« 27年前の東京ディズニーランド その2 | トップページ | 里山の野に咲く夏花「シロバナサクラタデ、ヌマトラノオ、センニンソウ、ガガイモ、ミズヒキ、キンミズヒキ」 »

2016年8月21日 (日)

27年前の東京ディズニーランド その3

 
さて、このシリーズは今回で終了しようと思います。
 
 
そこでまずはピノキオ。
 
ピノキオのストーリーをトロッコに乗って巡るアトラクションだったように記憶しています。
 
こちらはピノキオとゼペット爺さんですね。
 
Img_01
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてコオロギのジミニー・クリケット。 優しい愛嬌者でしたね。
 
Img_02
 
 
 
 
 
 
 
 
ピノキオを誘惑するキツネのファウルフェローと、顔が切れてしまいましたが子分ネコのギデオンです。
 
ファウルフェロー、「悪い奴」というそのまんまの名前が、わかりやすいというか安易というか・・・
 
Img_03
 
 
 
 
 
 
 
 
ストロンボリー座で操り人形と一緒に踊っているところですね。
 
Img_04
 
 
 
 
どちらかというと子供向けのアトラクションだったように思いますが、童心に返って楽しめました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはジャングルクルーズですね。 船長のお兄さんお姉さんの話術が秀逸だったことを覚えています。
 
Img_05
 
 
 
 
 
 
 
 
これはエルクでしょうか? このように結構本物っぽく見える動物もいましたが・・・
 
Img_06
 
 
 
 
 
 
 
 
かと思うとお笑い系の動物もいたりして、船長さんの話術と相まって楽しいアトラクションでした。
 
Img_07
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらはウエスタンリバー鉄道です。 この列車ではアメリカ西部開拓時代をめぐる旅を楽しみました。
 
Img_08
 
 
 
 
 
 
 
 
このモンチッチみたいな小さな女の子が可愛かったですね。
 
演出なのか試行錯誤なのか、この子の立つ向きがちょっとずつ変化したりしていました。
 
Img_09
 
 
 
 
 
 
 
 
おなじみのビッグサンダー・マウンテンですね。
 
長いこと並んでも乗りたくなるような楽しいアトラクションでした。
 
Img_10
 
 
 
 
 
 
 
 
今ではジェットコースターは両手を上に上げて乗るのがおなじみになりましたが、この時はまだみんな
 
前のバーにつかまっていますね。 それでもこの3年後にできたスプラッシュ・マウンテンではもうみんな
 
両手を上げて乗っていました。
 
Img_11
 
 
 
 
 
 
 
 
このビッグサンダー・マウンテンに何度か乗った時、線路の真上の木に何かがいることに気がつきました。
 
それがこれです。 ぐるっと回って隣の線路に来た時に撮ったものです。
 
オポッサムのような動物が一家揃って(?)尻尾で枝につかまりながらくるくる回っていました。
 
気づいた人だけ見上げてみてください! とでも言いたげな遊び心満点の演出でした。
 
Img_12
 
 
 
 
 
 
ということで、ずいぶん古い話にお付き合いいただきましてありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

« 27年前の東京ディズニーランド その2 | トップページ | 里山の野に咲く夏花「シロバナサクラタデ、ヌマトラノオ、センニンソウ、ガガイモ、ミズヒキ、キンミズヒキ」 »

コメント

ピノキオのアトラクションは本当に色鮮やかな絵本を
見ているようですね🎶

ジャングルクルーズも楽しそう(*^▽^*)♪
ウエスタンリバー鉄道やビックサンダー・マウンテンも面白そうですね!

そうそう、ユネスコ村(西武球場のすぐそばにありました)がなくなった後、
恐竜館ができて、娘を連れて何度か入りました。
船に乗って恐竜の誕生から絶滅までのストーリー展開。実物大の恐竜が
動いていて、時々近づいてきたりしてびっくり!ここも今はもうないらしいです。
乗り物に乗って進むアトラクションて、なかなか楽しいですよね♪

気づいた人だけがふふっ、と笑顔になれる場面も何か所か教えていただけて
少し得した気分になりました。
時間の流れって、早いようなゆっくりのような、ときには思い出の世界に
行ってみるのもいいですね。ほんわかと楽しませていただきましたo(*^▽^*)o

お写真を見ながらでも当時の事を良く覚えていて凄いですね~!
流石しろねこさん!

私はジェットコースター類はとても苦手ですが、
しろねこさんは色んなジェットコースター類を制覇していったのでしょうか(^^)

 
catひめねずみさんへ
 
ほんと、ピノキオのアトラクションはまるで絵本の世界をトロッコに乗って

見て回るような感覚がありました。

ジャングルクルーズは船長さんの話術が面白くて楽しいクルーズでした。

途中カバが襲ってくるのを船長がピストルを撃って撃退したりするのですが、

今はもうそんなかわいそうなことはしていないことと思います。

ビッグサンダー・マウンテンはものすごく楽しいジェットコースターでした。

気づいた人だけが楽しめる演出は、今にして思うともっと沢山あったのでは

ないかと思います。石畳とか壁の中に隠れミッキーがあったりとか・・・
 
恐竜館も楽しそうだったんですね。こちらは全く知りませんでした。

なかなか壮大な施設のようで、私もこんなところは行ってみたくなりました。

乗り物に乗りながらというのはきちんと順番に公平に見られますので、安心して

ゆったり気分で楽しめるんですよね。こういう仕組みは素晴らしいと思います。

それにしても私の個人的な思い出にお付き合いいただきまして

ありがとうございました。
 

 
catmoonさんへ
 
いえいえ、忘れてしまったこともたくさんあると思いますが、こうして

写真が残っていると、それを手がかりにして思い出すことっていろいろ

ありますね。そういう意味でも写真が残っているって素晴らしいこと

なんだと、改めて思いました。
 
moonさん、私も絶叫マシンはめっちゃ苦手であります。
 
TDLにはこのビッグサンダー・マウンテンの他にスペース・マウンテンと

スプラッシュ・マウンテンという3つのジェットコースターがありますが、

この施設のものはどれも穏やかなものですから私でもカメラ片手に気楽に

乗ることができるんですよ。

そういえば富士山の近くに富士急ハイランドという面白い施設があって、

もうずいぶん昔、会社の慰安旅行で行ったことがありますが、ここにある

絶叫マシンがものすごいんです。私はどれも恐ろしくて乗りませんでしたが、

ネーミングもユニークでお上手でした。例えば、FUJIYAMA、ドドンパ、高飛車、

ええじゃないか、鉄骨番長、テンテコマイ、トンデミーナ、クール・ジャッパーン

ね、愉快でしょ。思わず乗ってみたくなる名前ですが、それはそれは恐ろしい

乗り物なんです! 私には絶対無理でした。
 

どのアトラクションも乗ったように思います。

アメリカのおとぎ話に憧れていた若い時です。
最高の夢の国でしたね。

懐かしい写真ありがとうございました。

 
catさなえさんへ
 
どのアトラクションも行ったことのある人にとっては懐かしいものばかり

でしたね。

ここに載せたものの他にもホーンテッド・マンションとかカリブの海賊とか

楽しいものがいろいろありましたが、かなり通った割にはあまりたくさんの

写真が残っていませんでした。当時はそれだけ普通の日常だったんだと

思います。

今回さなえさんには一緒に楽しんでいただだけてありがとうございました。
 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 27年前の東京ディズニーランド その2 | トップページ | 里山の野に咲く夏花「シロバナサクラタデ、ヌマトラノオ、センニンソウ、ガガイモ、ミズヒキ、キンミズヒキ」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ