« ふるさと札幌、2016年晩春06 「サンピアザ水族館」 | トップページ | お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン その後」 »

2016年7月 7日 (木)

ふるさと札幌、2016年晩春07 「帰りなん、いざ」

 
今回の札幌シリーズもこれで終了となります。
 
帰りは天候に恵まれましたので、機内から楽しく外を眺めることができました。 グーグルアース等の地図を
 
そばに置いてご覧になると、プラスいくらか楽しんでいただけるかもしれません。
 
 
 
それでも新千歳空港の空は曇り、今回もあまり地上は見られないかなという不安がよぎります。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
離陸直後の空港の様子です。
 
新千歳空港には航空自衛隊の基地が併設されていますので、戦闘機なんかの離発着が見られることも
 
あったりします。
 
この時も向こう側の滑走路をまさに離陸しようとしているF15戦闘機が写っていました。
 
この時気がついていればもっとズームで寄れたんですが・・・ 残念ながらこの時は気づきませんでした。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
新千歳空港はご覧のように半円形の形をしていて、旅客機がその外側に行儀よく並んで翼を休めています。
 
この半円部が国内線、向こう側の上弦部が国際線ターミナルになります。
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
離陸後5分で苫小牧上空を通過して北海道とはお別れです。
 
そしてその15分後には八戸市上空に到達し、本州上陸となります。
 
今日のニュースで、小樽運河にウミネコが大繁殖しているという話をしていましたが、ここ八戸港には
 
有名な蕪島ウミネコ繁殖地があります。 もう50年近く前、私が高校生の頃使っていた地図帳にも
 
載っているほど昔からこの島をウミネコたちは利用していたようです。
 
Img_04
 
 
 
 
 
 
 
 
離陸後40分もすると、牡鹿半島とその先端の金華山が見えてきました。 もうここは仙台湾です。
 
右下の方に滑走路の端っこがわずかに見えていますが、ここが航空自衛隊松島基地です。
 
というよりも、あのアクロバット飛行チーム ブルーインパルスが所属する基地といった方がわかりやすいかも
 
しれません。 先の東京オリンピックの時、このブルーインパルスが東京の空に五輪のマークを描いて以来
 
私はファンになってしまいました。
 
場所を勘違いしていて、写っているのが滑走路の端っこだけというのが残念でした。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてそのすぐ隣にあるのが松島湾。  松島や あー 松島や 松島や
 
私の父親が仙台出身でしたから、子供の頃はこの湾で船に乗ってよく松島の島巡りをしたものでした。
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
特徴的な形の仙台の港です。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
仙台市街からはかなり離れたところにある仙台空港です。
 
ま、札幌新千歳空港も札幌駅まで高速バスで1時間もかかりますし、札幌を名乗ってはいますが千歳市に
 
ありますしね。
 
さらにそんなことを言えば、東京ディズニーランドは浦安市にありますし、東京国際空港は成田市に
 
あったりしますね。
 
仙台空港は仙台市内にあるだけ大したものだと思います。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
さらにその10分後にはもう福島第二原発が見えてきました。
 
けっこう注意して見ていたつもりだったんですが、第一原発の方は見逃してしまいました。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
さらにその10分後にはもう茨城県の百里基地が見えてきました。
 
その滑走路の向こうにあるのが北浦で、その先の海は鹿島灘です。 鹿島灘の海岸線をずっと先の方に
 
たどっていくと、画面上部にぼんやりと銚子市の犬吠埼が写っています。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
その隣には琵琶湖に次ぐ広さを誇る霞ヶ浦が満々と水を湛えていました。
 
こうして実際に上空から眺めてみると、こんな海のすぐそばにこんな巨大な淡水湖があるという事実に、
 
逆に驚きを覚えてしまいました。 たいして高い陸地で遮られているわけでもないのに、よく海に飲み込まれない
 
ものだと、そんな風に感じてしまったんですね。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
利根川の上空で外国の旅客機とすれ違いました。 おそらく成田を飛び立ったばかりなんでしょうね。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
 
 
ため池の上にぽっかり浮かぶ白い雲、日陰は雲が作るんだなーということを改めて実感してしまいました。
 
雲は雲で水鏡に自らを写して、「ねぇ、私って綺麗?」とか言っているのかも・・・
 
Img_13
 
 
 
 
 
 
 
 
うちから車で1時間ほどのところにある房総半島中央部の高滝湖です。 養老川にかかるダム湖で、
 
湖の一番手前にそのダムが見えます。
 
そのすぐそばを走る道路が首都圏中央連絡自動車道でアクアラインに繋がっている高速道です。
 
画面左上の白い建物の向こうには、千葉県では有名な市原ぞうの国という動物園があるという
 
そんなロケーションになっています。
 
Img_14
 
 
 
 
 
 
 
 
房総半島中央部から半島の先端方向を見た風景です。 画面の先の方に千葉県の最高峰愛宕山があります。
 
しかしその高さはわずか408m、日本で一番真っ平らな県なんです、千葉県って。
 
温暖化で極地の氷が大量に溶け出したら、日本で真っ先に完全消滅してしまう県です。
 
Img_15
 
 
 
 
 
 
 
 
そして東京湾までたどり着きました。 その東京湾に突き出た岬が富津岬、非常に特徴的な形をしています。
 
Img_16
 
 
 
 
 
 
 
 
東京湾の中ノ瀬航路に巨大なタンカーが行儀よく並んでいました。
 
そのタンカーの先の方に赤潮が発生しているのが確認できます。
 
Img_17
 
 
 
 
 
 
 
 
いよいよ着陸です。 新千歳空港を離陸してから1時間20分の空の旅でした。
 
左手には横浜のランドマークタワーが霞んで見えています。
 
Img_18
 
 
 
 
 
 
 
 
羽田空港に到着しました。
 
翼の左側にはスカイツリーが、右側には東京ゲートブリッジが見えます。 目の前の海にはジェットフォイルが
 
走っていました。
 
Img_19
 
 
 
 
今回も長いことお付き合いいただき、本当にありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« ふるさと札幌、2016年晩春06 「サンピアザ水族館」 | トップページ | お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン その後」 »

コメント

本当によく見えたのですね。とっても良くわかります。

最近よくとおる高滝湖は意外と大きいのですね。

私の今回は往復とも真ん中の席で窓には近づけませんでした。

ツアーでは仕方がないのですが、つまらなかったですよ。

空の旅、今は写真撮影もしやすくなって、上空からの眺めを撮影する事が出来て
本当に良い時代になりました(^^)
座席は窓側と指定されたのでしょうか?
翼も入っておらず、中々良い席でしたね(^^)

それぞれにとても興味深く拝見しました。
又ゆっくりと、何度でも地図を見ながら拝見したい空の旅です!

綺麗に解りやすく纏めて下さって有り難うございます♪

 
catさなえさんへ
 
このところの札幌への行き帰りの中では珍しく地上がよく見えましたね。ラッキーでした。

高滝湖へは15年ほど前にかみさんの検査でこの直ぐ近くの病院に行ったついでに

寄ったことがありました。いろんな鳥がいそうなダム湖でしたが、その後は行く機会が

なかなかありません。こうして飛行機の中からはいつもよく見るのですが・・・

ツアーだと便利なこともたくさんありますが、細かい自由があまりきかず不便に思うことも

多々ありますね。それにしても往復とも真ん中の席というのはずいぶん配慮のない待遇

でしたね。
 

 
catmoonさんへ
 
旅客機の中からの撮影に規制がかかるようになったのは、スマホの撮影機能が向上した

頃からだったのではないでしょうか? それ以前は何の制約もなくパシャパシャ写真が

撮れていましたもんね。文明の発達に伴っていろんなルールもどんどん変わっていくこと

でしょうね。

私が札幌行きを計画するのは出発の1か月以上前のことですから、そ時点では前の方の

席でもまだ窓際が空いていますので、私はなるべく前の席を予約するんですよ。

今回行きは前から7列目、帰りは5列目でした。この辺ですとエンジンを入れて撮ったり

外したりと、便利に撮ることができますね。

それに1か月以上前に予約すると料金もずいぶん割安になりますしね。

こういう航空写真は地図と一緒に眺めてみると、より身近に感じることができますね。

いまはグーグルアース等の便利なものがたくさんあって、むかしから地理が苦手だった

私でも簡単にロケーションがわかるようになりました。ありがたいことだと思っています。
 

こんばんは。
仙台市内に仙台空港があり、たいしたもんだ!でなるほどと思いながら笑っちゃいました。

茨城の霞ヶ浦そばに次男が住んでいるので上空から見れてうれしかったです。今度気をつけてみたいと思います。
サンピアザの「コツメカワウソくん」ですが人が行くと自分から手を出すんですか?昨年と今年の2度行きましたが気が付かなかった!
そちらは暑いと思いますがご自愛くださいね。

 
catヌリプラ倶楽部店長さんへ
 
仙台空港絡みのプチトリビアで笑っていただいてありがとうございます。

私の方こそヌリプラ倶楽部店長さんのブログでの、そのユニークなお笑いのセンスには

いつも感心しているんですよ。なんとか私も真似できないものかと試行錯誤したりして

います。
 
ご次男さんは美浦にいらっしゃるんでしたね。一番最初にオータムフェストでお会いした時に

お伺いしました。写真では美浦は画面の右のほうに切れてしまいましたね。残念でした。
 
サンピアザのコツメカワウソくんは1日3回(11時、14時、17時)ふれあいタイムが

あります。その時に飼育員さんが出てきて、普段は閉まっているアクリルの筒の蓋を

開けて、向こうも好奇心いっぱいのカワウソくんと握手するんですよ。飼育員さんが

そばについて一人ひとり握手させてくれますので、小さな子供でも安心して触らせることが

できると思います。今度は時間を合わせて行ってみてください。
 
札幌もこの頃はずいぶん暑い日も多くなってきたように聞いています。

ヌリプラ倶楽部店長さんも身体をご自愛の上、お仕事も頑張ってください。

いつも応援していますので。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ふるさと札幌、2016年晩春06 「サンピアザ水族館」 | トップページ | お笑いにゃんこ劇場「ピッピに恋するジバニャン その後」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ