモの仲間ではカルガモが断然大きいですね。こんな大きな体で重たいから渡りをしない

のかな? ヤマカガシも上手に泳ぎますね。広い水面をスイスイ泳いで行きました。

ツチアケビの実を札幌で初めて見たときには本当にソーセージの木じゃないかと思って

しまいました。ね、そんな風に見えますよね。こんな植物もあるんだなーとビックリでした。
 

 
catさなえさんへ
 
犬も歩けばの例えのように、頻繁に野山を歩いているとたまにはこんな出会いに

遭遇することもあったりしますね。

クリニック裏のノウサギの話は以前話してくれましたね。ノウサギ自体は結構いる

ようですが、姿を見るのは意外と難しいものだと思います。

ツチアケビもこの辺りでは簡単には見つからないかもしれませんね。

それでも植物大好きさなえさんならば可能かもしれません。是非見つけてください。

特に花はなかなかの美人さんのようですから。
 

ノウサギの警戒した可愛い目を追い続けて見せて頂きました。
どれもリアルに見られているようです(*^_^*)

手を使わずに食事をする猫などを見ていて、いつも不思議な感覚に陥ってしまいます。
「おい、行儀が悪いぞ~ 」なんて思いながらね(^^;)

ソーセージの木 、面白いですね~。
出会ってみてみたいです(*^_^*)

 
catmoonさんへ
 
ノウサギの目は人間の目に似ているせいか、警戒している感じが良く

伝わってきますね。まさにリアルに見られているようです。

moonさんに指摘されて改めて考えてみたのですが、私はあまりネコが

手を使わずに食べている姿に違和感はなかったように思います。

それなのにウサギが手を使わないことに違和感を覚えるのはなんで

でしょうね。変だな〜?

ソーセージの木、森の中で出会うと不思議な感じがしてしまうかも。

誰かがいたずらでもしたのかな? ふとそんなことも頭をよぎったりして。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クサガメのカメ吉はとっても元気です! そして新しくおかめも仲間入り! | トップページ | 27年前の東京ディズニーランド その1 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ